モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

狩猟笛制作 

ヴァナディーのイクサプロド作成が終わり、やっとヘイムダル氏のデータに戻って来ました。

とりあえず、キークエストを進めるのは後回しにして、作りかけだったジェネラルフロスト、岩石笙【駆の音】、グィロ・フリギゥス、そしてナルガXの胴と腰部分を作成していました。

ジェネラルフロストを作るのに不足していた素材は潤った重胸殻。
グィロ・フリギドゥスに不足していた凍戈竜の特上ビレの収集と合わせて凍戈竜アグナコトル亜種を狩ります。

アグナコトル亜種は、かつてMHP3でセカンドキャラだった「フレイア」で、主力武器のランスのための装備としてアグナU装備を作る際に連戦し、かなり得意になっていたモンスター。

武器はアグナコトル原種の狩猟笛「フィアロ・グリーナ」
そしてそのスロット3を活かした挑戦者+2を発動させた装備(ヘリオスZヘルム ブラキXメイル ヘリオスZアーム ヘリオスZコイル ブラキXグリーブ 匠+5逆境-2 挑戦者+2 切れ味レベル+1 笛吹き名人 耳栓)で挑戦。

25分針で捕獲完了したのですが、挑戦者発動中に攻撃しようと焦って被弾し、結局せっかくの火力スキルを生かしけれなかったように思いました。

一回ではアイテムは集まらず、結局3回戦うことになるのですが、最後の一回は回避性能+1を発動したスキル構成(武器はフィアロ・グリーナ 発動スキルは回避性能+1 切れ味+1 耳栓 笛吹き名人)で挑んで25分針。

う~ん、自分のプレイヤースキルでは、やっぱり挑戦者を使いこなせていない……。

とりあえず凍戈竜の素材はすべて集まってジェネラルフロストを作成。

次の武器を作る前に、回避性能を上げるためにナルガ装備を作ろうと、ナルガクルガに挑戦。
武器は破岩鈴イエログラフ。装備は上記の回避性能装備。
ちなみに上記の挑戦者+2装備は、武器スロット3をフルに使うので武器スロ無しのイエログラフでは使えません。

ナルガ装備を作るといっても、基本はヘリオスZで切れ味+1を発動させながらなので、一式が必要なわけではなく、胴と腰だけあればいいかと思っていました。
天鱗はすでにひとつ持っていたので、2回ほど戦って素材はすべてゲット。

さすがにナルガクルガは慣れたもので、2回とも10分針でのクリア。

MHP3のファーストキャラ「ロキ」では、狩猟数200を超えたのに未だにナルガクルガの最大金冠が出ていません。今でも月一くらいで狩っていたりします。

それはともかく。

無事にナルガ素材も集まり、こんな感じで装備を作ってみました。

変換 ~ P1020491

変換 ~ P1020492

変換 ~ P1020493

結局、腰装備は使わなかった……。
まぁあの防具はスロット3あって優秀なので、別の機会に使うとは思いますが。
とりあえず、武器スロットが1あれば回避性能を+1に落として高級耳栓にすることが可能(武器スロット3があればこのままで高級耳栓可能)。
どっかで見たことがある装備だと思ったら、MH3Gのセカンドキャラ「ロプト」の片手剣装備とほぼ同じ構成でした。
これで砥石使用高速化があれば言うことないんだけど。


ゴールデンウィークなのに特にすることもなく(仕事柄、一日に一回くらいは会社に行って野菜苗の様子などを見なければならないため遠出できないのです)、このままさらに狩猟でゴー。

グィロ・フリギドゥスを作るために必要な素材は、残すところ氷牙竜の刺が一本。
ちょうどG級の高難度クエスト「氷牙竜乱舞」(ベリオロス×3)が出ていたのでそれに挑戦。

このクエストのベリオロスは体力が低いことで有名で、よくハンターランク稼ぎなどに使われるそうですが。
噂に違わずあっという間に死んでしまい、初戦では捕獲可能に気づかずに3匹とも討伐クリア。
刺は一本も出ず、再び募集されていた氷牙竜乱舞を再び受注。

さっきの経験も踏まえて、一匹目は、脚を引きずる前に「これくらいかな?」というところで罠にかけて捕獲。
二匹目は討伐。
三匹目は脚を引きずったので捕獲。すべて両腕のスパイクを壊し、牙も破壊して20分針。

しかし氷牙竜の刺は出ず。

またセンサー様か。センサー様が邪魔しておられるのか。

と思いつつ、今度は通常クエストのベリオロスを捕獲。一匹なのに20分針。

そして氷牙竜の刺は出ず。

ここまで来てやっと気づく自分。
必要素材は「氷牙竜の“秘”棘」ではなく、ただの「棘」だということに(そもそもベリオロスの素材に「秘蕀」は存在しない)。

そして、氷牙竜の棘はG級では出ないということに。

無駄に狩られたG級ベリオロス7頭の冥福を祈りつつ、下位ベリオロスを一匹倒したら、2本手に入りました、棘。
濡れ衣を着せてしまって申し訳ありませんでしたセンサー様。

ともかくこれでグィロ・フリギドゥスも完成。

余勢を駆って、土砂笙の制作を開始。
この笛、攻撃力が非常に高いけれど、しかし破岩鈴イエログラフと同じ数値。覚醒しない限りは無属性。会心が-25%。
スロットが2つあり、匠で長い紫の切れ味。そして攻撃力【大】が吹けるので、パーティならば使いドコロもあるとは思うのだけれど、ソロだとイエログラフに完全に食われてしまっているように思います。
イエログラフさえなければ、かなり優秀な狩猟笛だと思うのですが、イエログラフがあるから、多分使わないでしょう。せめてマイナス会心さえなければなぁ。

ともかく。

制作に必要な素材は土砂竜の重頭殻が一つと爆鎚竜の厚鱗が4つ。

とりあえず重頭殻狙いで対ボルボロス戦へ。
ここはまだクリアマークをつけていない「砂塵を超えて」(ボロボロス一頭、ハプルボッカ一頭の狩猟)を選択。

武器は軍奏ハプルモニカで、装備はヘリオスZ一式に胴のみフロギィX。スキルは水属性攻撃強化+2、耳栓、笛吹き名人、砥石使用高速化、切れ味+1。
この装備は通常時には水属性攻撃無しで耳栓の代りに高級耳栓を発動させている、武器スロの要らない汎用装備として使っています。

狩猟は特に問題なく20分針でどちらも捕獲で終了するのですが。

ボルボロスの頭を壊したのがエリア端で、剥ぎ取れない位置に落としてしまいました。
MHP3に比べて、このような状況は減ったと思うのですが、久しぶりにやっちゃった。

しかしそれでも報酬で頭殻が出たので結果オーライ。


最後にウラガンキン原種。
ちょうど高難度クエスト「火山鳴動!」(ウラガンキン原種×3)があったのでそれを受注。装備は依然水属性攻撃装備。

一匹目で一乙。回復薬グレートを7個も消費(それもほとんどが最初の0分針の時点)という体たらくで、クリアが不安になりましたが、

二頭目は、起き攻めを食らって一乙するも、回復薬グレートはあまり使わず。

三頭目はそこまで苦戦すること無くクリア。とはいえ40分針かかってしまっていました。

苦戦しただけあって(?)報酬が素晴らしく、こんな感じ。

変換 ~ P1020490

これで土砂笙も完成。

あとは残すキークエストが2つ。
「2頭の海竜を狩猟せよ」と「イビルジョーの狩猟」。
それが終わればついについにグラン・ミラオスとの決戦になります。

でもその前に、獄狼竜の狩猟笛を作りたいなぁ……。尻尾が要るんだよなぁ……。
スポンサーサイト

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mhblog563.blog.fc2.com/tb.php/177-0392208c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード