モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

-1の効果 

やっと、Lv135のテオをソロで討伐出来ました。
MMD杯以降、片手剣を持って樹海に行っては、このテオに狩られるのが日課となっていました。
一日一狩られか二狩られ。「またテオに狩られる仕事に行ってくるお(T_T)」
という感じだったのですが。
やっっっっっっっっっと、勝つことが出来ました。

そして、勝った時の狩猟で、一つ小さな悟りを開きました。まるで暗闇で鴉の鳴き声を聞いた気分。
それが。
「-1の効果」
負けていた時の攻撃パターン(コンボ)から、最後の一発分を出さずに回避するという意識。

まぁゲームのうまいハンターさんならば常識というか。
そもそもモンハンには「3発いけると思ったら2発にする」「まだ行けるはもう行けない」という至言があるのですが。
その悟り。ついに開くことが出来ました。

……
…………
もっとも、この悟りは数ヶ月に一回くらい開いているのですが、ある程度時間が経つと頭から抜け出ていってしまいます……。
こうして文章にすることによって、今度こそちゃんと身体に染みつけたいな……と、思っています。


~~悟りを開く以前~~
-1の悟りを開く以前の自分。
攻撃はだいたい後ろ脚のみ狙いなのですが。
基本的に、「結構ちゃんと動けている気がするのだけど、5~10分に一回くらい事故に巻き込まれてBC送りになる」という感じで、狩猟に成功するときでも40分針以上(Lv134の時には残り5分のアナウンスを見た)かかるので、倒す前に3乙する。
そういう状況でした。

主な行動パターンとしては。

例1)テオの炎ブレス(怒り時は粉塵ブレス)を誘発して後ろ脚付近に潜り込んだ場合。
※隙大なりと見て、突進斬りor切り上げから切り下ろし(X)→横斬り(X)→水平斬り(A)→切り返し(A)→回転斬り(A)

例2)猫パンチをかわした後。粉塵爆破後。威嚇後など。
※隙中なりと見て、突進斬りor切り上げからX→X→A→A (=回転斬りの一つ前までの攻撃)

状況によってコンボの数が変わるのですが、だいたい例1のようなタイミングまで攻撃していました。

例えば、テオの斜め前あたりでウロチョロして炎(粉塵)ブレスを誘発させて、その隙に後ろ脚に向かって斬りつけるという立ち回りなどをよく使っていたのですが。
例1でも書いたように、この場合は大抵回転斬りまで出していました。

このタイミングだと、大体は回避が間に合うのですが、10回に1回くらい猫パンチや突進を食らってしまい、さらに喰らった時の10回に一回くらい、起き上がりに突進や前方ノヴァを重ねられてBC送りになります(10回に一回というのはかなり適当な数字ですが……)。
それにくわえて「タイマーをかけているのにスーパーノヴァのことを忘れる」「テオに大きな隙があるときに離れた場所で研いでいたら前方ノヴァ」などの状況で、BC送りが5~10分に一回程度起こっていました。

また、よく喰らってしまっていた猫パンチは、それ自体はさほどのダメージではないものの、起き攻めやその後の執拗な突進などを誘発してしまい、回復の手間もあってまったく攻撃できない時間が多くなり、さらに後半で回復薬Gが不足する(応急薬や調合分も含む)事態になることもありました。

しかし。
回転斬りまで出しても、7~8割は問題なく動けるわけで。
そのため「まだ行ける」タイミングなのだと思い込んでいたのです。


~~-1の悟りを開いた後~~
今回、上で例に出したような状況から、一発から二発分、コンボを短くしました。

するとどうでしょう。

今まであれだけ苦しめられていた猫パンチはほぼ喰らわず。
そのためテオの起き攻めからの猛攻に至る状況が発生せず。
結果として手数が増え。
事故が減り。
最近まったく勝てなくなっていたテオから、久々の勝利をもぎ取ることが出来ました。

もっとも。
それでもかかった時間は41分39秒。
30分針までは余裕があったのですが、それを超えた辺りで集中力が切れたらしく、まず(タイマーをかけているのに)スーパーノヴァを忘れていてBC送り。
次いで、テオが離れている時に尻尾を振っていたので武器を研いだら前方ノヴァを喰らって2乙、というていたらくではありましたが。

しかし、Lv134の時に比べると討伐時間が1割以上短縮(45分以上が41分くらいに)。
何より回復薬の消費が激減し、調合せずに狩りを終えることが出来ました。

久しぶりに「手応え」を感じた狩猟になりました。

……まぁ、調子よく行ってこの数値。
自分のセンスのなさを露呈していますが。

ともかく。
さすがに心折れ気味で、ソロでのLv140達成を諦めかけていたのですが。
なんとかなりそうな気がしてきました。
あとは、もっと速く狩れるようになればなぁとは思うのですが。
自分のスキルだと、それは欲張りすぎのような気がします。とにかくマイペースで完熟を達成させたいと思います。



……
…………
………………
あと。
今回の狩猟中。
テオの体力が少なくなって、すぐ怒るようになってきた20分針ころ。
すでに「今回の狩りは記事しよう」と思っていたのですが。

その際には是非「テオが怒りまクリスティになったのが20分針頃」という文章を入れようと考えていました。
が、この記事を書いていてもこの文章、なんか入れるところがありません。
なもんで。
ここに置いておくことにしようと思います。

「怒りまクリスティ」


     ↓結月ゆかり嬢
        イ
       厶l .   ̄ ̄   、
     . ´          __丶
     '           rく.=ミ `ニ=-
    /   __  __ゞべツ |
  r~| | 入 | イ / .イ ハ.|  .i,、,、
  弋 =| |/ T::::T|/'T:::::T .リ  .|¨¨1
   Vハ '. L::」   L::::」 .l   .l::::7
    Ⅵ  .''        ,.l   ./::::/
    `l  l._   Δ ・=彡|  /::::/
     〔三〕::: ̄}「_艾_/三〔三〕::イ
      / ハ::::::|-===ヘ:::::::} \`ヽ
     .l  ,リ::::::l    '.:::/イ  .lー'
      Ⅵ L_|ミ、   }::::::}ィ/
        ミ==ツ___Ⅵーイ
        ト=彡ー元^ー`ミ彳
         |  / '.  |
         ゞ='   ゞ=”
「……いや……捨ててしまいなさいな、そんなもの……」


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

MHX情報 剣斧に関する情報と感想 


剣斧イメージ

クロスの武器やスタイル、狩技などに関する情報や感想、妄想など。
今回はスラッシュアックス

MHP3のファーストキャラのメイン武器は弓でしたが、一番最初に手にとった武器はスラッシュアックスでした。
最初に幾つか武器を使ってみて、やがて弓をメインに据えるようになるのですが、スラッシュアックスは近接武器でのメインとして、またその後のキャラやシリーズでもスーパーサブ的な武器として使用し続けました。

ちなみに。
なんで最終的に弓を選んだのかというと。

こういう動画を見たから。
我ながらミーハーですね。……あの頃は、こういう動きに憧れたなぁ……動画としては全く参考にならないものでしたが。

さて。スラッシュアックス。
4では斧の縦斬りのモーション値が低く抑えられてしまうなど、不遇な武器としてのイメージがありましたが。
MHXで復権なるか?


~~ギルドスタイル~~
動画のギルドスタイル紹介から見ることが出来る要素は。

まず、お久しぶりのハプルポッカ。
新しいアクションとして斧状態の横斫りからの派生として(あるいはぶん回しから?)チャージアックスの属性解放斬りⅡのような斧の二連斬りがあり、さらにそこから剣への変形斬りへと派生している。
斧の縦斬り、剣の縦ループ、斧の振り上げからぶん回し、そして剣の二連斬り、属性解放突きなど従来の動きはそのまま残っている。
それくらいでしょうか。


~~エリアルスタイル~~
近距離戦で張り付きながら戦うイメージのあるスラッシュアックス。
その動きを支える要素としてサイドステップがありますが、動画ではエリアルスタイルでのサイドステップが確認できませんでした。

小ジャンプと踏み台ジャンプによる縦移動でどれだけ回避が可能なのかいまいち分かっていませんが、従来のスタイルとはかなり立ち回りが変わってくるのではないかと思います。
というか、エリアルスタイルって、ハンマーや双剣など、ガード無し近接武器での差別化が難しくなるような気がするけど、まぁそこはカプコンが色々と調整しているのでしょう。

動画では、踏み台ジャンプ→ジャンプ剣縦斬り→着地開放突きというコンボを見舞っていましたが、属性解放斬りって隙の多さもあってあまり使った記憶が無いので、この連携も……。


~~狩技:トランスラッシュ~~
動画で紹介されている狩技トランスラッシュ。

斧の二連続斬り→剣の二連斬り→属性解放突き というコンボ技に見えますが。

とにかく攻撃発生時間が長い。
10秒近い攻撃。おそらくは途中でのキャンセルも不可。
さりとてランスのシールドアサルトのようなガードは無く、片手剣のラウンドフォースのような無敵時間も発生しているとは考えにくい。トランスラッシュを喰らっているハプルさんは特に怯むような様子もないので、ガンランスの覇山竜撃砲のようにモンスターを転倒させるような効果もなし。

しかも。

スラッシュアックスの大きな長所はDPSの高さ。斧のぶん回し、剣の縦ループなどモンスターの隙に多段攻撃をまとめて叩きつけられるという特長があります。
果たして、あの10秒程度の動きのトランスラッシュを喰らわせるのと、剣の縦ループやぶん回しを10秒間続けるのと、どちらがダメージが多いのか。
いやさすがにダメージはトランスラッシュの方が多いのだとは思いますが、任意のタイミングで回避に移ることが出来るぶん回しや縦ループの扱いやすさを覆すほどのものがあるのか。
私、気になります(東北ずん子の声で)。

ちなみに。
MHP3やMH3Gでハプルポッカと死闘を繰り返した自分には見えます。
トランスラッシュの反動で動けなくなっているプレイヤー1に、ハプルの砂ブレスの直撃するシーンが。

そんなわけで、自分としてはこの狩技をセットするよりは、共通狩技の「狩人のオアシス」「絶対回避」「エスケープランナー」などを選ぶように思います。
特に、武器を出したままランスの突進並のスピードで走り回る「エスケープランナー」は、剣状態の動きの遅さを補ったり、懐に入り込むための手段とするなど、スラッシュアックスとの相性が良いのではないかと妄想しています。

ただ。
武器固有の狩技はどうも一つでは無いよう。
弓にも「ブレイドワイヤー」という斬属性になる狩技があるなど、まだまだ公式発表されていないものもあり、スラッシュアックスにもまだまだ別の狩技があってもおかしくはなさそう。

カプコンの続報に期待しています。


人気ブログランキングへ

category: MONSTER HUNTER X関連

TB: 0    CM: 0   

MHX情報 弓に関する情報と感想 


MHX弓イメージ

クロスの武器やスタイル、狩技などに関する情報や感想、妄想など。
今回は

自分の出発点であるMHP3のファーストキャラのメイン武器だったため、かなりの思い入れがあるものの。
MH3Gではそのエフェクトのしょぼさから使う気が起きなくなってしまい、近接武器ばかりになってしまいました。
4系ではそれなりの回数を担ぎましたが、メイン武器としての復権は出来ず(3Gの時から、それまで使っていない武器を中心に使おうという意図もあったので)、今に至ります。

MHXでは、原点に戻って弓を使ってみようかなぁという想いがあります。


~~ギルドスタイル~~
動画でみるギルドスタイルの弓。
新しい情報がないかと思いきや、ちょっと気になることが。

まず、ガララアジャラが続投しているということ。
そして、同じ青い弓で、剛射と曲射の両方を撃っているように見えること。
段差からの通常ジャンプからも射撃していること。
ありそでなかった「属性強化ビン」が装填されていること。
新要素「バックダイブ」の存在。

剛射と曲射……武器固有で決められているのではなく、スタイルに依存して使用されるのだろうか? (ギルドスタイルだと両方打撃てるが、例えばエリアルスタイルだと曲射は出来ても剛射ができない……とか)。

また、ジャンプからの射撃では、反動で後ろに下がるようになっているよう。
これは、基本的にモンスターから距離をとっておきたい弓には使いやすそう。意図しない段差ジャンプの場合でも危機回避がしやすそうです。

バックダイブは、バックステップから派生して大きくモンスターとの距離を離し、溜めにつなげることで一気にLv3まで溜められるという行動。

今まで自分はバックステップをあまり使ってこなかったのですが(基本的に横にコロリンする。昔、ヘビィボウガンに縛られたいというとあるハンターさんが、自身の動画で「とにかくモンスターの正面に立たないようにする」という心得を語っていたのが影響しているような気がします)。

使いやすいように見えて、真後ろに下がるという行為は意外と危険が多いもの。
回避用ではなく、モンスターが動きを止めた時に素早く攻撃に転じるための行動かなぁと思っています。
4から採用されている、片手剣のバックステップみたいな印象を持ちました。


~~エリアルスタイル~~
モンスターを踏み台にして積極的に乗って行くスタイル。
弓で近接戦闘をせよと!? 
……
…………
ふむ、いいね! 近接弓! 使いこなしたら格好いい!
使いこなしたら……ね。

弓の場合、ボウガンの通常弾と違い、ゼロ距離射撃でクリティカル距離になる矢がありませんが。
いまいち存在感の薄かった接撃ビンの出番が増えるでしょうか?

やるとしたら。
クリ距離の短い高火力拡散弓で、近距離戦で閃光魔術、乗って倒して動きを止めて。
そこにバックダイブからの、拡散矢UP&剛射&接撃ビン&狩技:アクセルレインによる溜め時間短縮による絨毯爆撃! って感じ? 拡散弓の火力を考えると……「もうやめてあげてよぅ」という定型文が必要になりそう!

うーむ、新しい弓の姿だ。


~~狩技:アクセルレイン~~
武器固有の狩技としては珍しく、攻撃判定のない純粋な補助系。移動速度強化や溜め速度強化の効果があるようです。おクスリの雨を降らせるようだけど、動画のエフェクトを見る限りでは効果は自分のみみたい?

双剣の鬼神強化や狩猟笛の自分強化など、強化系は基本的に「切らさない」ことが前提となってくるため、この狩技も切らさないように使っていくことになるのかな?
となると、狩技ゲージを溜めておくため、とにかく手数を稼がなければならないのでしょう。
もとより弓は淡々と途切れなく矢を当てていくスタイルが最上のものかと思っていますが、効力はどれくらい持つものなんでしょうかね。

狩猟笛の記事を書いた時にも思いましたが、MHXでの新要素は、基本的に「攻撃を当てていく」「攻撃に参加する」ということを重点に置いた調整なのかな?

ともかく、弓に関して、動画から自分が見えること、妄想することはこんな感じです。
次はどの武器について書こうかなぁ。


人気ブログランキングへ

category: MONSTER HUNTER X関連

TB: 0    CM: 0   

MHX情報 狩猟笛に関する情報と感想 


MHX狩猟笛


久しぶりにクロスの記事を。
本当は、最新情報が出るたびにこういうのを書きたかったのですが。
MMD杯にかまけている間にすっかり出遅れてしまいました。

とにかく。
武器の新しい要素の紹介と感想など。
まずは狩猟笛(笛吹きブログっぽく)


~~重音色 かさねいろ~~
まずは新しい要素である重音色

動画だけではわかりにくいのですが。
調べた所、空振りの攻撃で貯まる音符は♪(通常)。
モンスターに攻撃を当てた場合は♫(重音)となり。
重音色のみで音符を揃えて演奏すると、一つ前に演奏した効果を重ねらて得られるというもののよう。

これはつまり。
モンスターに攻撃を当てた方がお得……すなわち吹き専カリピストを減らそうという調整なのでしょう。

この調整ならば、攻撃に参加しさえすれば、演奏効果を維持するのも楽になりそうです。
今思うと、演奏の重ね掛けはあまりに隙が多く、さりとて演奏効果の維持には効果が高いわけでもなく。そうそう使えるものではありませんでした。
それに比べればかなりスマートな調整だと思います。
また、この調整ならば、いままで出番のほぼなかった「高周波」など、あまり使わなかった演奏にも(一個前に吹いた旋律目当てに)使われる機会が増えそうな気がします。

ちなみに。
チビテトでぽ子ライド
モーショントレース動画で、デフォ子(本名=唄音ウタ:ヘビィボウガン担当)のオトモとして使おうと思っていたこのキャラは、
重音テト(かさねてと)
といいます(フルネームは重音テトペッテンソン。乗っかられているのはでぽ子)。
どうぞご贔屓に。


~~エリアルスタイル~~
今までと同じというギルドスタイルはとりあえず割愛。ギルドスタイルでは狩技が二つ装備出来るよう。

重音色はギルドスタイル限定というわけではなく、すべてのスタイルに適応される模様です。

エリアルスタイルの場合は装備できる狩技は一つ(?)。
すでにお馴染みになっている「モンスターを踏み台にしてジャンプする」というシャイニングウィザードスタイル。
従来のスタイルに加えてジャンプ攻撃が出来る……となると、その分のマイナスもあるはずなのですが、狩技の数だけでしょうか?

大剣の場合は、通常の溜め3攻撃が不可、ハンマーだと地上での溜め3が不可となるなどかなり癖の強いスタイルではあるようなので、狩猟笛でもなんらかのマイナスがありそうです。
つまるところ、それを補って余りあるほどの能力が、ジャンプ攻撃および「乗り」にはあるのではないかとも思います。


~~狩技:音撃振~~
以前から、音で攻撃するという狩技があるとは聞いていましたが、個人的に「高周波+攻撃判定」かと思っていました。
動画を見る限り、「二連撃+振動波」の3連続攻撃がその正体のよう。
二連撃部分は笛での打撃。振動波は音での攻撃で、振動波はかなり攻撃範囲が広いよう。
また振動波は問答無用でスタン効果が発生しているみたい。
スタン値がどうなっているのか、私、気になります(ずん子の声で)。
動画では、振動波を喰らった中型のドスマッカォが例外なく怯んでいます。攻撃発生時間は長いものの、普通の大型モンスターでも、振動波さえ当てれば怯んでくれるのが確定するのであればかなり使いやすそう

……どうでもいいけど、モンハンをやる前、狩猟笛という言葉を聞いて、FF5の竪琴のように音で攻撃するものだと思っていたのですが……まさか本体でぶん殴っているとはなぁ……。


~~感想と妄想~~
ブシドースタイルやストライカースタイルがどうなるのかが気になるところですが。
上の動画から見ることが出来るのは。
「狩猟笛も積極的に攻撃に参加するように」というカプコンの意志でした。

特に重音色ですが。
「攻撃を当てる」という価値を高めるには効果的で、ガンランスのヒートゲージと並ぶ、いい意味で面白い調整かと思います。

が。
問題がひとつ。

パーティプレイの場合、重音色での演奏をしなければ、攻撃を当てていないことがメンバーにバレるこれ。
自分を含めた、なんちゃってカリピストには更なる技術向上が求められそうです……。
雑魚掃除をしながら重音色を溜めて誤魔化そうか……。


人気ブログランキングへ

category: MONSTER HUNTER X関連

TB: 0    CM: 2   

カウンター42000超え! 

閲覧カウンターが42000を超えました。
いつも見ていただきありがとうございます。

前回、前々回と違って、ちゃんと間に記事が挟まっている……。
まぁMMD杯の余波みたいな記事ばかりですが。

ゲームのプレイ時間がかなり減ってしまっているので、必然的にプレイ日記記事も減っていますが。
とりあえず、ほんのちょっとづつ進んでいるテオのソロでのレベリングを果たし、その後は「モンスターハンター」のソロクリアを目指したいと思っています。

200時間以前に、一度は目指した「モンスターハンター」ソロクリア。
その時には結局果たすことが出来ずに宿題としてしまっていました。

……その時とは装備が違う。
て、PSはむしろ落ちてたりして……。

11月27日までに「モンスターハンター」クリアが出来なければ。
その時は、フレンドさんに頼み込んで手伝ってもらおうと思っています……。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ボッチハンターが初めてフレンド申請をするまで 

『モンハン小説 週末の笛吹き 未来編』
「ボッチハンターが初めてフレンド申請をするまで」

ヘイムダル氏の教え子、ガルガリの滝の村のクソガキ「フレイア」とその相方の話。
主人公は相方の方になります。

一応、四章分のうちの第一章のつもり。

二人の話のモヤモヤしたものは頭にあったのだけど、なぜかここ数日、頭のなかで突然形になり始めたので書いてみました。

主人公の方は「だいたいこんなキャラ」というのがあったのですが、フレイアの方は「好奇心を満たすためなら死んでもいいけど死んだら好奇心を満たせないから絶対に死んでなるものか」という要素以外はかなり見切り発車で書き始めました。

書きながらキャラクタができていった感じ。いつの間にか「超然とした態度の不思議ちゃん」に。
フレイアのオトモアイルーであるロキは、フレイアがどういうキャラか解説する役に。

二人の見た目なども、書き始めた時にはほぼ定まっておらず。
先に作った動画の影響で、フレイアは「レア様」。相方は「デフォ子」のような見た目という設定になっていきました。
自分の場合、世界観やストーリー上の役割が先にあって、そこからキャラが出来ていく感じが多いのかなと思いました。
先にキャラがあって、それがストーリー上の役割を担ったり創ったりしていくことも多いですが(どっちやねん)。

なんにしても。
書いていくと形が整っていく感覚があります。
自分の場合は大体こんな感じです。

まぁそんなことはともかく。

7,413字と長くなってしまったので。
例のごとく、本文は折りたたんだ先に。

また、今回は動画にするつもりはありません。

人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 4   

モンハンマインドを取り戻せ!!! 

とにかく最近、脳内がMMDになってしまっていて、モンハンマインドを失っていました。
なんせ、ここ一ヶ月以上、「高橋名人との約束」を守ってしまっているという不甲斐なさ。

ここは一つ。
活を入れてやらねば、と、今更ながらに、クック先生に一手ご教授願いに行きました。


~~ハンター日誌 怪鳥の回~~
そんなわけで、今更挑戦、「ハンター日誌 怪鳥の回」。
今回は10匹狩猟のサブクリアソロクリアを狙います。

武器は狩猟笛。
汎用として作っていた、

頭:ウカムルXサクパケ
体:クシャナXディール
腕:GX荒天【羽袂】
腰:セルタスXフォールド
脚:荒天【袴】
護石:切れ味+8 笛+8 ○--
発動スキル:回避性能+2 切れ味レベル+1 業物 砥石使用高速化 笛吹き名人 (武器スロ1以上で耐暑が発動するけど関係ないので今回は発動させていない)

という装備に、武器は電電太鼓【電轟】。

このクエストは、二匹以上倒せばチケットが支給されて、それを納入すればクリアになるのですが。
サブクリアとして、イャンクック10匹狩猟という条件があります。

活を入れるという目的のため、今回はこのサブクリアを目指してみました。

ちなみに。
氷結果汁ストロング(アルコール9%)を燃料として投下しながらの挑戦。
俗にいう「飲酒運転」。なめきってますね……。


~~イャンクックの群れ~~
事前に一度挑戦し、イャンクックの出現場所などは頭に入れての本格挑戦。予行演習は2匹倒してチケット納入。

遺跡平原のマップ3がクック先生の出現場所。
そして時間での移動でマップ8。寝に行くのはマップ6。
という確認をしていました。一匹一匹の体力は低く、数は多くとも5分以内で倒していけば大丈夫。

そんな考えで10匹狩猟に挑戦。

最初は順調。
4匹目まで倒した時点で15分針。内一匹はマップ3で倒し、それ以外はマップ6に逃げられていました。

行けるいけると思いながらの5匹目。
どうせまたマップ6に逃げるのだろうと思い、ペイントボールすら投げない増長っぷり。
これが勝敗を分けました。

この5匹目。
マップ3では倒しきれずに逃げ出すのですが。
自分はもう対して考えもせずに、マップ6へ移動。

そして、そこで。
まさかの先生居ない現象。

慌ててマップ5、7、4、8と回るも遭遇できず、最終的にはマップ2(あれ? 9だっけ? いや2だったはず……)でやっと遭遇。
その5匹目の先生は攻撃を二発程度当てただけで倒せたのですが。
この走り回った時間が、あとあと響いて来るのでした……。


~~残り時間あと5分~~
倒しに倒したクック先生9匹。
しかし、最後の一匹が出現するとほぼ同時に、アナウンスされる「残り時間あと5分です」。
焦ったのがまずかった。
ここで、攻撃に逸ってしまい、反撃を喰らってまさかの一乙。
前の9匹でも再三もらっていた尻尾振り回しを喰らってピヨり。
回復すら怠っていたため、さらに突進を食らってBC送りになってしまいました。
秘薬も使わずにマップ3へ戻るも、大して攻撃を当てても居ないのに逃げ出すクック先生。
残り時間。
46秒。

それなりに弱らせていたという手応えはあるものの。
ここは決断の時。

サブクリアを諦めました。


~~逃げの「クエスト達成」~~
最後のクック先生を追いかけること無く、BCへ逃げ戻るゲフィオン。
残り14秒でチケットを蒼色ボックスからひったくって、赤色ボックスへ納品。

残り14秒
残り14秒。
無念のメインクエスト達成クリアとなりました(すごい言葉だ)。

また途中でやけに大きいのが居ると思っていたのですが。
イャンクック 金冠
金冠も獲得。

更に、「ハンター急募告知」も、様子見の一回目と、今回のメインクエスト達成で計四枚を入手。
「混沌のパオ(チケット必要数2枚)」と「どんぐりヘルム(必要数2枚)」の両方が作れるようになってしまいました。

得たものは大きいのですが。
漂う敗北感。

とにもかくにも。
モンハンブロガーとしても。
プレイヤースキル的にも。
リハビリが必要なようです。


人気ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

MMD杯に関しての蛇足文 

~~蛇足的前文~~

ニコニコの視聴者にとって、動画の中身とはとにかく内容が面白いことが第一であり、その制作環境なんてはっきり言ってどうでもいいことです。当たり前です。

創作のプロフェッショナルならば、とにかく作品に要らない要素は切る! その編集技術を大事にしているはずです。
特に映像ともなると、視聴速度の要素まで製作者側が持つため、この編集作業は殊の外大事になると思います。

例えば宮﨑駿監督の「風の谷のナウシカ」
漫画版と比べ見ると、映画版ではどれだけの要素がカットされているかわかります。
ラピュタやトトロなど、あの短時間にとてつもなく高密度に「要素」が全く破綻なく詰め込まれているのが宮崎作品の特徴ではありますが、しかしおそらく、監督の中では恐ろしい量の「入れたかったこと」を切り捨てて行ったのではないかと思います。
それでいてあの完成度。
宮崎監督の構成力は、自分などがいまさら言うことではないですが、とにかく背筋がゾクゾクします。

ひるがえって映像作成のアマチュアは、「自分は面白いと思っている」カットを何かと入れたがったり、そのカットが無駄に長かったりするものです。
それが作品全体のテンポを悪くして、しかも得てして「自分が面白いと持っている」要素は大体の人にとって大して面白いと思えるものではなかったりします。結果として作品をつまらなくします。
今回、自分もその例に外れず、動画に無駄カット、ムダ時間、無駄駄文を詰め込んでしまいました。だって入れたかったんだもん。

まぁそもそもこの記事自体がそのような蛇足の賜物なのですが。

そんなわけで、ここからが記事の本番に入ります(ホント無駄が多いな!)


……思っていた以上に本文が長くなったので、記事を折りたたみます。


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: モンハン動画

TB: 0    CM: 2   

プレイ600時間 ギルカ公開 

ギルカ600P0

貯めていた宿題の一つ。
プレイ600時間でのギルドカードを公開します。
達成したのは7月12日。もう一ヶ月以上ほったらかしに……。工作に熱中しすぎて、他の夏休みの宿題を全くやらなかった小学生のような。

ともかく。
長くなるので以下、記事を折りたたんだ先に掲載していきます。


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

パンチラ裁判 

謎の法廷で、とある裁判が開かれていた。

嫌疑はオレ国オレ法約4条違反容疑……通称パンチラ禁止法違反。
被告はもものは式弦巻マキ。

多くの傍聴人が座り、裁判の推移を見守っていた。傍聴席の最前列には、マキの友人、結月ゆかりと東北ずん子の姿もある……。

以下、モンハンに全く関係のない茶番なので、記事を折りたたみます。


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: モンハン動画

TB: 0    CM: 2   

【第15回MMD杯本選】結月ゆかりさん達のモンハンモーショントレース 



ここ一月ほどの集大成。
ブログの更新もせずに作っていたMMD杯投稿動画。なんとか投稿締め切りに間に合わせることが出来ました。色々と不満な点はあるのですが、自分の実力ではこれが精一杯。
今思うと、「誤算により作ることの出来なかった事柄」に関しては、完全に蛇足だったなぁ。
まぁそのような未熟な部分も含め。
ありったけのずんだを込めて、お送りいたします。

それにしてもテーマを「誤算」にしたせいなのか(MMD杯ではいくつかの決められたテーマを選ぶというルールがあります)。
様々な誤算に襲われました。
いやー、まさか。
投稿期限最終日の早朝に完成していた投稿用動画ファイルが。
ニコニコにアップしようと思ったその日の昼に消えているとわ。

まぁその辺りの経緯についてはおいおい追記しようかと思っています。

また、あれだけ「パンチラは禁止」とか言っていたのに。
マキさんが盛大にパンモロをかましている点の釈明も、そのうち。
あれは……あれはパンチラではないのです!!


人気ブログランキングへ

category: モンハン動画

TB: 0    CM: 2   

カウンター41000超え! 

カウンター41000超え!

閲覧カウンターが41000を超えました。
いつも見ていて頂き、本当にありがとうございます。

さて。
8月14日21:00より、ついに始まったMMD杯本選!!
……しかし、自分の動画は未完成……ミカンせいじん(´・ω・`)

mikannseijinn



投稿締め切りは17日の21:00。
今年は非常にラッキーなことに、15日、16日は午後に休みが取れました。
親戚も、今年に関しては来るのが8月後半。
この時間をフルに活用して、動画の仕上げに入りたいと思っています。
目標は16日中の完成とUP。

とりあえず、それなりに。
お楽しみにしていただけると嬉しいです。

最近、カウンター1000報告記事ばかり書いている気がします。
そして話題はほぼMMDの動画制作。クロスの情報も、プレイ日記も、すべてすっ飛ばし。
まぁそれも、泣いても笑っても17日まで。それ以降は通常運行に戻したいと思っています。

一応……モンハンブログ……ですよ……。
今後共よろしくお願いします。

P.S.
あ、MMD杯、いろいろな人に楽しんでもらいたいけど、[尊師]とか[一般男性]というタイトル、タグが付いている動画には要注意。様々な見方がありますが、個人的には荒らしのようなものだと思っている動画群なので。


人気ブログランキングへ

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

第15回MMD杯参加予定モンハンモーショントレース動画進捗報告2 



第15回MMD杯本選参加予定動画の進捗状況報告。その2。
本編に使うシーンにキャプションを入れただけです。
新たに使ってみたモーションブラーが結構いい感じだと思っています。

ともかく。
投稿受付開始(14日21時より)まであと三日。
最終締め切り(17日21時まで)ギリギリまで引っ張りたくはないのですが、進捗状況はかなりいっぱいいっぱい。
とにかく今週は(も?)ブログの更新すらまともに出来ないと思います。
これが終わったら、今度こそクロスの情報をちゃんと見るんだ……!

そんな「モンハン」ブログですが、あしからずよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

category: モンハン動画

TB: 0    CM: 0   

第15回MMD杯参加予定モンハンモーショントレース動画進捗報告 



また無駄に動画を作ってしまいました。
ムーレア様のポーズは、まいっちんぐマチコ先生から。
まぁほらやっぱりエッチなのはいけないと思うんですよ。


人気ブログランキングへ

category: モンハン動画

TB: 0    CM: 0   

カウンター40000超え! 

閲覧カウンターが40000を超えました!
39000の御礼から一回も更新せず、カウンター報告からカウンター報告へのコンボとなってしまいましたが。
それでも見ていて下さり、本当にありがとうございます。
いやもう。
本当にありがとうございます。

この一週間ほど、MMD杯参加用の動画作成に時間を割いていました。モンハンは動画作成の合間にちょろちょろやっていた程度。
動画の作成進捗報告のための動画も作ってみたので、すぐにアップします。

前回のカウンター御礼記事の時に書いた回線について、続報を上げたいのですが、それは記事を折りたたんだ先にすることにします。
ただ、とにかくここ10日ほど、回線の状態が悪く(平均して0.05M~0.10M程度のスピードだった)、そのためカプコンのサイトに繋ぐこともままならず、新モーションの紹介動画など全く見られず、またファミ通などはdマガジンというアプリで閲覧していたのですが、このアプリも回線が悪いとまったく使えず。

結果、モンハンXの情報を、ちゃんと見ることが出来ませんでした。
というか。
あまりにネットの動きが遅くて見に行く気になれませんでした。

新システムが徐々に明らかになっていくという、一番面白そうな時期だったのに……。

言い訳ですが、上記のような事情でモンハンX情報記事もぜんぜん更新出来ていません。
しかし、8月に入って回線の速度が戻ったので、近いうちにそちらも更新していこうと思っています。

いろいろとボロボロな状態ですが。
頑張っていこうと思いますので、これからも何卒よろしくお願いします。


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード