モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

体験版! 

MHXX体験版を体験してみました。

狩猟笛と、セカンドキャラ「フレイア」で担ぐ予定のガンランスのブレイヴ、レンキンスタイルを中心にレポートしていこうと思っています。

いますが。

ちょっと待ってて……。

とりあえず、第18回MMD杯の宣伝やらなんやらの企画に注力したいので……。

とりあえず、ちょろっと触ってみた感触など書かせてもらいます。


モンスターハンターランキングへ


触ってみたのは、狩猟笛、弓、ガンランスのブレイ“ヴ”スタイル。

とりあえずブレイヴスタイルの詳細に関してはここを参考のこと。

~~ 狩猟笛 ~~
狩猟笛に関しては、正直、ブレイヴスタイルにしなければならないという理由があまり見つかりませんでした。

相性が悪いとまでは言わないけど、ブシドー以上の物があるのか、今のところは疑問です。まだ数回しかやっていないので、意見は変わるかもしれませんが。

ブレイヴ特有のサバキという行動は防御面では面白いのですが、ブレイヴスゲージを溜めるにはサバくよりもむしろ納刀キャンセル攻撃を当てること。
サバキをするためにモンスターの攻撃を待つくらいならば、積極的に飛び込んで納刀キャンセルするほうが早く、ならばむしろ難しいことを考えないで動けるブシドースタイルの方がやりやすいような感じがしました。

なんせ、狩猟笛の場合、旋律のために攻撃の種類も考えながら組み立てる必要があるので……。

継続納刀によるサバキは、思っていた以上にやりやすいのですが……。削りダメージがあることを考えると、JKの方が使いやすい感じ。
イナシ後にダッシュ出来るとは言え、もともと機動力の高い狩猟笛ですし……。

ブレイヴ状態に入っても、目玉の「強演奏攻撃」も、思ったほど隙が少ないと言うほどではなく。

ただし、回避行動が前方ダッシュを含めたステップになるのはかなり良かったです。無敵時間も長い感じで使いやすく、個人的にはブレイヴスタイルを使う中ではもっともメリットになる行動だったと感じました。鬼人化狩猟笛という感じ。

ただ、ブレイヴ状態を維持するのも、現在の自分のPSでは難しい……。
使い手の性格や慣れもありますが、今のところブシドースタイル以上に相性の良いスタイルとは思えませんでした。


~~ 弓 ~~
まだほとんど使っていないため、なんとも言えないのですが。

しかし狩猟笛以上に、ブレイヴとの相性は良くない感じ? そもそもサバくためにモンスに近づきたい武器種ではありませんし、また狩猟笛でもそうでしたが、サバくよりも納刀キャンセル攻撃を当てるのがゲージ溜めには重要と感じました。

更に言えば、その納刀キャンセル攻撃。
弓のそれは非常に使いにくい
、と、感じました。

納刀キャンセル攻撃は、どの武器種でも通常攻撃に比べて出すまでに時間がかかるのですが、弓の場合は、納刀キャンセル攻撃に入ると動けなくなるのです。機動力も利点だった弓の場合、これはかなりのストレスになります。

スタミナもすごい勢いで減るし、サバキによる緊急回避が出来るという利点はあれど、それならばブシドーのJKの方が安定して動くことが出来るように思いました。

ブレイヴ状態になると剛射弓ならば三連続攻撃が出来るようになるみたいなのですが、そちらはまだよく体験していないので、現時点ではなにも言いません。

ただ、ブレイヴ状態になるとスキル「集中」が無くても溜め時間が短くなるようで、機動力もアップ。
ここはかなり重要。
スキル「集中」から開放されるのであればそれだけスキル構成に自由度が増し、その分「見た目装備」も作りやすくなると思うので、その点で目を輝かせる人も少なからず居そうです。

また、「集中」があれば更に溜め時間が短くなるのであれば(体験版では検証できない)、それは単純に手数=火力の増加にとどまらず、立ち回りそのものの強化に繋がるので、まだ自分は確定的な評価を下すことが出来ないかなと思っています。

特に、サバキで回避力の上がる拡散弓だとどうなるのかは楽しみです。



~~ ガンランス ~~
上2つの武器種はディスった感じのことを書きましたが。

ガンランスはブレイヴスタイルとの相性が非常に良いように感じました。

まず何よりも、装填。
他のスタイルとは違い、非ブレイヴ状態では一回の装填で一発しか回復しません。
これはかなりの欠点なのですが。

しかし、信じがたいことにこの装填行動、チャージアックスのような「ガードポイント」が発生するのです。
これ重要。

しかも、装填行動とガードポイント発生にほぼタイムラグがなく、非常に使いやすい。
また、ベリオロスのブレスでも、通常ガードだと後退するけどガードポイントならば後退しないことを確認しています。

これを活用すると、過去作でランスガンスを縛っていた「ガード性能」の軛から解放される可能性があります。
そうなると、火力を盛ることも、見た目にポイントを振ることも自由。
一部ハンターさんが眼を輝かせ(ry

また、サバキをしなくても比較的早いうちにブレイヴ状態に移行することは可能と思いますが、サバキ後はダッシュすることが出来るためガンランスの機動力をある程度底上げすることが可能でもあります。

一旦ブレイヴ状態に入ると。

問題だった装填行動で、一回に付き四発の弾丸が装填可能になります(通常の場合。拡散、放射ではどうなるか不明)。
装填ガードポイントを主力のガードとして使っていけば弾が切れることは少ないように思います。
さらに装填後はすぐに叩きつけに入ることが出来、モンスの隙の大きい攻撃をガードポイントで凌げば、強烈なフルヌードを見せつけるバーストをカウンターで叩き込むことも簡単(隙は大きいので過信は禁物)。

さらに、ブレイヴ状態固有の攻撃として、連続砲撃があります。

砲撃を隙なく連続で行うのですが、連発すればするほど火力はアップする模様。
火力はもちろん、この攻撃かなりの爽快感があり、プレイヤーの脳汁がドピュドピュ分泌されます。ゾーンに入りやすくなるという利点も(主観)。
精神的な面はともかく、実利的にもフルバーストに比べてヒートゲージの管理もし易いという利点もあります。

更にブレイヴ状態の場合は、竜撃砲のチャージが短い。
通常の「溜め砲撃」くらいの時間で撃てます。

ここらへんは全て連動して使いやすく、つまり連続砲撃でヒートゲージを管理しつつ、ブレイヴ竜撃砲を当てながらゲージの固定をしやすいという形になります。

今の時点はブレイヴガンランスはおすすめだと思います。
火力や強さという面でももちろん、使っていて楽しいという意味においても。


以上、ファーストインプレッションでした。
まだ体験版はさほど触っていないので、この程度のレビューで失礼します。
スポンサーサイト

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

コメント

体験版レポートお疲れ様です。

ブレイヴ運用の考え方も丁寧に書かれていてとても参考になります!

今回の新要素であるブレイヴスタイルは、MHX時点の武器種でメインに使われていた強めのモーションが納刀継続キャンセルの派生先に繋がっているようですね~。
今までガードが出来なかった武器種にとっては、疑似ガードが出来るようになったのは嬉しい所なのですが、それだけなら「オートで攻撃をキャンセルできるブシドーでいいじゃん、いいじゃん。」となりかねないのが、正直な感想です…。

ブレイヴモードに移行すると各行動が強化されるものの、MHXではメインで使われるコトが多かったモーションの出が、納刀継続チャンセルを挟んでしまうのでどうしても1テンポ遅れてしまうのをどうカバーするかが運用する上での課題になりそうです。
(体感だと一応モーション値は強化されてるっぽいので、その上昇値がどの位なのかが気になる所。)

しかし笛のブレイヴだと、サバキ後の攻撃はどうやっても白(紫)しか出せないので、旋律を揃えるコトも考えなくてはイケナイ笛とはイマイチ相性が良くないのかな?と思っているのが本音です。
サバキの適応範囲もガードと同じなので、モンスターに背を向けて右ぶん回しや後方攻撃を当てていくコトが多い笛では活用が難しい気も…。


余談ですが、ブレイヴとブシドーを見ているとどうしても車のマニュアル、オートマの仕様に見えてしまうのは私だけでしょうかね?(´・ω・`)
納刀継続(クラッチ)からギア(キャンセル攻撃)を入れて強化していくのがブレイヴで、クラッチそのものがなくて自動で回避やガードをすれば攻撃を無効化できるのがブシドーーーーなイメージがあります。

P.S.
MHXXからのブシドー笛はジャスト回避後の派生アクションにより隙の少ない演奏攻撃が追加されてますね~。
今まではジャスト回避から派生するアクションが三連音攻撃しかなく、モーション値も低い上に隙も多いと、使い勝手が悪い部分があったので、この派生先の追加はとても嬉しいです♪
おかげで笛がすごく使いやすくなりましたね~このまま笛人口が笛てくれたら…いいなぁ(純粋な目)

Lela #- | URL | 2017/02/18 02:56 | edit

Re: 体験版レポートお疲れ様です。

>>Lelaさん

 ブレイヴと狩猟笛の相性にハテナが付いたのは、まさに「サバキ後の攻撃はどうやっても白(紫)しか出せない」という点でした。
 体験版では自己強化くらいしか吹いていないのでそこまで気にはなりませんが、実戦で様々な旋律を組み立てる場合には非常に使いにくい……というか、サバキ自体を使わなくなるように思います。
 
 また、防御行動としては面白いサバキですが、これもジャスト回避を圧倒するほどのものがあるわけではありません。
 せめて納刀キャンセル強演奏がもう少し隙なく使えれば、多少は評価も変わったかもしれませんが。

 ついでに言うと、狩り序盤は攻撃以上に旋律完成を優先したいシーン。
 ブレイヴゲージと旋律の両立はなかなかに難しい。

 使えるスタイルがブレイヴしかない……というのであれば、そういうものとして使えますが、ブシドーを始めとした他の選択肢を押しのけてまで使いたいスタイルかというと、今のところ疑問符が付きます。

 ただし。
 
 鬼神ステップのようなあの回避及びステップインは、攻防双方の要素として素晴らしい。
 使いやすく、格好良く、爽快感もありました。
 自分がブレイヴ狩猟笛を使うとしたら、あのステップを求めてのことになるのではないかと思います。

ロキ #- | URL | 2017/02/18 09:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/913-8c010021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード