モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

モンハンフェスタ”15 サッポロ大会散策記~~その3・大会など~~ 

~~公式タイムアタック大会~~
○大会概要
 狩王決定戦、親子ハンター日本一決定戦、女子ハンター日本一決定戦。
 モンハンフェスタの各会場(東京、名古屋、札幌、大阪、福岡)で地区大会予選を行い、4月12日に東京で開催される決勝大会で日本一のハンターを決定するというモンハンフェスタの目玉イベント。
 会場で行われた「ダイミョウザザミ討伐」による予選によって、狩王決定戦は上位8組、親子&女子ハンター日本一決定戦では上位2組が選ばれ、地区大会決勝戦へとコマを進めます。
 地区大会決勝戦はメインステージの大スクリーンを使用してのタイムアタック勝負。狩王決定戦では決勝のタイム上位2チームが、親子&女子日本一決定戦では優勝チームがそれぞれ東京で行われる決勝大会への参戦権を得ます。

○予選のタイム
狩王決定戦
1位 若ガリ定食 ライス超盛り 01'04"00
2位 ライボ大好きラブライボ! 01'04"56
3位 大タル芸人G 01'05"46
4位 爪鋭爪剛爪 01'06"56
5位 銀猫 01'09"76
6位 明日は燃えるゴミの日 01'10"60
7位 洞爺湖モンハン部 01'11"60
8位 小鹿ドライ 01'12"43


親子ハンター日本一決定戦
1位 激撃ち君 01'17"26 
2位 SSK 01'43"86

女子ハンター日本一決定戦
1位 ニャンクック。 01'03"93 
2位 ひのりあん 01'04"10

○注目すべき点
 ダイミョウザザミ討伐のSランククリアタイムは「2分30秒未満」。狩王決定戦では、予選クリアの最も遅いタイムですら1:12:43。さすがに異次元のレベルです。
 そして注目すべきは女子ハンター日本一決定戦。
 1位のクリアタイムはなんと狩王決定戦の1位タイムよりも上(-0.7秒)。2位もそこから0.17秒遅れるだけというハイレベルさ。ちなみにここまでのフェスタとして女子ハンターの中では最速だったそうです。


~~親子ハンター日本一決定戦~~
○テツカブラ亜種討伐 クエスト概要
 親子ハンターの地区予選決勝で使用されるクエストはチャレンジモンハンフェスタ07「テツカブラ亜種討伐」。テツカブラ亜種1頭の討伐ですが、途中でリオレイアが乱入してきます。

○実際のクエスト
 ここは、見た時のメモと記憶に頼って書くのであまり正確では無いです。
 どちらのチームも操虫昆とチャージアックスでの挑戦。この辺りはおそらく立ち回りの研究がもう進んでいるのだと思います。基本的にはどちらも乗りとスタンでモンスターの動きを止めながらダメージを蓄積していっていました。
 両者の戦略が違ってくるのは、乱入してくるリオレイアに対する対処の方法で、チーム「激撃ち君」は、まだリオレイアが乱入する前の時点でのスタン(だったか乗りだったか)の最中に攻撃の手を休めて分断柵を作動。チーム「SSK」はあえて分断柵を使用せずにテツカブラ亜種へ攻撃を集中。

○結果
・1位 激撃ち君 02'28"70 ・2位 SSK 03'08"06
戦略の差が出たのか、分断柵を使用したチーム「激撃ち君」が勝利。チーム「SSK」はリオレイアの乱入を許しタイムを縮めることが出来ませんでした。


~~女子ハンター日本一決定戦~~
○ケチャワチャ亜種討伐 クエスト概要
 女子ハンターの地区予選決勝は、モンハンフェスタ05「ケチャワチャ亜種討伐」。乱入はなく純粋にタイムアタックに望めるクエスト。

○実際のクエスト
 ここも、メモと記憶で書くのであまり正確ではないです。
 両チームとも使用武器は操虫昆 & スラッシュアックス。やはりこの辺りは研究が進んでいて、もっともタイムを出しやすい組み合わせもセオリーがあるのでしょう。
 面白かったのは両チームの動き。
 開幕から終わりまでほぼ同じ。
 開幕の爆弾から乗るまでの流れ、麻痺するタイミング。拘束されているケチャワチャ亜種への攻撃。全部同じ。
 それもそのはず。
 試合後のインタビューで判明したのですが、チーム「ニャンクック。」「ひのりあん」ともに、札幌のリアル集会場で一緒に切磋琢磨している仲なのだとか。いわば同門対決だったわけなのですね。
 ちなみに、これもインタビューで言っていましたが、チーム「ニャンクック。」は練習でダイミョウザザミを800匹狩ったとのこと。スゲェと思ったら、解説によると東京では4桁狩っているチームもザラだとかでむしろ少ないんだそうです。
 札幌のリアル集会場では15人位で練習していたとか。やっぱり他者との切磋琢磨は練習の質を上げるのでしょうね。

○結果
・1位 ニャンクック。 01'18"70  ・2位 ひのりあん 01'26"30
 約8秒差。会場の辻本Pのコメント(だったと思う)によると、スラッシュアックスのぶん回しなど火力を集中している攻撃が、頭に当たったか腕に吸われていたか程度の差があったのではないかとのこと。
 どちらにせよ、両チームの計算され尽くした流れるような立ち回りには感動を覚えました。
 それにしても狩猟ゲーも極めるとレースゲームになるのですね(唖然)。
 ずっと以前、ファミ通に寄せられたバイオハザード(初代)のタイムアタック動画を見たタレントの伊集院光さんが「館内のカーブを曲がるコースに気を使ったりするなどまるでレースゲームのようだ(うろ覚え意訳)」と評したことがありましたが、同じような感想を持ちました。
 

~~狩王決定戦~~
○セルレギオス討伐 クエスト概要
 モンハンフェスタ01「セルレギオス討伐」。こちらも親子ハンターのテツカブラ亜種とは違い乱入の無い純粋なタイムアタッククエスト。

○実際のクエスト
 狩王決定戦は8組によるタイムアタック。しかも一部は自分が「占いコーナー」に行っていたので見ることが出来ませんでした。なので、全体的な感想など。
 装備はヘビィボウガン&ヘビィボウガンか、ヘビィボウガン&ランスのチームに分かれていました。しかし上位4チームがヘビィボウガン&ヘビィボウガンの組み合わせ。やはり火力といえばランスよりもヘビィなのか。
 狩王決定戦は本当に接戦で、ほぼ同時にクエストクリアして会場を沸かせるチームの組み合わせなどもありました。結果としては、2位から4位までが1秒差でまとまるという大混戦。2位と3位はわずか0.1秒差で、東京での決勝大会進出への明暗がわかれていました。
 その中で8秒近く抜け出た1位チームの、立ち回りの精度の高さには心から驚かされます。
 自分だと、クエストクリアの8秒差なんて誤差ですけどね……。分針単位でしかタイムなんて考えたことないです。

○結果
・1位 ライボ大好きラブライボ! 01'28"93  ・2位 爪鋭爪剛爪 01'36"16
 勝者チームはみな涙を滲ませていたのが印象的でした。
 本気で練習して、それが報われた時の達成感。半端ないのだと思います。見ているこちらもかなり感動しました。


~~チーム名やタイムなど~~
○ファミ通ドットコムから参照
 大会のチーム名やタイムなどは、自分でもメモをとっていたりしたのですが、最終的にはファミ通ドットコムのサイトで確認して書きました。写真やインタビューなども豊富に載っているので、モンハンフェスタの詳細を知るには、このブログを見るよりはそちらを見たほうが絶対に良いです。

○まとめ
 フェスタ記事、これで終わろうかと思いましたが、自分なりに思ったことなどもう一回くらい書こうかなぁと考えています。
 よろしくお願いします。


 
モンスターハンター4G ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: MH雑談

TB: 0    CM: 4   

コメント

凄い練習量ですね・・・

今晩は。
メモ取りながらのモンハンフェスタ、お疲れ様です!
やっぱり、大会で入賞される方は、練習量も半端無いですね;
自分の場合、まず死なずにクリア出来るか?と言う段階だったので。
動画と、画像見ている時間が長くて、実戦が。。。

名古屋大会では、狩王決定戦の予選、決勝戦ともに1分ちょっと。
「今後、1分を切る可能性も?」と言われていたのですが・・・
流石にそれは無かったみたいですね。
ちょっと安心したような、残念なような。

自分には無理な領域と思いつつも、やっぱり諦めたくない気持ちも。
まぁゲームなので。少しくらい夢見てもいいよねっ!

yuki #Z0eBfVjg | URL | 2015/02/19 00:05 | edit

Re: 凄い練習量ですね・・・

どーもです。

基本的に、思考がアスリートなんでしょうね、あれだけのタイムを叩き出せる人たちって。

自分ももちろん上手くなりたいという思いはありますが、最初の壁をまず乗り越えられずに、まぁこれくらいでいいか、と妥協してしまう……。

ロキ #- | URL | 2015/02/19 09:14 | edit

楽しんで来られたみたいで羨ましい限りです
(o´∀`o)いいなぁー!

発売からだいぶん月日が経ちますが
そんなに大勢の方が集まってる様子を見るとまだまだ現役ハンターさんも多いみたいで何だか嬉しいですね♪
遊び相手が少ないと寂しいので(笑)

しかし、極めている方は凄いですね。。。

どんな手の動きをしているのでしょうかな?

さぅ #hE4kmW4M | URL | 2015/02/19 13:35 | edit

Re: タイトルなし

フェスタ、楽しんできました(^_^)

しかし真面目な話(?) 極めている人でも手の動きだけを見ればさほど凄くは無いのではないかと思います。

というのも。

すごいタイムを叩きだしている狩王決定戦でしたが、しかし一つ一つの動きを切り取って見てみると、むしろ自分でも出来そうなものばかりだったように思うから。

もともとモンハンには、格闘ゲームにある高難度の多段コンボのような派手な技はあまりありませんし。

地区大会決勝戦に上がるような人たちの場合、一つ一つの「当たり前の動き」を、まるで詰め将棋のように無駄なく組み立てて、それを(衆人環視の門前で、競う相手が居て、しかも一発勝負で)実行する技術が凄いのだと思いました。

本当に、動きの一つ一つに意味があり、上位のチームはそれをミスなく実行していたような印象で。
なんというか、職人の技のような、地味だけど凄みがある、そんな感じでした。

むしろ自分みたいな無駄な動きの多いハンターの方が、手の動きは激しかったりするのではないかなぁ、なんて思ったりもw

ロキ #- | URL | 2015/02/19 20:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/555-ad6e516b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード