モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

四色影陣 

大連続狩猟クエストの1つ「四色影陣」に挑戦しました。

装備はランス「レイジングテンペスト」
当然、匠と覚醒をつけています。

オトモは、チャチャが古代の仮面、カヤンバがランプの仮面。
大砲と付け替えるのを忘れていました。

ここ数日で、変に自信をつけた闘技場での2頭同時クエスト。
しかし今回は、2頭同時が2セットあるという大連続クエストです。

ランスでは継続的にアイテムを使うのが難しいだろうと考え、ケムリ玉は持ち込まず。
基本的には片方の敵に攻撃を集中し、もう片方の敵は閃光玉などで動きを止めておく、という戦略で望みます。

最初に出てくるのは、ベリオロスとナルガクルガの2頭。どちらも原種です。
闘技場に入った瞬間に両方に気づかれたので、ケムリ玉を持ち込んでいてもあまり意味はなかったでしょう。

ともかく、なんとなく手近に居たベリオロスに狙いを定め、ターゲットカメラはナルガに固定。
ナルガクルガに気を置きつつ、ベリオロスを攻撃します。

地を這ってくるナルガクルガと、空から急降下してくるベリオロスと、似たタイプに見えて意外と対照的な動きをするものだと考えていました。大体の時間ではどちらかがオトモに気を取られ、さほどヴァナディーに攻撃が集中することは少なかったです。

結局、開始5分針でベリオロスを討伐。
残るナルガクルガも10分針あたりで討伐が完了しました。ここまで、閃光玉、回復薬Gともにほとんど使用せず、モドリ玉を三つほど使っただけでした。

続いて現れるのがベリオロス亜種とナルガクルガ亜種。緑ナルガはともかく、ベリオロス亜種の移動小型竜巻は厄介だろうと考えながらの戦いになります。

今回もベリオロス亜種を最初に狙い、ナルガクルガ亜種を閃光玉で封じようとします。
が、閃光玉に引っかかってくれるのはベリオロス亜種ばかり。
仕方がないのでベリオロスを攻撃していると、その体の向こうから突進してくるナルガクルガ亜種。
それでも、15分針の頃にベリオロス亜種を討伐。
残りは1頭。
もはや相手にならず、ナルガクルガ亜種を25分針くらいで討伐。クエスト完了。
なんと落ちなし、回復薬はほとんど使わないという快勝にて終わりました。

今回思ったのは、2頭同時クエストでのオトモの有用性。
二人が片方のモンスターを引き付けてくれて、その間にターゲットを攻撃するという状況が非常に多かった。

ともかく、これでG3級クエストで残すのは、「巨重攻伐」「大いに凱歌の奏したり」の残り2つになりました。
近日中に挑戦して見ようと思います。

では、今日はこのあたりで失礼します。
スポンサーサイト

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/45-213732b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード