モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

睡眠爆破用装備作成 

睡眠爆破用の装備を作成しました。

もともとは、「そうだ阿武祖龍弩つくろう」という思い付きから始まって。
「阿武祖龍弩といえば属性攻撃強化」→「属性攻撃強化といえばキリンX」→「キリン素材集めといえば睡眠爆破」。

そして「そうだ睡眠爆破装備作ろう」という結論に達しました。

睡眠爆破G 1 見た目
睡眠爆破 2 ステ
睡眠爆破 3 スキル詳細

対キリン系睡眠爆破のための必須スキル「心眼」「ボマー」を中心に「状態異常攻撃+1」についでに「切れ味レベル+1」も発動させることが出来ました。
また、もともとはキリン原種の素材集め用とはいえ、最終的によく使うようになるのはキリン亜種になると思うので「耐泥耐雪」をつけています。珠を入れ替えれば「耐泥耐雪」を外して状態異常攻撃+2を発動させることも出来ます。

業物や砥石使用高速化は、キリンが眠るたびに研ぐことができるのでつけていません。

試しに野良でG級のキリン狩りに行ってみました。
4の時にはキリン亜種を睡眠爆破で200匹近く狩りました。しかしあまりの作業感に飽きが来てしまい、それ以来キリン毛糸戦うことがほとんど無く、本当に久しぶりの本格的なキリン狩りになりました。

この装備ならば原種、亜種ともに問題なく狩れるのですが、狩猟のスピードはPTの練度にかなり左右されます。
それでも、「HRが70~80くらいでネコの火薬術を知らない人が二人居るパーティ」で、Lv120のキリン亜種が最短4分台で狩れるレベルでした。

やり方を覚えればもっと早くなるでしょう。

報酬の枠が少ないため、最近ではキリン亜種のギルクエはあまり人気がないようです。
しかし。
人気のラージャンやテオ=テスカトルの高レベルギルクエは、安定して回すには品質の良い武装に、何よりも高いプレイヤースキルを求められます。
Lv140のラージャンやテオのギルクエを、安定して高速回転できるようなパーティなど果たしてどれだけあるのでしょう。

そう考えると、求められる装備の作成難度が比較的低く、慣れがいるとはいえ多少練度に劣るパーティでもかなり安定して回すことが出来るようになるキリン系の高レベルギルクエの需要は、そんなに低くはないように、個人的には思います。

どうでもいいけど。
キリン系ギルクエを睡眠爆破で回していたら、今までちゃんと集めていなかった火薬草とニトロダケが尽きてしまいました。
今は天空山で風おまと重鎧玉目当ての炭鉱婦をしながら、竜神商人さんのところで増やしてもらっているところです。

重鎧玉が尽きた時点で、炭鉱婦をやらなければいけなくなるだろうと考えていたので、調度良い機会だったかも。
これで爆薬の原料ができたら、ちょっとの間キリン系ギルクエを回してみようかと思っています。


モンスターハンター4G ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

攻撃力UP【超】の実力 

ライトボウガンのヴァルレギオン専用装備に攻撃力UP【超】を採用しました。

ベースとなる旧モデルは以前にも紹介したこれ
叛逆弩専用G 2 ステ

珠と護石の入れ替えで、発動スキルを・舞踏家 ・通常弾UP ・最大数生産 ・攻撃力UP【超】としてみました。
使用した護石は「底力+4 攻撃+9 ○○○」。
旧モデルはそのままライトボウガンの通常弾運用用として残しています。

反動軽減を構想から外したため、反動軽減にマイナスが付く強弾珠を使用することが出来るようになり、護石選択の自由度がアップし【超】まで上げることが出来ました。

攻撃力UP【超】の効果は、結果から言うと。
Lv94で35分針での討伐だったジンオウガ亜種を、Lv106時点で25分針に短縮することが出来ました。

自分がジンオウガ亜種の動きに慣れはじめたということもありますが、それでもレベルが上がっているのに劇的に狩猟時間が短縮されています。
さすが攻撃力UP【超】。重いだけあってかなりの効果でした。

ちなみにヘビィボウガン(貫通運用ディスティアーレ)の場合。
Lv109のジンオウガ亜種相手に20分針。やはりさすがの火力と言わざるを得ませんが、それでもLv97の時と同等の狩猟時間。それを考えるとライトボウガンの時間短縮は、自分の慣れ以上に攻撃力UP【超】の効果が高かったのではないかと思います。

どうでもいいですが、ジンオウガの体当たりや飛び付き(ダイナミック服従)後の隙に、近距離でLv2通常弾速射を叩き込んでサイドステップすると、それまでに居た場所に龍光弾が着弾します。
これが華麗な回避行動に見えてすごいスマート。
実は、練習相手にジンオウガ亜種を選んだことにはちょっと後悔し始めていますが、しかしこの動きが綺麗に出来た時だけは「やっててよかった」と思えたりします。

さらにどうでもいいですが。
いま使っているギルクエは、最初のマップが迷路。ジンオウガは最終となる3マップ目にいます。
普通に言えばクソマップですが、しかしジンオウガ亜種に行くまでに青色鉱石が、普通でも2個。多ければ4つくらい採掘できます。
タイムアタックに向く地形ではありませんが、レベルさえ上がればそれなりに使いようはあるかなとも思っています。

またジンオウガ亜種の移動は2↔3マップに限られているので、マップ移動に迷うことがないのは利点かなと思っています。マップ2に出てくるクック先生はマップ3には行かないようなので、乱入されてマップ2で合流された場合はジンオウガ亜種にこやし玉を使います。

どこまでレベルを上げるかはまだ決めていませんが(多分120くらいで挫折するとは思う)、もう少し対ジンオウガ亜種での修行を続けてみようかと思います。


クリック( `・∀・´)ノヨロシク

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

カウンター22000超え! 

閲覧カウンターが22000を超えました!

いつも見ていただき、本当にありがとうございます。
先日、昔の記事をちょっと読んでみましたが、それによるとカウンターが100になったのは、ブログを書き始めてから2ヶ月くらい経ってからのこと。

それに比べると、随分とたくさんの方に読んで頂けるようになったと思います。

ここへ来てTwitterを始めるなどちょっと変化が生まれました。
どのように使うべきかはまだ手探り状態ですが、お読みいただいている方に有用になるよう、また自分が楽しめるように活用していければと思っています。

これからもよろしくお願いします。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ツイッター始めてみました。 

ブログ開設からすでに3年。ここへ来てブログの機能的な部分に興味を持ち始め、色々と弄ってみています。

とはいえ今のところ、それまで全く手付かずだったプロフィールに人気ブログランキングの自作バナーを付けてみたりしただけですが……。

ともかく今日、ツイッタ-を始めてみました。

実はモンハン4のラスト狩りをした時に、フレンドのBさん(一応ハンターネームはぼかします)に、リアルタイムで狩りに参加しやすくなるなどの利点があるので、ツイッターを始めてみたらどうでしょうかとご提案いただいていていました。

自分もそれには乗り気で、「いつか」ツイッターを始めてみようと考えてはいたのですが、いかんせん今までツイッターもFacebookも使ったことのない人間。
新しいテクノロジーに触れ、使うというのが結構に億劫で結局手付かずのままでした。

今日、なんとかやる気を奮い起こしてツイッターのアカウントを設定(実は前に一回設定していたのだけど、全く使っておらず、設定したことすら忘れていた)。
このアカウントではモンハン以外の事を発信するつもりはないので、名前などはこのブログで使っている「ロキ」を少し変えた「MHロキ」というものを使用。

ユーザー名は、良くわからないので適当に決めてみましたが、良く考えたら「ゲフィオンの中の人」とでもしておけばよかった……と、思って変更を試みていますが、やり方がよくわからないので今のところ放置。

そして、ブログパーツとして埋め込んでみました(この方法を調べるのにも結構かかった……)。

いかんせん、ツイッターを使ったことがないので、どのように、どの程度活用できるかはわかりませんが、報告まで。


クリック( `・∀・´)ノヨロシク

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ナンナー、ソロ、練習、ジンオウガ亜種。 

ガンナーの練習を兼ねてジンオウガ亜種のギルクエレベル上げをしてみました。

なぜジンオウガ亜種か。
手持ちのギルクエの中でレベルが調度良く、かつ程よく練習になりそうな気がしたからです。
つまりは、何となくで決めました。

とりあえず、Lv94から始まり。
ライトボウガン(ヴァルレギオン)で35分針(失敗なし)。
ヘビィボウガン(貫通ディスティアーレ)で20分針(それまでに二回3乙)
弓(絶衝弓)で30分針(それまでに一回3乙)
そしてヘビィボウガンで20分針(失敗なし)
今のところギルクエレベル106。

という感じの結果でした。
ヘビィボウガンの火力が際立っています。
逆に、MHP3の時は「これさえあれば何でも狩れる」と思っていた弓の成績が期待していたより悪いです。もうちょっとPSを磨き直さねば。

ライトボウガンはもう少し火力があるかなぁと思っていましたが予想以上に時間がかかっていたました。
ただ、慣れないこともあってあまり弱点の頭を狙っていなかったというのもあります。

とりあえずガンナー武器を使ってみて思ったことを徒然に。

まずライトボウガン。
弾切れしたときにLv1貫通弾を撃てるようにと「反動軽減+1」をつけていましたが。
35分間Lv2通常弾を撃ち続けても調合素材にまだ余裕があったので、反動軽減は外してもいいと判断しました。
となると、珠の変更だけではなく、レギオスX頭の入れ替えも視野に入れてマイリストの変更を考えなければならないかな?

また、弾導強化に関しては、自分が思っていた以上にLv2通常弾のクリティカル距離が伸びていたので、かなり魅力的ではあったのですが、しかしそれを活かす機会は限られていました。
ソロだと、モンスターがこちらを狙って動いてくるので、狙って長距離狙撃が出来る状況なんてマップ移動直後くらい。
しかも3連速射を全て当てようとすると、ある程度近づいて撃たなければいけないという精神的不安があり、このスキルもヴァルレギオンに限っては必要ないかなと思いました。
頭を攻撃力UPのポイントがあって通常弾強化+4(スロット3で可)のミラアロマ頭にして、攻撃力強化を発動させ火力の底上げをしていこうかと思います。
でもこの間作った装備は見た目も発動スキルも結構気に入っているので、ライトボウガンの通常弾系汎用装備として使おうかな、とも。



ヘビィに関しては、やっぱり回避距離UPと納刀術は絶対必要だと感じました。
火力スキル? 死なずに撃ち続けることが最大の火力貢献です!
スキルに依存し過ぎると腕が落ちる?
…………
……いいもん。
腕が落ちたっていいもん。
もうヘビィを使うときには回避距離と納刀術がつく装備しか使わないからいいもん。
ていうか。
考えなしにジンオウガ亜種を相手として選択しましたが、あのファンネルがヘビィボウガンだと思った以上に厄介でした。
体当たりや叩き付けから発生するファンネルならば、動き出す前に場所を移動すればいいだけですが、ファンネルだけ4つ出して来た時のあの軌道。あれが避けにくい。とにかくファンネルが動き出す前に納刀して逃げることを第一の対策とするようになりました。その意味で納刀術の重みが、自分の中で増しました。

あと貫通弾の調合コストが結構かかるなぁと思いました。
せめてツラヌキの実か鳥竜種の牙がゼニーで売っていればいいのですが。

弓は。
思った以上に腕が落ちている……。

とりあえず、しばらくはソロ中心にガンナーの腕を磨いてみようかと思います。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

大老殿の飛空艇 

初めて大老殿に行った時からずっと思ってきたことがあります。

と、その前に。

人気ブログランキング・モンスターハンター4Gのカテゴリで、ついに5位まで行きました(2015/01/24時点)。
このブログを見て頂いている方、クリックして下さる方。本当にありがとうございます。
嬉しさのあまりテンションが上って、更新頻度が上がっています。
自分でも分かりやすいくらい分かりやすい調子の乗り方ですww

ちなみに北海道弁では、こういうのを「オダつ」といいます。

それはともかく。

初めて大老殿に行った時からずっと思ってきたことがあるんです。

それは。
出発地点の向こうにある飛空艇に描かれている文様。

つまりこれ。
大老殿飛空艇
~~問題の飛空艇の文様。ちょっと見にくいですが、赤丸をつけています~~



大老殿飛空艇拡大
~~文様の拡大図~~


これ。
鳥をモチーフにした文様であるということは頭ではわかっているのですが。

自分の中で、どうしても鳥に見えない。

というか。

にこやかなおっさんの顔に見えるのです

口に手をかざして、ヤッホーと叫んでいるちょっと丸っこいおっさんの顔。
といっても、自分の中の見え方ですので、文章で表現しても伝わりにくいと思います。

そこで、「こんな風に見えている」という事を表現するため、参考画像を用意しました。

こちらになります。
やる夫おーい
~~参考画像。フリーの3D動画作成ソフト『MikuMikuDance』にて作成。使用したキャラクターは2chアスキーアートでお馴染みの「やる夫」~~

胴体の部分は無視してください。自分のポッチャリ感にすごく近いです。
問題は首から上くらいの、顔と手の部分。

紋章の翼に当たる部分がやる夫の手に。
冠羽にあたる部分がやる夫の目や眉に。
そして胴体部分が、やる夫の鼻や口に。

そんな風に自分には見えてしまうのです。
そういえば昔、どんな画像でも点が3つ以上あればそれが顔に見えてしまうという、通称「Pya!病」にかかっていたっけ……。
あと、この文章を作っている途中、鳥の頭の部分がガルルガフェイクにも見えてきました。

まぁ本当にどうでもいい話なのですが。
以前から思っていたのに、誰にも話せなかった事なので、ここで書いてスッキリしよう、と、思っての更新でした。
あしからず。

最後に。
やる夫と紋章を隣り合わせてみた画像を載せておきます。


やる夫 飛空艇合成完成


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

狩猟笛使用400回と、細々とした事。 

狩猟笛の使用回数が400回を超えました。

まぁだからといってどうと言うわけでもないのですが。
なんとか「週末の笛吹き」というブログタイトルの体面は保っているかなぁ、などと思いました。
ちなみに武器ごとの使用回数としては2位。

1位は片手剣の725回。
3位はチャージアックスの375回。
最近、チャージアックスを担いでいないので使い方を忘れていそう。

それ以外の武器はガンランスが291回、弓が245回と比較的多く、他は一部を除いて120回から200回の間くらい。

そして除かれた武器3種のうち、ハンマーが89回と上のグループから少し遅れて、その次は大剣が16回と圧倒的に少なくなり。
そして太刀が0回でした。

ハンマーは、MH3Gのファーストキャラ「ヴァナディー」のメイン武器で、その時には800回以上使っていたのですが、4系統では全然使っていません。ボウガン系の練習が一段落したら、また使ってみたい武器ではあります。

武器使用回数の記録とは全然関係ありませんが、ちょっと細々としたことを書いていこうかと思います。

まず。

重鎧玉が尽きました。結構深刻です。

4の時の貯金で引き継ぎ時には潤沢に持っていて、4Gになってからあえて狙って集めたことはなかったのですが。
装備を作るたびに「剛鎧玉は足りないから使用は考えるけど、とりあえず重鎧玉までは強化しよう」という感じで湯水のごとく使っていたら。
やっぱり資源ってのは、あるようでいて使いすぎると無くなるんですね。
いや、当たり前のことではあるのですが。なんとなく「石油」を連想してしまいました。

さてどうやって集めようか。
まぁクエストを重ねていれば自然と集まっては来るでしょうが、積極的に集めるとしたらやっぱり炭鉱夫……でも今更ピッケルを振るうのは面倒臭いもんはんのえろほん11みたいな出会いがあるのならばともかく

レベル80から100くらいのラージャンなどのギルクエでよく出るらしいので、ボウガンの練習を兼ねてレベル上げをしてみようかしら。

それから。

もうモンハンとは関係のない世界なのですが。

自分、貧弱なボーヤがポッチャリなおっさんにジョブチェンジした人間なのですが、最近、さすがに少し運動不足が気になってきました。ああ、ブルワーカーを買っておけば今頃は……
そこで思い付きで重さ1キロのリストウェイトと、2キロのアンクルリストを買ってみました。

そして、座ったまま脚を上げ下げしながら、モンハンをやる……。
やる……やる。
……
……いま、腕がプルプルしてます。

ちなみに。
負荷のかかり方などの問題から、リストウェイトもアンクルリストも筋力トレーニングとしては効果が無い……という事を知ったのは、購入したあと……。

まぁ。
明日があるさ明日が(泣いてない!!)。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

叛逆弩ヴァルレギオン専用装備 

ライトボウガン「叛逆弩ヴァルレギオン」専用装備を作ってみました。
回避することで一発装填するという特性と、Lv2通常弾の速射を持つヴァルレギオン。その特徴を活かすスキル構成を考えてみました。

が。
実はまだ、反動抑制+射法をとるか、それとも攻撃力UP【大】を採用するかに迷っています。

叛逆弩専用G 1 見た目
叛逆弩専用G 2 ステ
叛逆弩専用G 3 スキル詳細

見た目装備……もとい、露出装備になりました。
腰は胴倍加装備ならばなんでもよく、見た目の個人的な好みとしてはバンギスXがよかったのですが、作成に滅鱗を使うがもったいなく、手持ちであったゾディアス腰で妥協しました。装備としてはグリードXこそベストなのでしょうが、こちらは素材が足りてなくて作れなかった……でも、見た目的にはバンギスXが好きです。

どうでもいいけど、アグナXガードの左腕の盾は、弓を扱う上でもボウガンを扱う上でも邪魔にしかならないような気がしますが、まぁいいか。

発動させたスキルの意味ですが。
火力面ではまず反動軽減+1&ロングバレル運用で、攻撃力を確保しつつ武器の「反動:大」を「中」に低減。Lv1貫通弾の無反動運用をなんとか確保しました。Lv2貫通弾の運用は捨てましたが。
ダメージソースの中心となる使用弾はもちろんLv2通常弾。その火力を確保するために5スロスキルとして最大数生産をつけています。
そして舞踏家と弾導強化で長めのクリティカル距離での戦いを可能にし、それを生存スキルということにしてみました。

スキルの組み合わせが悪いとは思っていませんが、しかしなんというか、「専用装備」というよりは「通常弾汎用装備」とも言うべきスキル構成になってしまったかな、という気がします。

ヴァルレギオンの特徴は、やはり回避装填とLv2通常弾の速射。
それを活かしきるのならば。
Lv1貫通弾の運用もバッサリ捨てることにより、「反動軽減」を切って。
「弾道強化」も、クリティカル距離を意識して戦えば必要ないということで切り捨てて。
それによって空くスロ【3】×4を使用して攻撃力UP【大】を発動させ火力を底上げするのも手かな? などと考えています。

その場合は、胴(×倍加)と武器スロで最大数生産を確保。
発動スキルを・舞踏家 ・通常弾UP ・最大数生産 ・攻撃力UP【大】の4つに絞ることになります

また、パーティの場合でLv2通常弾の調合までしなくてもいいという場合が多いのであれば。
5スロスキルとして罠師あたりに付け替えるのもライトボウガンらしいかなと思っています。

まぁとりあえず使うだけ使ってみて、実戦でLv1貫通弾をどれだけ使用するのかとか、どれくらい調合に頼るのかを見て、その上でスキル構成は改めて考えようかと思います。まだライトボウガンは経験が浅く、スキルも何が本当に必要なのかわかっていない状況なので。

それにしてもガンナーのスキル構成を考えるのは、楽しいけど難しいですね。
MHP3の時には弓をメインに使っていましたが、ガンナー武器は剣士武器に比べて武器によって求められるスキルの違いが大きく、「武器種」という大きなくくりではなく、武器一つ一つのために専用に装備を組まなければならないような状況になります。
MHP3でも結局、絞りに絞って20何種類かの装備のマイリストにまとめたような記憶があります。

弓の場合は溜め3or4の射種のみの運用を考えるだけでよかったのですが(それでも汎用装備だけで3つ必要になる)、ボウガンの場合は武器によっては通常弾と貫通弾(とソロならば散弾)の使い分けがあり、さらに反動軽減や精密射撃の要不要など考える要素が多く、弓以上に一つ一つの武器の個性が強く、その分求められるスキルが複雑になってきます。
「汎用装備」でまとめるのが、剣士装備以上に難しいです。

これはやっぱり今のマイリストでは足りないわ。

装備のマイリストは、最低でも100くらいは欲しい。特にガンナーをやるのであれば。
そう思ってしまいました。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 2   

叛逆弩ヴァルレギオン作成。 

ボウガン系を使おうと思い、最初はヘビィボウガンだけのつもりだったのですが、ライトボウガンも作ってみました。

最初に作成したのはレギオス武器のヴァルレギオン。
装備は、ディアブロZ一式に通常弾+4 スロット3の護石を使用して、発動スキルは・反動軽減+2 ・装填速度+1 ・弱点特効 ・回避距離UP ・通常弾UP 最大数生産

ほぼLv2通常弾の速射に的を絞ったつもりのスキル構成。まぁそれでも貫通弾を撃つときのために反動軽減は+2まであげていますが。
最大数生産は5スロなので他のものに付け替えることが出来ますが、Lv2通常弾をとにかく撃ちまくるため、その生産効率を上げるための火力スキル……だと思ってつけています。

まだほとんど使っていませんが、402SPさんに教えてもらったステップで装填しながら通常弾の速射を当てていくことの楽しいこと。
ヘビィの時は、回避装填を主体に動くと、モンスターが大きな隙を見せた時に装填されている弾数が少なく火力を集中させることが出来なかったりしましたが(そのかわりしゃがみ撃ちがあるけど)、ライトボウガンの場合は3発速射のLv2通常弾だと一回の装填だけでもかなり火線を集中させている感じになるし、また回避行動がステップのため装填から発射までの隙が少なく、その時点での装填数が少なくても動けなくなっているモンスターに多くの弾を叩き込むことが出来ます。

斬裂弾の4発速射も、当てるとかなり楽しいですが、さすがに隙が大きくて使い所を選ぶ感じはします。
でもこれは使いこなしたらかなり「絵になる」と思う。
また、聞いた話では当たる数が多いために極限解除に使えるのだそうです。

惜しむらくは、ボウガン系の経験が少ないためにぜんぜん使いこなせていないこと。
ヘビィもそうですが、やはりまだまだ練習が必要です。


P.S.
MH4Gの発売直後頃に登録した人気ブログランキング。
順位などは気にしていましたが、今まであまり積極的にいじっては来ませんでした。
いや順位は気にしていたんですけど(大切なこry

先日、一念発起してオリジナルのリンクバナーを作り(とは言ってもギルカ画像を登録しただけですが……)、ランキング画面でも「最新記事」の見出しが表示されるようにしてみました。

すると。

それまで20位前後が当たり前だった順位が上昇。
今現在は8位にまで上がりました。
思っていた以上の効果に、ちょっと戸惑い気味ながらもすごい嬉しく思います。

これからもまた、よろしくお願いします。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

フレンドさんと、義弟と……。 

ハンター鈴さんのチャットルームでプレイ中。「妹の旦那さん」がイン。

ちょうど、自分と義弟との共通のフレンドであるMさん(一応HNは伏せます)が一緒で、今年に入ってモンハンに復帰していた義弟とは久しぶりの狩りになっていたようでした。

しかし。
その義弟の「大極竜玉」がほしいという要望もあって、挑戦したのはMさんの持っていたLv137のイビルジョー。

これが強い。

自分は、最初は双剣。
次に片手剣。
そしてランスと武器を変えながら連戦しましたが。

全部負け。

それだけならばまだしも、全てのクエストで自分が2乙。
義弟(ガンランス)は乙なし。

……義兄としての面目は丸つぶれでした(;_;)。

しかし極限化イビルジョーは強いですね。
四人でかなりの時間切りつけていたように思いますが、体力がバカ高い。
しかもゲロブレスなんて喰らおうものならほとんど一撃死。
足元にはハンターが群がるため、極限化解除もけっこう難しい。
極限化解除後には罠なども使い、本気で頑張っていたのですが。(>_<)。

結局、ついにリベンジを諦め、チャットで話が出ていたLv140のガルルガはどれだけ強いのかを検証に行くことに。
これも負け(自分も1乙)。

最後に136のテオに挑戦。
狂竜化したガルルガに慣れていると、むしろ遅い。攻撃力は高いけど隙が多い。
あの暴力教師に比べると、まるでただのネコに見えました(言い過ぎ)。
やっと勝利を味わい、その日はそれで解散。

連敗……しかもそのうちの落ち数では自分が圧倒的一位。
なかなか情けない結果でしたが、やはり気心の知れた人たちとの狩りは楽しい。そう感じたプレイでもありました(いや負け惜しみではなく、マジで)。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ディスティアーレ作成 & 通常弾用装備作成 

生産最強と名高いヘビィボウガン ディスティアーレを作成しました。

これで、前回紹介した貫通装備に、ディスティアーレのスロット2を使用して「射法」を発動させることが出来ました。

そして。
今度は通常弾用の装備も組んでみました。
久しぶりに一式装備になりました。

通常汎用G 1 見た目
通常汎用G 2 ステ
通常汎用G 3 スキル詳細

さすがに「射法」は付けられませんでした。
しかし、貫通弾運用であれば、大型モンスを貫通している間にクリティカル距離外になることを防ぐので火力スキルとして「射法」の価値が上がる(と思う)のですが、通常弾運用であれば普通にクリティカル距離を守って撃てばいいだけの話で、ここは「納刀術」を優先しました。

ディスティアーレのスロット2つが勿体無いですが、他に付けられるスキルもありませんでした。
他の武器を装備してもスキルが変わらないので、汎用性に優れたスタイル……ということにしておきます。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

ヘビィボウガン練習中。 

ヘビィボウガン兵装を作ったので練習がてらに使用してみました。

(>_<) 難しいです。

ディスティアーレを作ろうと、古龍の大宝玉狙いで野良テオに挑戦してみましたが、2連敗。
それも2戦とも自分が2乙。
恥ずかしくて、2戦目が終わったあとは「ごめんなさい」とだけチャットを残してそそくさと大老殿を出てきてしまいました。

覇道玉を獲るための対アカム戦は何とかなったのですが……。

それにしてもイーラレギオンの回避装填機能は面白いですが、どちらかと言えばソロ向きの機能かなとも思いました。

ソロだとモンスターの標的が自分だけになるので、逃げながら反撃するというシーンが多くなり、その場合には装填する隙も無くすことが出来て便利なのですが、パーティだと装填する暇はソロの時よりもあるし、何より回避装填機能に頼りすぎるとモンスターがダウンした時などに装填している弾が殆ど無い状況になっていたりします。

モンスターが元気な時には回避装填しながらちょこちょこと反撃し、ダウンなど大きな隙ができた時にはしゃがみ撃ちで火線を集中させるような使い方がベターなのかもしれません。

ただ、あまりに特殊な機能なのでそれに慣れすぎると別のヘビィボウガンが使えなくなってしまうのではないかというちょっとした不安が……。

ディスティアーレを作ったら、そちらがメイン使用のヘビィになるような気がします。

とりあえずしばらくヘビィの練習を続けてみようかと思います。

また、それとは全然別の話ですが。

ブログの「プロフィール」の部分をいじってみました。
今まで記事の最後につけていた人気ブログランキングのバナーもそちらにつけてみました。
そちらもよろしくお願いします。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

ヘビィボウガン貫通用装備作成 

叛逆砲イーラレギオンでの使用を前提に装備を組んでみました。

しかし、スロットがあと一つ足りない、というスキル構成になってしまいました。
貫通反動G 1 見た目
貫通反動G 2 ステ
貫通反動G 3 スキル詳細

護石は回避距離+7 射法+4 スロットなし。
射法を発動させるまであと3ポイント。
しかし残っているのは武器スロを含めても【1】が2つのみ。
腰のスロットを一つ、腕に持ってこられれば行けたんだけど(←無茶言うな。

見た目はそれなりに気に入っていますが、色合いが微妙。

頭をディアブロXに変えたりエコールXに変えたり、珠を入れ替えてもみましたが射法の発動が無理だったので、とりあえずこれで完成とします。
エコールX頭ならば剣士用を使用可能。しかしその場合は武器スロを使わなければいけなくなり、他のヘビィを使う際の珠の入れ替えが面倒になるので結局レギオスXに落ち着きました。

カーディアーカやデルフ=エルダオル、ディスティアーレなど、反動:中の武器であれば、ディアブロXレギンス(脚)の抑反珠【3】を入れ替えて、反動軽減+1と射法を発動させることができるので、むしろ別の貫通ヘビィで使うのがベターかもしれません。スロットが2つあるディスティアーレならば反動軽減+2と射法の両方を発動可能だし。

とりあえずこれから貫通ヘビィを練習してみようと思います。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 2   

プレイ時間300時間突破! 

プレイ時間が300時間を突破しました。

今作は(MHP3や3G、4に比べて)あんまりやってないなーなんて思っていたのですが。
それでも200時間を突破してから一ヶ月半くらいで到達。
平均すれば一日に2.2時間はやっているわけで、高橋名人との約束はぜんぜん守れていない状態ですね。

では恒例の100時間単位ごとのギルドカード公開!

ギルドカード300時間 00 表紙

以下、長くなるので記事を折りたたみます。


モンスターハンター4G ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

片手剣「アニュラ=ソル」作成 

先日配信された銀レウスと、そして金レイアとの連戦を経て、片手剣のアニュラ=ソルを作成しました。

銀レウスは、主に野良で狩っていました。
4人そろえば、特に難しいほどのクエストではなく、基本的には5分針での討伐が多かったです。
また、さすがに配信されたばかりだけあって一人抜けてもすぐに他の人が来てくれ、参加人員不足に悩むこともありませんでした。

このクエストはとにかく紅玉が出やすく、平均すれば一戦につき一個位は落としていたような。
さすがに天鱗はあまり出ませんでしたが、それでも五回に一回くらい入手することが出来ました。

ランス「ディバイン=ソル」は銀レウスを倒すだけで作成できたのですが。
しかし「アニュラ=ソル」は金レイアの素材が必要。しかも雌火竜の天鱗が要求されます。

そこで金レイアとも連戦していました。

最初は野良での連戦。
7~8戦して一つも出ず。
天鱗なのでそれくらいは普通かもしれませんが、なんか物欲センサーに引っかかった気分。

その後は、ハンター鈴さまのチャットルームで知り合ったフレンドさんや、それ以外のところで知り合ったフレンドさん(一応ハンターネームは伏せます)、それに野良ハンターさんを交えたハイブリッドな狩猟に移行。

そこで金レイア2戦くらいしてやっと天鱗を手に入れました。

……なんというか、狩りにも忙しかたったけど、チャットも忙しかったような……。
なんせ、チャットルームでのチャットと3DSでのチャットをしていたので……。
しかも野良のハンターさん(この人も、金レイアでの募集なのにそれ以外の狩りにも対応してくれるという良い人でした)も居たので勝手なことも(したけど)あまりできず。

結果としてどちらのフレンドさんに対しても間の抜けた対応になってしまったような気がします。特に3DSの方でのチャットは酷かったような気がします。申し訳ありません。

フレンドさんとの狩りは、野良の人を入れないほうがいいのかも……。
ただ、見知らぬ人たちが、一期一会的とはいえ触れ合えるというのはモンハン4以降のオンラインの良さと思っている自分もいるのですが。

それはともかく。

作りたい武器を作るために、いろいろな人と一緒に特定のモンスターを狩る。
モンハンの原点を感じたここ数日でした。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター21000超え! 

閲覧カウンターが21000を超えました。

見てくださっている方には、本当にお礼申し上げます。
特に最近は、ブログの更新もゲームのプレイも密度が薄くなっており、それじゃなくても内容が希薄になりがちなこのブログ。
それでも見て頂けるということは本当にありがたい事だと思います。

こんなブログですが、これからも何卒よろしくお願いします。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

新年の挨拶回り。 

年末年始の連休も終わり、新年の挨拶回りもほぼ終えました。
……仕事ではなく、モンハンのフレンドさんへの挨拶回りの話です。

やはり新年早々ではみなさん忙しいようで、なかなかインしていなかったり、していても集会場が一杯で入れなかったりで、ある程度まわるまで時間がかかり、またまだ挨拶が終わっていないフレンドさんもいたりしますが、ともかく公私ともに新しい年が始まった感じがやっと出てきました。

新年に入ってから配信されたイベントクエストにはなかなか楽しい物が多く、特に今週はおまちかねの銀レウス以外にも、かなり個性的なクエストがありました。

最たるものが「ランポスたちの大親分」。
今日、フレンドのコバルトブルーさんと402SPさんと共にクリアしてきました。

クエスト説明文から見え隠れする「巨大ランポス」。
しかもよく見たらサブクリアが「イビルジョーの討伐」。

面白い予感しかしない中で、イビルジョーを倒すことを三人で事前に確認しながら闘技場へ。

現れるイビルジョー。
そしてそのジョーと同等に見える大きなランポス。
大きいとは思っていたけど、まさか本当にそこまで大きくするとわww。

かなり楽しみながら狩ることが出来ました。
140ギルクエの息の詰まる狩猟も良いですが、こういう余裕のあるクエストもモンハンらしくて良かったです。

銀レウスは野良で数頭狩り、ランスのディバイン=ソルと片手剣のプラチナムドーンを作製。
プラチナムドーンはさらに「アニュラ=ソル」へと強化出来ますが、今のところ雌火竜の天鱗が無いために滞っています。

ディバイン=ソルは、「ランポス達の大親分」の後に挑戦した「落ち着きのない大乱闘」に使用。
ガララ亜ジャラ + ウルクスス → ゲネル亜種 + 亜ルセルタスの連続狩猟。
銀レウスと同じタイミングでこのクエストを配信してくるとは、カプコン、火属性武器を作ってこのクエストで試し切りしろってことだな? と、考えていたのですが。
あとで調べてみたら、ゲネル亜種、アルセルタス亜種には火は通らない。

……まぁともかく、難易度も手頃で数人で行くと楽しいクエストでした。

モンハンのもつ「楽しさ」。
今日はそれを改めて感じることが出来ました。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

叛逆鎚カダルレギオン専用装備 

ちょっと気分を変えたくなって、4シリーズになってから殆ど使っていなかったハンマー装備を作ってみました。

それも。
一般的なものではなく、クセありまくりのセルレギオン系武器『叛逆鎚カダルレギオン』専用装備。
構想として、まず最大の特徴である回避による切れ味回復を活かすため、「業物」の実装と、他の武器ではかならず付けている「砥石使用高速化」の排除。
また「切れ味レベル+1」は当然不必要。
そしてハンマーでは出来るだけ付けたいと思っている「高級耳栓」。これはハンマーをメインとして使用していた3Gの時に、経験上から他に優先して付けるべきと考えるに至ったスキル。咆哮で溜めを中断されないということは、ハンマーにとって重要だと思っています。
さらに、切れ味を保つために前転を多用するため、スタミナ管理用として「スタミナ急速回復」。溜めで消費するスタミナの回復にも有用になります。

そんな構想の下に作られた装備。
こんな感じに。

千刃鎚専用 1 見た目
千刃鎚専用 2 ステ
千刃鎚専用 3 スキル詳細

業物+高級耳栓となると、どうしても出てくるガルルガX。
そのため、ついでに達人「見切り+1」がつきました。物理のみで会心率の高い叛逆鎚には良い火力アシスト。

頭は、スロット○○-で気力回復+4があるアーティアXでもよく、その場合は護石に要求される気力回復のポイントが+8から+6に軽減されます。つまりはゼロスーツフェイスに比べて上位互換なのですが、ここでは見た目の問題でサムスにしています。

そして空きスロを利用して「回避性能+2」も付けました。
もうホント、回避性能なしではムリです、自分のプレイヤースキル的に。
ただ、6ポイントまで来ている「納刀」が惜しい……かなり惜しい。
回避性能+2を+1まで落とすと「納刀術」も付けられるので、どうするかは使ってみて調整しようと思っています。

実際に使用してみての、切れ味保持の感触は。
双剣の時には回避での切れ味保持はムリ(回避に対して手数が多すぎ)と結論し、狩猟笛では十分保持可能という自分の技術。
ハンマー+業物の場合は、ギリギリで切れ味保持可能、という感じでした。

意識してコロリンしている限り、切れ味が紫以下になることはたまにしか無い。ただしモンスターの疲労時や乗り成功時にラッシュをかけると白にまで下がることが多く、しかし青まで堕ちることはほぼありませんでした。
モンスターがマップ移動した時に念の為に砥石を使っておく程度で、実質的には十分な切れ味を保持できる感じでした。

今はまだ極限強化が出来ていませんが、やるとしたら「攻撃」にしようと思っています。
レギオス武器といえば回復ですが、ハンマーの場合は納刀している場合も多いと思うので回復薬での回復でよいと思っているから。

今作では評価が低いハンマーですが、しかしやってみると本当に面白い武器だと思っています。
ただ、自分の技術では使いこなすのが難しいというのも事実。
どれくらい使っていくかはわかりませんが。
ともかく、けっこう面白いスキル構成の装備ができたとは思っています。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

新年 あけましておめでとうございます 

新年、あけましておめでとうございます!

2015年、最初の一狩りは、今年になってモンハンに復帰した「妹の旦那さん」と始めることが出来ました。

初詣でおみくじを引いた所、運勢は小吉。
付いてきた勾玉は、友人との縁を示すオレンジのものでした。

今までもお世話になっている方々には、今後ともよろしく申し上げます。

今年も多くのハンターさんに、楽しい狩り、嬉しい出会いがありますように。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード