モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

ハンターランク6到達。楽しいオンラインプレイ。 

非常に楽しいオンラインプレイを楽しみました。

ハンターランクアップを目標に、HR5の人が集まっている部屋に入室。
集まったメンバーは、部屋主さんが大剣、自分が片手剣、そして太刀とガンランスの4人。全員女性キャラ(自分は中身は男です)。

相性の良さとタイミングの良さというものはあるようで、全員がハンターランクアップのために集まっており、貼られるクエストは自然とキークエストに集中。

さすがにハンターランク5ともなると、それなりに厳しいクエストも多く、落ちる人も出ます。
が、それで雰囲気が悪くなることはなく、例え落ちる人がいても「ごめんなさい」→「ドンマイ!」×3の嵐。
定型文とはいえ、こういう心遣いは割と大事な気がします。

3乙のクエストもありましたが、すぐに再挑戦し、2回失敗したクエストはありませんでした。
苦戦するようならば、誰とは言わず閃光玉や生命の粉塵も使用され、言葉によるコミュニケーションは定型文だけであっても、協力してプレイしている感じが非常によく感じられました。

「大地に賭ける狩猟曲」「跳梁し意思を用いず悪成さば」「狂竜戦線・轟きあり!」をクリアしたところで、部屋主の大剣さんから緊急クエストの出現を確認され、全員が肯定の答え。

そこで、緊急クエストの「黒き鎧・グラビモス亜種!」を順番に貼ることが部屋主さんから提案され、全員で承諾。第一戦は、三人が一致して部屋主さんが貼ることを支持。

しかしこの第一線。三乙しての失敗に終わってしまいます。
だけどそれでダレてしまうような雰囲気は全くなく、再び部屋主さんが緊急クエストを貼って再挑戦。

ここから全員本気。
閃光玉や罠、粉塵を惜しみなく使う協力プレイ。
初めて集まった集団とは思えないほど、消耗品を献身的に使用して第一戦をクリア。

いや、「消耗品を使わなければ非協力プレイだ!」などと言うつもりはありませんが、この時の狩猟は明らかに「みんなは一人のために、一人はみんなのために」という感じで消耗品を使っていました。

続く第二戦は自分がクエストを貼らせてもらいハンターランクが6にアップ。
皆、手馴れてきた3戦目は太刀さん。

これも途中までは順調に進みましたが、そこで事件が起こります。

クエストも佳境に差し掛かったところでまだキークエストを貼っていなかったガンランスさんが突然離脱。
かなり不自然な離脱だったので、恐らくは回線の不調か何かだったのだとは思います。

クエスト中であり、定型文では何も表現できませんでしたが、残った三人に流れた雰囲気は動揺と悲しみだった、ように思います。

それでもなんとかクエストをクリアし、太刀さんがハンターランクアップ。

集会所に戻っても、しかしガンランスさんの姿はなく。

偽善者アピールしますが、自分はこれ本当にけっこう悲しかったです。
最後にみんなでハンターランク6になって、画面の前で祝杯を上げたかった気持ちが本当にあったので。

結局、自分はここで集会所から離脱。
初めて自分からフレンド登録をお願いしてから離脱しました。

チャットによる言葉でのコミュニケーションはあまりありませんでしたが、集まったハンター達の目的と心がひとつになったと感じられるくらい、良い狩猟でした。

いつかまたこの四人で、今度はガンランスさんに何かを上げるような形での狩猟がしたいな、と、割りと本気で思っています。

……まぁ、モニターの向こうで他のハンターさんたちがどのような感じを持っていたのかはわかりませんが、しかし、あの動きや雰囲気はみな協力プレイを楽しんでいたと確信しています。

オンラインプレイの醍醐味を感じたハンターランク5から6への狩猟でした。
スポンサーサイト

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/277-81b8d4b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード