FC2ブログ

モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4G、MHX系そしてモンハンワールドのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

閲覧カウンター93000超え! 

閲覧カウンターが93,000を超えました!
いつも見て頂き、本当にありがとうございます。

さてさて。

最近、ゲームプレイはもとより、モンハン小説の連載なども行って、それなりに更新頻度が上がっています。それなりに自己満足。

そんな自分が最近になってハマっているのがこちら。

モンハン自衛隊

主にやる夫を中心としたアスキーアートで表現される形式の同人作品系列「やる夫スレッド(正式になんて呼ぶべきなのかはよく分かっていませんが)」。
モンハンはそれなりの作品数があるジャンルなのですが。
その中でも、個人的には最もオススメの作品の一つになります。

ずっと以前、やる夫スレッドの事を宣伝したことはありました。
その作品は「やる夫はソロハンターのようです」。

シンプルで熱いストーリーで、この作品のやる夫は、ウルズやヒュミル(未来編のモs……)のキャラ造形にパクッ……もとい強い影響を受けました。

が。

個人的に、キャラ、設定、ストーリーに関してはむしろこの「モンハン自衛隊」の方を高く評価しています。
元ネタは、言わずと知れた和製SFの古典的名作「戦国自衛隊」。
小松左京原作で、映画化もされた伝説的作品。

モンハン自衛隊は、「自衛隊の一部隊が別の時代(ここではモンハン世界)に転送されてしまう」という設定を下敷きにしています。

連載が始まったのは2012年。
そして、今なお続く、やる夫スレッドとしては異例とも言える超長期連載作品でもあります。

実のところ、連載当初から途中までは読んでいたのですが、やる夫スレッドにハマり過ぎると時間を吸い取られると思い、数年前からモンハン自衛隊のみならず、やる夫スレッドそのものから離れていました。

最近、モンハンの実写映画化を知り、その粗筋を読んで「これだったらモンハン自衛隊を映画化したほうが良くない?」と思い、久しぶりに読み直し始めました。

まだ、以前に読んだ範囲の内でもある80話までしか読み進んではいませんが。

やはり面白い……。

やる夫スレッドとしては重要な要素である「キャラの選択」、設定、ストーリー……全てがハイレベル。
モンハンを基とした作品世界の設定の細かさ、またそこに現実的な自衛隊とその装備などを絡めていく描写は、自分が目指したいモンハン二次創作の理想系でもあります。

モンハン好きには本当にオススメの一作です。

P.S.
ガルガリの滝の村の村長が、顔に傷を持つ竜人族の女性というのは、自分のオリジナルに近い要素だと思っていたのですが。
モンハン自衛隊のポッケ村村長の配役が、ブラックラグーンのバラライカ……。

あれ?
あれあれ?

自分が忘れているだけで、これは完全にパクった疑惑あるぞ?

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

朔さんと、歴戦王ナナへ。 


前々回の記事「調査団チケットを入手せよ!

の最後にチラっと書きましたが。

久しぶりのMHWプレイ中、とあるフレンドの方からお誘いのメッセージを頂きました。

そのフレンドさんの名前は……。

「朔」さん。

モンハン小説をいつも読んで、その上コメントも頂いている方。
自分が書いたものが、ここまで肯定的に評価されると、本当に嬉しい……。
……しかし、「先生」と呼ばれるのは、流石に違和感があるというか、こそばゆいと言うか……。

それはともかく。

実は今年の1月ごろにもお誘いがあったのですが、その時には自分の方が色々と勘違いをしたり不義理をしたりで、結局、一緒に狩りに行くことはありませんでした。
その後、MMD作成に注力したためにMHWプレイがだんだんと手薄に……。しかも回線の不具合が多く、ソロ活動ばかりになってしまい、結局、そのままに。

そんなわけで、今回、やっとご一緒する機会を得て、早速、朔さんの部屋へと飛んでいきました。


人気ブログランキング
-- 続きを読む --

category: MHWプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

モンハン小説未来編第9話「ウルズとフレイア、女性鍛冶師ヴェレントと共に大中古市へ行く」第四章「ウルズ、フレイアたちを誘う」  


思っていた以上に長くなり始めたこの話。
一応、ここからが第二章とするつもりだったのが、既に第四章。
今回は、もともと第二章と思っていた部分の大体三分の一程度の進行状況。
うーん。あとでタイトルを整理して章分けを変えていこうか……。
……まあ、とりあえず好きに書いていこうと思います。
ちょっと長くなりますが、お付き合いのほどをお願い申し上げます。

さて。

まだ大中古市に、出発すらしていない今回の話。
ウルズがまたしてもトラウマを炸裂させて、瞬間的に記憶を消去したりしていますが、これ自体は今回の話に深く関わる要素ではありません。
一応、その後の話で色々と考えて入るのですが、さてストーリーがそこまで進むのにまだあと何年かかるのか……。

とにもかくにも、ウルズがヘビィボウガンと関わり始める、その最初の話となります。
もともとは、MMDで「カホウ」モデルがあって、かつそれが紫だったので、よくRPG7を撃つデフォ子さんに合わせてみた……というモンハン小説とは関係のない所から始まった設定。

しかしウルズ、モス卿の話の時に「実はガンナー適性がある」という伏線を張ったり、イャンガルルガとライバル関係になったり、アルバイトで弾作りを始めたりと、自分としては上手いことヘビィボウガン「カホウ」とストーリーを絡めて行けたんじゃないか……などと思っていたりします。

とりとめない話はここまでにして。
ウルズが、フレイアに「一緒に大中古市にいかない?」と誘い、その結果として意識して無駄遣いをしようと決意する、そんなモンハン小説第9話第3章になります。お楽しみいただければと思います。

どうでもいいですが、フレイアはお菓子作りとかの細かい手作業は苦手。あれで意外と大雑把な性格なのです。ついでに言えば、「食べられればいい」という精神の持ち主。
しかし女の子らしくスイーツ自体は好きで、それ故に、ちゃんとしたお菓子を作ることに憧れめいた思いを持っていたりもします。


モンスターハンターランキング
-- 続きを読む --

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 4   

調査団チケットを入手せよ! 

さてさて。

前回、炎妃龍のガンランス「エンプレスハウル」を作成し、次は「エンプレスハウル・冥灯」への強化を目指しましたが。

素材として足りなかったのが「調査団チケット」

さて、このチケットを入手するためのクエストは……と。インターネットでポチっとな。

出てきた答えが。

1.新大陸の白い風 : クエスト出現条件 = ★8までのすべてのクエストを終わらせる
2.導きの青い星   : ハンターランクを100にする。

先日の時点で、ハンターランクは95(だったと思う)。

とりあえず「新大陸の白い風」の出現を目指しました。


モンスターハンターランキング
-- 続きを読む --

category: MHWプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

久しぶりのプレイ日記 

MMDから少し離れ。
モンハン小説未来編を再開。数年ぶりに「モンハン自衛隊」もチョロチョロと読み始めて。
長く触れずに居たPS4のコントローラーを久しぶりに握りました。

最後にやったのはナナが配信され始めた頃。ベヒーモスはギリ倒していました。
しかし結局、納涼祭も収穫祭も参加せず、歴戦王は手付かず。極ベヒーモスは、阿鼻叫喚をTwitterで見ていた程度。
まあ、現時点で自分のモンハンライフの最大の敵はそのTwitterですが。

うーむ。
とにもかくにも高い金を払ってPS4を買い、環境も整えたのだから、もっとプレイしないと元が取れない!

それはともかく。

とにかくナナ武器を作るところから始めてみました。


人気ブログランキング
-- 続きを読む --

category: MHWプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード