モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

続・妖星挑戦記 

奈落の妖星・オストガロアに再挑戦。
今回は下調べなどを更にしっかりとしてみました。

ネタバレになるので、以下、記事を折りたたみます。オストガロアを未見の方はご注意下さい。


モンスターハンターランキングへ


○予習
 まず。
 前回は、とあるサイトで見た射撃での弱点は「背」という情報のみで挑戦し、背中のトゲばかりを攻撃していたのですが。

 改めて別のサイトなどを見てみると、竜骨(触手)の頭骨部分と、正体を見せた際の口内(および口周りのゲソも?)も弱点であると書いてありました。
 また、背中の弱点は、どうもトゲ部分ではなく七色の鱗部分のみのよう? ちょっと確信がもてませんが、あのトゲが弱点だとはどうしても思えません、常識的に考えて(通称:常考 or JK)。

 そして、口内攻撃で怯んだら転倒。背中に登って巨龍用タル爆弾を仕掛けたり採掘したりできるようになる。
 音爆弾は、本体が怒っておらずかつ二本の竜骨が赤(ディノ? アグナ?)と緑の時に竜骨に投げると本体が転倒とダメージ。などの情報も得ることが出来ました。音爆弾は潜った時に使うものだとばかり思っていた……。

 そのような理由で戦略を大幅変更。
 前回は、横に回って貫通弓で背中を攻撃していたのですが、今回は攻撃目標を竜骨の頭に変更。口を開けたらそこも狙うように。ただし口から蒼いケムリを吐いているときは弱点ではなくなっているようなので注意。


○実践
 骨に隠れた初期状態では竜骨の頭を攻撃。これがまぁよく怯む。怯んでは落し物をする。竜骨の頭が射撃でも弱点であるということは、少なくとも体感としては正解のように思いました。
 また、下手に横に回るよりも遠くから攻撃できるし、オストガロアの全体的な動きを見ることができるので、主となる戦略はこの竜骨への攻撃でいいかなと思っています。

 そしてある程度ダメージを与えると現れる、骨に隠されたオストガロアの正体。
 口をグァバっと開けるので、そこを中心に攻撃してみます。オストガロアの正面に立つことになるので不安だったのですが、心配していた程には攻撃が飛んでこず、思っていたよりは楽に矢を撃ちこむことが出来ました。

 そして初めてのオストガロアダウン。
 前回は一度もなかったので、ダメージを与えているという実感が。
 そして早速採取。
 
続・オストガロア戦 1 採取

 なにやらレアっぽい素材を入手。

 その後も口内や竜骨頭への攻撃を続けます。
 残り時間が10分、5分と少なくなる中、オストガロアが3回目(多分)のイカちゃんキャノンを放ち、しかも連続で二回撃ってきました。今までにはなかった攻撃。
 これは……効いてる効いてる?

 さらに、怒る頻度が非常に高くなります。ほとんど怒りっぱなしに近い状態。
 行けるか!?

 と、思っていたらもう残り7秒。

続・オストガロア戦 2 時間切れ直前

 ここで二乙目。

続・オストガロア戦 3 時間切れ

 ネコタクの上で時間切れ失敗のアナウンスを聞くことになりました。


○復讐……もとい復習
 今まではと違った手応えのあるチャレンジにはなりました。
 また、残魂玉とやらを手に入れたので、ここはセーブ。もう100時間以内に終わらなくても、それはそれでブログのネタになると開き直って、これからはリセットせずに行こうと心に決めました。
 漢らしい決断に、VOICEROID三人娘たちも惚れなおす事でしょう。
(結月ゆかり:……うーん、ちょっと決断が遅かったかもしれませんね)

 ともかく、感触としては戦略自体は間違っていない感じ。となると、あとは慣れて手数を増やしてクリアを狙うほかありません。
 
 しかし、その際に問題になるのが消費アイテムの枯渇。
 特にマンドラゴラ。
 
続・オストガロア戦 4 マンドラゴラの在庫

 敗戦の時点で在庫が残り1個になってしまいました。
 ハチミツも心もとなかったのですが、ここで虎の子のダウンロードしたスターターパックを消費。

続・オストガロア戦 ハチミツスターターパック

 狂走薬グレートとクタビレタケにはまだ余裕がある。

 そこで、100時間まであと僅かな時間を使ってマンドラゴラの确保に走ることにしました。


○次への準備
 マンドラゴラの採取ができるのは火山のマップ6と8。つまりは「たんと掘れ燃石炭」でよく行く場所。
 まず交易の荷車をリセットして全てマンドラゴラの採取に当てます。

続・オストガロア戦 6 交易品 マンドラゴラ

 続いて、ネコの秘境探索術を発動させて、たんと掘れ燃石炭へ。

続・オストガロア戦 7 採取 マンドラゴラ
続・オストガロア戦 8 ネコの採取 マンドラゴラ
 マンドラゴラを合計4つ确保。

 続・オストガロア戦 9 護石1
続・オストガロア戦 10 護石2

 ついでにちょっと気になる護石も。

 そして帰って交易荷車を見てみると。

続・オストガロア戦 11 マンドラゴラ确保

 マンドラゴラ25個を確保していました。

続・オストガロア戦 12 残り時間2時間強

 この時点で残り時間2時間強。
 時間切れまで粘っても、あと2回は挑戦できる時間と物資を確保しました。


○この後の予定
 予定としては、次の挑戦でオストガロアを倒して大団円……なのですが、それが出来ずに100時間を超えた場合は、ちょっと気分転換、および趣味と実益を兼ねて、火属性の連射弓であるディノバルドの弓を作りに行こうかと思います。
 竜骨の頭に火力を集中させるには、貫通よりもむしろ連射弓の方が有利、とも思えるので。

それはともかく。
なんとかして100時間以内にイカちゃんを征服してやるでゲソと思ってはいます。
スポンサーサイト

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 3   

コメント

φ(._.)メモメモ

こんにちは♪

なる程、情報を制しないとダメですね…
本体狙いだと、怯まないわ追いかけっこになってロクに攻撃できないわで勝てそうな気がしませんでしたが
触手が狙い目なんですね
確かに触手狙いなら本体狙いに比べて攻撃出来るんですけど
まさかそんなに有効とは思わなかった…

…うーむもう一回行ってみるかな

うぃく #mQop/nM. | URL | 2015/12/20 12:47 | edit

Re: φ(._.)メモメモ

>>うぃくさん

触手の頭骨に当てるとよく怯むので、体感的にもダメージが通っている感じがします。ただ、頭以外はあまり通らないようなので、貫通弓だと逆にダメージを集中できていないようにも感じました。
本体は、後ろ半分との接合面あたりに謎の虹色があるようなので、貫通弓ならば打ち抜けるけれど、的が小さいのでたとえ当ててもダメージが集中しない感じ……。

個人的には、連射弓の方が火力を出しやすいかも……と、思うようになりました。

また、音爆弾はかなり有効。本体が怒っておらず、触手が別のモンスターの頭骨をかぶっている時に、触手の近くで炸裂させるとなぜか本体で爆発がおこって怯みます。何回でもできるし、頭骨状態も外れるので、音爆弾は持ち込むべきと思います。
逆に、要らないのは麻酔玉……。P2Gのヤマツカミ戦では大活躍だったそうですが……。

とにかく通常状態では触手の頭骨を狙い、口に赤い龍属性エネルギーを貯め始めたら口を狙うという戦法が、今のところ行き着いた戦略となりました。……まだ討伐に成功していない戦略ですが……。

ロキ #- | URL | 2015/12/20 15:26 | edit

読み応えあって楽しいですー。コバさんも解放だそうで、ロキさんも今夜・・かな?
サッカー観て下町ロケット観ながら、貫通矢が夜空を切り裂くのをベルナ村で見守ってますw

402SP #- | URL | 2015/12/20 18:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/754-ee1507ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード