モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

燼滅刃ガンランスの作成 

燼滅刃ガンランスを作成しようと野良仕事に行っていました。

一週間ぶりのMHXプレイ。
リハビリの意味も込めて(最近、リハビリしかしていなような)、「なぐるやの遠弓の真弦」を持って野良へ。

幸運にも、無口ながら質のいい部屋主さんに恵まれ、Lv2からLv5までクリアしてきました。

なかなかにバラエティに富んだ狩りになりました。

Lv2の捕獲クエスト(ドスゲネポスが同行)では、HR二桁と7の人と狩猟。
結果的には自分の2乙(!)のみでクリアになるのですが。
かなりの苦戦になってしまいました。
いや、そりゃ自分の乙のせいであるのですが。

まず、部屋主さんの「捕獲しましょう」の声に合わせて仕掛けた自分のシビレ罠。
これはドスゲネポスが引っかかります。
ムカついた自分がこのドスゲネポスをひたすら攻撃。
そんなことをしていたら、視覚外からのディノバルドの一撃を食らって乙。

二番目の罠は別の人がしかけるも、ディノバルドが脚を引きずりながらのマップ移動で発動せず。

さらに別の人が仕掛けた三つ目の罠は粘られた挙句に、マップ移動してきたドスゲネポスがかかる。

その後、誰も罠を仕掛けなくなり、もう失敗かなという空気が流れ始めますが。

三人がマップ移動して単独となったドスゲネポスをひたすら攻撃。
自分のみ、BCへ歩いて戻り、支給されたシビレ罠を確保。

ドスゲネポスが死んだ後、支給用シビレ罠でなんとか捕獲に成功しました。
結局、Lv2なのに、四人でかかって17分。
集会所に戻った部屋主さんが、「非常にストレスがかかるw」とコメントされていましたが、まあこれも野良の醍醐味かなと、自分は思っていました。

ここで自分と部屋主さんのみになり、二人でLv3をクリア。

Lv4では、HR800台と900台の二人が入ってきます。
特に問題もなく、下位とはいえ燼滅刃二頭を5分針でクリア。さすが高HRハンターさんでした。

Lv5は、元の部屋主さんが抜け、HR800台の人も抜け、さらに別の人も入って自分を含めたHR150台のみで参戦。
ここで自分はライトボウガンに持ち替えますが。
なんと、3乙(自分のネコメシで保険がかかっている)。
ディノバルドが脚を引きずりながらも別の人で4乙目を取って失敗。

もう、パタンしちゃいたいと思いながらも、蹴られなかったのでもう一戦。
次は狩猟笛に持ち替え。
さすがのパラハザードコールというか、攻撃力UP【大】が効くのか、今度は10分針乙無しでクリア出来ました。

ここで自然に部屋が解散。

久しぶりに野良の面白さを堪能することが出来ました。

集会所に戻って、「爆焔のカベイラー」を作成すると、一気にLv7まで強化することが出来ました。

ランスやガンスの場合、ガード性能やガード強化などスキル依存度が大きいので、素白の切れ味で爆破という万能性は、他の武器以上のアドバンテージがあります。
匠をつける必要なく、必須スキルにポイントを振り分けられる意味は非常に大きい。

まだ装備は作っていませんが、とりあえずギルドとブシドーで装備を作成してみようかと思っています。
残りは燼滅刃Lv8~10。
今度はフレンドさんの部屋にお邪魔できればと思っています。

それはともかく。
野良には野良の楽しさがある。
それを再確認できた狩猟となりました。

……
…………

まあ今回、自分の乙が一番多かった気がしますが。気にしない!


P.S.
8月5日までにモンハン小説第5話を上げると言ったな。
あれは嘘だ。

>>野郎! ぶっ殺してやる 一体なにが始まるんです?(ゆかり嬢

次は、モス卿の絡んだモンハン小説未来編をアップさせて貰おうと思います。出来れば二話分くらい。
本編第6話は、第17回MMD杯本選後(8月15日締め切り)後にさせて貰おうと思います。
あしからずよろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/864-1abdfd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード