モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

テオ対ランス 

~~テオのレベル上げは続行中~~

テオ相手のギルクエレベル上げ。
今回はランスで挑戦してみました。


~~今回の装備~~

武器は発掘の素紫合戦槍。
こんな感じ。
合戦槍 Lv4

合戦槍対テオ用 1 見た目
合戦槍対テオ用 2 ステ
合戦槍対テオ用 3 スキル詳細
以前作っていた素紫槍用装備の、スタ急をガー強に、砥石使用高速化を細菌学に組み替えてみました。

なんだかんだでランス装備の大正義「アグナX」
3Gの時にはアグナZにお世話になりました。
アグにゃん。今頃どうしているかなぁ。久しぶりに戦いたいなぁ。ナルガもだけど。

装備の見た目はお気に入りなのですが、西洋騎士風見た目に純和風の(?)合戦槍のミスマッチは好みがわかれるところかと思います。……まぁ、ラストサムライ的な良さがあるということにしてみましょうか。


~~対テオスキル考察~~
○必要と思っていたスキル
 もとの汎用装備から組み替えたガー強と細菌学。
 ガー強はとにかく前方ノヴァ対策です。基本的には後ろ足を狙う立ち回りを考えていたのですが、正面に釘付けにされる状況もある訳で。テオの前方でガードしていたら前方ノヴァの準備モーションに入られるという状況もあるわけで……。
 細菌学は、武器を出していると前転が出来なくなるランスでは、対テオ用としては必須スキルかなと思って付けてみました。

○付けておけばよかったと思ったスキル
 誰がなんと言おうと。
 耐熱(暑さ無効)
 ランスは張り付き武器。とにかく張り付きながらガードと攻撃を選択していく武器。
 張り付いている間、ほとんど毒状態並にジリジリジリジリ体力を削られていく状況はキツい。キツすぎる。MH開発陣はそんなにランスガンスが嫌いなのか……、と、思うほどに炎まとい状態のテオに張り付くのはきつかったです。
 ほとんど常に「はよ怒れ(炎まとい状態じゃなくなるから)」と思いながら戦っていました。

 とは言え、今回の装備で珠の付け替えで「暑さ無効」を付けるのは難しい。
 対テオ用の装備を一新しなければダメなのだろうか……。
 まぁ、スキルシュミレータ先生が居るので、そんなに難しいことではないのかもしれないけど。
 しかしそのためにクローゼット(装備のマイリスト)を圧迫するのはちょっとなぁ……。

○実戦を経て
 ガー強の必要性は微妙。
 実際にテオと戦ってみると、前方ノヴァをガードしたのは2回。これはガードが出来るという意識でガードした訳で、シールドヴァッシュで前方に逃げるなどの対応策もあったかもしれません。
 しかし、それでも前方ノヴァをガードする局面はあったので、不必要とも言い切れない。微妙なところ。

 暑さ無効は上でも書いた通り、欲しいところ。
 
 細菌研究家はやっぱり必要だと思います。粉塵をガードした後に武器をしまって転がりまわらなければいけなかったとしたら、もうウザいことこの上なかったと思います。


~~テオと戦った結果~~
○対戦結果
Lv127のテオと戦って、結果は2乙40分39秒33で討伐完了。
一乙目はゼロ分針時点。よくわからない内にベースキャンプに送られました。
ニ乙目は、途中中断後(姪に夕飯を作ってあげた後)に、なんだかよくわからない内にバックアタックを喰らってベースキャンプに。

○立ち回り
最終的に行き着いたのは、テオの横っ腹から後ろあたりに位置していれば普通に後ろ脚を攻撃。
前方にいる場合は、攻撃をガードして反撃か、シールドヴァッシュで安全にテオの後ろ脚辺りまで移動。
特にシールドバッシュを使っての位置調整がかなり重要でした。

その戦い方に行き着く前はやや試行錯誤気味。
もう一回やれば、タイムは確実に縮むと思っています。


~~テオ対ランスを終えて~~

気になるのはやはり、Lv120台の相手に40分もかかっている討伐時間。
もう少し早くならないものか。

とりあえず、立ち回りに関してはより理想に近い形を思い描けていたので、とりあえずランスやガンスでの練習がてらのレベル上げをしばらく続けてみようかと思います。
ただ、諸々の事情から鈍器の練習もしてみたいこの頃。

弓に関しても、色々と実感することが幾つか。

とにもかくにも。
今回はテオのレベリング成功。それだけでも良かったかなぁと思っています。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

弓の実力低下が深刻でした……。 

~~自分にとっての弓~~

自分にとっての弓は、MHP3のファーストキャラ「ロキ」のメイン武器であり、自分のモンハンの基礎を作った武器である……と、思っていたのですが……。

やっぱり、使わないと腕は落ちるということを痛感することになりました。

~~弓のリハビリ~~
○最近の弓の使い方
数日前から、本格的に勲章を埋めようと動いています。
主体はテオのギルクエのレベル上げ。
レベル140までソロで上げようという無謀な長期戦に挑んでいますが、その合間にぽかぽか島からモンニャン隊を派遣したり、最小金冠狙いで探索に出たりしています。

弓は、テオに目も当てられないほどにボコボコにされたため、リハビリが必要と考えて、最小金冠が付いていないモンスターが探索に居た時に担いで未知の樹海へと行くようになりました。

○使用している装備
増弾汎用G 1 見た目
増弾汎用G 2 ステ
増弾汎用G 3 スキル詳細
以前に作った「増弾汎用」装備。
汎用と言いつつ、ほぼカーマレギオン専用として使っています。
剛射はスタミナ管理系のスキルなどがない場合はほぼ使用不可。
しかし、増弾のためにスタミナ急速回復もランナーも付けられない。なのでキノコ大好きを付けてクタビレタケを強走薬代わりに使っています。結果的に最高のスタミナ管理ができるようになりました。

この装備の問題は。
黒いパンツが丸見えということだけ……。


~~探索で10回力尽きました~~
○最小金冠狙いで探索へ
ギルクエのテオを終えた後、まだ最小金冠がついていないイビルジョーとケチャワチャ亜種がG級探索に出ていました。
しかしジョーは怒り喰らう方。
まぁ厳しい相手でないとリハビリにもならないし、怒ジョー素材は貴重だし、ともかく上記の装備で出撃。

○対怒りジョー
最初に遭遇したのはその怒りジョー。
出会って5秒で一乙。
これはもう本当にガックリ。

その後はある程度粘るも、龍ブレスの間合いを間違えて食らってしまったり、ケチャワチャ亜種の乱入で焦ってしまったりで、なんだかんだで4乙。
合計して5回乙って、「モンスターが逃げ出しそうです」のアナウンス直後にやっと倒すことが出来ました。

勝つには勝ったけれど、5乙ではテンションが落ちるばかり。
その後、ケチャワチャ亜種は普通に捕獲したものの……。

○対ネルスキュラ亜種&ディアブロス亜種
目標としていた二頭を狩ったので、ゴールへ行って帰ろうと思ったら、途中の紫水晶洞窟マップでネルスキュラ亜種と遭遇。
こいつは最小金冠あっただろうか……。
とりあえず狩っておこう……。
などと考えて交戦しました。

さすがに怒りジョーのようなことは無かったのですが、今度は相手を舐めすぎて、ある程度体力が減っても回復していなかったら、毒噛み付きを食らって毒ダメージで一乙。
さらなる意気消沈の後にもう一度挑戦するも、途中でディアブロス亜種が乱入。

さすがに同時相手は無理と思ってこやし玉を投げつけて、闘いながら分断を待つも、一向に移動していかないディアブロス亜種。
今になって考えれば、移動できるマップが無かったのですが、それに気づかず二頭にボコられて更に乙を重ねました。
ちなみにネルスキュラ亜種も移動先がないため、この二匹は分断が不可能という状況。

ヤケクソになって、挑みかかっていくも、秘薬は尽き、クタビレタケも尽き。
とうとうハンベソ状態でBCから探索終了。

結局、10回乙っていました。


~~折れた心とンサー神~~
○心が折れる
ぶっちゃけた話、今まで探索に出てゴールに行かずにやめたのは初めて(高難度クエストを出すためにクエストを回すときは除く)だと思います。
これが、スポーツなどでよく言われる「心が折れる」という状態なのか……、と、割とマジで思いました。

○ドS(SはセンサーのS)神の仏心
神なのに仏心……それはともかく。
完全に心が折れてしまった自分を、さすがに哀れんだのか。

ドエっさんからこんな贈り物がありました。
イビルジョー最小金冠

イビルジョー最小金冠キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いやもう。
色々と苦労した狩猟でしたが。
それも吹っ飛ぶ嬉しいご褒美でした。

昔から、苦戦した時のほうが報酬が良い……というイメージがあるのだけど。
もちろん錯覚でしょうが、なんかその実例という感じがした探索行でした。


人気ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

カウンター34000突破! 

閲覧カウンターが34000を超えました。
本当にありがとうございます。

モンハン小説第四話の動画を作ろうとしていたら、いつの間にかゆかり嬢の乱舞モーション動画が完成していたりするあたり、なんか迷走している気がしますが。

狩猟の方では、弓の実力低下が思った以上に深刻だったり、よし鈍器の練習をしよう! というモチベーションが湧いたり、こちらもなんか迷走気味です。
テオのレベル上げは、Lv136にもまだ間があるのにもう挫けそう……。いや、頑張る。頑張ります。

そんなブログですが、これからもよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

双剣モーション動画を作ってみました。 



双剣の乱舞をモーショントレースしてみました。
モーショントレースは初めての作業だったので、色々と至らない部分があります。
足元の踏ん張りとかは特に……。
それ以外にもかなり動きがおかしい所もあるのですが、動きが速いため逆にごまかせていたり?(いないか……)。

ともかく楽しんでいただければ幸いです。


人気ブログランキングへ

category: モンハン動画

TB: 0    CM: 0   

テオのレベリングと発掘双剣の使い味。 

~~勲章のためのギルクエレベル上げ~~

先日から、相変わらずテオ・テスカトルのレベル上げ。

今回は先日作った発掘双剣専用装備の珠を組み替えて挑戦してみました。


~~使用武器と発動スキル~~

こんな感じ。
蒼色双刃専用装備 1 見た目 後
蒼色双刃 対テオ ステ
蒼色双刃 対テオ スキル詳細
組み換えと言っても、5スロスキルの砥石使用高速化を細菌研究家に変えただけです。
今回の見た目写真は後ろから。
高級耳栓は普通の耳栓でいいのですが、お守りにスロ3が無いと他のスキルの発動に影響が出るため、組み替えることができませんでした。耐暑+10のスロット3みたいな護石があれば良いのですが……。


~~対テオ実戦の立ち回りと意識~~
Lv124からのテオで使用しましたが、最初はひたすら乙る。
何回やっても最初のニ~三分で乙る。その都度リタイア。

理由ははっきりしています。

突っ込みすぎるのです。三回切れる場面ならば二回切る、という基本を守らないどころか四回斬りつけるような、そんな感じで。

これではいかんと思って、意識をかえます。
後ろに回って脚を切りつけるというスタイルは同じですが、主力攻撃の鬼人連斬(鬼神強化後の突進斬り)一回ごとに、基本的には追撃せずに回避を入れるようにしました。

張り付き型スタイルから、一撃離脱スタイルに変えるような感覚で戦ってやっと勝利。

Lv124で27分18秒23
Lv126からは参加資格が変わり、テオもレベルアップし、結局35分34秒73でクリア。

この時点でこのタイム……うーむ、この先が不安すぎます。


~~発掘双剣の使い心地~~
○属性に関して
とりあえず対テオ戦の前半では7割くらいの時間を毒状態にさせていたように思います。
後半はさすがに耐性が高くなってほぼ効かなくなっていたように見えました。全体で言えば、3から4割の時間くらいは毒状態にしていたような(あまり当てにならない体感です)。

○切れ味に関して
とにかく短い紫と長い白の切れ味であるこの発掘双剣。
海王双刃 1
紫維持で戦うつもりだと実用性に欠けます。
なんせ、乱舞の一回もすればもう切れ味白に落ちる。

逆に、白色運用専用と割り切ると、かなりの継戦能力を発揮します。
今回は砥石使用高速化を外していきましたが、対テオ戦では、マップ移動中の研ぎのみで事が足り、蒼色に落ちることはありませんでした。
これの元になっている方の装備も、砥石使用高速化を外して別の5スロスキルに組み替えようかと思っています。

○スタミナ減少無効効果
最近はビースト系のオトモを連れて行っていますが、その際に使ってくれるスタミナ減少無効効果が、双剣では非常に有効であることを実感しました。
なんせ、スタミナを気にせずに鬼神化出来るし、鬼神ステップが無制限に使える。
特にステップ無制限使用が出来るのは意義が大きく、なんというか、狩りのスピード感が違ってくるというか、動かしていてテンションがあがります(被弾率が下がるとは言っていない)。

元になっている装備の方の5スロスキル、砥石使用高速化からキノコ大好きにしようかと本気で思っています。


~~ギルクエのその後~~
ギルクエは現在Lv127。
その後、弓で挑戦してみた(カーマレギオン使用)のですが、これがもう全く勝てる気がしない位の惨敗。
数回挑戦してみて、5分針に行く前に2乙してリタイア、を繰り返しました。

とにかく炎まといで矢が弾かれるのがキツい。
尻尾しか狙えない。
……いや、ガンナーでの対テオ戦では尻尾狙いが基本になるのですが(弾が60%通る)、テオの尻尾細い(>_<)

尻尾に当てると、かなりの割合(体感では5割位の確率)でひるんでくれるので気持ちはいいのですが……。
しかし自分の立ち位置が近すぎるのか、あるいは撃つタイミングが遅すぎるのか、攻撃を欲張っているのか。とにかく反撃の突進を食らってしまいます。ちょっとでも食らうとそれだけで7割くらいは持っていかれるので、だいたい常に瀕死状態で戦うことに。

本当に勝てる気がしないので、弓での挑戦は諦めようかと思います。
うーん、MHP3時代のファーストキャラのメイン武器で、弓さえあればとりあえずどんな敵でも大丈夫と思っていた時期が、自分にもあったんだけどなぁ……。

リハビリのため、最小金冠狙いの探索には弓を担いでいこうかとも思っています。
早速、出ていたモノブロス原種に挑戦。
ひたすら尻尾を狙い撃ち。
一乙したけど、倒すまでは結構早かった……と、思う。

最小金冠は……出ませんでした。

まぁ勲章集めは長期戦。気長に行こうと思います。


人気ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

テオ=テスカトルのレベル上げ。 

~~勲章集めのためのギルクエレベル上げ~~

自家製ギルドクエストのソロレベル上げとして、テオのクエストを連戦。
発掘武器種はハンマー/狩猟笛で、防具はトライEの頭。ドラゴンブレイカー/ゴルトリコーダーにライオット頭になるはず。

ゴルトリコーダーといえば、MH4時代には二本の良発掘武器がありました。どちらもけっこう初期のうちに獲得して、最後までお世話になった二本。懐かしいなぁ。また、ああいうのが欲しいなぁ。


~~ギルクエ紹介~~
それはともかく。
マップはこんな感じ。

マップ1
ギルクエテオ マップ1

マップお宝
ギルクエテオ マップお宝

マップ2
ギルクエテオ マップ2

マップ3
ギルクエテオ マップ3
テオの初期位置はマップ1。入ったら目の前に居ます。
移動先はマップ3。

テオが移動したらマップ2を挟んで追いかけなければいけませんが、そこまで広くはないので、基本マップとしては悪くはないと思っています。
問題はお宝マップで、これが入ると移動距離が増える上に、蒼色鉱石が2個しか無い。
大変不満。

総合して考えると、甘い採点で5段階評価の3といったところでしょうか。


~~実際の狩り~~
実際に狩りに行ってみました。

初期レベルは118。
テオ専用として作っておいたこんな装備で挑戦。
テオ専用 1 見た目
テオ専用 2 ステ
テオ専用 3 スキル詳細
安全に立ちまわるため、また弱点特攻を活かすために、ひたすらテオの側面から後へ廻り、後ろ脚を切りつけるスタイル。レベルが低いこともあってかなり安定して戦えて、24分くらいでクリア。


続くレベル121。
使用した装備は、狩猟笛の非匠耳栓装備として作った(実質ラーガレギオン専用となっている)装備を一時的に組み替えたもの。
テオ用笛 1 見た目
テオ用笛 2 ステ
テオ用笛 3 スキル詳細
砥石仕様高速化を外して弱点特攻を付けています。
高級耳栓は、ただの耳栓でも良いのですが、組み換え装備のために他のスキルをつけるあても無くそのまま使用。いま思えば、耐暑を付けられたなと考えています。
最近研究家は付いていませんが、回避性能付きのセルレ武器。ひたすら回避行動を取ることになるので特に問題にはなりませんでした。
思っていた以上に良かったのが極限強化「回復」。パーティ戦ではあまり意識していませんでしたが、ソロの長期戦となるとこれはかなり大きい。

結果として、事故で一乙するも安定感のある感じの戦いができ、27分位でクリア。


~~他の勲章へのアプローチ~~
また、他の勲章(ミニチュアマスタークラウン、モンニャン隊系)も、ギルクエの合間に少しづつ進めようと思っています。
ミニチュアマスタークラウンは、探索に最小金冠が付いていないモンスターが出ていたら倒しにいく。
モンニャン隊は餌が貯まるごとにぽかぽか島へ行く、という形を考えています。

○モンニャン隊に挑戦
早速、モンニャン隊に行って見るも。
4Gになって初めてかもしれない紙芝居バトルに右往左往。
ブナハブラ → リオレイア → シャガルマガラという工程だったのですが、シャガルマガラはもちろん、リオレイアにも負けてしまいました。

○最小金冠狙い
また、最小金冠が出ていないフルフル亜種が探索に居たので、これも討伐に。
結果。
フルフル最大金冠
最大金冠が更新されました\(^o^)/

いやー、小さくはないかなと思っていましたが、まさか最大とはなぁ……。
フルフルってあんまり戦っていないから、大きさの感覚が分かりませんでした。

とにもかくにも始めてみた勲章埋め。
長期戦になりそうですが、これは新しい目標として、バラエティも豊かでかなり楽し(んど)い作業になりそうです。


人気ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

モチベーションを上げるため……。 

どうも、モチベーションが上がらない最近のハンターライフ。
ちょっと考えてみましたが、これはつまり、目標がないということが最大の原因になっているように思います。
良い発掘武器はほしいけど、高レベルギルクエを連戦するのはちょっとキツイためか、そこを目標と定められない……。
生産武器もそれなりに揃ってきたし、師匠クエストもちょっと飽きてきた。

そういえば、MHP3やMH3Gでもこれくらいの時間数で同じような症状に襲われ、セカンドキャラを作ってモチベーションを再燃させていたのを思い出しました。
セカンドキャラを作って、ファーストキャラで使っていなかった武器を使用し、ある程度満足したらまたファーストキャラに戻って勲章を埋める。というのが過去作でのパターン。
また、3Gの時にはさらにサードキャラ「ヘイムダル」を作って動画を撮影しては中途半端に終わらせていました(ゲーム自体はハンターランク開放まで進めて、撮りためてはいた)。

が。

MH4Gでは今のところ新しいキャラを作る気が起こらない。

となると。
モチベーションを向上させる目標設定としては。
やはり勲章埋めでしょう。

とりあえず、今のところのG級勲章はこんな感じ。
G級勲章1
G級勲章2

1ページ目の「G3クエストを~~」というのは「プラチナの勲章」で、「高難度:モンスターハンター」をクリアしていないから取得していません。同じく、2ページ目の上段右端の2つ「剛久の大鎧」「連鎖の大盾」も、このクエストクリアで取得できるはずです。

最終目標として。
「モンスターハンター」のソロクリアで最後の勲章を埋めたい……。

どうでもいいけど、3Gのファーストキャラ「ヴァナディー」では、あえて残しておいた「渓流の採取ツアー」をクリアして(クラウン系を除く)最後の勲章「黄金のメダル」「天地狩猟ノ覇紋」を埋めていたことを思い出しました(わざわざ動画にして残した)。

最終目標の前に埋めなければならないのは
大剣を3つ以上作る勲章「「巨剣のトロフィー」
モンニャン隊でモンスターをすべてやっつける「モンニャン隊 最果ての冒険旗」
最小記録「ミニチュアマスタークラウン」
そして。
ギルドクエスト受注の許可がレベル140に達した証「書士隊樹海踏破手記 下巻」

実のところ、大勲章「ハンティング」では「ミニチュアクラウン(ただしミニチュアマスタークラウン取得と同時に埋まる)」が。大勲章「テクニック」では闘技大会クエストのSランククリア「金陽の盾」が。大勲章「サポート」のダラ・アマデュラをやっつけた証「モンニャン隊 千剣の冒険記」、モンニャン隊で登場するたくさんの種類のモンスターをやっつけた証「モンニャン隊 永遠の冒険記」が。
それぞれ未取得なのですが。それはともかく。

にしても、自家製ギルドクエストにレベル140に育てたものが無かったのは、自分ではちょっと驚きでしたが、よく考えたら自分で部屋を建てないから……。

最初の目標は、まずソロでの140までのレベリングにしようかと思います。
……って、簡単に書いては見たけど、この目標……結構キツい……。


人気ブログランキングへ

category: MH雑談

TB: 0    CM: 6   

RSSリンクを実装 

リンク先の更新状況が表示されるRSSリンクを実装してみました。
左カラムの少し下の方になります。

今回は、ブログタイトル、最新記事タイトル×3、それぞれの記事の更新時間を表示しています。
やろうと思えば、最新記事のタイトルを増やすことや、記事の本文の一部や使用画像などを表示することも出来るのですが、あまり情報量が多くても良くないと考え、今回のような形にしてみました。

表示する位置もまだ考え中。
左カラムの上の方に通常のリンク。
RSSリンクはかなり派手な(?)パーツになるため、ちょっと下の方に下げたのですが、これでいいのかどうか、まだ判断ができていません。

モンハンとは関係のない記事になりますが、とりあえず自分のRSSリンクの作り方を少し解説してみます。

骨子だけを書けば、かなり簡単。
外部サイトでRSSリンクを「ブログパーツ」として作って、ブログのプラグイン(左カラムに表示する部分)に「フリーエリア」を作ってそこに貼り付けます。

それだけ。

もうちょっと具体的に書くと。

RSS Feed Windというサイトで、RSSリンクのブログパーツを作成します。
登録不要で、プレビューもあって分かりやすいサイトだったので、特に問題なくRSSリンクのブログパーツを作成することが出来ましたが、回線の問題なのか、複数のサイトを登録すると上手く動いてくれなかったため、登録するブログ毎(今回は、「コバルトブルー風の中」「はんたー鈴のモンハン大好き!」「yukiのモンハン4G狩猟日記」)のリンクをそれぞれ別々に作成して、「フリーエリア」に一つづつ貼り付けました。

自分のブログでは幅は250ピクセルではやや大きすぎたので240ピクセルに。
色合いは廻りに合わせて黒背景に白字。
3秒に一回の割合でスクロールしますが、これは別にしなくても良かったかも……でもまぁ、動きがあると人の目を引くため、リンクとしてはこれくらいの派手さはあったほうがいいかなと思っています。

それにしても。
改めて左カラムの内容を見てみると、ツィッターを始めとしてあまり意味のないプラグインも結構あります。
RSSリンクの追加の他に、このあたりの整理も必要だろうなぁ……と、思っています。

そういえば。
ブログパーツというものを作ったのはこれで2つ目。
初めて作ったブログパーツは、左カラムの一番上にある「人気ブログランキング」のリンクバナー(ギルカトップページを使用している)や、↓これ。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングに登録するまでは(してもしばらくの間は)、ブログの見た目のいじり方なんて全く理解していませんでしたが、いじり始めると楽しい……しかし、より良い見た目にたどり着くには試行錯誤が必要になってきそうです。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

カウンター33000突破!! 

閲覧カウンターが33000を超えました。

いつも見て頂いて、本当にありがとうございます。

今回は、5月病にもかかっていて記事の更新もあまりしていなかったし、本当はもう少し時間がかかるかなと思っていたのですが。

先日、ブロガーのyukiさん(「yukiのモンハン4G狩猟日記」)と相互リンクさせて頂きました。
そうしたら、その次の日くらいから、いきなり閲覧数が通常の1.5倍(約80→約120)に。

クリティカル(ダメージ1.25倍)をはるかに超えて、まるで強撃ビン(ダメージ1.5倍)を装填したかのような攻撃力の上がり方だ……と、思っていたら。
その次の日には閲覧数176。
……うーむ、この数、記憶している中では一日の閲覧数としては最大のような……。

閲覧数がすべてという訳ではありませんが。
しかし、やっぱり嬉しい事であります。

とにもかくにも見て頂ける機会は多くなったわけで。
せめて見て頂いた方にとっての「時間の無駄」にならないように、出来るだけ楽しめる記事を書いていきたいと、思っています。

……思ってはいますが、実行できているかどうかはまた別問題……。

yukiさんも、本当にどうもありがとうございます。
これからも何卒よろしくおねがいします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

発掘双剣専用GXミラバルZ装備、完成!! 

~~蒼色海王双刃専用装備~~

先日から記事にしてる、発掘双剣(蒼色発光、最高倍率、刀匠真珠(+4)、要覚醒毒180、匠で非常に長い白、短い紫)の専用装備が完成しました。

とりあえず、紹介。
海王双刃 1
青色海王双刃専用 1 見た目
青色海王双刃専用 2 ステ
青色海王双刃専用 3 スキル詳細

発掘武器の専用装備は、4Gでは初めて組みました。
発掘防具絡みとなると、4の時代を含めても初めてかも。

「真打(切れ味レベル+1・攻撃力強化【強】」、「奥義(覚醒+属性強撃強化+特殊攻撃強化」という2つの複合スキルで、切れ味紫の発動、最高倍率の物理攻撃力を底上げ、覚醒で毒属性を発言させ、特殊攻撃強化で毒属性を強化と、発掘海王双刃の能力を徹底的に引き出す事に成功。

さらに。
双剣の必須スキルと考えている「高級耳栓」。
中毒になっている「砥石使用高速化」
イザという時のための「根性」

発掘武器と発掘防具のスロットを有効活用し、体術のマイナス発動を華麗に回避しながら、満足行くだけのスキルを発動できたと考えています。

刀匠+4以上で要覚醒の武器以外では使えないニッチさ。まさに専用装備ですが。
汎用にマイナーチェンジをするとなると、高級耳栓を諦めて頭に刀匠+4以上の発掘防具を使用し、それ以外では武器スロ+護石による任意のスキル発動、という感じなるでしょうか。


~~激おこバルカンに連勝~~
先日の時点で、一枚足りなかった紅龍チケット。
その収集のために野良で「紅の終焉」に挑戦していました。

最初に参加したパーティが非常にレベルの高い集まりとなり、かなり楽にチケットを集めることが出来ました。

いいパーティの典型例の一つに、「粉塵を惜しまない」というパターンがあります。

個人的な印象として。
一人でも粉塵を惜しまず使うハンターが居るパーティは、それだけで成功率が2割はアップ、二人いれば5割アップ、くらいに考えています。

今回参戦したパーティは、双剣(自分)、スラッシュアックス(部屋主さん)、狩猟笛(ラーガレギオン)、操虫昆(後にチャージアックスに換装)というバラエティに富んだ構成。

そして、全員が粉塵を惜しまないタイプのハンター。いやホント、別に粉塵を使うイコール良いパーティと言うわけではないのですが、今回は本当に良いパーティに恵まれました。

自分はスターナイト一式に双剣「真・黒滅双刃【黄昏】」
発動スキルは、挑戦者+2、剣心一体、切れ味レベル+1、砥石仕様高速化、乗り名人、攻撃力UP【中】。

ミラ”紅の終焉”バルカンは常時怒り状態 → 挑戦者+2の常時発動
尻尾が固く常時弾く → 剣心一体ではじかれ無効。その上、切れ味消費が減少。
乗り成功で頭を攻撃し放題 → 乗り名人
強力な火属性攻撃 → 火属性耐性+5
激おこバルカンとスターナイト一式の相性が良すぎです。

一回目は9分位、二回目は落ち無しの7分位で安定感のある狩猟。
三回目は操虫昆のハンターさんがチャージアックスに換装。
その回は12分程度での狩猟という結果。
やっぱりミラ系は乗れば乗るほど安定感が増します。

本当は、紅龍チケットを一枚貰えればいいと思って参加した野良パーティでしたが、その安定感と居心地の良さに感服し、連戦に参加しました。

しかし、3連勝した時点で部屋主さんが離脱表明のチャット。
それで部屋は解散になりました。もっと続けたかったなぁ。
またいつの日かご一緒しましょう、というチャットもあり、最後まで気持ちのよいパーティでした。
本当にありがとうございました。


~~作った装備に関して~~
MH4Gでの、発掘装備を絡めた装備作成は初めて。500時間を超えて、ついに「極まった装備」を一つ作ることができたという実感があります。

見た目的にも、発掘グリードアーマーとGXミラバルZの相性が良好。
ガルルガフェイクにやや……いや、かなりの違和感がありますが、しかし「悪の組織の女幹部」的な見た目で割りとお気に入り。
……光戦隊マスクマンの敵役「地底王子イガム」を思い出したのは、多分自分以外に皆無でしょう。
お気に入りついでに、ギルカのトップページに登録してみました。
青色海王双刃専用 ギルカトップ
全身が見やすく、胸の谷間を強調するというテーマでポーズを選択すると、ダッシュに行き着くことになりました。


~~高望みするならば~~
高望みするならば、この装備との見た目だと、青色発光よりも赤系統の方が相性がよかっただろうなぁ……ということ。

そしてもう一つ。
切れ味紫がもう少し長ければ!!

例えばこれくらいとか。
切れ味モデル1

あるいは素紫とか。
切れ味モデル2

もしくはこれくらいであれば文句はないんだけど。
切れ味モデル3 捏造


人気ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 2   

GXミラバルZ作成中 

~~紅の終焉に挑戦~~
GXミラバルZ装備を作ろうと、ついに解禁されたイベントクエスト「紅の終焉」へ行って来ました。


~~連戦! 激おこミラバルカン~~
「紅の終焉」は溶岩島でのミラバルカンの討伐クエスト。
しかし、このイベクエバルカン、最初っから最後まで怒りっぱなし。怒っていない時がありません。
攻撃力は高く、剣士でも攻撃によっては一撃死。
一撃に至らない攻撃でも一瞬でかなりのダメージを負わされます。

選択した装備はスターナイト一式に双剣「真・双滅龍刃【黄昏】。
発動スキルは ・挑戦者+2 ・乗りマスター ・切れ味レベル+1 ・砥石使用高速化 ・心剣一体 ・攻撃力UP【中】


~~連敗! 激おこバルカン~~
紅龍チケットを求めての狩りのため、今回は野良で挑戦。
しかし、初戦は自分はクーラードリンク忘れ、他の人もあっという間に落ちてしまい瞬殺に近い形での三乙失敗。
二回目以降はかなり粘るも自分含めて乙ることが多く、連敗。

とにかく一撃の威力が重い上に、地形ダメージや炎まといで削られる事も多く、事故死が多い印象。
そのため、野良ではよほどいいパーティに恵まれないと安定して勝つことは難しそうです。


~~勝利の女神~~
連敗している中で、一人が離脱して3人になった時、パーティに勝利の女神が参戦。
操虫昆のペンダマデュラを装備したハンターさんで、乗りの回数が多く、成功率も安定していました。

7分での狩猟でクリア。4回位は乗り成功してくれたはずです。
今回の狩猟に限らず、野良パーティでは、乗りのうまい操虫昆ハンターが一人以上居ると、かなり成功率が高くなる気がします。本当にありがたかった。

このハンターさんはこの一回のみで離脱。
自分はこの一勝で二枚の紅龍チケットを入手。

その後は新たにハンターさんが来ず、結局これで解散になりました。


~~製作途中のGXミラバルZ~~
先月、GXミラバルZ待ちの装備を作り必要なレア素材も集めていていました

もともとは、先月手に入れた要覚醒毒属性の発掘双剣を使うために、「秘伝(覚醒+属性攻撃強化+特殊攻撃強化)」を発動させることが出来るGXミラバルZ装備を使って組もうと考えた専用装備のための「紅の終焉」への挑戦。

ちなみに手に入れていた双剣はこんな感じ。海王双刃 1
切れ味紫が短いのが玉に瑕ですが、付いている刀匠珠を活かすためには専用装備を組むほかありません。

二枚のチケットを使って、GXミラバルZは腕と腰装備を作成。
残りは脚装備ですが、これは後日作ろうと思います。

とりあえず、見た目はこんな感じ。
GXミラバルZ 完成見た目
脚だけはまだ未完成ですが、鍛冶屋で予想図を撮影しました。

発動スキルはこんな感じ。
GXミラバルZ スキル
GXミラバルZ脚のスロットを利用して研師も発動させます。

前の記事で作っていたのとはちょっと装備を組換えて、業物をスポイルして高級耳栓を発動するようにしました。


~~野良戦の後に~~
野良で負けたり勝ったり負けたり負けたりした後は、ハンター鈴さんのチャットルームへお邪魔しました。
今回はコバルトブルーさんとの二人旅。
やっぱり気心の知れた相手との狩りは楽しいです。
お陰で、5月病もかなり治ってきた感じ。
今後共よろしくお願いしますね。

そんなこんなな装備作成記。
次の更新では完成したものをお見せできればと思っています。


人気ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

5月病とか妄想とかいろいろ雑談。ついでにPCのことも。 

~~モンハンの雑談をいくつか~~
最近、更新をサボり気味です。
実はゲームプレイ自体をあまりしておらず、書くネタがなかったということもありました。
それらも含め、テーマごとに書きたいことを書いていこうかと思います。


~~モンハン5月病~~
実は最近、ゲームをプレイする時間があっても、なんか億劫になって3DSを閉じたりしていました。
フレンドさんの名前が光っていても、行ったら楽しいだろうと思っても、なんかしんどくなってゲームをやめたり。
ちょっとモンハンをやりたくなっても、とりあえずソロで気楽に行ける探索に行ったり。
そんな精神状態で行っても、結局ぜんぜん集中できずにモンスターにボコられてみたり。

ここ数日でやっとヤル気が回復しつつあり、フレンドさんの部屋に行ったりするようになりました(しかしタイミングが悪かったり回線の状態が悪かったりしていますが)。

あとになって考えると、この症状。
5月病だったのではないかと思い当たりました。

基本的に、職業柄4月から環境が変わり、4月後半から5月前半に一つの仕事の山が来ます。
その疲れなどもあるとは思いますが、今まで社会生活で5月病を自覚したことはありませんでした。
が、自分もそれなりの年齢(いくつなのかはあえて秘密にしますがww)。
この疲れなどから、5月のモンハンのこの状況があったのかなぁ……。などと思いました。

いや、ただそれだけなのですが。モンハンにも5月病はある、と、思うとちょっと面白くはありました。


ラボクエストとイベクエ装備の妄想 その1
こんな装備があったら……という妄想のその1です。
あったら楽しいイベクエ装備。
「獣の槍」
槍ですが、武器は操虫昆。
虫は「とら」

……ええと、若い人は知らないかもしれないけど、『うしおととら』とのコラボレーション企画。
うしおととら

個人的には(……多分、客観的に見ても)日本のマンガ界を代表する漫画家の一人「富士鷹ジュビロ藤田和日郎」先生のメジャーテビュー作であり少年漫画の最高峰の作品の一つです。興味のある人は読むべし。
藤田先生の、デッサンを無視してでも迫力を追求するような絵柄と、熱量の高いストーリーやキャラクタは素晴らしいです。……って、かなりの有名作品なので、自分がお勧めするのもおこがましいですが。

過去に『YAIBA』(青山剛昌)や『犬夜叉』(高橋留美子)など古い(?)少年サンデー作品とのコラボがあったので、これもいけるんじゃないか? などと考えてもいたり。

主人公の蒼月潮が使う獣の槍は、槍ではあるもののランスのような重厚な盾つき武器ではなく、むしろ操虫昆のアクションに非常にあった感じの短槍。
エキス三色揃えたら、ハンターの髪が伸びて、槍に付いている赤い布が消える仕様。

「とら」は、虫としてはありえない大きさになりますが、しかしそれがむしろこの武器最大の面白さ。ハンターさんの頭の上に乗る?
とらの属性は火と雷。溜めたスピンアタックだと雷をまといながら敵へ突進。

イベクエの相手としては、「白面の者」と同じく「白い最強の敵」……ミラルーツ?
そういえば、ミラルーツ役に白面の者を起用したやる夫系スレッドがあったが……。

あ、あくまで妄想ですのであしからず。


コラボクエストとイベクエ装備妄想その2
『うしおととら』と同じく、昔の少年サンデーから『機動警察パトレイバー』とのコラボレーション、なんて妄想もあります。

剣士装備は、1号機(泉野明の98式AVイングラム……アニメ版で言うところのアルフォンス)。武器は雷属性(あるいは麻痺属性)の片手剣「スタンスティック」。
1号機
~~参考画像:篠原重工製98式AVイングラム1号機~~

ガンナー装備は、2号機(太田機)の見た目で、武器はヘビィボウガン「ライアットカノン」、ライトボウガン「リボルバーカノン」。
2号機
~~参考画像:篠原重工製98式AVイングラム2号機~~

見た目は……テッカマンブレードやF.S.S.的な見た目のスキュラ装備がありなんだから、別に問題ないんじゃないかと……。
スキュラ装備
~~参考画像:スキュラ装備~~

ライアットカノンはペイント弾や麻酔弾以外では散弾のみが装填でき、リボルバーカノンは同じく通常弾系のみが装填でき、レベルに関わらず装填数は6発。

1号機のスキルは「体術」や「回避性能」。
2号機のスキルは「散弾強化」「通常弾強化」など。また、低い確率で射撃時に「往生せいやー!」とか叫んだり。

イベントクエストの相手としては。
「黒いレイバー」こと「Type J9グリフォン」……モンハンではゴア・マガラがもっとも近い印象。
グリフォン
~~参考画像:黒いレイバー・グリフォン~~

ところで。
25週年記念で最近になって実写化になったりしているパトレイバーですが。
かつて、マンガとアニメと小説とOVAによる「メディアミックス」展開という手法の先駆者的作品で、自分にとっては思春期に心をガッツリと掴まれたある意味でこれでオタクへと転んだ作品。

見たことのない人へのオススメとしては映画版の第一作
1989年の作品ですが、今みても色褪せない、エンターテイメント系の本当の傑作です。

1993年公開の映画版第二作も、「PKOでの派遣で会敵し、法律的に敵ゲリラへの発砲すら許されずに全滅した陸事レイバー小隊の生き残りである柘植が、東京において”戦争という状況を演出”する……」という骨子。
自分に政治的な主張はありませんが、しかし昨今の状況を考えると、二十年以上も前に、まぁ先進的なテーマの作品を作ったものだと思います。

どちらも監督は「押井守」。
80年台から90年台の押井監督は、掛け値なしに日本を代表する人物の一人だったと思っています。

そして最近の実写版の監督も押井守氏なのですが。
2010年台の「押井守」は、80年代から2000年台前半までの「押井守」とは別人と思ったほうがいいというかなんというか……。


~~相互リンクの設定~~
先日、モンハンブロガーのyukiさん(yukiのモンハン4G狩猟日記)と、3DSでのチャットで相互リンクの約束をさせていただきました。

その流れで、ちょっと勉強したRSSでのリンク。
試験的に「yukiのモンハン4G狩猟日記」をRSSによるリンクを貼らせて頂きました。

もっとスマートに表示できるようにして、現在のただのリンクと置き換えて行けるようにしたいと思っています。


~~モンハンとは関係のないPCの話~~
手持ちのノートパソコン「ThinkPad R500」
先日、64bit化とメモリ増量(2G→4G)を計ったのですが、64bitのWindows7をインストールしようとしたらブルースクリーンがでるという状況に陥りました。
結論として、これはメモリの相性問題でした。
ちょうど相性保証を付けて購入していたため、返品して別のメモリを実装することにより、ハード面での問題が無くなり、無事にクリーンインストールに成功。
ウィンドウズエクスペリエンスも1.0から3.4へと増え、前には使えなかった動画作成ソフト「MMD」もちゃんと動くようになりました。とりあえず満足しています。しばらくはこのノートで動画を作ろうかと思っています。

~~締め~~
色々と書きましたが。
これからも当ブログを、どうぞよろしくお願いいたします。

そういえば、今日は「紅の終焉」の配信日だった……。
とりあえず、GXミラバルZの作成を進めていこうかと思っています。


人気ブログランキングへ

category: MH雑談

TB: 0    CM: 4   

回線に棲まう神 

先日、良志さんがご自身のブログ「おっちゃんハンター良志のモンハン日記 時々……」で、イベント部屋を立てると宣言されていたので、行ってみました。

入室は自分が一番乗り。
すぐに2番、3番とハンターさんが来られてすぐに満室に。
よっしゃ、いいタイミングで入れた!

と、思った次の瞬間。

なぜか無人の大老殿に一人ぽつねんと佇んでいるゲフィオンちゃん。

???

??????……!!

回線落ち!?

3DSどころか、パソコンのインターネットまで切断されるというモバイル端末の反乱にあって、あえなく退室。
端末の再起動をして再度入室を試みるも、時すでに遅し。満員の文字。

モンハンの周辺には、最強神「物欲センサー神」をはじめとして様々な神様がいらっしゃいますが。
その中の一柱「回線神」も、かなり高位のタタリ神として坐しておられます。

自分の使っている305ZTというモバイル端末は、つい先日までは無制限使い放題の神端末として崇められ、昨年後半より多くの信者(購入者)を獲得していましたが、4月に入って突然「直近3日で1G以上つかったら規制」というかなり厳しい規制が入るようになって一気にクソ端末になってしまい、自分もこの端末に対して文句ばかり言うようになっていました(白い犬を見るのもイヤになった!! あのハゲの関わった回線なんてもう二度と契約しないよ!!)。

それが悪かったのでしょうね。
きちんと祀り上げておけば恩恵を授けてくれるけど、崇めなくなるとカミってのは祟るんですね、これ。

はぁぁ。
参加したかったなぁ……。
結局その後、お酒を飲んだら一気に眠たくなってしまって、そのまま不貞寝してしまいましたとさ。

あ。
あと、記事を折りたたんだ先に、モンハンにあまり関係のない自分の住環境とパソコンのこととかを書こうと思います。
本当に単なる独り事のようなものなので、多分ホンキで面白くはないと思いますのであしからず。


人気ブログランキングへ

-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

【MMD】モンハン小説第三話「受付嬢ユヅキの仕事」【結月ゆかり】 





自作モンハン小説の第三話をアップしました。
今回は、ちょっと長くなったので前後編に分けました。

パソコンの環境の問題で制作が進まないけど、作成手法自体は確立してきたかも……と、思っていたら、座標軸を消し忘れていたり(気付いた時にはもう直せない段階だった……)、HDDがいっぱいになっているのに気づかずに完成動画を出力しようとしてエラーを吐き、その原因がわからずに徒に時間を過ごしたり……。

まぁそんなこんなですが、生暖かい目で見守っていただければ……と、思っています……。

本文は記事を折りたたんだ先に掲載しておきます。
これも、動画作成で音声化したものを聞いていると、直したい箇所が数限りなく出てくるのですが……。


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: モンハン小説

TB: 0    CM: 5   

閲覧カウンター32000超え! 

閲覧カウンターが32000を超えました。
本当にありがとうございます。

最近、仕事が忙しく、夜には疲れてバタンキュー。
お陰でゲームプレイもブログの更新も全然できないでいます。
とはいえ、やっと忙しさのピークを越えたので、これからはまたモンハンに復帰(?)出来そう。

とりあえず暇が出来てきたので、実家のPCで動画作成を再開中だったりします。

これからもよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

巨戟砕くは砲撃の雨にチャレンジ 

なないろさんのブログ「モンスターハンター4G夫婦狩人日記」にて募集されていた「巨戟砕くは砲撃の雨」イベントに参加してきました。

なないろさんのイベントへの参加は二回目。
一回目は『真紅の人』発売記念イベント「戦国Night」以来。
その時の参加用ユニフォームとして作った「紅い武将風装備」は意外と見た目がお気に入りで、現在のギルドカードトップ絵になっていたりします。

ちなみに、Kindle版の「真紅の人」も先日読了。
ちょっとした感想を……と、思いますが、とりあえずモンハンにはあまり関係が無いので、今回の記事のラスト、折りたたんだ先に書こうかと思います。

さて。

久しぶりのゴクマジオス戦。しかもイベント。
事前情報によると、「最初からマジオコ。最初から戟オコプンプンマジ」とのこと。
とりあえず、この間からちょっと興味が復活したライトボウガンでなないろさんの部屋にゴー。

装備はこんな感じでした。
阿武祖龍弩専用 見た目
阿武祖龍弩専用 2 ステ
阿武祖龍弩専用 3 スキル詳細

以前作った阿武祖龍弩装備。
今回は火炎弾速射で尻尾を柔らかくして、貫通弾を打ち込むつもりでした。

今回のイベント参加者は、なないろさんと、自分、そしてこのブログにもよくコメントをいただくウィクトルさんに、「おっちゃんハンター良志のモンハン日記 時々……」の良志さん。

最初に部屋に入ったのは自分。次にウィクトルさん。なないろさんとチャットをしながら、今回のマジオスがマジ強いという話になり、自分も「そういえば良志さんもひどい目にあったってブログに書いてました-」とチャットを打とうとした所で良志さんが入室。

「そういえば良志さんが」まで打ったチャットをどうしようか迷っていたら、良志さんに「ロキさん」と呼びかけられ。
チャットを破棄して返事をしたら「初めまして」とご挨拶をしていただきました。

……初めまして……あ! そういえばご一緒するのは初めてだった!

なんかもう初めてという気がしない。
ちなみに、ウィクトルさんともご一緒させてもらうのはかなり久しぶりなのですが。
ぜんぜんご無沙汰していた感覚がない。
ブログって凄いなぁ……。

これからもよろしくお願いします。

さて。

肝心の狩りですが。

一回目は自分が二落ちするも15分針で勝利(17分強くらい)。
そこそこいい動きをしていたつもりなのですが、とにかく一撃を食らうと即死。
ガンナーだったとはいえ、かなり破壊力の強いイベクエでした。
そして、二落ちしたというのに、自分だけ嵐龍チケットを三枚ゲット。
いやもう皆さんに申し訳ない(ニヤケ顔)。

二戦目は、自分が三乙して失敗……。
ここまで、乙ったのは自分のみという体たらく……。

こ……これはいかん。
ここで武器をガンランスに変えてチャレンジ。
武器は祖龍霊銃槍。

砲術マスターが付いているという言い訳で、バリスタやガトリング大砲を撃つという「マジオスとはマジ対峙しないスタイル」で前半を凌ぐも、後半、三乙めを自分が喫して敗戦。

………………
こうなりゃヤケクソ。
メラミノスアギカを装備した狩猟笛装備に変更。
スキルには回避性能+3、暑さ無効、切れ味レベル+1、砥石使用高速化、笛吹き名人。
さすがの回避性能+3。一回しか乙らずに狩猟成功。チケットは1枚入手。

ここでタイムアップとなって部屋を解散しました。

今回の目玉は、やっぱり良志さんと出会えたことでしょう。
初めてという気がしていなかったため、最初はギルカすら送っていなかったという自分でした……。
なないろさん、ウィクトルさんとも久しぶりの狩り。
また今度、ご一緒しましょう。今日はありがとうございました!


人気ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 17   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード