モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

狩猟笛に有効なスキルとスタイル、狩技の組み合わせで思ったことなど。 

先日紹介した「ピンクのおっさん」装備のスキルを再構成してみました。
業物中心に組んだ狩猟笛用装備だったのですが、砥石使用高速化を狩技「絶対回避【臨戦】」で代用。
さらに5スロスキルをスポイルして、高級耳栓を発動させてみました。
耳栓なんて旋律で……という向きもあるとは思いますが、今のところ耳栓の旋律がない爆焔のフランアニマー専用になっていることもスキル組み換えの一要因だったりします。

詳細は、記事を折りたたんだ先にします。


人気ブログランキングへ


ちょっと前に、業物を中心にスキルを構成した装備を上げてみました。
笛非匠汎用 1 見た目
笛非匠汎用 2 ステ
笛非匠汎用 3 スキル詳細
通称「ピンクのおっさん」装備です。

狩猟笛として必須の「笛吹き名人」。この装備のメインテーマ「業物」。個人的に中毒になっている「砥石使用高速化」
それに+して5スロスキル、というのがこの装備のキモ……だったのですが。

改めて実践で使ってみると、ここで発動させている5スロスキル「キノコ大好き」に、狩猟笛の場合ではあまり恩恵を感じられませんでした。

また、つい先日より「絶対回避【臨戦】」を使ってみているのですが、これが武器の研ぎ直しという意味では非常に有用であることに気づきました(今まで狩猟笛では狩技そのものをほぼ使っていませんでした)。

狩技ゲージのたまりやすいRARE X武器であるフランアニマーに業物をつけた状態だと、切れ味が青に落ちる直前に「絶対回避」が発動可能になっていることが多く、この隙の無さならばむしろ砥石高速化の代わり……いや、むしろ上位互換として使用できると思いました。

そこでこんな感じにスキルを組み直してみました。
狩猟笛 業物高耳ステ
狩猟笛 業物高耳スキル詳細
見た目は同じのため割愛しています。
砥石使用高速化とキノコ大好き(5スロスキル)を削って、高級耳栓を発動。
護石は「聴覚保護+5 ○○○」。
胴を「アカムトR」に変えると腕と頭の護石が要らなくなります。その場合、空きスロ3という、なんとも中途半端になりますが。
聴覚保護+3 笛+2 茸食+1という「EXミズハ」胴ならばもうちょっとスキルの幅が広がりそうだけど、まだ作れないみたい?

砥石使用高速化は「絶対回避【臨戦】」で置き換え、5スロはスポイルという割り切った仕様としてみました。
が。
問題が一つ。
それは。
スキルが3行しかないということ。
それの何が問題なのかというと。自分の中での落ち着きが悪いのです。例え使いにくいスキルであっても、4行以上無いとどうしても落ち着かないのです(下位の場合は仕方がないと割り切れますが)。

そのような理由で、「ピンクのおっさん」装備は、まだまだ未完成……という意識になってしまいました。
理想のスキルに行き着く道は、まだまだ遠く、果てが見えません。


それとは別に。
尻尾切断用として、スラッシュアックスも作ってみました。
叛逆斧 1 見た目後ろ
叛逆斧 2 ステ
叛逆斧 3 スキル詳細

切れ味強化系、補助系のスキルが要らないセルレギオスのスラッシュアックスに、黒炎王一式。そこに「納刀+6 ○--」の護石を使用して「納刀」を発動させています。
お手軽だけど、非常に有用なスキルが揃っているように思います。

スタイルは、ブシドーではなくあえてストライカー。
これにはいくつか理由があります。
箇条書きにすると。

1.アクションがMHP3~MH3G時代のものに近く、特に剣状態が縦斬りループで個人的に使いやすかったこと。
2.組み合わせで力を発揮する狩技があったこと。
3.ブシドーばかりだと、ブシドー以外のスタイルを使えなくなるのではないかという恐れがあったこと。

などです。

狩技に関してはこんな感じ。
叛逆斧 狩技
「剣鬼形態」は、スラッシュゲージを時間で消費して、剣状態の攻撃力を上げる(多分)技。
これだけだと単なる自己強化なのですが。
「エネルギーチャージ」を使用することによって、「剣鬼形態」の状態でもスラッシュゲージを回復することが出来ます。
ゲージ量もエネルギーチャージは非常に少ないため、一度剣鬼形態になれば、ゲージを容易に維持しながら戦えるようになります。もちろん、剣状態になりっぱなしでOK。ますます斧状態がリストラ対象に。きらいじゃないんですけどね、斧状態のアクション。
また。
「絶対回避【臨戦】」は、一つにはモンスターの懐に潜り込むための使用。
もう一つには、回避研ぎで切れ味維持の補助をするために使用します。
狩猟笛よりも手数が多く、RARE X でもない叛逆斧は、回避研ぎだけで切れ味白を維持するのが困難と感じたため採用しました。

試しに、野良で銀レウスに行ってみたところ、問題なく尻尾を攻撃、切断することに成功。
しかし、最初の一匹では尻尾から上鱗が、二匹目では逆鱗が出るという、どエッさんの高笑いが聞こえる状態に。
けれど二匹目を捕獲したところ、報酬として尻尾が二本でて、無事にライトボウガン「シルバースパルタカス」を作成することが出来ました。

次は強化ですが、「大竜結晶」という聞き慣れない素材が必要。
調べてみると、どうもアカム、ウカムから取ることの出来る素材のよう。
いやほんと、やることが多いです。

P.S.
フランアニマーを見るたびに、どうしてもゲーム「クロノ・クロス」の「凍てついた炎」を思い出してしまいます。
フランアニマーと凍てついた焔

クロノ・クロスは、ゲーム内容、BGMともに素晴らしかった(ただし過去作との関連する部分に難あり)のですが、そのオープニングは本当に素晴らしいの一言。
購入した時、おもちゃ屋でそれを見て、家への帰り道、どれほどのゲームになっているのか、ゾクゾクしていた記憶があります。
現代では、ネット上で見ることも出来ると思うので、興味のある人は検索してみてください。
スポンサーサイト

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 2   

コメント

エネルギーチャージってそんな効果があったのですね、知らなかった…。
スラアクでストライカーのときは、トランスラッシュ、剣鬼、臨戦の3つにしてたのですが、トランスラッシュをエネルギーチャージにしてみようかな…。
臨戦は思った以上に便利ですねー。二つ名ディノ武器は業物つけているとはいえ切れ味消費激しいので、合間合間に臨戦回避はさめばだいぶ扱いやすくなる印象です。

コバルトブルー #- | URL | 2016/01/12 19:21 | edit

Re: タイトルなし

>>コバルトブルーさん

エネルギーチャージは、基本的にはスラッシュゲージを満タンにするだけ(Ⅱだと会心率を上げるらしい?)ですが、それが剣鬼状態との相性が抜群なんですよね。

個人的には、弓にしても狩猟笛にしても攻撃用の狩技はほとんど使えないと判断しました。特に連撃系の技は……。
体験版をやっていても、使える攻撃用狩技は片手剣のラウンドフォース、ランスのシールドアサルトくらいで、それも防御やカウンターとして使うためでした。

逆に、自分強化系、カウンター系の狩技はどれも優秀なイメージがあります。

今まで、セットだけして全く使っていなかった絶対回避【臨戦】は非常に使える事がわかってきました。
特に狩猟笛の場合、記事にあるように砥石の代用として。
また、納刀状態から隙なく、かつ音符をイジらず抜刀状態にするのにと大活躍です。今までなんで使ってこなかったのだろうと、ちょっと後悔してます。

他の武器種でも、砥石の補助として使えば、自分もついに砥石使用高速化の呪いから逃れられるようになるかも……なんて思っています。

ロキ #- | URL | 2016/01/12 20:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/777-a515a2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード