モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

モンハン小説未来編 第7話 「ウルズとフレイア、ハチミツ採取に行く」 その6 エンディング 

2017/07/12:追記
本文加筆修正あり。
主にミミルが職員たちに指示を出すシーン。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


やっと終わったハチミツ狩猟。
最後は、ウルズの一人称ではなく三人称でお届けします。

それにしても。
改めて読み返すと、酒を飲んだあたりからフレイアが「シスコンのお姉ちゃん」になってきているような……。

今回の話のちょっとした裏設定ですが。
メガミノフトモモの林を作り出したのは、紅兜であるという脳内での設定があります。
メガミノフトモモの樹に含まれた蜜は、他のものに比べて美味しいと気づいたアオアシラが、他の樹を倒し、最終的にはメガミノフトモモのみが残ったのがあの林。
そして、栄養価の高いメガミノフトモモの蜜を食べ続けたアオアシラもまた、立派な体格に育っていった……。もちろん、泉の存在など偶然の要素もありますが、あそこは紅兜が作った庭だったのです。

本当は、もう一つの単元で、ハチミツを得たウルズの行動も書こうかと思っていたのですが、ちょうどキリが良かったので、この話はここで終わり。
ウルズがハチミツをどう扱うかは、次の話の冒頭でちょこっと触れることにします。

さて。
ミミルたちがその正体を表して今回は終わり。

次は。

緊急クエスト。

いつになるかわかりませんが、楽しみにしていてくださればと思います。

どうでもいいけど、ミミルとクヴァシルは、公的には上司と部下だけど、私的には恋人同士。
わざわざ二人で山まで来ていたのは、仕事がてらのデートだったり。
二人きりの時だと、ミミルはあの口調のまま甘えたりします。


モンスターハンターランキング
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 4   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード