モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

ついでに作った麻痺片手剣装備 

狩猟笛の汎用回避装備を流用して、特殊攻撃+2が発動した片手剣装備を組んでみました。

見た目は前の記事の狩猟笛装備と同じなので、ステータスとスキル詳細のみアップします。

状態異常回避 ステ
状態異常回避 スキル詳細

狩猟笛の汎用回避装備の護石と装飾品を組み替えただけですが、わりと面白い装備になりました。
ここでは麻痺武器のクドラ・バルガンを装備していますが、スロット2以上の状態異常片手剣ならば何にでも使えます。
候補としては、毒武器の「ルナティックローズ(攻撃力406 毒310 スロット◯◯-)」、「ゲリョフランキスカ改(攻撃力350 毒580 スロット◯◯-)」あたりでしょうか。

睡眠武器の「モータルハート(攻撃力308 睡眠220)」や「ガノシアンスパイク改(攻撃力322 睡眠330)はスロットが一つだけなので、状態異常攻撃+1での運用になりそうです。

この装備。
護石と装飾品の組み合わせで、匠+回避性能+砥石仕様高速化+アルファにできるので、いじれば色々と汎用に使えそう。属性防御の弱さが気になりますが。


スポンサーサイト

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 1   

月末の狩猟笛装備 

初のG級狩猟笛と狩猟笛用汎用装備を作りました。

笛回避汎用G 1 見た目
笛回避汎用G 2 ステ
笛回避汎用G 3 スキル詳細

まずは武器。
ガララアジャラ狩猟笛のG級最終強化武器「パラミティコール」。麻痺属性の使いやすい狩猟笛です。
ソロでしかやっていなかった3Gでは、麻痺武器などほぼ使わなかったのですが、パーティプレイが容易なMH4以後ではすごくお世話になっていて、MH4Gになってからは、メインとして使っていたチャージアックスも最初は麻痺武器のハブーブから入りました。

パラミティコール RARE9  音色 攻撃力1352 麻痺280
切れ味は素で長い白、+1で長い白の先に短い紫 スロット◯--
旋律は 自分強化 攻撃力強化【大】 耐雪&耐泥 寒さ無効 熱さ無効 聴覚保護【小】

聴覚保護【小】は重ねがけをすることで【大】になります。
作成にレア素材も求められないので、初めて狩猟笛を使うという方でも気軽に担げる一本。

スキルは色々と考えたのですが、とにかく死なないことと旋律でカバーできない事から「回避性能」を選びました。
クシャナXシリーズ。
メチャクチャ便利ですね。新しい世界のKBTIT装備となりそう。武器スロを使わずに匠と回避性能+3を発動させることが出来ました。
見た目も重厚な感じに仕上がって(とても回避性能が高いようには見えないが)いい感じ。
この装備。わりと長くお世話になるのではないかと思っています。


category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

拡散弓用装備の紹介 

あれ? 笛の装備は? 
いや、拡散弓用のG級装備が出来たので紹介させてもらいます。

拡散汎用G 1 見た目
拡散汎用G 2 ステータス
拡散汎用G 3 スキル詳細

コンセプトとしては。
スキル「集中」「散弾強化」は当たり前として、クリティカル距離が近い拡散弓運用のため、あえて回避性能を強化。
そして、縦に長いモンスター相手に斜め前方から拡散弓を打ち込んだ時、尻尾付近にあたる矢がクリティカル距離を外してしまうことがあるのですが、そういう事態を無くすため、また単純に多少遠くからでもクリティカル距離を維持するため、新スキルの「射法」を付けてみました。

脚腰クシャXでスロットと回避性能、溜め短縮のポイントを稼ぎ、散弾強化+4スロット◯◯◯の護石とセルタスZガードで散弾強化を発動。
ジンオウXレジストで回避性能のポイントとスロットを確保し、剣士用のジンオウZヘルムで回避性能と溜め短縮の発動をひと押ししています。

スロットが多めの構成のため、射法は珠のみで発動。
本当はスタミナ急速回復などのスタミナ管理系スキルが欲しかったのですが、さすがに付けることが出来ませんでした。
特にスタ級は回避性能と相克してしまうため難しい。

弓はMH4の時に掘り当てた溜め3溜め4が拡散Lv4という発掘弓ですが、これは今のところ間に合わせの装備で、余裕ができたらG級の拡散弓を作成しようと思っています。
今のところ、「月穿ちセレーネ改」がありますが、強撃ビンが装備できないという欠点が……。

ともかく、おヘソも見えたことだし、拡散弓装備としてはけっこう満足しています。
次は狩猟笛用の汎用装備を作りたいのですが、どういう構成にするかはまだまだ考え中。

……にしても、この胴と頭は「カミナリ様」が見た目のコンセプトにあるのではないかと思いますが……いいのかな、おヘソ見えてて。……いや、カミナリ様”に”おヘソを見せてはいけないのであって、カミナリ様”が”おヘソを見せているのは問題ないのかな……。



モンスターハンター ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

タイトルに偽りあり!! 

人気ブログランキングに登録してみて、ふと気づいたことがあります。

もうあまり意識していなかったのですが、自分のブログのタイトルは「週末の笛吹き」
……笛吹き……。
笛吹き!

やべぇ! 最近、狩猟笛を担いでねぇ!

狩猟笛使用回数参考


それどころか、使用回数でチャージアックスに抜かれた!

うーん……実はランキングに登録して以来、閲覧カウンターがびっくりするくらい伸びていまして、その中にはもちろん初めてこのブログを見ていただいたという方も相当数いると考えられます。
当然。
「お、タイトルからして狩猟笛のブログか、なら見てやろうかい」
という閲覧者様もそれなりに居たのではないかと思うわけで。

しかし。

ブログの中身は、やれチャージアックスだ、やれ弓のリハビリだと、タイトルにあるような笛はまったく吹いていない始末。
週末どころか、月末になってもまだG級狩猟笛が一つも生産されていないという、まさに看板に偽りありの事態になっていました。

これはダメだ。
まず狩猟笛を使わねば!

ちょっと勢い余って、狩猟笛専用としてサードキャラ「ヘイムダル」を作成しようかとまで思いましたが、とりあえず現在の主力キャラである「ゲフィオン」で、狩猟笛をもっと使っていくという方向性を、自分のなかで定めました。

まずは、主戦力となるG級狩猟笛の作成。
そしてG級カリピスト装備の作成。

まずはそこから始めようかと思います。
とりあえず、最初の武器はガララアジャラの狩猟笛「パラハザードコール」のG級強化版である「バラミティコール」の作成を目指します。
攻撃力強化と聴覚保護の両方が吹ける汎用性の高い麻痺狩猟笛。
MH4でも発掘狩猟笛を使い出す前はこれを主力としていました。

他の武器を使わなくなるわけではありませんが、とりあえず週末ごとに狩猟笛の記事を書ける程度には、タイトルにブログの中身を合わせていこうかと思います。



モンスターハンター ブログランキングへ

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

カウンター16000超え! 

閲覧カウンターが16000を超えました。
本当にありがとうございます。

モンハン4G効果もあって、今まで1000回るまで大体30日以上かかっていたのが、今回はわずか16日で達成。
いろいろな人に見てもらっているということは、ブログを続けるのに非常に励みになります。

攻略情報を載せているわけでもないよくあるブログですが。
これからも何卒よろしくお願いします。


モンスターハンター ブログランキングへ


category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

友達の友達はみな友達だ。 

世界に広げよう、友達の輪ッ! ……輪!

ということで(何が?)。

フレンドのコバルトブルーさんと402SPさんと(もう一人、野良の方と)一緒に狩りに行っていました。

お二人共、自分のフレンドなのですが、なんというか友達としては別系統の人たち。
それが、自分のブログがきっかけになって一緒にゲームができたのは、普通の楽しさとは別の、嬉しさのようなものがありました。

狩猟は、G3の高難度クエストを潰していました。
自分は最近、武器防具の素材集めばかりをしていたため、クリア済みの同じクエストを何回も回すことが多く、極限化クエストは今回が初めて。

極限化ティガレックス(これは402SPさんと16分針くらい。その後は4人で5~10分針)、ガララ亜種、セルレギオス、ジンオウガ、ディアブロス。そしてラージャン。
その後には高難度のゴア・マガラ。
最後に4頭クエストの「阿鼻叫喚のカルテット」に挑戦。失敗すること無く全てクリアしました。

巷では、極限化モンスターは面倒くさい的なことが言われていますが、それは確かにそうで、あの硬さと抗竜石の効果の短さは確かに「面倒」を感じます。
しかし、極限化が解除されてBGMが戻った時の、ホッとするような燃えるような、あの感覚は今まであまり味わったことがない感じで、それはそれで非常に楽しかったです。

また、極限化と抗竜石のシステムには、「オンラインでパーティプレイをさせるためにどうしたらいいか」を、本気でカプコンは考えたんだろうなぁという感じも持ちました。

攻撃激化と硬化と抗竜石のあのシステム。
鎮静化ポイント(?)の蓄積を優先しなければならないあのシステムは、確かにパーティプレイ向きで、逆にソロだと沈静化だけで一苦労になってしまうため難易度が跳ね上がってしまい、よりオンラインでの狩りが活性化するように思いました。
またそれだけではなく、早く沈静化させるためには「攻撃的になっているモンスターに攻撃の手数を増やさなければならない」ということも、パーティで「ワイワイ楽しむ」という為には有効なシステムのように思いました。

ハンターがウィルスを克服するためには攻撃的にならなければならず、かつまた克服すると強力な力を得られるという設定を、そのままモンスターに当てはめたような極限化は、ゲーム内設定でのウィルスの使い方としても違和感がなく、色々とよく練られたゲームシステムだと思います。

ソロでクリアを目指す人には、この上なく厄介なシステムでもありますが……。

ともかく。
これでやっと極龍玉が手に入りました。
さてさて、どの武器をどう極限強化しようか、今まだ悩み中です。


category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 1   

連射弓用装備を作ってみた。 

連射弓用の汎用装備を作ってみました。

とりあえず、こんな感じ。

連射汎用G 1 見た目
連射汎用G 2 ステ
連射汎用G 3 スキル詳細

見た目もお気に入り。
スロットが非常に多い構成になりました。

クシャナXの足腰が優秀。これと貯め短縮+5(スロット◯◯◯)の護石で「集中」を発動させています。

頭と腕は「通常弾強化」を発動させるための装備。
レギオスXキャップが通常弾強化+4、アグナXガードが+2。
そしてアグナXガードの空きスロ◯◯◯に強弾珠をはめこんで通常弾強化が発動。

胴のゲリョスXは、スロット◯◯-と気力回復の+2ポイントのための防具。
頭と護石のスロット◯◯◯に、それぞれ早気珠【2】と【1】を入れて4ポイントずつ、合わせて8ポイントを稼ぎ、ゲリョスX胴の+2ポイントと合わせてスタミナ急速回復が発動。

・通常弾強化
・集中
・スタミナ急速回復

以上のスキルが発動している時点で、余っているスロットは、クシャナX脚、腰のそれぞれ3つと、ゲリョスX胴の2つで、合わせて8個。
もう一つ、珠【2】系でも珠【3】系でも、様々なスキルを選ぶことが出来ます。

候補としては。
新スキルである「射法」、そして「金剛体」「回避性能+1」「属性攻撃」「重撃」「ランナー」その他5スロスキルなどなど。
ここでは攻撃力強化【中】(武器スロが2未満だと【小】になる)を発動させていますが、何かしっくりいくスキルはないか考え中です。

回避性能は、クシャナX脚腰で合計+4ポイント付いていたのですが、それが早気珠と相克してゼロからのスタート。
スタミナ急速回復を諦めれば、胴をジンオウX(回避性能+4ポイントにスロット◯◯◯)に替えてまた別のスキル構成が出来そうですが。

またランナーは弓にとってかなり有効ですが、スタミナ急速回復と一緒につけてもオーバースペック気味になりそうなのでパス。

金剛体は、3G仕様ならば付けていたと思いますが、聴覚保護が「耳栓」になってしまっているMH4系統ではちょっと汎用性に欠けるように思い、また属性攻撃、重撃も優先度が低い気がしています。

射法には興味がありますが、まだ素材が足りずに発動させるほどの珠が作れません。

とりあえず、連射弓はこの装備で使ってみようかと思います。

弓は現在、G級探索クエストで練習中。
テツカブラ亜種やフルフルには勝てましたが、リオレウス亜種には4乙とボコボコにされた挙句に逃げられました。
……今回、レウス亜種、強いなぁ……。
ていうか、あの高高度毒爪急降下アタックのホーミング性は、卑怯じゃないだろうk……いや、愚痴はよしましょう。
負けたのは自分の腕。
弓はまだまだリハビリが必要なようです。


category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

桜剣蒼盾【雲雀】と、カイザーX倍加装備の紹介。 

先に紹介した雲雀ちゃんを紹介します。

盾斧榴弾G 2 後背

桜剣蒼盾【雲雀】(972 毒380 榴弾ビン スロット◯◯- 素で白、匠で長い紫)

MH4では本当に限られた数のチャージアックスしか無かったので、こういう新しい武器を見るのがすごく新鮮。

そして完成版のカイザーX倍加装備。

盾斧榴弾G 1 正面
盾斧榴弾G 3 ステ
盾斧榴弾G 4 スキル詳細

攻撃力強化【小】は、スロット2以上の武器で発動。
スロット1以下では消えてしまいます。残念。

今回の写真では回避性能+2を発動させていますが、これは武器スロが3あれば+3にすることが可能。
また護石に攻撃力強化+13以上(スロット使用でも可)があれば、回避性能の代わりに、武器スロ無しで攻撃力強化【超】を発動させることが可能。
それ以外でも、胴のスロット一つ(×4)と護石の組み合わせで好きなスキルを発動させることが出来ます。

ちなみに、自分はこの装備で砲術マスターを発動させてゴグマギオスに挑みました。

居合と匠のポイントが12になっており、ちょっと無駄を感じています。
なんか良い方法は無いかなぁとは思っていますが、今のところはこれで大満足してしまっています。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

桜剣蒼盾【雲雀】完成。 

チャージアックスの桜剣蒼盾【雲雀】が完成しました。

完成版のカイザーX胴倍加装備と一緒に、別記事でアップしてみます。

このチャージアックス、攻撃力はそこそこなれど、毒380に匠で長い紫、そしてスロットが二つとなかなかの優等生。
拘束力の高かったデザートローズと共に、汎用性の高さが光ります。

レア素材である火竜の天鱗はすでに入手済み。
必要となるのは、蒼火竜の重殻と霞龍の靭尾だったので、オンラインでオオナズチの尻尾を切った後、これもまたオンラインでG3「高難度:侵食の残滓」へ挑戦してきました。

残っていたのは蒼火竜の重殻のみだったのですが、途中でテザリングをしていたスマホの充電が切れるというトラブル(というか不注意)に見まわれました。

回線が切れて、自分一人になってしまったG級の地底火山。
その時にはすでにブラキディオスは討伐済みで、残るは蒼火竜リオレウス亜種のみ。
多少の手傷は負わせているはずだし、集中すればこのまま行ける!
と、一対一を挑むのですが。
レウス亜種。暴れる暴れる。
なかなか手を出すことが出来ずに、みるみる減っていく回復薬G。
狂竜ウィルスを克服することもままならず、少ない手数のなか自分なりに粘っていましたが、しかしついに力尽きて一乙(回線が生きている時に他のハンターさんが一乙していたので、クエストとしては2乙目)。

戻されたBCで応急薬Gなどを手に入れ、回復には困らなくなりましたが。
それで集中力が切れたのか、あまり合間をおかずに3乙目を、喫してしまいました。

最後は、こちらが武器をしまった状態で、レウス亜種のホーミング毒爪急降下が見えているのに、緊急回避が遅れて食らってしまうという、いかにも集中できていない攻撃のもらい方でした。

結局、クエスト失敗後に回線を直し、別の野良部屋で同じクエストをクリア。
自分以外のハンターさんが2乙をキめてしまいかなり焦りましたが、なんとか必要素材を集めきって桜剣蒼盾【雲雀】を作成することが出来ました。

しかし。
G級ランク開放したぜ! と、昨日は喜んでいたのですが。
しかしソロでは手負いのリオレウス亜種になすすべなくヤられてしまうレベルなのか……。と、すこし悲しくなる自分。

やっぱり、プレイヤースキルを磨くのは、ソロでの狩猟に限る気がします。
弓の練習も兼ねて、ひたすら探索クエストへ出てみようか、と、ちょっと考えています。


モンスターハンター4G ブログランキングへ

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

人気ブログランキング 

酔っ払った勢いで、人気ブログランキングに登録してみました。

せっかくMH4Gが始まった事だし。
その御蔭で、アクセスカウンターもブーストがかかったように毎日50近くまで行くし。
ブログの宣伝をするとなると、今しかない!?


人気ブログランキングへ

さてさてどうなることやら……。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

弓装備「増弾汎用G」 

連射弓の二強と呼ばれているらしいセルレギウスの弓と、その装備を作ってみました。

増弾汎用G 1 見た目
増弾汎用G 2 ステ
増弾汎用G 3 スキル詳細

デジカメのグリッド線表示機能を使うようになったのはいいけど、グリッド線と画面の中にある線を合わせて撮ることだけに集中してしまった結果、なんかいつも以上に写真の傾きがおかしくなるという本末転倒な結果に。

それはともかく。

いやーーー、カイザーXは本当に優秀だなぁ(おめめグルグル)

まさか、剣士のみならずガンナーでもおせわになるとわ!
ただし、見ての通りこの装備はまだ未完成。
ミカン星人。

脚が……アロイレギンス。

ガンナーの脚の胴系統倍加装備を持っていなかったため、仮装備としてアロイレギンスで間に合わせています。
完成形として、カブラX脚に換装予定。
まぁそれでも、MH4時代に使っていた弓装備より防御力が高いのですが。

それはともかく、カブラX脚の作成のために、そして弓の現在のプレイヤースキルを測るために、まだクリアしていないG1クエスト「高難度:地底洞窟の挟撃部隊」に挑戦。

そして面白いほど簡単に返り討ちにあいました。
弓の腕……相当に鈍ってる……。

仕方がないので、村クエで残っているクエストに弓で挑戦。
最終強化ではないとはいえ、さすがにG級武器。
上位のテツカブラやガララアジャラは思っていたよりもずっと早く掃討しました。
が、村上位のティガレックスには苦戦して2乙。

基本的に、今の自分の弓の腕前は、G級武器でやっと上位と戦える程度のもののようです。

言い訳をすると。
剛射弓は、スタミナ急速回復がないと辛いなぁ……。ということ。

ともかく、ちょっと弓の練習を兼ねて、G級テツカブラへの挑戦を続けようかと思っています。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

武器防具作り。 

とりあえず、G級ランクも開放されたので、武器防具を作っていくことにしました。そして、久しぶりに弓を本格的に使ってみようかとも思いました。

今のところ、作りたいのは、
チャージアックス
桜剣蒼盾【雲雀】(972 毒380 榴弾ビン スロット◯◯- 素で白、匠で長い紫)
テオ=ノーヴァ(936 爆破560 榴弾ビン スロット◯-- 素で白、匠で長い紫) 

そして各種属性盾斧。

まずは桜剣蒼盾を作るために、リオレウス、リオレイアと各亜種と戦っていました。
野良でもやりましたが、フレンドのコバルトブルーさんとも一緒に狩りに。

そして、桜剣蒼盾は最終一歩手前の【燕】まで強化。
また火属性の煌炎斧ヘルメスノヴァを作成。
まだまだ最終強化までは遠い道のりです。

また、防具でレウスXも作りました。

これで、この装備も頭がレウスX、脚がカブラXとG級装備で揃えました。

防御力は強化も含めて608。ついに600台に到達です。
見た目も、レウスXはちょっと浮いているけど、脚のカブラXはハーフパンツにブーツで、色も全体色を替えることができるという、というどんな装備にも合わせやすい感じになっており、カイザーXとも違和感なく組み合わせられています。
色んな意味で同系統倍加装備として使いやすい。

そして。
使用回数300回を超え、狩猟笛の293回を超えて全体の使用回数第2位まで躍り出たチャージアックスのメイン使用を一旦卒業して、久しぶりに弓を本格的に使ってみようかと思い立ちました。

思えば。
自分のモンハンデビューであるMHP3のファーストキャラ「ロキ」のメインが弓。
何を使おうかと迷って、スラッシュアックスに決めようかと思っていたあの頃。
BILLさんという弓の神様の動画を見てスゲェェェと思って弓を使い始め、結局そのままメイン武器として使うことになりました。

数百時間やって他の武器も使うようになりましたが(他の武器を使うようになったのは、闘技大会でガンランスを使ってアオアシラに何回も何回も3乙した経験が元になっている……その後にセカンドキャラ「フレイア」を作ってランスをメインにして進めていました)、攻略できずに困ったら弓、素材の為にクエストを回すときには弓、とりあえず弓、という感じで弓を使っていました。
思えば、MH4の片手剣も同じような使い方をしていますが……。

しかし、MHP3では800回くらいは使った弓も、MH3Gではファーストキャラ「ヴァナディー」で114回しか使わず、セカンドキャラ「ロプト」、サードキャラ「ヘイムダル」ではほぼ使いませんでした。
使わなかった理由は、まずヴァナディーがハンマーをメインに使っていたことと、もう一つ、弓の命中エフェクトが非常にショボい上にクリ距離判定がし難かったことで爽快感が消えてしまったこと。

MH4ではエフェクトが派手になって、さらにクリ距離命中時に画面が揺れるという素晴らしい効果が入るようになったものの、ガンナー自体あまり使わず。
それでも160回程度は使用していましたが、あまり本格的に弓を担いだことはありませんでした。

そんな、弓。

久しぶりにちょっと本気で使ってみようかなぁ。

などと思ってこんな装備を作ってみました。
以下、記事を分けます。


category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

狂竜ウィルス研究所の成果。そしてゴグマギオス討伐完了! 

ゴグマギオスを倒すために、研究所の依頼をこなし、滅龍炭を入手。
そしてゴグマギオスにリベンジを果たしてハンターランクを開放することが出来ました!

とりあえず、滅龍炭を得るためにクリアしなければいけないクエストはG2「大脱走はお静かに」のみになっていました。
ドスガレオスとアル/ゲネル亜種の三頭クエスト。

ソロで挑んで、ドスガレオスに一乙を食らうも、32分かけて何とかクリアできました。

ドスガレオス。
動きがほぼガノトトスと同じですが、潜行した後に動きを止めたり、這いずり突進の際の胸ビレ(翼?)に当たり判定がなかったりと、トトスよりは優しいような気もしますが、なんか苦手です。

ともかく、このクエストをクリアしたことによって出現する竜人商人への研究所依頼。ピュアクリスタルを手に入れるのに少し手こずりましたが何とかクリアし、研究所のレベルがマックスに。
無事にバリスタの弾と高密度滅龍炭を手に入れることが出来ました。

そして挑んだゴグマギオス。
今回も402SPさんと、その仲間二人に手伝ってもらい、4人での挑戦となりましたが。
実はこの日、自分の血中アルコール濃度がマックス。
直前の狩猟では、寝落ちに近い状態に陥るような体調。

そんな自分が取った手段は……。

ダシ用昆布をチュパチュパしながらの狩猟。
かなり塩っぱいダシ用昆布の味と、歯を動かすという行為でなんとか身体を覚醒させていました。

4人の中で、ランクを開放していないのは自分と402SPさんの二人。

最初に自分が挑戦させてもらいました。
装備はカイザーX倍加装備で、発動スキルは、
砲術マスター 切れ味レベル+1 居合術【力】 砥石使用高速化
武器はチャージアックスの「デザートローズ」

……ゴグマ相手に麻痺武器かよ(嘲笑 なんて言葉が聞こえてきそう……。
まだ火属性も龍属性も武器が揃っていないので、とりあえず物理が一番高い愛用のチャージアックを選択させてもらいました。

それに、対ゴグマ戦は戦闘街での戦い。
砲術マスターを活かして設備での攻撃を主体にすれば……。
などと思っていましたが。
眠気は覚めたものの、戦闘街での戦いに慣れていないため、持ち込みのバリスタを撃ち切った後は、拘束弾は外す、移動式大砲は人任せ、ゴグマの背中から落とした初代撃龍槍も当たらず、挙句の果てに巨龍砲失敗……。

20分針で、よく勝てたものです……。
完全に同行者様たちのお陰ですね。
しかもこの回、戦火の龍神玉を二つも入手。本当にありがとうございます。


二回目の対戦では、今度はバリスタの弾持ち込みが在庫切れ。
そのためにバリスタの弾の発掘ポイントを探してウロウロ。
対地拘束弾はなんとか当てていけましたが、移動式大砲は相変わらずの人任せ。
巨龍砲は外したら怖いので触らず。
そんな中で2乙。
二乙目を食らって戦闘街に戻ったら、BGMが「英雄の証」に変わっていました。

結局、その回も20分針でクリアー。

ちょっと人の力に頼りすぎたかなぁ……と、思える対ゴグマ戦でした……。

が!

勝てばよかろうなのだァァァァァ!!

これでランク開放完了!
とりあえず、しばらくは武器防具づくりに専念していきたいと思っています。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

初めての♪ ゴグマジオス!! 

先日、フレンドの402SPさんの建てた部屋で、ゴグマジオスと初めて対峙しました。

そして3乙失敗しました。

事の起こりは、自分が402SPさんの部屋にフレンド突撃をかましたこと。
チャットでG3クエストを進めるという方針を決めて、野良でのハンターさんを募集。

4人揃った時点で、G3クエストを上から順に張ってもらいました。

生涯初となるオオナズチ戦や、クシャルダオラ、テオ・テスカトルなどの古龍戦。また、狂竜化ブラキや蒼レウス。G級レギオスやラージャンとも初対戦。

オオナズチの曲がやたら和風で良かったり、ラージャンがスーパーボールのように跳ねまわっていたりする中をかいくぐり、G級ウカムルバスを倒して緊急クエストが出現。

自分が、あえて情報を入れていなかった謎の超巨大モンスター「ゴグマジオス」と初めて対戦しました。
が。
結果から書くと3乙失敗。
集まった全員が、おそらくは初対戦。
故に巨龍砲を撃てる人がおらず、皆で淡々と武器攻撃を続けて20分。
ゴグマジオスが本気を出して、飛びながら燃えるアンブラミ氏を垂れ流すところまでは行ったのですが、結局そこで終わってしまいました。

なんというか、自分が得ていた情報って、アブラギッシュな超巨大古龍で、黒い三角っぽい顔に赤く・・の目とヘの字の口があるような見た目という事くらいしかありませんでしたが。

なんというか、マガラ骨格の超巨大モンスターだったんですね。
あのへの字口の顔は、エイを裏側から見たようなものだったんだ……。

エイとゴグマ裏側
(参考……エイの裏側とゴグマの裏側)。

とりあえずリベンジを誓いましたが。
ともかくせめて巨竜砲を撃てるようになってから討伐したい。

今後の方針(?)として、まずは巨竜砲を撃てるようになるため、研究所が関わっているクエストを優先的にクリア。
そしてゴグマゴジオス攻略に使えそうなチャージアックスの作製。
と、いうような方針で下準備をして、ゴグマジオスへのリベンジを果たそうと思います。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 2   

ネルスキュラ亜種へのリベンジ。 

新しい武器を作ってネルスキュラ亜種へのリベンジを果たしました。

前回、40分針戦って3乙したネルスキュラ亜種。
使用していた武器は、麻痺属性のチャージアックス「ハブーブ」
これを強化した「デザートローズ」の作製から始めました。

足りない素材は、「角竜の重尾甲」と「堅牢な黒巻き角」。
特に角を手に入れるために、MH4Gでは初となる完全な野良パーティに参加してディアブロス亜種と連戦しました。
最初は、ギルドクエストのディアブロス亜種&ティガレックス亜種のギルドクエスト。
轢死体が増産されそうなクエストですが、4人揃うと割りと楽。ちなみにLv98から始まりました。
連戦して負けることはなかったのですが、結局、角を二本とも折ることが出来ずに、部屋は解散。
解散の際、このギルドクエストを送ってくれました。部屋主さん、ありがとうございます。

その後、野良でG2の「真夜中のディアブロス亜種」を張っている部屋を見つけては参加し、クリア。
なんとか必要素材を集めました。

そして。
満を持してネルスキュラ亜種二頭に再挑戦。
装備は前回も紹介したカイザーX倍化装備。

ただし、脚はカブラXに換装し、スキルも攻撃力強化【超】ではなく、回避性能+2に変えて生存性を高めました。

相変わらず頻繁に合流するネルスキュラ亜種。
それでも前回戦った経験を活かし、回避性能を付けたカイもあって被弾は少なめ。
結局、こやし玉は消費したものの、15分針0乙で一頭目は捕獲クリア。

2頭目はさらに短い時間で狩れ、最終的には25分針で2頭目も捕獲。
無事に依頼をこなして、ドンドルマの狂竜ウィルス研究所で抗竜石【心撃】を選択可能になりました。

それにしてもネルスキュラ亜種。
原種とは全然ちがいますね。
連続ターザン攻撃は、慣れれば何とかなりますが、しかしカメラ操作が追いつかない程のアクション性のため気が抜けませんし、潜行からの毒牙2段攻撃はかなりの初見殺し。
また、長射程毒牙を出したままウロウロしてから噛み付いてくるのも、最初のうちは対処に困りました。

どうでもいいけど。
先日、攻殻機動隊ARISEを見ていたせいか、糸を使ったターザン攻撃がどうしてもタチコマ達を思い起こさせる……。オオナズチ並みの光学迷彩を使用する「ネルスキュラ希少種」なんてのが出た日にはもう……。

ともかくリベンジ達成。
準備にはオンラインの手を狩りましたが、リベンジ自体は一人で出来ました。良かったよかった。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

初めてのG級防具。 

やっとG級の防具を作りました。カイザーX胴。

いや、一式作ったわけではないのですが。
しかしこの防具。本当に優秀。
とりあえず、画像アップします。

盾斧榴弾G 1 見た目
盾斧榴弾G 2 ステータス
盾斧榴弾G 3 スキル詳細

カイザーX倍加装備です。
護石の力もあって、武器スロ不要どころか、防具装備のスロットを二つ残しての攻撃力強化【超】が発動。

実は、MH4の時にチャージアックスのスキルには結構に悩みまして。
最初の段階では「納刀」や「回避距離アップ」などを入れたいと思っていました。
最終的には、榴弾ビン用装備として、
盾斧榴弾 1 見た目
盾斧榴弾 2 ステータス
「抜刀術【力】」を採用して、このような装備を使っていました。

しかし「納刀術」の存在はやはり魅力的で、発掘防具を利用して「居合術【力】(納刀術+抜刀減気)」を使った装備を作れないかと試行錯誤してもいました。
が、結局「匠」との競合が無理で断念。

その匠+居合術【力】が。

あっさり実現。

これがG級か……ッ!

しかも自分の場合、G級テオを一匹狩っただけで、あとは真紅蓮石集めだけで完成したという作成難度の低さ。

ちなみに、護石と装飾のほとんどは攻撃力強化のために使っているので、それを差し替えれば色々とスキルを入れ替えることも可能。
例えば、回避性能+6スロット2の護石があれば、武器スロ無しで回避性能+2が発動可能。
武器スロ3があれば回避性能+3まで行けます。
また。
武器スロが二つあれば、頭防具のスロット3とあわせて「砥石使用高速化」を発動させられるので、カイザーX胴のスロット2×胴系統倍加×3をフリーに仕様できたりもします。

さらに。
頭装備がレウスSなのは、攻撃力強化のスキルポイントがあってスロット3ということで採用しているので、攻撃力強化が要らなければ他の頭装備と換装可能。

このように、色々と弄りがいのあるスキル構成になっています。

まだ未完成ですが、頭装備をレウスXに、足装備をカブラXに換装しようかと思っています。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

ハンターランクが400になりました! 

ハンターランク400の記念カキコ。ギルドカードをアップします。

2014-10-20ギルカ01
2014-10-20ギルカ02
2014-10-20ギルカ03
2014-10-20ギルカ04
2014-10-20ギルカ05
2014-10-20ギルカ06-1
2014-10-20ギルカ06-2
2014-10-20ギルカ06-3
2014-10-20ギルカ06-4
2014-10-20ギルカ06-5
2014-10-20ギルカ06-6
2014-10-20ギルカ06-7

2014-10-20ギルカ06-8
2014-10-20ギルカ07

写真はまっすぐになるように撮っているつもりなのに、なんで斜めになるのだろう……。
とりあえず、チャージアックスの使用回数がガンランスを抜かして、全体の武器使用回数第3位にまで達しました。
チャージアックス以外には、MH4末期に練習していたハンマーや、久しぶりに弓なども使ってみたいと思っています。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ネルスキュラ亜種との死闘 

ネルスキュラ亜種2頭と死闘を繰り広げて……クエスト失敗してきました。

抗竜石の「心撃」を手に入れる条件となるクエスト、G2の「妖しき骸蜘蛛達の研究」にソロで挑んだのですが。

意外と強かったネルスキュラ亜種……。
MH4の初期にも、ネルスキュラに苦戦したのを思い出しましたが。
しかし、40分針戦っての3乙はけっこう心に来る。

このクエスト。
とにかくネル亜さん達の仲がよく。
ひたすら合流してくれました。猫のこやし玉名人を付けていたのですが、追っ払っても追っ払っても一緒に居ようとする蜘蛛たち。
チ、てめーらホモか! それとも百合か!(なぜここで雌雄のカップルという発想がないのだろう)

ともかく、一匹目を倒すのに2乙で30分針。
痛かったのは、やたらと減りの早い猛毒と、連続ターザンロープからの麻痺とのしかかり。
ターザンロープ攻撃は、地形的に狭く壁のある所で追い詰められて食らってしまうことが多かったです。
潜行からの毒牙攻撃も似たようなもので、逃げようと思ったら壁際に向かって走っていたことが何回も……。
しかも、潜行毒牙が二段攻撃になっているのにも泣かされました。

それでも一匹倒して二匹目。
回復薬はまだまだ残っていたし、罠も調合分まであるし、なんとかなるなる! と、ポジティブ思考で討伐にかかったのですが。
とにかくネルスキュラ亜種、「俺のターン!」って時間が長い長い。
特に起こっている時、ターザン攻撃が3~4回後に潜って噛んでくるとかザラ。

とにかく動きを止めようと思い、罠を仕掛けたら、ほぼ同時にマップ移動を始められてしまったり、色々と上手く行きませんでした。

結局、マップ移動で集中力が切れたのか、その直後にターザン攻撃で壁際に追い詰められて3乙目。

……ソロでリベンジを果たそうか、それともオンラインで協力を頼もうか……。ちょっと迷っています

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

MH4G進捗状況 ドンドルマクエスト編。  

続いて、ドンドルマクエストの進捗。
ネタバレが含まれるので記事を折り返します。

読んでもいいという方は「続きを読む」をクリックしてください。
-- 続きを読む --

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 4   

MH4G進捗状況 大老殿編。 

MH4Gの進捗状況を報告します。

まずは大老殿クエストの進捗状況。

クラスはG2から進んでいませんが、オンラインでフレンドの402SP様に協力してもらい、キークエストはすべて消化することが出来ました。
先日、自分と402SP様、そして402SP様の相方さんの三人でG2のキークエストを攻略。
自分はチャージアックス「ハブーブ」。
402SP様がヘビィボウガン。
そして相方さんがハンマー。
バランスのとれたメンバーで、しかも自分のチャージアックスは麻痺属性持ち。

乗りはもちろん、スタンが取れる上に麻痺もするしで、いったんモンスターが倒れると、そのまま連続で動きを止める事が多く、ダメージ効率は良かったと思います。

倒したモンスターは、ネルスキュラ亜種、ジンオウガ、ゲネル・セルタス亜種、リオレウス系、グラビモス系、ディアブロス系など。

個人的に苦労したと思うのは、黒鎧竜グラビモス亜種。

ていうか、部位破壊をするまでは弾かれまくるし、高熱ガスは噴射しまくるし、挙句の果てにはガスを噴出しながら歩きまわってこちらを狙って撃ってくる連発熱線の攻撃時に至っては近づくことさえ難しい。
正直、あれは近接のみで勝てるのか? と、思ってしまいました。

逆に、思った程ではなかったのがディアブロス系。
いや、そう言いつつ自分は黒ーディア戦で落ちていたりしますが。
それはともかく、上記のように相手の動きを止めやすい武器種が揃っている上に、潜ったら皆で音爆弾投げまくりだったので、ディアブロス達はかなりの時間殴られるだけの時間を過ごしていたはず。
ただし、怒った時の手の付けられなさは相変わらずで、走り回っている間はさすがに攻撃出来ませんでした。
それでも、3Gの時の、あの潜った後は剣士でも瀕死、ガンナーなら確実に一撃死の飛び出し攻撃などは、かつて程の迫力を感じられず、精神的には(3人ということもあるでしょうが)けっこう楽に戦えていた気がします。

その日は、自分の緊急クエストが出た頃に、リアルでの時間切れ。
G3昇格は後日持ち越しとなりました。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ドンドルマクエスト攻略中。 

とりあえず、チャージアックスでドンドルマでのクエストを攻略中です。

G級武器として、ザボアザギル亜種の麻痺チャージアックス「ハブーブ」を作成して、とりあえずソロでドンドルマの防衛準備に協力。
筆頭リーダーと師匠に言われるまま、クエストに挑んではクリアを繰り返しています。

狂竜ウィルス研究所ができ、のんびりした竜人のお姉さん助手が到着。
抗竜石が使えるようになったり。
ちょっと寄り道で武器屋のお嬢さんと加工屋の娘の共同作業であるイサナ船ハンマー制作に協力してみたり。
不気味に生息圏を拡大する千刃竜セルレギオスとの遭遇があり。
復興の邪魔をするモンスターたちもだんだんと強くなり。

そんな中、ついに破損していたドンドルマの防衛設備の復旧に成功。
巨大な対古龍用大砲も完成し、これならば何が来ても、もう何も怖くない、と思えた矢先。

偵察に出ていた筆頭ルーキーが、狂竜化ブラキディオス出現の報を持って戻ってきます。

シャガルマガラはもういないはずなのに、なぜ。
何が狂竜化ウィルスを保持し、拡散しているのか。

そんな謎を解明するため、まずはウィルスに感染したブラキディオスを倒しに行く。

とりあえず、そんなところまで進んできました。


G級制覇の方はあまり進んでおらず、まだG2に達したばかり。
G2クエストはほとんどしておらず、ただハブーブ作成のためにオンラインでザボアザギル亜種を何匹か狩った程度。
防具の方もG級のものはほとんど作っておらず、MH4で作った真打回避
この真打回避装備で進めていました(画像はMH4の時のものです)。

ただし、ハブーブはスロットが少ないため回避性能は+1で妥協。
ハブーブの場合は、素で長い白ながら、切れ味レベル+1が発動しても白が長くなるだけなので、業物を主体とした装備でも使えるかなとは思っています。
それこそ、セルレギオス装備には業物+心眼の複合スキル「剣心一体」があるようなので、それを使っての運用もしてみたいかなぁなどと思っています。

ハブーブは、まだまだ最終強化武器ではありませんが、攻撃力は高め(だと思う)で切れ味白が長く、麻痺属性。属性武器とは違って相手を選ばずG級武器の最初の一本としてはと使いやすいチャージアックスだと思います。
ザボアザギル亜種も、G1でソロクエストがあり、かつそこまで強いわけではないので、素材も集めやすいのもグッド。

とりあえず、マイペースで進めながら、進捗状況などをブログにアップしていこうかなと思っています。


それにしても、発売日前まではこのブログ、一日25くらいの閲覧数だったのですが、11日以降は40~50になっています。さすがMH4G効果。
この閲覧数を維持できるよう頑張ってい……いければいいなぁなどと思う今日このごろだったりしたりします。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 1   

MH4G初見で思ったことなど。 

MH4G初見で思ったこと、びっくりしたことなどを書いていきます。

まずはなんといってもナルガ胴の弱体化。
聞いては居ましたが、匠のポイントが+1になってしまったので、いままで使っていたナルガ胴を使用した装備のマイリストから、軒並み切れ味レベル+1が消え失せていました。

自分が非常によく使っていた
片手汎用 内容
この装備などは、同系統倍化を使っていなかったため、なんとか回避珠【2】のうちの一つを匠珠【2】に換装することで、回避性能を+2に落としながらも切れ味レベル+1をキープ。
スロット3の武器を使う場合は、開いている武器スロに回避珠【2】をはめ込むことで現在の発動スキルを維持することが出来ました。

が。
胴系統倍加を使っている場合は匠のポイントの下落幅が大きく、装備の根本を見直すことになってしまっています。

結局、主力で使う兵装が匠メインのものよりもむしろリベリオン胴を使った
真打回避
真打装備がしばらくのあいだ主戦闘装備になりそうです。
今のところ、この装備でチャージアックスも使いまわしています。

ナルガX胴がでてきたらどうなるかわかりませんが、MH4で猛威を振るったKBTIT装備はいったんお蔵入りにりそうです。

そして。
G級武器の強さ。
まだまともにG級武器を作ったわけではありませんが、加工屋さんのカタログから見えるG級武器の性能がなんか凄い。
例えばハンマー。
自分が卒業クラス発掘武器と思っている緑発光プロメテオルの性能が、攻撃力1144 爆破190 素で短い白、匠で長い白 スロット3というものなのですが。
ミラバスターの強化先であるミラデモリッシャーは、攻撃力1404 龍730 スロット3 匠で紫。

例えばスラッシュアックス。
自分が諸津業クラス発掘武器と思っているヒデゥンアックスで、攻撃力1134 毒190 素で短い白、匠で長い白 スロット2とかなのですが。
桜剣蒼斧の強化先である桜剣蒼斧【花天】は攻撃力1350 毒380 素で白、匠で長い白 スロット2
他にもテオ=キャッスルは攻撃力1458 爆破500 匠で紫 スロット1 とか。

……これくらいのスペックがないと、G級では辛いんだろうなぁ……。

書きたいことは多々あれど。
とりあえず今日はこのへんで失礼します。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

メイン武器は何にしよう? 

MH4Gのメイン武器は何にしようかな、と思っています。

とりあえず、一番の候補はチャージアックス。
始まって11時間。ここまでの狩猟でも、片手剣とチャージアックス中心でやってきました。
あと、ちょっと使ってみたいのは、MH4ラスト近くのフレンドさんとの狩りで、闘技大会クエストで使ってみた大剣。
けっこう面白かったので、ちょっと使いたい気分になっています。
ただ、いままで全く使っていなかったため、装備が全然揃っていない。

まぁ狩猟笛やガンランス、スラッシュアックスなどいままで使っていた武器も普通に使っていくとは思いますが。

とりあえず、メイン武器の最有力候補チャージアックスで思ったことなど。

1.武器の種類が増えた!
MH4の時には数えるほどしかなかった武器の種類が、かなり増えていました。
個人的に気になっているのはブラキディオスのチャージアックス。
手数が比較的多い武器なので、爆破属性は相性が良いように思います。

そういえば、ここまでチャージアックスは黒滅盾斧を使っていたのですが、MH4の時よりも爆破発生の頻度が目立って多いような気がします。
爆破属性復権くる?

2.忙しい!
新しいアクション「属性強化状態」や「超高出力属性解放切り」などで、MH4の時に比べてビンの消費量が桁違いに増えたため、とにかくビンを貯めるための剣状態での攻撃が忙しい。
とにかくひたすら攻撃。
攻撃、攻撃。
攻撃してビンを溜めてチャージして、さらにビンを溜めて斧状態にして。属性強化状態にして。
最初に溜めた分のビンを全部消費して。
超高出力属性解放斬りをして、それを空振って、溜めておいたビンを全部無駄にする。
そして最初に戻る。
なんというか、本当に忙しくなりました、この武器。

3.ガードポイント使えない
ガードポイントという能力がダメなのではなく、使い手がぜんぜん使いこなしていないという意味での「使えない」
前に比べるとガード受付時間が長くなったらしいのですが、いまのところ、偶然発動した以外ではガードポイントを使いこなしていません。
経験を積んだら、使えるようになるだろうか?

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

MH4G 初めてのプレイ日記 

世の中は三連休。

しかし自分は、土曜と祝日は休みが取れず、日曜日は休みになったのですが、その日は久しぶりに北海道へ帰ってきた友人を迎えるプチ同窓会。

じゃぁせっかく発売日にダウンロードしたMH4Gをプレイ出来なかったのか……と、いうとそんなはずはなく。
2014年10月13日20:00現在で、総プレイ時間11:13。クラスはG2になっています。

時間って、捻出しようとするとできるもんですね。
この努力を、何故わたしはモンハン以外で発揮できないのか、と。

それはともかく。
MH4G初プレイでやったこと、思ったこと、ツレヅレに書いていこうと思います。

そもそもあまり事前情報を入れずにMH4Gを始めた私。
もちろん、G級への上がり方も、昇格試験のモンスが何なのかもわからないまま、新拠点ドンドルマへと向かい、黄色いフキダシを出している人々としゃべり、筆頭チームに協力してダイミョウザザミ、ババコンガ亜種、ドスガレオス、ネルスキュラなどを狩ってドンドルマの防衛体制復興に協力。そしてついに拠点防衛の師匠をお迎えすることが出来ました。

ここでちょっとした疑問が。
あれ? もしかして今やっているドンドルマクエストは、G級への昇格とは関係なくね?

とりあえず、狂竜ウィルス研究所の助手が未到着の状態で、ドンドルマクエストをいったん切り上げ、フレンド登録でハンター鈴様のチャットルームへ飛んで、集会所へ行ってみました。
そこでフレンドの方々に、G級昇格のやり方を聞き、手伝ってもらってウカムルバスを討伐。
他にもG級に昇格していなかった人も居たので、ウカムとは連戦。3人での狩猟で、だいたい5分針で終わっていました。

そしてG級に昇格後、大老殿へと昇殿します。
そして大長老に参拝した後、そのままのメンバーでG級にクエストを片っ端から受注。
正直、どれがキークエストなのか分からなかったので、クエストリストの上から順にクリアマークをつけていきました。

そして次の日。日曜日。
午後からプチ同窓会があるので、それまではモンハン4G漬け。
最初はソロでキークエを潰していっていたのですが、とにかくドスガレオス2頭クエスト「サンドのメシよりドスガレオス」に大苦戦。
一匹を倒すのに20分針。
まぁよく合流するモンスターで、動きはガノトトスと同じような感じなのですが、そのタイプと戦うのが久しぶりという事もあって、結局2乙40分針でなんとかかんとかクリア。
これがG級か。

その後、「これが本当のダイミョウ行列?」でG級ダイミョウザザミ一匹を、今度は10分針で倒して「あれ、さっきは苦戦したけど、これは2頭だったから? 意外とG級余裕?」みたいな気持ちになって、「ダイミョウザザミ亜種を狩れ」に挑戦。

このクエストでMH4G初の3乙を経験しました。
その後も数回挑戦するも、だいたい15分針あたりで3乙。
特に最後の時には、弱らせて脚を引きずらせて、罠にかけておきながら麻酔玉を持ってきておらず、火力で押し切ろうとしたら逆に反撃にあってまさかの3乙目を喫するというイヤな終わり方。

結局、これで心が折れてソロを断念。
昨晩とは違うフレンドさん。この記事の時にフレンド登録してもらったヘビィボウガンハンターさんがオンに参加可能となっていたので、そこに飛んでキークエ巡りをしました。

途中で、ハンター鈴様のチャットルームに誘っていただいたMさん(仮名)の御参加も頂き、順調にキークエストを消化。
ちなみに、さっき苦戦したと書いたドスガレオスも、10分針くらいでクリア出来ました。
そして最後のキークエスト「大地と魅惑とハンマーと」をクリアした時点で、その場に居る全員に緊急クエスト「千刃竜セルレギオス」が出現。

その時いた3人の3連戦で、全員がG2にクラスアップしました。

どうでもいいですが。
自分は2番目に受注させてもらったのですが、この狩猟中にプチ同窓会に参加する友人から入電。
さすがに自分が終わってはいサヨウナラとは絶対に言えないので、最近はじめたLINEで「15分位したらこっちから連絡するから!」と返して狩猟続行という、そんなアクシデントがあったりしました。

とにもかくにも、そんな滑り出しのMH4G生活。
とりあえずしばらくは武器作りに専念して、その後クエストのクリアマークを埋めていこうかと思っています。

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター15000超え! 

ついにカウンターが15000を超えました。

2012年10月から初めてちょうど2年。
一周年時には、カウンターは5000でした。
モンハン4効果もあり、閲覧数は加速して、次の一年では年間10000閲覧数をいただくことが出来ました。

カウンターが進むと、見てもらっているという実感がわき、それはブログ更新の意欲になります。
こんなブログですが、今後ともよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

MH4Gダウンロード開始! 

2014年10月11日。午前7時ジャスト。

ソフトのダウンロードが始まりました。
とりあえず自分はもう仕事に行かなければ行けない時間になってきたので、ダウンロードが終わるまで見届けることは出来ませんが、帰ってきたらMH4Gに浸ろうと思います。

とりあえずダウンロード玉(?)は4つづつ、順調に落ちてきています。
4の時はもっと状況が悪くて、1個とか2個とかばかりだったような気がしますから、思っていたほど回線が混んでいるわけではないみたい。
とはいえ、開始二十分で、アイコンの底の方に10%溜まったくらいかな。
時間は結構かかるみたいです。

では。
改めて、モンスターハンター4Gでもよろしくお願いします!

category: MH4Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

MH4最後の出撃 

さて、これでMH4の決算報告となる記事を書き終えました。

本当は、発掘武器の紹介などもしたかったけれど、時間もなくなってきたし、またMH4Gに引き継がれるようなので、発掘武器の紹介などはその時にでもさせてもらおうかと思います。

さて。
それでは、おそらく最後になるであるMH4での狩猟を楽しんでこようかと思います。

今までMH4で遊んでいた方々には感謝を。
MH4Gで遊んで下さる方々にはお願いを。

本当にありがとうございました。
そして。
これからもよろしくお願いします。

でわ!
また!

category: MH雑談

TB: 0    CM: 2   

MH4総決算 ローゲ君の記録 

さて。
ここまではゲフィオンでのMH4を振り返って来ていましたが、自分にはもう一人のキャラ「ローゲ」君がいます。
何回も書きましたが、自分のMH4ファーストキャラはこのローゲ君。
しかし、ソロ専用にするつもりで作ってしまった挙句、MH4の最大の特長をオンラインプレイと感じてしまった自分。
結局、オンラインプレイ用として作ったセカンドキャラ「ゲフィオン」ばかりプレイして、ローゲ君を振り返ること無くMH4Gの発売を迎えてしまいました。

そんな不遇のキャラ、ローゲ君。
そのギルドカードをUPして、自分の中でのMH4決算発表を終えようと思います。

ローゲ 0 見た目
ローゲ 0 データ
ローゲ 1 見た目
ローゲ 1 
ローゲ 2 武器使用頻度
ローゲ 3 狩猟生活日記
ローゲ 4 オトモアイルーの記録
ローゲ 5 大勲章
ローゲ 5 勲章キャラバン
ローゲ 5 勲章コレクション
ローゲ 5 勲章ハンティング
ローゲ 6 勲章ハンティング

ローゲ 5 勲章サポート
ローゲ 6 モンスター狩猟日記1
ローゲ 7 モンスター狩猟日記2
ローゲ 6 モンスター狩猟記録3
ローゲ 7 闘技大会記録

初々しい……なんというか、初々しいギルカだ……。

……いや、ホントごめんよローゲ君。
4Gでは、ちゃんとロードする……いや、実はサードキャラに狩猟笛専用のおじさんキャラ「ヘイムダル」氏を作ろうかと思ってもいるんだ。
どうなるかわからないけど、ほんとゴメン。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

MH4総決算 ギルドカードの紹介 その7 闘技大会記録 

ギルドカードの紹介もこれで最後。

闘技大会記録になります。
結局、Sランク制覇が出来なかった、MH4最大の心残りでもあるページになります。
ソロで挑戦したものはなく、ほぼ全てが「妹の旦那さん」との共同作業。
余談ですが、旦那さん。
それまでずっとガンスで、ギルドカードが「汚れる」のを嫌がってそれ以外の武器をまったく使わなかったのですが、この闘技大会以後はガンス一筋を卒業。ヘビィボウガンの修行に入っていました。

とりあえず。
結果のアップをします。
ギルドカード 7 闘技大会記録 クック
ギルドカード 7 闘技大会記録 ケチャ
ギルドカード 7 闘技大会記録 ザボア
ギルドカード 7 闘技大会記録 セルタス
ギルドカード 7 闘技大会記録 ティガ亜
ギルドカード 7 闘技大会記録 イビルジョー
ギルドカード 7 闘技大会記録 ジンオウガ亜種
ギルドカード 7 闘技大会記録 リオス夫妻
ギルドカード 7 闘技大会記録 鎧竜

闘技場クエストで苦戦したのは、とにかくティガレックス亜種戦。
そしてA止まりだったジンオウガ亜種とリオス亜種夫妻戦。

逆に、苦戦しそうかと思っていたけど、割とあっさり行ったのがイビルジョーとグラビモスコンビ。

それ以外はあまり印象に残っていません。

とにかく、何とか成功したとはいえ、ティガレックス亜種には手を焼きました。
それまで何回挑戦してもSランクに届かず、しかしある時、突然やたらいいタイムが出ていきなり卒業。
なんというか、勝って唖然とした思い出があります。

ジンオウガ亜種は、とにかくタフというか、乗りやスタンを成功させてかなりボコった感じになっても、ぜんぜん終了してくれないというイメージがあります。
何かのブレイクスルーが起こらない限り、Sランククリア出来ないというイメージがありました。

逆に、何回かやっていたらそのうちSランクが出そうな感じがしたのがリオス亜種夫妻。
しかし相方の「妹の旦那さん」の仕事が忙しくなり、あまり会えなくなって、しかも最近ちょっと遠くに転勤してしまいました。
闘技場クエストは、なんだか野良やオンラインプレイでやる気があまり出ず、かと言ってソロでSランクを取るだけの技量もなく。

結局、Sランク制覇を出来ずに、先にも書きましたがMH4最大の心残りとなってしまいました。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

MH4総決算 ギルドカードの紹介 その6 モンスター狩猟記録3 

ギルドカード 6 モンスター狩猟記録 5

イャンクックと同じく、フルフルの人気が理解できません。
いやいやいや、フルフルが可愛いって、何かの冗談か? どう考えても、丸い分、ギギネブラより気持ち悪いだろ。

ババコンガ系は、あまり戦いませんでしたが、モーションの凝り方というか、カプコンの作り込みの面白さが非常に良かったと思います。
というか、MH4ならばネルスキュラ、ガララアジャラ、ケチャワチャ、アル・ゲネルセルタス、ザボアザギル、テツカブラ、そしてMHP2ベースだとゲリョスやこのババコンガ、トライベースならばクルペッコやハプルボッカなど、カプコンって中堅どころのモンスターの個性の作り方にものすごく力を注いでいるような気がします。
まぁ確かに、ステータス的に強くし過ぎることが出来ないので、別の方面で個性を出さなければ行けないのだろうけど。
これはあれか。
歌に歌われるナンバーワンではなくオンリーワンを目指したモンス達なのか。

ラージャンとも結構戦っていました。
前半ではほとんど戦っていなかったのですが、やはりMH4後半戦での右ラークエストは大きい。
ただ、未だに苦手意識のあるモンスターです。
ファーストキャラの「ローゲ」君では、このラージャンのチャージアックスを作ることを密かな目標としていたのですが、まったくそこまで行くことが出来ませんでした。

クシャとテオは、けっこう戦ったのですが、なぜかあまり印象に残っていない。
ギルクエでは主にシャガルやラージャンとばかりやっていたので、そのせいだろうか?
クシャルダオラは、とにかくあのゾディアス一式を作るときに戦ったイメージが強いです。
よく狩猟笛のTHEレクイエムを担いで野良パーティに行きました。
あの笛、耳栓や風圧無効の旋律があって、対クシャ戦には非常に使いやすかった思い出があります。
ただし、毒属性武器の仲間が必須でしたが。

テオは、むしろゲームよりも、モンハンフェスタ2014で見たでかいフィギュアみたいなヤツの方が印象に残っていたりします。

そしてキリン亜種。
よく見たら、200匹行っていなかった。
とにかく一時期、こいつの睡眠爆破にハマっていました。
来る日も来る日も睡眠爆破。
むしろ狩猟そのものよりも、目的の武器種のキリン亜種ギルクエを探すほうが時間がかかっていた気がします。
だいたい、2分前後で回せるんですよね、4人での睡眠爆破だと。
しかし、ある日突然、その作業感に耐えられなくなっていきなりやめてしまいました。
今思うと、あれは「狩猟」というよりも「処理」……だったような気がします。
ただ、最初に睡眠爆破狩猟を行った時の野良パーティが素晴らしく、あの快感を求めていたのかもしれません。
ともかく、キリン亜種を睡眠爆破で大量に狩って手に入れた発掘武器などは、決して軽いものではありませんでした。
今でも、ギルクエを効率よく回すのであれば、難易度や成功率なども含めて、キリン亜種睡眠爆破に敵うものはないと思っています。

ギルドカード 6 モンスター狩猟記録 6

アカムトルムは、MHP3で初めてソロで倒した大物で、あの時は剥ぎ取りをマジで忘れかけたくらい興奮した覚えがあります。以来、アカムトルムはなんか大好きな敵キャラ。
逆に、4Gで復活が確定したウカムは、けっこう苦手なイメージがあります。
まぁ今となっては戦うのが楽しみですが。

ダラ・アマデュラがダレン・モーランよりも狩猟数が少ないのがちょっと意外でした。
もうちょっと戦っていたイメージがあります。
逆にダレンは、最後に戦ったのがかなり前だったせいか、あまり意識に残っていませんでした。
ジエンに比べて、角が一本で折りやすく、体力が低いので余裕がある、という劣化版のイメージを持ってしまっています。
発売前の「ドリルジエン」という仮称や、MH4発売直前のニンテンドーダイレクトでその名前がフライング発表(もしかしたらカプコンの手のひらの上だったのかもしれないけど)されてしまったこと、そしてまさかのオープニングでの裸ダレンなど、狩猟以外での印象が多いモンスターです。

ダラ様は、とにかくハンターランク開放時に苦戦して、ソロでの討伐を諦めようか迷った時に「妹の旦那さん」が偶然フレンドとして参加してくれて、なんとか100時間位内でのHR開放に成功したという思い出が印象深いです。

そしてミラボレアス。
4Gでは当然、ミラルーツこと白いミラボレアスが復活すると思います。
それが4Gでのラスボスとなるのか。それとも更に別の裏ボスが隠れているのか。
その辺りはかなりワクワクしています。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード