モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

閲覧カウンター73000超え! 

閲覧カウンターが73000を超えました!
いつも見てくださり、本当にありがとうございます!

さてさて。

やっとモンハン次回作の情報が出てきました。



「モンスターハンター ダブルクロス」

ハードはニンテンドー3DS
発売日は2017年3月18日

MH5ではなく、現行のモンハンクロスのデータの殆どを引き継げるクロスの続編とのこと。

……というより、実質的にはクロスGですね。
クロスの内容が全て入った上でダブルクロス分を追加するみたいですし。

あえて「G」と付けなかったのは「G級商法」と呼ばれるのを嫌ったのか。
それとも、クロスはあくまでモンハンの本流ではない実験的作品であるため、本編とは別の用語を使うことで差別化を図りたかったのか。

モンハンってもともと本編とPシリーズの二つの流れがあって、Pシリーズの方が人気が出たため(これはモンハンと携帯機の相性が良かったのが最大の原因だと思います)、MH3Gで本編とPシリーズが実質上統合されてしまったわけで。

今後はP/本編シリーズ(後のMH5。多分ニンテンドースイッチ)と、Xシリーズの二本柱になるのでしょうか?

据え置き機と携帯機で住み分けを図っていた本編とPシリーズでしたが、今後はシステム的な部分で住み分けを図る感じ?
クロス系で新しい要素をバンバンいれ、そのフィードバックを本編に活かしていく、というような。

そんな妄想はともかく。

ダブルクロスは、基本的にクロス独自の要素を更に発展させて行くみたいですね。

ストーリー設定として、本拠地が飛空艇「竜識船」という移動拠点。動く竜歴院。
これはもう、色々な拠点を巡るというクロスシリーズの醍醐味を全面に押し出した舞台設定だと思います。
映像を見る限り、ネコ嬢ことカティさんも続投のよう。

狩技、狩猟スタイルも増えていくよう。
特にスタイル二つ増えるとのこと。
まだ発表されているのは「ブレイブ」スタイルのみですが、この情報の小出し感は、妄想が捗るので個人的には大好きです。

MH4発売前。
操虫棍だけではなく、もう一つの武器種が増えるという情報が出たときには、ネット上の盛り上がりがすごかったのを未だに覚えています。あの短い期間でしか味わえないワクワク感。どんな武器か予想する楽しさ。
あれはある意味、正式発表を知るの以上にエキサイティングだと思っています。
もう一つのスタイルは、シルエットでは樽を頭上に持ち上げていましたが……。爆撃スタイル?

件のブレイブスタイルは、攻撃を出し続けると鬼人強化状態になるスタイルのよう。
クロス発売時にも思いましたが、制作側はとにかく「攻撃をさせる」ことを主体にゲームバランスを調整しているように思います。
狩猟笛の「重音色」なんてその最たるものですし。

新たなモンスターとして、二つ名「鏖魔ディアブロス」と、新看板モンスター「銀翼の凶星・古龍バルファルク」

復活モンスターとして、ベリオロスボルボロスが確認できます。

ニャンターもジャストアクションやジャンプが出来るようなので、ニャンターでもスタイルが選択できるのかもしれません。

新フィールドとしては遺郡嶺
まあ基本的に4+2がテーマのようなので、新マップは最低限もう一つあるのでしょう。
それ以外にも懐かしのマップがあるとか。

さてさて。

発売まであと半年弱。

途中まで勧めているストーリーズは、クリア自体はさほど長くなさそうですが。
問題はX。
二つ名を始め、あまりやり込んでいません。
うーん。どうするか……。
せっかく鈍器チャットルーム跡地もあるし……フレンドさん同士の狩りは、割と行きやすい状況ではあるんですよね……(←寄生する気まんまんじゃないですか!)


そんなこんななモンハンブログです。
今後共何卒よろしくお願い致します(寄生的意味も含めて)
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 6   

モンハン小説『週末の笛吹き』 第六話 その4 ブラックナイトの最後  

今までほとんどまともに使っていなかったTwitter。
ここへ来て初めてリツイートの意味と使い方を知りました。

それはともかく。

先週は鈍器祭りの準備や、チャットに溺れて時間を使ったこともあり、手付かずになっていたモンハン小説。
第六話その4をお送りします。

本来ならば、ヘイムダルさんでは撃退できれば御の字……という程度に強いはずの黒いリオレイア(ユヅキが後に宵闇の守護竜-ブラックナイト-という愛称をつける)。
しかし、相対するのがエロドナイト二人となると……。

そんな感じの第4章になります。


物欲大社へお賽銭をあげる ミ⑤
-- 続きを読む --

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 0   

鈍器祭り参加記 その3(箇条書き)  

まだまだ続く、鈍器祭り記事。
というか、今回が本番。やっと部屋に入ることが出来、四天王ジョークエストに。
笛三鎚一の状況で、割と好き勝手やってきました。

ところで。
せっかく作ったチャットルーム(1925setugekka)。ちょっと跡地使用案を考えてみました。

「護石品評会」

なんてどうでしょう?
とは言え積極的なイベントを開くわけではなく、その日に手に入れた中で良かった護石を書き込んでおき、後から来る人達に「品評」してもらうという感じ。ヌルくね、ヌルく。まあちゃんと機能するようであれば、日を決めて集まり、たん掘れをしながらクエストごとに手に入れた護石の提示と品評をするようなイベントもありかとは思いますが。

神おまだけではなく「……微妙(ジト目」的なコメントを狙ってみたり。
-10系のお守りでウケを狙ったり。
もちろんガチの神おまを提示して「殺してでも奪い取る」と言わせるのもOK。

当たり前ですが、別に品評会に参加せずにただ駄弁るのもあり。

とにもかくにも、一つの案として提案させていただきます。


さて、提案はこれで終わり。
またしても箇条書きで鈍器祭りの参加録を書いていきます。



物欲大社へお賽銭をあげる ミ⑤
-- 続きを読む --

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 6   

鈍器祭り参加記 その2(箇条書き)  

 前半を見返してみて。

 箇条書きそのままの形式だと、やったことを殆ど書き込んでしまうために、面白かったことやそうでもなかったことの取捨選択が出来ていなから、のっぺりした記事になっちゃうかなぁ……。
 などと思いつつも、今回は箇条書きで行きます。
 ただ、書き方にはもう少し工夫をしようかと。

 さて、鈍器祭りの開催からチャットルームの開設、そして入室戦争二連敗、というここまでの流れ。
 しかし、チャットルームが思っていた以上に機能して、入室できずともかなり楽しめていました。
 そして。
 鈍器祭り第2パーティの饗宴も終わりを告げ。
 第三次入室戦争が始まります。


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

鈍器祭り参加記 その1(箇条書き) 

去る10月15日。
フレンドのyukiさんが立ち上げられたイベント「鈍器祭り」に参加してきました。

その記事を書いていこうと思います。

自分の場合、小説とか、長い記事を書く場合は、まずは「構想」としてある程度の「書きたいこと」を書き出し、それをもとに「構成」として書くことを箇条書きにし、最終的に構成をもとに「本文」を書くのですが。

本文にする際に、ムダに長い文章を書いてしまうことが多い……。

然るに。
今回、「構成」部分の箇条書きを読み直すと、割とまとまって、かつシンプルに書けていると思いました。
なので。
今回は試験的に「下書き」である「構成・箇条書き」をそのまま載せてみようかと思います。

て……手抜きじゃないのよ?

とにもかくにも、鈍器祭り前日から、当日の第3次入室戦争突入直前までの出来事を箇条書きにした記事でお送りします。



物欲大社へお賽銭を上げる ミ⑤
-- 続きを読む --

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

鈍器祭りに向けてのハンマー練習「ビリビリバリバリパニック」 

さてさて。
モンスターハンターストーリーズを買ったけど、ターン制戦闘RPGが久しぶりすぎて、なんかちゃんとハマれない感じ。
昔だったら猿みたいにやってたはずなんだけど……とりあえず、そっちはゆるゆると進めていこうと思います。

とりあえず目下の目標は「鈍器祭り」。
そのために、錆びついたハンマーのスキル……いや、モンハン自体のスキルを研ぎ直さねばなりません。

そんなわけで、今回はブシドーハンマーで未クリアクエスト「ビリビリバリバリパニック」に挑戦。

変換 ~ IMG_20161010_170528

内容はこんな感じ。
やってみるまでわかりませんでしたが、闘技場での連続クエストで同時狩猟はありませんでした。

以下、記事を折りたたみます。


物欲大社へお賽銭を上げる ミ⑤
-- 続きを読む --

category: MHXプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

最近のゲームプレイ 

最近はリアルが忙しいためあまりゲームプレイは捗っていなかったのですが。
ここ数日は仕事が一段落。
もう一回山はありますが、とりあえずこの峠の時期を活用して、久しぶりにちゃんとゲームをプレイしていました。

さて。

まずは……


物欲大社へお賽銭をあげる ミ⑤
-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

yukiさん来旭・旭川案内記 写真紹介編  

去る9月13日。ブロガーでフレンドのyukiさんが、弟で相方のシャドーさんと北海道旅行に来られました。
その際、旭川の観光案内役を勤めさせていただいたのですが、その時に撮った写真を紹介します。
あれからすでに一月近く。
本当はもっと前に記事を上げたかったのだけど、リアルの忙しさにかまけていたらこんな時期になってしまいました。

それはともかく。

yukiの……もとい「雪の美術館」「旭山動物園」「旭岳」の写真を数枚UPさせて頂きます。


前回記事
yukiさん来旭・旭川案内記 ダイエット編

本家記事
北海道旅行記
-- 続きを読む --

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

鈍器祭り宣伝:専用チャットルーム開設 

yukiさんの主催する「鈍器祭り」が今週末(10月15日)に開催されます。

その宣伝と、参加しやすい環境の構築を考え、専用のチャットルームを開設してみました。
yukiさんには無断で……。

……いや、ちゃんと引き渡しました。というか、無理やり押し付けたというか……。

それはともかく。

URL:鈍器祭り2016専用チャットルーム(http://www2.x-feeder.info/1925donki/login.php)

ログインパス:1925setugekka

チャットルームの使い方:http://www.x-feeder.info/usages/toggle_notifier/

自分としては、部屋が満員の場合の待機ロビーとしてかなり有用かと思っています。
待っている間、部屋の状況を伺うのもいいし。
時間があるなら、待機ロビーの人間だけで練習に行ってもいいし。

また、yukiさんの考えでは、鈍器祭りの前に集まっての練習打ち合わせとして使うのもいいのでは、ということでした。
なるほど。

もともと、モンハンでフリーチャットルームを使用するというアイディアは、リンクもしてもらっている「ハンター鈴のモンハン大好き」の鈴さんの影響から。

そちらは今は停止していますが、もともとチャットと相性がいいにもかかわらず、チャット機能の貧弱な3DS版モンハンですので、こういう場があるとフレンドさんとのプレイが非常に快適になります。鈴さんのチャットルームには、4G時代には本当にお世話になりました。

ただ、無制限に誰でも入れると荒らしの問題などもあるかもしれないので、ログインパスを公開しての常設は難しいと思います。
(聞いた話、ボイスチャットだと更に面倒なよう。舌打ち一つで場が悪くなるということもあるとか……)
使用する場合のマナーは重要ですね。

とにもかくにも。
自分も15日の開催日までちょくちょく顔を出してみようと思います。予定としては9時から12時位の間、ログインしっぱなしにしようかと(ただし画面の前にずっと居るとは限らない)。
興味のある方は、覗いてみて下さい。


P.S.
使い方として。

1.ログアウト方法:画面右上にある「メニュー」にある「ログアウト」から。
  ただウィンドウを閉めただけだと、ログアウトになりません(時間が立つと勝手にログアウトする?)

2.アバター:チャット入力欄の左端にある名前欄下の「アバター」をクリックして画像を登録。
  アバター登録名と書き込み名を一緒にすると反映されるようです。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

モンハン小説『週末の笛吹き』 第六話 その3 怒れるアイルーと密猟者  

先月の中旬にはお送りしたいと思っていた、モンハン小説第6話の3。
リアルが忙しかったため、書く時間と気力が捻出できず、遅れに遅れてしまいました。

それでも、なんとか書き上がりました。
モンハン小説全体でも、もっとも書きたかったシーンの一つ。
色々と決着が付きます。

書いていて痛恨と思ったのは。
この話に入る前に、外伝的でもいいから、テュールの日常生活の話を入れておくべきだったということ。
自分の中では、ある程度完成したテュール像があるけれど、読者さんから見たら、今までぜんぜん喋りも独白もしなかったテュールがいきなり主役になってしまっているわけで……もう少し、思い入れを持ってもらえるような流れを作っておくべきだったかなぁと。

テュールの日常生活に絡んでくるとなると、人間からは村長とユヅキ。仲間のアイルーからはロキ(とロリフレイア)、ソグン、そしてカーラ。今になってそう考えると、色々と書けたのかも。

こう言うことは、何か次回作があったら活かしていこうと思います。ホント、未熟です。

などという、書き手の事情はともかく。

ついにフェンリルと対決するテュールの話。
楽しんでいただければと思います。


モンスターハンターランキングへ
-- 続きを読む --

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 0   

閲覧カウンター72000超え!  

閲覧カウンターが72,000を超えました。
いつも見て頂き本当にありがとうございます。

9月10月はリアルの仕事が忙しく、ついに18連勤。うち一回は22時まで残業。
久しぶりの休みかと思った今日も、もしかしたら午後から呼び出しがあるかも……。

そんな訳で、思ったような更新が全くできていません。
言い訳だらけですが……。

不定期にはなりますが、モンハン小説はちゃんと書いていこうと思っています。

ただ、一旦後回しにして旅行案内記や別ブログの更新に時間を回し、リアルの時間が取れるようになった後にもう一度第6話を最初から書き直したい……とも思っています。
……第6話、ここまで書いた部分、自分の中で「なんか違う」感があったりもするので……。

鈍器祭りも練習をしたい。未クリアクエストを笛とハンマーで埋めていこうと思っていますが、「ジョー・ラージャン」のクエストから進めない……。

こんな泣き言ばかりの更新ですが。
これからもよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード