モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

モンハン小説未来編 第7話 「ウルズとフレイア、ハチミツ採取に行く」 その6 エンディング 

2017/07/12:追記
本文加筆修正あり。
主にミミルが職員たちに指示を出すシーン。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


やっと終わったハチミツ狩猟。
最後は、ウルズの一人称ではなく三人称でお届けします。

それにしても。
改めて読み返すと、酒を飲んだあたりからフレイアが「シスコンのお姉ちゃん」になってきているような……。

今回の話のちょっとした裏設定ですが。
メガミノフトモモの林を作り出したのは、紅兜であるという脳内での設定があります。
メガミノフトモモの樹に含まれた蜜は、他のものに比べて美味しいと気づいたアオアシラが、他の樹を倒し、最終的にはメガミノフトモモのみが残ったのがあの林。
そして、栄養価の高いメガミノフトモモの蜜を食べ続けたアオアシラもまた、立派な体格に育っていった……。もちろん、泉の存在など偶然の要素もありますが、あそこは紅兜が作った庭だったのです。

本当は、もう一つの単元で、ハチミツを得たウルズの行動も書こうかと思っていたのですが、ちょうどキリが良かったので、この話はここで終わり。
ウルズがハチミツをどう扱うかは、次の話の冒頭でちょこっと触れることにします。

さて。
ミミルたちがその正体を表して今回は終わり。

次は。

緊急クエスト。

いつになるかわかりませんが、楽しみにしていてくださればと思います。

どうでもいいけど、ミミルとクヴァシルは、公的には上司と部下だけど、私的には恋人同士。
わざわざ二人で山まで来ていたのは、仕事がてらのデートだったり。
二人きりの時だと、ミミルはあの口調のまま甘えたりします。


モンスターハンターランキング


ED.ハニーハンターズの真の実力

 ウルズとフレイアの若手ハンター二人に、メガミノフトモモのハチミツ四本を報酬として渡し、求められるままにギルドカードにサインをし、ミミルはそこに自分の印鑑を押した。
 息の詰まるような交渉の後だったが、四人は握手をしあい、再会を誓って別れた。

 最後に、ウルズに対してミミルは言った。

「改めて宣言しておくよ。君が望むならば、ハニーハンターズは常にその門戸を開けている、と」

 横でそれを聞いたフレイアが驚きと拒絶の入り混じった表情を見せたが、当のウルズは静かな声で答えた。
「そのお言葉を頂けたのは本当に嬉しいです。でも、自分はフレイアと二人、上位ハンターを目指します。そこに迷いはありません」
「そうか、残念だ。いや、別にハニーハンターズに所属しなくても、ハチミツに関して何か困ったことがあれば、遠慮なく言ってきなさい。力になると約束しよう。本部の場所は知っているね。もしも私達が居なくても、その時にはそのサインと印を提示すればいい。見た者が何かしらの便宜を図るだろう」

 頭を下げるウルズと、困ったような眼で苦笑いをしていたフレイアと別れると、ミミルとクヴァシルは集会所の外れに向かって歩いていった。
 行き着いたのは、大きな○の中に十字の地上絵が、丁寧に整備された芝生によって描かれている場所で、広大な、しかしそれ以外には何もないスペースだった。

「それにしても、思い切りましたね」
 クヴァシルがミミルに話しかけた。
「誰よりもハチミツに固執するあなたのこと。一本たりとも渡すことはない、と思っておりました」

「そうだな、クヴァシル“君”」
 ミミルは笑った。
「確かに大盤振る舞いだったかもしれん。だが、これは投資と考えてもいる」
「……ウルズ嬢……ですか」
「ああ。ハンターとしての技術は拙いが、年齢を考えれば伸びる見込みは充分にある。採取の技術は現行で既に一級だ」
 ミミルは、言葉に熱を込めて続けた。
「何よりもあのハチミツへの執念。あれはモノになる」
「私もそう感じました。彼女の真の才能は通常ハンターとしてよりも、むしろハニーハンターとして発揮されるでしょう。優秀な……あるいは優秀になり得る人材はいくらでもほしい。組織の要は、結局は人ですから」
「うむ。彼女なら有力なハニスト(注:ハチミツに関する技能職に就く者全体の呼称であると同時に、危難を乗り越えて貴重なハチミツを採取したハンターに贈られる敬称。ハニーカンパニー独自の用語)に成長する可能性も、決して低くはないと見た」
「あなたの人を見る目は信用しております。しかし、フレイア嬢との絆は強いように見えましたが」
「そうだな。仲も良いようだし、ハンターとしてのコンビネーションもしっかりと取れていた。あの二人を引き離すのは得策ではないだろうな。まあ、別にすぐ我が団に所属しなくとも、しばらくは外注でクエストを依頼してもいい。フレイア君もハニーハンターとしてはぜんぜんだが、普通のハンターとしては優秀だ。あの二人ならば多少ムチャな採取クエストを振っても、やり遂げてくれるだろう」
「そうですね……ああ、来たようです」

 ミミルとクヴァシルの周りに、大きな影が落ちた。
 二人が見上げる先。
 秋晴れの高い空の中に、巨大な飛空船の姿があった。

 逆光が、一瞬ミミルの目を眩ませる。多くのプロペラが生み出す風圧が、二人の髪をなぶる。

 そして、「巨大な樹を背景に蜂の巣とハチミツ瓶の文様」が描かれた飛行船が、二人の前に降り立った。
 ハニーカンパニーが所有する三機の移動拠点の一つであり、その旗艦でもある飛空船ユグドラシルの雄姿だった。

 着地したユグドラシルからは即座にタラップが降ろされ、大勢の人間がキビキビとした動きで降船してきた。

 クルー達は二人の前で二列に並ぶと、統率の取れた動きで一斉に敬礼をする。

「おかえりなさいませミミル団長! クヴァシル副団長!」
 列の先頭に立った、やや歳の行った禿頭の逞しい男性が、敬礼したまま声を張り上げた。
「うむ。出迎えご苦労」
 ミミルが鷹揚に挙手の答礼を返すと、敬礼をしたまま男性はニヤリと笑った。
「お二人でのハチミツ採取。お疲れ様でこざいます。共同作業は満喫されましたかな?」
 下卑た言葉遣いなのだが、何故か嫌らしさよりも愛嬌に近いものを感じさせるのがこの男だ。
「軽口を叩くのもそれまでだぞ統括本部長」
 ミミルは軽く髪をかき上げながら言い返した。
「私達があげた今回の成果。聞いたら貴様、そのハゲ頭に髪が生えるほど驚くぞ」
「ほほう。それは楽しみですな」

 慣れたやり取りをかわすと、ミミルは列全体を見渡した。
 それぞれが、ハニーカンパニーで何かしらの役職を持つ優秀なメンバーだ。人間も竜人もアイルーも入り混じった、ハニーカンパニー自慢の職員達である。

「全員、楽にしろ」
 ミミルの言葉で、並んでいたハニーカンパニーの職員たちがやすめの姿勢に移行した。
「言ったとおり、今回の採取では大きな収穫があった。それに関連した指示を行う。そのまま聞け」

 身分を偽り、ただの採取専門狩猟団団員としてウルズ達と接していた姿は、そこにはない。
 統率者として、ミミルは立っている。
 
「分析班!」
 ミミルが声を上げると、列の中から二人、白衣を来た男女がその前に進み出る。
 クヴァシルから受け取ったハチミツの入った鞄を、ミミルはその二人に渡した。

「落とすなよ。ほぼ純粋なメガミノフトモモの蜜だ」

 やや芝居がかったミミルの声に、列全体がどよめいた。受け取った二人も、緊張に表情を強張らせる。
 その希少性の高さは、ハニーカンパニーに所属しているものならば誰もが分かっていた。

「純粋な……メガミノフトモモの蜜……ですと……?」
 中でも“統括本部長” は目の玉が飛び出さんとするほどの驚きを見せた。
 もともと表情が豊かな男なのである。ミミルは「してやったり」という表情で見返してやった。

「これを預ける。すぐに成分分析に回せ。基礎成分七項目はもちろん、微量要素から物理特性、食味まで全てだ。分解していない巣と、採取状況の詳細も入れてある。時間経過による変性があるかもしれん。最優先で実行しろ」
 白衣の二人は踵を揃えて敬礼し、身を翻すとそのまま急ぎ足でタラップを登っていった。

「研究部養蜂課は分析班と連動。専門の研究班を立ち上げ、味の再現可能性を探れ。一級研究員の専属も許可する。まずは人員のリストアップをし報告せよ。最終的なメンバーの人選は統合本部で行う。それから、この研究班は私の直属として扱う」
「了解いたしましたわ」「ニャー!」
 ミミルの指示に、列の中に居た背の高い竜人族の女性が口に手を当てて笑い、数匹のアイルーを引き連れて、分析班の二人を追った。

「統括本部ギルド対策課は、ハンターギルド上層部への働きかけをする。フニット山完全閉鎖の可能性が高い。予期せぬ事態だが、これはむしろメガミノフトモモ林を独占する好機だ。狩猟団ハニーハンターズのフニット山への特別入山許可を下ろさせろ。名目は研究目的でいい。簡単ではないかもしれんが、奥の手(注:ここでは、ハニーカンパニーが独自に握っているギルド役員のスキャンダル情報などを利用した脅迫など、ダーティな手段も指す)を使ってもいい。なんとしてもフニット山の研究は続けるのだ。ハチミツの採取はもとより、メガミノフトモモの植林のヒント……いや、答えそのものがそこにある」

 この言葉に、“統括本部長”が敬礼した。
「なんとも、夢の広がる話ですな」
 冷静さを装っているが、声に興奮が隠しきれていない。

 ミミルは満足げに頷くと、振り返ってクヴァシルに言った。
「これに関してはクヴァシル副団長を最高責任者として任命。全権を委任する。組織運営の鬼と言われたその手腕。存分に振るえ!」
 ミミルの言葉に、クヴァシルが敬礼した。

「入山許可が下り次第、ハニーハンターズから精鋭を選って、フニット山に定期的に採取へと向かわせる。人員は最低でも上位ハンターに限定。あの山に居る巨大なアオアシラ……紅兜は危険だ。ただのハンターでは太刀打ちできまい」
 クヴァシルが敬礼を解いて答えた。
「確かに。最精鋭を選抜し、訓練する準備もしておきます」
「それから、まだ先の話だが、紅兜を殺すことは禁ずる。それは頭に入れておけ」
「……殺さずに採取の護衛を果たすのは、むしろ難度が跳ね上がると思いますが?」
「紅兜ほどの大きな存在が失われると、生態系が乱れる可能性が高い。メガミノフトモモはかつて植林に成功したことのない繊細な樹だ。環境の変化が悪影響を与えないとは言い切れまい。全てはハチミツのためだ」
「了解しました。……しかし、そうなると我々ハニーハンターズのメンバーの中でも、使える人員は実力的に限られてきます。外注の許可は?」
「もちろん、それが必要ならば許可する。心当たりがあるのか?」
「前々より噂になっていた、モス装備のハンターが。かなりの変わり者との事ですが、その実力は確かなようです。今後の繋がりやハニーハンターズ上位ハンターの調練という意味も含めて、依頼できるかどうか当たってみましょう。かなりの金がかかるでしょうが……」
「愚問だな、クヴァシル副団長……!」
 ミミルの言葉に、隠しきれない怒りが篭った。
「貴様、メガミノフトモモの蜜の価値を、金で測るのか?」
「……! ハニーハンターズの一員として失言でした。取り消します」
「よろしい。ではさっそく仕事にかかれ。全員散会! 持ち場に戻れ……! ああ、後一つ。ハニーハンターズスカウト班!」
 全員散会の言葉とともに、整列していた職員たちが整然とした動きで飛空船に戻り始めたが、最後の司令を聞いて一人の女性ハンターが反転してきた。
「スカウト候補リストに一人追加だ」
 言いながら、ミミルはポーチからカード入れを取り出し、一枚のギルドカードを彼女に渡した。
「この街を中心に活動している若い女性ハンターだ。積極的に接触する必要はない。他のスカウト対象と一緒に、彼女の動向も定期的に調査し報告しろ。そのギルドカードは照会が終わり次第返却せよ」
 ウルズのギルドカードを渡されたスカウトは、敬礼してカードをしまい、飛空船に戻らずに集会所の方へと去っていった。

 彼女はしばらくこの街に滞在しながら、スカウト対象となりうるハンターを探しながらウルズの調査をすることになる。

 クヴァシルを含む全員が飛空船に乗り込み、最後まで残っていたタラップを収納する役目の操船クルーに促されて、ミミルもその階を登り始めた。

 採取専門狩猟団ハニーハンターズの創始者にして現団長。更にハニーカンパニーを立ち上げ、若くして大規模企業グループへと成長させた稀代のハニストであるミミル。

 船艇に乗り込む直前。
 彼女は振り向いて、微笑み。
 そして独り、呟いた。

「ウルズ君。私は待っているよ」

 言葉は秋の乾いた風に乗って。
 誰の耳にも届かずに消えていった。
スポンサーサイト

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 4   

コメント

第7話執筆お疲れ様です♪

うん、確かにフレイアは狩りのパートナーというより、「シスコンのお姉さん」になってきているかも?w
どちらにしろ、今までのウルズに欠けていた存在・・・
良いんじゃないかな?

それはさておき。

その5でのハニーハンターズのお二人・・・期待通りの反応をありがとうございますw

自分も1本足りとも、ハチミツを渡そうとはしないんじゃないかなーと思っていたけれど。
余程ウルズの事が気に入ったんでしょうね、ミミル団長。

ウルズは・・・もう完全に只のファン状態ですねぇ・・・。

何にせよ、今回のクエストはハニーハンターズのお二人にとっても、ウルズ達にとっても、重要なクエストに。
紅兜と遭遇し、交戦し、生き残った。
ギルドから注目されるには十分の結果になったのでは?

それにしても・・・「ギルドの決定には”簡単には”逆らえん」といった時点で、逆らう気満々だとは思っていましたが。
やっぱりそういう黒い手も持ってるんですね・・・そこは巨大組織ですからねぇ・・・。

モス卿も、こんな感じであちこちの巨大組織から依頼を受けて飛び回っているんですかね?
ウルズ達がモス卿と知り合いだと知ったら、どんな反応するんですかね、ハニーハンターズのお二人は。

紅兜は・・・メガミノフトモモの森を作った本人だと分かったら、狩猟禁止、どころか、保護対象になったりするのだろうか?

等々、色々考える所はありますが。

次の話も楽しみにしてます!

とりあえず、ウルズがハチミツをどうするのかが気になる・・・。
4本の内の一本は、蜂蜜酒用にとっておいたりするのかなぁ・・・。
村長のレシピを聞けたら作る気なのかな?

yuki #Z0eBfVjg | URL | 2017/07/12 12:50 | edit

Re: 第7話執筆お疲れ様です♪

>>yukiさん

ちょっと加筆修正しました。
特にミミルが指示を出すシーン。
元のままでは「これヘイムダルさんと11匹のアイルーたちと同じやん……ニャー! イエス! ニャー! って行ってないだけじゃん……」と、思ったので、少しだけ砕けた雰囲気を心がけてみました。

あんまり変わっていないかもしれませんが……。

それはともかく。

確かに、生まれてからこれまでのウルズには、こういう人が欠けていた……と、改めて思います。
よくグレずに育っ……いや、結構グレてたか。

とりあえず、今回はウルズの成長を書きたかった回でもありました。

ハンターとしても。
そして人間としても。

少なくとも、フレイアと出会う前のウルズであれば、あんな積極的に交渉には出なかったと思います。
欲しい、とは思っても、最初から諦めてしまっていたかと。
それ以前に、憧れの存在が目の前にいても、憧れがあるが故に二人を避けてしまっていたとも思います。ウルズ本人ですら意識していないくらい根本の部分で、色々と自信が付いてきているのだと思います。

さて、ギルドに逆らうハニーカンパニー。
一企業と、国に比肩しうるギルドでは、その規模も影響力も全く違いますが、ここはハニーカンパニーとしても引けないところ。
クヴァシル君たちの活躍もあって、おそらくはフニット山への入山許可を勝ち取ることでしょう。

ミミルはその情熱を以て人を引きつけるカリスマ団長。
しかし実務に関してはクヴァシルや、統括本部長の方が能力が高いので、なにかあると苦労するのは部下の方だったりします。
とは言え、ミミルのハチミツへの熱情に引き込まれてハンターズやカンパニーに入った人が殆どで、この人のためなら苦労してもいい、と思わせるものを持っているのがミミル。

組織として実行するさいのコストなどを考えるのがクヴァシルや他の部下たちで、それに対してハチミツの価値を金で図るのか? と、叱咤するのがミミル。

ただし、部下の扱いや盛り上げ方は、意見の取捨選択は上手く、組織の舵取りにも本能で正解を選び取るような天才的部分があり。我儘も言うけどただのワンマンというわけでもなく。

タイプとしては、劉邦のような感じで考えています。

モス卿は、この時期は「年上の彼女」と別れている状態(後に復縁する予定)。
あれで割と人生の目標のようなものを見失っていて、とりあえず興味の赴くままに、狩りの協力を申し出たり、組織からの依頼を受けたりの風来坊になっています。

もちろん書かれている通り、ウルズたちと接触があったことは、コンパニーの面々は知りません。
もともと、モス卿がウルズたちに声を掛けたのも単なる気まぐれで、可愛い女の子たちがいるなぁ……程度のことだったし。

さて。
隠すことでもないので、ネタバレをしてしまいます。

ウルズのハチミツの扱いに関して。

本当は今回のラストに書こうと思っていたのですが……。

ウルズは自分が一本を取って、他はフレイアとロキ、ローゲにあげてしまいます。もともとウルズ一人のものではないですし。
ただし、ローゲは「自分には受け取る理由がない」と行って拒否。
ロキも辞退するけど、いつも世話になっているから、と無理やり押し付けます。

そんなわけで、三本をフレイアが保管。

ウルズは自分の一本を、その後、一日ひとすくいのペースで食べてしまいます。
このあたりは、「狩猟道具と生活必需品以外に思い入れのあるモノ」を持ちたくないというウルズ特有の考え方があります。
それに、ハチミツは溜めておくものではなく、食べるものである、という意識も。

フレイアはそこまで割り切ることが出来ず、結局貴重な蜜であると思ってなかなか手をだすことが出来ず。
ロキと話し合って、ウルズが上位になったらプレゼントしようかとか。
村に帰る時におみやげにしようか、とか話します。

そんな感じ。

長くなってしまいましたが、あしからずよろしくお願いします。

ロキ #- | URL | 2017/07/12 20:08 | edit

執筆お疲れ様でした♪

ハチミツ採取編も楽しく読ませていただきました♪



フィールドでのハチミツ採取はゲームだと蔑ろにしがちだったりしますが・・・



極めた先には色々な世界が広がっているのですね♪



そしてモス卿の再登場・・・


今からワクワクです♪



次回作も楽しみに待ってます♪

けんゆう #028lExxE | URL | 2017/07/12 21:32 | edit

Re: 執筆お疲れ様でした♪

>>けんゆうさん

いつも読んでいただいてありがとうございます。

なぜだか、こういうマニアックな要素ばかりに筆が進んでしまいます。

ハチミツに限らず、採取って絶対一つの産業になっているような気がします。
この話の最初でも触れましたが、昆虫採取はともかく、キノコなんかはハチミツよりも大規模な産業のはず。

あれだけ様々な効果があるのだもの。
食用、医療用、呪術用などなど用途は多彩。
栽培するにしても品種によって、適地や栽培法が色いろあると思います。

モンスターの生態系などもそうですが、そういうゲーム内では語られない部分を想像させてくれるというのも、モンハンの魅力だと思います。

ところで。

モス卿は、とりあえずしばらくは出番はないかなぁ……。
今回、最後に言及させたのは、使う当てはなくても伏線は張っておく……という、それだけの話しという……。
まぁ、また使いたいキャラですし、再登場はすると思いますので、(何年かかるかはわからないけど)楽しみにしてただければと思います。

次回は……。

緊急クエストになります。

ロキ #- | URL | 2017/07/14 21:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/963-c4d3966a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード