モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

録画方法を考える。 

竜職人のトンカチも取得したので、次の目標に進みたいと思います。

個人的に、狩猟笛をメインにしたサードキャラを作り、出来れば動画を撮ってUPしてみたいという目標があります。というか、それをするのがこのブログを始めた理由でした。

とりあえず、3DSの録画は直撮りしかできないので、Webカメラを固定する方法を考えました。
……考えたというか、ウェブ上の情報を真似たというか……。

今回やってみた方法は、3DSの画面と同じくらい大きさの四角い筒を作り、それにWebカメラをつけてテープで固定するという方法。

説明しにくいですが、こんな感じ。

変換 ~ P1020395

変換 ~ P1020396

変換 ~ P1020397

素材は厚紙。
3DSへの固定はセロハンテープを使用したやっつけ仕様です。

WebカメラはELECOM UCAM-DLA200HSVという機種で、2000円くらいで家電量販店から購入したものです。
200万画素、640×480のサイズで25fpsの録画機能、そして手動のフロントフォーカスがあったので、直撮りの入門にはいいかなと思って買いました。



固定に関しては、この方式でのメリットデメリット両方がありました。

まずメリットは装置を作ることが簡単で、適切な高さや位置などを決めれば、たとえ壊れても新たに安価に作り直しやすいこと。そして光をある程度遮断するので、蛍光灯の映り込みなどがなくその点では綺麗に撮れることなどがあります。
作りのチャチさから心配があったのですが、Webカメラが物理的に揺れて画像が乱れるということも、意外なことにほとんどありませんでした。

デメリットは、カメラの先端が手を触れられなくなるため、せっかくのフロントフォーカス機能が使いにくくなる(予めフォーカスを合わせておけばよいだけですが)。カメラ位置の微調整が非常にしにくい。セロハンテープでの固定なので、着け外しがしづらい。当たり前ですが取り外さないと本体の蓋を閉めることが出来ないなどです。


この方式の場合、本体の画面を使用することが難しく(全く出来ないわけではない)、パソコンに出力されるプレビュー映像を見てプレイすることになります。

ここで問題が発生しました。
機械のせいなのか、設定が悪いのかわかりませんが、とにかく映像の遅延やコマ落ちが発生しまくります。

具体的には、画面が切り替わると数秒間画面が白くなって見づらくなり、一旦安定するとしばらくラグなどは生じなくなるけれども、動きの激しいシーンになると激しいコマ落ちが発生する。という感じです。

闘技場のドボル亜種を録画してみましたが、ドボルを遠くから見ている状態だとプレイに支障をきたすようなラグなどは無いのですが、ドボルの脚の下あたりに居るとまともなプレイが不可能なくらいのコマ落ちが発生することが多かったです。

また、録画時間10分程度で、録画ファイルが10ギガ近くなってしまい、しかもあまり大きなファイルになるとWMPや圧縮ソフトがそのファイルを取り扱えなくなるという事態も発生しています。録画時間3分ほどのファイルはちゃんと扱ってくれるのですが、どうしてそうなるのか、今の自分には理解できないです。

とりあえず、カメラの固定方法、録画設定など、もっと練らなければまともな録画など夢のまた夢、といった段階です。

今日はここまでにします。失礼します。
スポンサーサイト

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/38-70db86ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード