モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

大晦日 

2014年も今日で終わり。

一緒に狩りに行っていただいた皆様、このブログを読んでくださっている皆様。
今年も本当にありがとうございました。

春3月くらいまではちょっと仕事が忙しく、ブログの更新は今月くらいのペースが続きそうです。
来年もまた変わり映えもせずに作った装備の紹介やプレイ日記などを書いていこうと思っています。

それでは皆様、良いお年を(*^_^*)
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 4   

素紫ランス用装備&対金獅子用装備 

切れ味+1が不要なランス系武器用の装備と、現在ギルクエで連戦しているラージャン戦用の装備を作ってみました。

まずは「槍系非匠G」
アグナXを主体に組んだ、見た目的にもお気に入りの兵装。
しかしランス系の防具を想うとアグナZが懐かしい。ああ、懐かしい……。

槍系非匠G 1 見た目
槍系非匠G 2 ステ
槍系非匠G 3 スキル詳細

スキル「スタミナ急速回復」は護石のみのポイントで発動させています。
そのため、「ガード強化+7」以上の護石に入れ替えることにより、「ガード強化」をコンパチで発動させることが出来ます。

また、スキル的に見て「ガード強化+4」「気力回復+1」スロット○○-を持つアーティアX胴を使用すると、護石の依存度が減る……つまりは上位互換なのですが、見た目の問題でここではザザミXを使用しています。

今のところ、素紫の発掘装備など持っていないので、実際上は錆クシャ武器専用になっています。


そして、対金獅子用の専用装備。

対金獅子専用 1 見た目
対金獅子専用 2 ステ
対金獅子専用 3 スキル詳細

スキルは完全に対ラージャン用。
切れ味レベル+1が無いため、武器はシュトル=エルダオル(片手剣)か、ツインエルダー(双剣)専用のようになっています。ちなみにここでは片手剣を装備していますが、練習を兼ねて双剣で行くことのほうが、最近は多くなっています。
ソロでラージャンに行く時には「耐震」が必須。もうこれ無しでのラージャン戦は考えられません……。

ガルルガフェイクの防御力が低いのと、深刻な天鎧玉不足でナルガXもラギアXも鍛え切ることが出来ず、防御力がまだ低めです(;_;}。

またスキル「聴覚保護」がちょっと微妙。
いや、あると便利なのですが、なんかラージャンって咆哮をあまりしてこない感じがあります。
そんな訳でこんな装備も組んでみました。

対金獅子2 ステ
まだ試作段階なので、ステータス画面だけで失礼します。
他でも使っているために強化しきったウカム面とクシャナ脚のお陰で防御力はかなり高め。しかし雷耐性が致命的に低くなってしまっています。
スキルは、上の装備の「聴覚保護」を「集中」に換えてみました。
そのためこちらは双剣専用。

自分の双剣の弱点の一つとして、鬼人ゲージが溜まっていない時に、ムリな鬼神化と攻撃とをしてスタミナ消費&反撃を食らってしまうことがままあり、それが高レベルのラージャンともなると致命傷になってしまいます。
それを抑えるための「溜め短縮」の発動なのですが、まだどちらのスキル構成を制式採用するかは考え中です。

まぁ装備のマイリストが全部埋まっているわけでもないので、しばらくはどちらも残しておこうと思っていますが。

とりあえず、ラージャンで双剣の練習。
頑張ろうと思います。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

カウンター20000超え! 

閲覧カウンターがついに大台20000を突破しました。

いつもこのブログを観ていただき、本当にありがとうございます。

十二月に入ってからちょっとリアルが忙しく、思ったようにゲームもブログの更新もできていないこんなブログですが、これからも何卒よろしくお願いします。

最近は、双剣の練習を兼ねて、ラージャンのギルクエのレベル上げをしようと思っていますが、127まで来たところで止まっています。なんか最近、一回負けたらもう一度挑戦する気力が出なくなる……。
なんとか自力で130まで上げて、その後はオンラインでの協力を仰ごうかと思っています。

が、前述のとおりちょっとゲームに時間を割けられない状況……いや、実際はゲームをやる時間を全く取れないわけでは無いのですが、なんかちょっと疲れると気力が沸かないというか。

フレンドの402SPさんとの約束も全然すすめていない状況。本当に申し訳ありません。

せっかくの閲覧カウンターの書き込み、それも大台突破の記念なのに、なんか言い訳ばかり書いてしまっています。
申し訳ありません。

これからもプレイ日記などは出来るだけ更新していこうと思っていますので、これからもこのブログを何卒よろしくお願いいたします。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

金レイアやっと攻略 

6連敗の末、やっとリオレイア希少種をたおす事が出来ました。

最初の2連敗は双剣。練習中、と言い訳。
次の4連敗は片手剣。
これはもう言い訳が効かず、「自分がモンハンにかけてきた時間って何だったんだろう」と悩むに至りました。

そして遂に片手剣を諦めガンランスを選択。
するとこれがやたら戦いやすく、20分針1乙で倒すことが出来ました。

片手剣では、15分位までは順調に行くものの、その後、パタパタパタと3乙することが多く、死因の一つにはタイミングをズラしてくるサマーソルトの被弾から崩れていく事が多かったです。

サマーソルトの体制から、一度軸をこちらに合わせてから放ってくる毒尻尾アタック。
発射準備の段階でコロリンしてしまうと、立ち上がりにちょうど当たってしまい、ちゃんと意識してかわせるようになるまでかなり時間がかかりました。

ガンランスは、まず攻撃を全部ガードして、その後に反撃するという戦略を徹底。お陰で安定した戦い方ができました。

看板娘たちに言いたいことは多々あれど、ちょっとネタばれになるのでまた今度書こうかと思います。

一度ソロでクリアした後はオンラインでの狩りに移行。
最初は野良の3人パーティ。
8分くらいで討伐。
自分のあの苦労は一体、と思いつつ。
その一戦で1人抜けて、新たに双剣のHR999のハンターさんが加入。

初めて「麻痺双剣」というものの恐ろしさを目の当たりにしました。

彼の持っていたのは「ランポスクロウズ」。攻撃力420くらいで、属性値は覚えていません。
その武器で、リオレイア希少種から麻痺、罠、転倒、そして麻痺のオンパレード。

約2分半。
リオレイアは殆ど一歩も動けず、自分はただ金色の翼をランスで突くのみ。もう一人のハンターさんも貫通弾を撃つのみ。
それでリオレイア希少種は沈みました。

あれがプロハンの領域と言うものなのか……と、慄然とした狩猟になりました。

雌火竜の天鱗3つを含め、金火竜の素材は貯まりましたが、イマイチ作りたい装備がない……。
弓は強撃ビンが付けられず、ガンランスは同じ毒武器のオオナズチのガンスが優秀。
結局、狩猟笛のルナーリコーダーのみ作製し、素材を温存することにしました。

次の目標は双剣の使いこなし。
ラージャンのギルクエのレベル上げをしながら双剣の練習をしようかと思っています。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

「彼女たちの真剣勝負」に挑戦 

エピソードクエスト「彼女たちの真剣勝負」に挑戦し、リオレイア希少種に連敗しました。

エピソード1の「少女の嘆息」は、双剣で一五分くらいでクリア。極小ダイミョウザザミにやや苦戦してしまいましたが、これはまだ双剣に慣れていないため。普通のサイズよりも戦い安かっです。

エピソード2はブラキの落し物を拾って2分で終了。

そしてエピソード3。
待っていたレイア希少種との対戦。
ミナガルデの受付嬢ことベッキーの言動に若干引きつつも塔へ。

武器は錆クシャ双剣ツインエルダー。
装備はガルルガXを使用した耳栓装備。
これで3連敗。
だいたい15分位粘っての3乙でした。

双剣はまだ練習中、練習中。と、自分に言い聞かせ、今度は片手剣。
同じく錆クシャのエルダオルにガルルガX。
それで20分くらいに粘って3乙。

今度は達人をマスターから+2まで落して罠師と捕獲の見極めをつけて再挑戦。
乗りを含めて相手の拘束を狙いながら戦法を立てていました。

開始いきなり乗り、その2分後にも乗り、結局終盤まで5回乗り、閃光玉も調合分含めて多用。
罠も落とし穴を残して調合分まで使用。
するも20分針を過ぎた辺りからアイテムが突き始め、するとそこからあれよあれよと言ううちに連続乚落ちてしまい3乙。25分針くらいでの負け戦でした。

最近は更新をサボっており、エピソードクエスト以外にも、作った装備などいくつか有るのですが、今日は、写真をアップできる環境にないので、今回はこれだけにします。

出来るだけ更新を密にしていこうと思いますので、これからもよろしくお願いします。。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

生レギオス狩猟笛 

先日、生レギオスという言葉を聞いて、ティンと来たのでちょっと狩猟笛で作ってみました。

生レギオス。
おそらくはランスで使われるのだと思うのですが、レギオス武器に極限強化「生命」を施し、研ぎと回復を抜刀状態で行い納刀の手間を省く、という戦略を表した言葉。

これを聞いてティンと来て、狩猟笛で作ってみました。

叛逆笛専用G 1 見た目
叛逆笛専用G 2 ステ
叛逆笛専用G 3 スキル詳細

知っての通り、狩猟笛もランスに負けず劣らず納刀を嫌う武器。
特に闘いながら旋律を作る必要があるため、抜刀状態を維持することはランス以上の重要性をもちます。
そこで作ってみたこの装備。
砥石使用高速化も外して他のスキルにポイントを振ってみました。

問題は体術。
叛逆笛ラーガレギオンの旋律は ・防御力強化【大】 ・攻撃力&防御力強化【小】×2 ・風圧完全無効 ・スタミナ減少無効【大】と使いやすいのですが、スタミナ減少無効があるので体術に拘る必要性はあまり無い……のですが。
他にどんなスキルを入れていいのか迷い、結局、装備に付いている体術を強化するところに落ち着きました。

体術を+1に、回避性能を+2に落とすことによって(足装備を変える)、攻撃力UP【小】、減気攻撃、回避距離UP、達人+1など別のスキルを付けることも出来るのですが、どれもこれも微妙。
挑戦者+1も付けることが出来るのですが、斉天ノ具足・真か怒天ノ具足・真が必要で、その素材が足りずに今回は採用していません。

この装備で重要なのは、先の記事でも書いたテッセンを引いたときに同時に引き当てたこの護石。
護石 切れ味+8 笛吹き+8
自分の中ではかなりの神おま。
これのお陰で業物がらみの笛装備のスキルがかなり自由になりました。

実際に使用してみると、手数の多すぎる双剣と違い、狩猟笛の場合はコロリン研ぎで十分に紫を維持できました。
回復も適度な頻度で発動してくれるし、割りと便利ではあるのですが、しかしG級の大ダメージだと事故が怖いので、被弾後は回復薬Gに頼ることの方が多かったです。

装備の見た目は、自分好みのベリオX系。
ラーガレギオンの旋律も使いやすく、狩猟笛に関してはこれで行くことが多くなると思います。


追記
上の記事を書いている時、フルチャージでいいんじゃね? と思い、脚をジンオウZに変えて、スキルを・回避性能+2 ・業物 ・フルチャージ ・笛吹き名人 ・体術+1にしてみました。
……維持出来るかなぁ、フルチャージ状態。


MH4 ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 2   

双剣装備。 

そんな訳で双剣装備を作ってみました。

双剣汎用G 1 見た目
双剣汎用G 2 ステ
双剣汎用G 3 スキル詳細

狩猟笛や片手剣で活用しているクシャルX系回避装備にガルルガフェイクをかぶせてスキルの調整をしただけですが、発動するスキルには満足しています。
耳栓で大丈夫なモンスター相手には、護石の組み換えによって溜め短縮を発動可能(集中+3ポイント以上 スロット3必須)。
武器スロは1以上ないと回避性能+2までにとどまります(3枚目の画像では武器スロに回避珠を詰めていないので+2止まりになっている)。

一枚目の画像は、見た目のために発掘したテッセンを装備しています。
レベル4まで強化して攻撃力378 毒180 スロット3のレア9武器。
何気にMH4Gで初めて研磨した発掘武器。手に入れたのは、漫然とプレイをする中で行っていたギルドクエストで掘り当てました。
攻撃力属性力とも霞双剣オオナズチを下回っていますが、スロットが3あるので使いやすいと思く、何よりも見た目が好きなので残してみました。

この翼のようにも見えるテッセン。
ガルルガフェイクと相まってまるでガルルガになった気分。

ここまでに作った双剣は。
漠喰いキロネクス、ヘヴンorヘル、叛逆爪セルレギオン、ツインエルダー。
作りかけのものなどもありますが、最終強化したのはまだこれだけ。とりあえず後は真・滅龍双刃は欲しいと思っています。

叛逆爪セルレギオンに関しては、
非匠見た目業 1 見た目
これと同じ見た目で、高級耳栓、回避性能+1、業物、体術+1という装備も作ってみましたが、双剣の場合は回避行動による切れ味の回復が追いつかず、ボツにしてしまいました。

「我れ流れ、流れる我と書いてガルルガと読む!!」でお馴染みの、この我流流我装備で素材集めなどをしていこうかと思っています。


MH4 ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

双剣を使おうかと思った。 

「モンスターハンター」ソロクリア失敗以来、ちょっと方向性を見失ってしまいました。

とりあえず漫然と武器を作る日々。
その中で、HRが500を超え(214時間くらい)、イモートもレベル30になりました。

そんな日々の中、ちょっと気になる武器が。

双剣。

もともとのきっかけは、「モンスターハンター」挑戦のときに、それとは関係なしに作ってみたベリオXを主体とした見た目装備。体術が発動させやすいため、片手剣よりも双剣の方が向いているかも。見た目的にも片手剣以上に格好いいし。
という理由で錆クシャとテオの双剣「ツインエルダー」を作成したのが始まり。

情報として、鬼神強化状態でのA+Xの突進斬りなどが強化されてMH4の時より使いやすくなったと聞いていましたが、試しに使ってみると、この新突進斬りが格好いいのなんの。

ちょっと双剣を練習してみようかと思いました。

自分の双剣は、3Gのセカンドキャラ(400時間位やった)で、メイン武器の一つとして使用。
そのキャラ「ロプト」では、片手剣と双剣をダブルメインのように使い、250回くらいづつ使用していました。
しかしMH4ではほとんど使用しておらず、本格的に使用するのは久しぶり。

武器や装備をちょっと作って、しばらくそれでクエストを回してみようかと思っています。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター19000超え! 

ちょっと更新間隔が空いてしまいましたが、その間に閲覧カウンターが19000を達成しました。

本当にありがとうございます。

しばらくリアルが忙しくなるので、先月や先々月ほどには更新数を伸ばせなくなりますが、普通に頑張って書いていこうと思っています。

これからもよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 2   

200時間到達! ギルカ公開 

プレイ時間が200時間に到達しました。

そんな訳で、この時点でのギルドカードを、自分の記録としての意味も含めて公開します。

ギルカ200時間 0


モンスターハンター4G ブログランキングへ
-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

時間切れ 

「高難度:モンスターハンター」ソロ挑戦……セルレギオスまで行って無念の時間切れ(>_<)クヤシー

紹介し忘れていましたが、現在の装備は片手剣シュトル=エルダオルにガルルガX一式。
発動スキルは、見切りマスター ・業物 ・高級耳栓 ・砥石使用高速化

だったのですが、護石を変えて、見切り+2 ・業物 ・高級耳栓 ・砥石使用高速化 ・回避性能+1 で挑戦してみました。

思いの外ティガレックスが戦いやすくなり、落ち無しで討伐。
天鱗を剥ぎ取り!
しかし10分針(11分位だった)。

ブラキディオスはもう出てくるところまで分かっているので(闘技場正面入り口から入って右側の柵開閉スイッチあたり)、予めそこに罠を仕掛けて待ち。

ケムリ玉で燻らせながらブラキディオスをタコ殴り。
これも回避性能のおかげか、結構うまく行って25分針で討伐。

ここまで一乙。

そしてなぜかタイマンになったジンオウガに苦戦。
討伐まで35分針かかります。
まぁブラキディオス25分針の時点で、予定以上に時間はかかっているのでジンオウガに苦戦したというか全体的に苦戦しているのでしょうが、なぜかティガとブラキの時には「上手く言っている」という感覚があったんですよね……。

ジンオウガを倒した時点で35分針。
もう時間切れになる感じが濃厚。

そのせいか集中力も足りなくなってきて、ゴア・マガラで一乙。
ただこのゴア・マガラ、最初のうちに罠にかけ、その後かなりの頻度で転んでいました。
最初のティガレックスがやたらタフな印象があるのですが、後半になるにつれてモンスターの攻撃力と体力が下がっているような感じがしましたが、錯覚だろうか?

ゴア・マガラを倒したとほぼ同時に「残り時間5分」のアナウンス。
そりゃまぁ、間に合いませんよね……。

極限化セルレギオス。極限化を解く暇もないまま時間切れ。
悔しい結果に終わりました。

時間切れなのは、実はこのクエストだけではなく、200時間まであと25分の199時間35分くらいまで来てしまいました。

これから最速でクリアしても200時間内でのソロクリアはならず。
残念。

もう一回、挑戦して、それでダメならば「モンスターハンター」のソロ挑戦は一息おいて、ご無沙汰しているフレンドさんの所にお邪魔したり、武器を作ったり、天鎧玉を掘ったりと、ちょっと別の事をしようかと思います。


category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 1   

ティガが壁に……。 

ソロで挑戦「高難度:モンスターハンター」。普通だとジンオウガ&ブラキディオスが壁になるのでしょうが、自分、今のところティガに壁を感じています。

ネコの突撃隊 → 乗り → 恐竜化解除によるダウン → 閃光玉(5発まで) →  流れ という感じで進めているのですが、成功すれば5分針(後半)で討伐できるものの、だいたいどこかで事故死します。
一匹目のため、一乙即リタイアとしてしまい、なかなか次に進む機会がありません。

問題は、足元に張り付いて攻撃している時に出してくる回転攻撃。
ちょっと手数を多く攻撃しているとガードも間に合わず、しかも怒り状態だと6割以上の体力を持っていかれることもあり、これで死んでしまうことが最も多いです。

ちゃんと手数を絞り、ダッシュ斬りから3発で離脱しながら戦えばそこまで死なないのですが、どうしても時間が気になって思わず攻撃を多くしてしまいます。

また、ティガに限らずなのですが、乙る理由として多いのが、乗りを使用として段差付近で戦い、欲張った挙句に反撃を貰ってしまう事。

どちらにしても、攻撃を欲張っているのが死因となっています。

200時間まで残り2時間半くらい。
ちょっと、200時間までの達成はムリかもなぁと思い始めてきました。
少し飽きてきたし……オンラインでフレンドの人たちと狩りたくもなってきたし……。

200時間で達成できなかったら、一旦あきらめて、オンラインなどで天鎧玉を掘るなどして気分を変えて。
その後にまた再挑戦しようと思います。

が。
まずはとにかくクリアを目指し。
頑張ろうと思います。


category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード