モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

カウンター6000超え! 

ちょっと忙しくて、ブログの更新が出来ていませんが、閲覧カウンターが6000を超えました。

本当にありがとうございます。

近いうちに動画をアップしようと思っています。
今後共よろしくお願いします。
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ハンターランクが100になりました。 

先日のゲフィオンの部屋でもお世話になったジルジャンさんが立てていた部屋に、フレンド登録で飛んでいました。

そこでの狩猟中についにハンターランクが100になりました。

もともとは、ジルジャンさんがフレンドの方たちのハンターランク開放のために立てていた部屋だったとのことでしたが、自分もご一緒させてもらい、ダラ・アマデュラ二連戦。

そしてその後は順番にクエストを回していきました。自分は、ヘビィボウガンの練習を兼ねて、基本的に未クリア状態のクエストを選ばせてもらっていました。

ヘビィボウガンって、ソロで使うと難しいけれど、パーティだとかなり難易度が下がりますね。
そして火力は変わらずという。最近流行っているのも頷けます。

この日はセンサー様が休みを取っていたようで、ジンオウガからは逆鱗が2枚出るわ、獄狼竜は昏玉を出すわ、リオレウス希少種では落し物で紅玉を拾うわ。

あれよあれよという間にレア素材が揃う揃う。
何はともあれ、ジルジャンさん達、ありがとうございました。

さて、ハンターランク100になった直後のギルドカードを公開させてもらいます。

IMGP0656.jpg

IMGP0657.jpg

IMGP0658.jpg

IMGP0659-2.jpg

IMGP0660.jpg

IMGP0662.jpg

IMGP0663.jpg

IMGP0664.jpg

IMGP0665.jpg

IMGP0666.jpg

IMGP0667.jpg

IMGP0668.jpg

IMGP0669.jpg

まだミラボレアスとキリン亜種との対戦経験がありません。
キリン亜種は、他の人からもらったクエストなどもあるのですが、なんだかまだやる気がでない。
自分で出したかったという思いもあります。かなりの量のリオレウス亜種を探索クエストで狩ったんだけど、出るのはイャンガルルガばかり……。

とりあえず、野良で人を募って、千古不易を謳う王に挑戦して交換素材を増やそうかと思っています。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 1   

ヘビィボウガン用装備2種類。 

ヘビィボウガン用装備も作ってみました。

IMGP0652.jpg

IMGP0653.jpg

IMGP0654.jpg

IMGP0655.jpg

上は反動を付けることを前提に組み立てた装備。
結局、天城一式に落ち着いてしまいました。
グラン=ダオラはリミット解除済み。貫通系が全種類硬直なしで撃てるので非常に使いやすいです。

下は耳栓をつけようとして作ってみた装備。
回避性能を消して高級耳栓にすることも可能。
狩猟笛でもガララアジャラのものを愛用していますが、ヘビィでもガララ武器は使いやすいですね。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

防具を色々マイナーチェンジ 

常用している防具の構成を少し変えてみました。

IMGP0670.jpg

IMGP0671.jpg

こんな感じだった片手剣の汎用装備。
自分のプレイヤースキルだと、回避+1が気休め程度にしかならないので、見切りをやめてより回避にポイントを振り分けることに。

結果。

IMGP0645.jpg

IMGP0646.jpg

IMGP0647.jpg

こんな感じに。

見た目は以前のほうが好きだったのですが……。

試し切りにギルクエシャガル(Lv78)のソロ狩りに行ってみると、下側のW回避装備で1乙30分針で狩猟できました。

確かに性能+3の効果は大きく、+1、あるいは性能なしの装備であれば食らってただろうな、という局面でも回避できていたという事が何回もありました。

また、この間紹介した操虫昆用刀匠ミニスカ装備を、片手剣用にスキルを変更してみました。
IMGP0650.jpg

IMGP0651.jpg

護石は高速設置+4 観察眼+10 スロット無し。

今のところ、武器スロが二つなければ高速設置を付けられません。
武器の属性によって〇〇属性強化(今のところ護石のみで発動させられるのは、龍、火、雷、水。全て+1)を付けてもいいかなと思っています。

そして麻痺片手剣などで使う特殊攻撃用装備も少し構成を変えました。
IMGP0648.jpg

IMGP0649.jpg

状態異常攻撃攻撃を+2から+1へ落とす変わりに、回避性能を+2にアップ。
どれだけ状態異常が減るのかわかりませんが、集会所用としてはまず自分が落ちないことを前提にするべきかなぁと考えての変更になりました。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

団長の挑戦状をクリア。 

村クエラスト「団長からの挑戦状」をクリアしました。

前にやった時、ジンオウガ&ラージャン部分を2乙でクリアした後、シャガルで負けてしまうという結果に終わって以来、億劫になって放っておいてしまっていた団長からの挑戦状。

今回、やっとやる気を振り絞り、久しぶりに手を付けてみました。

武器は氷属性のクシャルダオラ片手剣「エストレモ=ダオラ」。
発動スキルは、切れ味レベル+1、回避性能+1、砥石使用高速化、見切り+1。
片手剣の汎用装備として使っている装備でした。
煙玉は使い慣れていないので使用しませんでしたが、モドリ玉は調合分まで持ち込んでの挑戦です。

とにかく前半部分、運が良かったです。
閃光玉一発でジンオウガとラージャンの二頭とも目を回すことが3~4回。
あと一発くらえば死ぬという場面でラージャンが見逃してくれたり、食らったと思ったジンオウガの攻撃がなぜか当たらなかったり。

お陰で5分針時点、ジンオウガが倒れるまで落ち無し。

これは行けるか。
などと思ったら、人間油断が出るようで。

1on1になったラージャンに、なんと連続で落とされ、15分針時点、ラージャンが倒れた時点で2乙。

余裕の無くなった状態で、前回倒されてしまったシャガルマガラと対峙しました。

とはいえ、前にやった時とは対シャガルマガラ戦の経験値がちょっと違います。
というのも、つい先日、妹の旦那さんのギルクエシャガルと連戦しており、シャガルの動きには慣れていたのです。

その御蔭か、大体の場面でシャガルの動きを読むことが出来、被弾少なく30分針時点まで行きました。
基本的には、三回切ったら離れることを繰り返し、ちょっとでもヤバいと思ったらモドリ玉で逃げ出すチキン戦法でしたが、それでもここまで来たらそろそろ倒れるだろう、と思った時。

シャガルの前足(?)叩きつけを食らってしまい大ダメージ。
逃げよと思ってモドリ玉を使用した次の瞬間に、画面外からの3ウェイ衝撃波を喰らってしまい戻れず。
しかもほぼ体力ゼロ。

焦りました。
焦りまくりました。

しかしその直後、シャガルが狙いを筆頭オトモの「フレイア」に変更。

ランダムに発生する光柱を避けながらモドリ玉を調合し、なんとかベースキャンプまで退避。
このクエストで最大のピンチを脱し、リアルで深い深い溜息をつきました。

その後、ダッシュ斬りを当ててはコロリン、ダッシュ斬りを当ててはコロリンと、さらなるチキン戦法でシャガルを翻弄(?)。

そして運命の35分針半ば。

ついにクエストクリアの文字が……。

久しぶりに、疲れるクエストでした。
ギルドクエストだと、勝つにしても負けるにしても5~10分針(複数人での挑戦が前提)なので、強さ的には今回のシャガル以上のものがあるのですが、負けたとしても、時間的精神的に連戦が容易。

しかし今回のように、35分針も粘られて負けるとその精神的ダメージは計り知れません。
負けてたら、また数日以上の間、このクエストを放置していたでしょう。
ホント、勝ててよかった。

そして勝った後、村々に現れる黄色い吹出しの数々。

ともかくこれで防具に虹色を付けることが可能になりました。
自分の好みとして、あまり目立たない部分を虹色にしようと思います。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

極天より来る白きミニスカ 

巷で話題のゾディアス装備を作ってヘビィボウガンにでも挑戦しようかと思い、オンラインでマガジンクシャに挑戦。

幾つか部屋を変えて連戦しました。武器は基本的にTheレクイエム。
自身の龍属性攻撃もさることながら、属性攻撃強化と聴覚保護【小】&風圧無効の旋律で大活躍(??)してきました。

大体どの部屋に行っても毒武器を持っている人が一人はいるので、毒状態になっていて風圧完全無効が効いている間は龍風圧はおろか微風も起こせないクシャルダオラ。

そんなこんなでクシャルダオラに苦戦することはあまりなかったのですが、とにかくギルドチケットGが出ない。全く出ない。結局、6~7頭倒して一枚も出ませんでした。

また、潔癖はともかく弾強化系と反動のスキルの両立がちょっと難しそうで、今回はヘビィ用装備を作ることを断念。

が。
なんとなしにモヤモヤした感じが残り、すでに深夜になっているのに、改めて別の装備を作ろうと思い立ちました。

現在、片手剣と装備をほぼ共用している操虫昆。
これの専用装備を作ろうかと。

そう思った時にはもう12時近く。

基本的に操虫昆は必須スキルと言えるものが無く、あえて相性の良いスキルを上げるならば耳栓系ですが、今回は火力スキルと「乗り名人」を載せることにしました。

火力スキルと言っても、底力や火事場、闘魂、フルチャージといった特定の条件で発動するスキルを使いこなすのは自分には難しく、狙うのは攻撃力アップや達人といった常時発動系の火力スキル。

その中でも最強といえば、やはり匠と攻撃力アップ【大】の複合スキルである「刀匠」。

そして刀匠といえば、自分の中ではウカムル装備がまず頭に浮かびました。

皆さんは知っているでしょうか?
「ウカム腰」という存在を。
あの見た目が崩壊しているウカムル装備を、穢れ無き眼でじっと見ていると、見えてくる、その腰装備。
白いミニスカ。

また、ウカムル装備の刀匠のポイントのみを見てみると。

頭 +1
胴 +2
腕 +3
腰 +3
脚 +1

胴が脚より1ポイント上という点、そして頭のポイントが1であるという点に注目しましょう。
これはつまり、脚を胴系統倍加にすると、全体で刀匠のポイントが1増加し、その浮いたポイントで頭防具がフリーになるということ。

ウカムル一式はスロットが少ないのが欠点なのですが、それでも胴に一つスロットがついています。
頭にスロット3の防具を採用すると、胴は倍化が前提なので実質スロット2つ分。
武器スロ、お守りに頼ること無く、防具だけで刀匠と5スロスキルが一つ付けられる計算になります。

ウカム腰 + 脚での胴系統倍加 = 白いミニスカとセイラーソックス。

はいキタコレ。
絶対領域防具への道。
旅団の看板娘に負けない、脚に自信のあるゲフィオンさん。

そんなわけで、深夜にアカムトルム連戦して、作ってみました、刀匠ミニスカ絶対領域装備。

画像ドン!

IMGP0637.jpg

いいねいいね~。
次、スキルも見せてよ。

IMGP0634.jpg

うーん、見切りにマイナスが付いているけど、なんとか1で抑えてるねー。

じゃぁ今度は全身ドン!

IMGP0638.jpg

………………

いや、ほらさ。
分かってたけど、ウカム胴はさ。
ほら。こう。
なんというか。

……こうじゃないだろう(怒)。

絶対領域装備ってのはさ。
誰にも邪魔されず、自由でなんというか救われていなきゃぁダメなんだ。
まったくガーンだな。
見た目で心を挫かれた。
(あえてこの見た目でオンラインに行くという誘惑もあるのだけど)

……いやでも待て。
ほとんど刀匠にしか注目していないこの装備。
胴で、刀匠が+2以上で、スロットが一つ付いていて、見た目が良い装備……なんてのも、あるんじゃぁないか?

というわけで探してみると。

リベリオンメイル。
そういうのもあるのか。

スロット1 刀匠+3 怒り+1 攻撃-4

それで胴を置き換えて見ると。

IMGP0639.jpg

マズくない!けっしてマズくないぞ!!

しかもスキルから見切りのマイナスが消えている。
IMGP0641.jpg

また、刀匠のポイントがウカム胴よりも高いために、胴系統倍加で2もオーバーしている。
IMGP0642.jpg
ちょっと無駄だ。


ともかくあとは頭だ。
リオソウルが浮いている。
こういう装備にはこう、メットではなく、もっと髪飾り的なものがいい。
なにか、なにかないか。

と、探してみると。

「スロット2 刀匠+1 砲術+3 ガード強化+2 納刀+1 気まぐれ-2」
という性能の、EXインゴットヘルムがあるよう。

コレをつけると腕を外しても刀匠が維持できるため、腕装備がフリーになるのですが。
制作に必要なチケットがまだ入手不能の様子。
……「解析」で得られた情報だと思うので、ちょっと心に引っかかる部分もあるのですが。

この装備を作れるようになるまで、この刀匠乗り名人は上記の装備で使っていこうかと思います。

この結論に達したのは、すでに深夜どころか、午前3時を回った時刻でした。
次の日は普通に仕事……。

長々と書いてしまいましたが、何を言いたかったかというと。
太ももサイコー
良い子は、こういう大人になってはいけませんよ、という教訓なのでした。

ちなみに、この装備の完成予想図。

IMGP0640.jpg

写真は、通常のインゴットヘルムとなっております。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

200時間突破!! 

とうとうプレイ時間が200時間を超えました。

そんなわけで、記念のギルカ公開。
IMGP0616.jpg

IMGP0617.jpg

IMGP0618.jpg

IMGP0619-2.jpg

IMGP0620.jpg

IMGP0621.jpg

IMGP0622.jpg

IMGP0623.jpg

IMGP0624.jpg

IMGP0625.jpg

IMGP0626.jpg

IMGP0627.jpg

IMGP0628.jpg

改造が怖いのでオンラインではギルクエをほぼしないのですが、それでもフレンドの中には信頼出来ると思える人も居り、履歴に残っているゴア・マガラのギルクエはそんなフレンドの一人のものです。

なぜかやたらプレイヤースキルの高い人達が集まり、一回につき5分から8分で回しまくっていたのですが、最後の最後に失敗してしまいました。

高レベルギルクエにはさすがにちょっと怖さを感じているので、最初は死なないように片手剣で挑んでいたのですが、途中から慣れてきて狩猟笛に移行してみました。

それで割りとちゃんと動けたので、今日のプレイは狩猟笛の自信をつけるのに役立ちました。
周りからどう思われていたかはともかく……ですが。

ライトボウガンや弓を、高レベルギルクエに挑戦するに足るプレイヤースキルに持って行きたいけど、今はまだちょっと自信がない……。

ここ数日は、弓の作成、ハンターランク上げ、キリン亜種ギルクエを出すためのを意識して動いていました。
そろそろ自分のギルクエのレベルもあげたいなぁと思っています。せっかく自前で手に入れたシャガル(ハンマー/狩猟笛)を死蔵しちゃっているし。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

裸ジョー。 

弓の操作方法を調べたら、なんか旧来のX溜めR標準に戻せるみたい……。
しかし、それだと今度は「新しい操作体系から逃げた」と、自分を馬鹿にする自分の心の声が聞こえてきてなんかシャク。

それはともかく。

妹の旦那さんに誘われて、裸ジョー(×2)という鬼畜クエストに挑戦してきました。

クエストを貼った後、二人で集会所で裸待機していたのですが、来る人来る人みなクエストボードの前まで来ては離脱していくという。

仕方がないので二人でいったら、一回目は三乙で失敗。
2回目は、割とうまく行っていたのだけど回線が落ちて旦那さん離脱。仕方がないので自分もリタイアという結果。


そして三回目。
防御力が同じであれば、近接よりもボウガンが有利と思った自分がライトボウガン。
旦那さんがガンランス(旦那さんは「ギルドカードが汚れる」のを嫌ってガンランス一筋。他の武器使用回数はゼロ。それでハンターランクが100を超えている人)。

さらに二人、なんとクエストを見てから裸になって来てくれたハンターさんが二人。両方とも大剣。

とにかく最初は4人で煙玉を投げまくり、分断したまま一匹目をボコ。自分は貫通Lv3をひたすら打ち続けていました。
すると、もう一匹に気づかれる前に倒すことに成功。

残った一匹も、なんだかんだで裸ではキツイけれど、今度は閃光玉を多用して攻めて、結局、一乙15分針で、見事クリアとなりました。

これで新しい素材を交換できるようになったのだけど……。
……竜人商人……あの人は正真正銘の鬼だと思いました。

と、ここまでは非常に興奮し、いい感じの狩猟だったのですが。

このクエストが終わった後、この二人の大剣ハンターのうちの一人が「怒りジョーありませんか?」と発言。
怒りジョーは100%改造確定のギルドクエスト。
一気に気持ちが冷めたところで、もう一人の体験ハンターが「持ってる」
「行きませんか」

いや、行かないよ。

チャットで言っても場が荒れるだけで意味が無い(改造クエストに嫌悪感を持っていない人のようだった)と思ったので、携帯電話のメールで旦那さんに改造クエストであることを伝え自分は3DSをそっと閉じました。

改造クエストをやるのはその人の勝手だし、自分みたいに月に100時間以上やってしまうような人間ばかりではなく、手っ取り早くゲームを消化してしまいたいというのも分からないわけではないのですが。
しかし、データに悪影響をおよぼす可能性のあるものをオンラインで見ず知らずの人に進めるのは、明らかにマナー違反を超えた害悪だと思います。

ホント、何とかならないものですかね。

せっかくの高揚した気分が悪くなってしまった今日のラストでした。

……あ、このあと、自分で手に入れた天然物のシャガルマガラクエストをソロでやってみました。
レベルは58。
武器は片手剣のゴールドマロウ。

1乙25分針で討伐完了。
……長い……と、思ったけど、よく考えたら3Gの時には15~25分針での討伐が当たり前だった。
集会所の4人討伐の10分針以下の狩猟に慣れてしまった自分が居る……と、思いました。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

弓装備とか、裸ジョーとか。そして改造クエストとか。 

連射弓装備を作りました。

IMGP0614.jpg

IMGP0615.jpg

護石は通常弾+4 笛+1 スロット3。
武器のティガ弓「カーサスアロー」までは、すでに素材が揃っており金策だけで作成できました。
最終強化にはあのティガレックス希少種の素材……それもレアの「脈動する爆心」が必要。
またオンラインプレイで狩っていました。さすがに練習不足の弓では自信がなかったので、片手剣で。
しかし、爆心がでない。
6回戦って4匹狩猟2回敗戦という内容でしたが、爆心でない。

今日のところは諦めてしまいました。

練習を兼ねて、今度はゲネル・セルタス戦に。これは水属性連射弓「完全変態ガーンデヴァ」を作るためでもあります。

さすがにかつてのメイン武器だけあって、さほど困ること無く弓でのオンラインデビューを果たしました。

が。

弓の操作系、変わりすぎですね。
今までのシリーズではXで溜めてRで射線表示だったのですが、今回はRで溜めてXで射線表示。
それも、以前のバージョンではR長押しで射線だったのが、今回はXを押すと離した後も射線でっぱなし。もう一度Xを押すことで元の状態に戻す、という操作方法。

RとXの入れ違いはまだなんとかなるのですが、この射線の表示が自分にとっては大変やりづらく感じられました。
せめてX長押しで、押している間のみ射線表示だったらすぐに対応できるのですが。
射線を出したまま溜め始めると、カメラがいきなり自分の目線に移動するので、射線を消し忘れると致命的なカメラミスをしてしまうことになってしまうのです。

でも、今回のヒットエフェクトは非常にいい感じ。
特にクリティカル距離であたった時の画面の揺れはもはや快感を感じるほどであります。

とりあえず、各種属性の連射弓、貫通弓、そして拡散弓として爆裂の征矢を、それぞれの装備と共に、ゆっくりと作成していきたいなと思っています。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

「第一回」 ゲフィオンの部屋 結果報告 

予告したとおり、ブログを見ていただいている方向けに部屋を立て、狩猟をしてきました!

初めての経験だったので人が集まってくれるかどうか不安でしたが、コメントで参加表明をいただいていたジルジャン様、Biscuit様の御参加を頂きました。

…………

いやホント、やってよかった!

オンラインのもつ魅力を、心の底から堪能しました。
お二人とも本当にありがとうございました。
また、3時間近くの長丁場、本当にお疲れ様でした。

今回行ったクエストは、
高難度「空を覆う不穏な翼」
高難度「黄金の月輪」
「貪食の恐王」
高難度「リオレウス亜種の捕獲」
「破天大轟」
高難度「豪勇の証明」
高難度「粉骨砕竜、捕獲用意!」
「藍より蒼き、空の王者」
高難度「獄狼竜の捕獲依頼」
高難度「横行覇道アカムトルム」

合計10クエストでした。

録画したものをちょっとチェックしてみると……。
biscuit様に呼びかけるとき、綴りを間違ってしまっている自分……。
そしてクーラードリンクを忘れて、Biscuit様が身を呈して譲ってくれたのに、お礼を返していない自分……。

また、最後に来ていただいていた飴玉様。
ほとんど無視する形になってしまい大変申し訳ありません。
あの時点で、部屋を閉める段階になっていたのです……。
かなり失礼な対応だったと思います。

本当にすみませんでした!

今回撮った動画は、時間はかかると思いますが、かならずアップできる形に持っていきます。

今日は本当にありがとうございました。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 4   

ゲフィオンの部屋 

前々からちょっとやってみたかったことを、実行してみようかと思います。

ブログを見てくださっている方向けに、部屋を立ててみたいと思います。

今週の金曜日18日、午後9時から。
名前「ゲフィオン」
募集ハンター「達人」
ターゲット「虫取り」
募集分「狩りもチャットも!」
パスワード「1234」

で部屋を立ててみます。

今回は、ちょっと録画をして、動画にしてニコニコにアップしてみようなぁなどと考えています。
その条件で、もし御参加できる人が居られましたら、どうぞ。よろしくお願いします。
9時半までに誰も来なかったら、部屋を閉じて不貞寝しようかと思います(w



とりえあず。
今のところ考えているルールとしては。

1.クエストは入室順に順番貼り(高難度クエストなどは、別の人が代理で貼ることも可)
2.スキル、装備は自由(ただしちゃんと戦える装備であることを推奨。スキルは激運でもなんでもOK)
3.下位ハンターの人がいたら、貼るクエストはそれに合わせる(素材集めなどよりも、一緒に狩りに行く事自体を目的としているためです)。
4.4人揃っていなくても、準備が整ったら出発(そもそも4人も揃わないと思うし……)。
5.もしフレンド登録した人がブログ関係なく入ってきたら……ちょっと「ご遠慮願います」とは言いヅライのでそのままGO!。

こんなところです。

難しいのはギルドクエストの扱い。

個人的には、非推奨。
改造クエストの問題があるためです。

自分が人を集めるような形で建てた部屋で、改造クエストへの感染はさせたくありません。
この場合、自分は性悪説で対処しなければならないと思っていますので、基本的に「改造クエストは貼られるもの」という前提でルールを考えねばならないと考えています。

もしどうしてもギルドクエストをやりたいのであれば、一度自分に渡してもらって改造されたクエストの特徴が無いことを確認した後、貼ってもらう、という対処方を考えていますが、それで改造クエストを完全にシャットアウト出来るわけではありません。

そんなわけで、完全禁止にはしないけど、非推奨。

一応、希望があれば自分の方でブラキディオス(Lv41)、バサルモス亜種(Lv46)、キリン(Lv73)、ゴア・マガラ(Lv56)、イャンクック亜種(Lv41)シャガルマガラ(Lv58)イャンガルルガ(Lv51)を用意できますが、それでレベルが上がるのは自分のクエストだけなので、あまり意味が無いとも思えるし。

まぁともかく、人が来てくれるのかどうかも分からない、むしろ不貞寝する可能性が高いであろう部屋立て。
ドキドキしながら待たせてもらおうかと思っています……よろしくお願いします。

もし質問や要望などありましたら、この記事のコメントでお願い致します。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 4   

雑記色々 初めてのクーラー忘れ ミズハ頭作成 あたらしいギルドクエスト入手 

1.初めてクーラードリンクを忘れて地底火山に行ってしまいました。

高難度クエストの「右に甲冑・左に黒甲冑」

部屋主さんの貼ったクエストを、よく見ずに出発。
入った瞬間「あ、ヤベっ」って思いました。

とにかく減っていくヒットポイントを回復するために、適期的に回復薬グレートをがぶ飲み。
4人での出発だったので、まぁ回復薬が尽きる前に終わるだろう、と思いながら、一匹目のグラビモス原種を討伐。

回復薬グレートを飲んだら亜種の方へ行こう、と、思った時。
同じマップに居る緑マークのハンターさんがサインを出しました。
何かと思って近寄ってみると。
なんと!
その手のひらにピコンピコンなりながら輝くものが!

クーラードリンクを二つ、いただきました。

おかげでうれいなく二匹目のモンスターを討伐。

嬉しかったので、集会所に戻って秘薬二つをお返しさせて頂きました。


2.ミズハ頭作成。

ミズハ【烏帽子】を作成して、耳栓を強化しました。

IMGP0613.jpg

IMGP0612.jpg

格好はあまり良くありませんが、耳栓を強化できました。
護石は体術+4 達人プラス4 スロット3。

今まで片手剣と操虫昆の装備は共用していましたが、個人的に、片手剣には回避性能(方向はガードでなんとかなる)、操虫昆には耳栓系統(ジャンプと乗った後が非常に楽になる)がほしいと考えています。

なので、そのうちにそれぞれの専用防具を作っていこうかと思います。


3.ギルドクスト「シャガルマガラ」キターーーー!!

ギルドクエストのシャガルマガラを手に入れました!
もらったものでもすれ違いでもなく、自力で。

希少生体発見率が5、レア状況のゴア・マガラから落し物二つを拾った上で討伐という状況で、シャガルマガラクエストが発生しました。

初期レベルは58。
今まで、改造の問題があってあまりやってこなかったギルドクエストですが、これで心おきなく挑戦できます。

まぁ手持ちのキリンのクエストをほそぼそとやっていて、この間ついにレベル70代に入ったのですが。
これも60代後半からはオンラインで手伝ってもらっていました(それまではソロ。レベル11からちょっとずつ上げていきました)。

シャガルマガラならば、手伝ってくれる人も多そう……などとちょっと甘い考えでいます。
しばらくはギルドクエストばかりやるかもしれません。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

発売から1ヶ月 

発売から一ヶ月と一日。
300万本売上も達成したそうですね。

ともかく。
記念のギルドカード公開をしようかと思います。

IMGP0600.jpg

IMGP0601.jpg

IMGP0602.jpg

IMGP0603-2

IMGP0604.jpg

IMGP0605.jpg

IMGP0606.jpg

IMGP0608.jpg

IMGP0607.jpg

IMGP0609.jpg

IMGP0611.jpg

IMGP0610.jpg

ミズハ頭を作ってアカム装備を合わせてみたりしましたが、それはとりあえず後日に報告ということで。

しかし、一ヶ月間で170時間かぁ。
もしその時間を別の……いや、何も言うまい。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

回避性能狩猟笛装備 

装備が色々と出来てきました。

とりあえず、セイラーソックスを作りました。

IMGP0598.jpg

IMGP0599.jpg

お気に入りの毒・麻痺・睡眠用装備もこれでほぼ完成。
あとは、堅鎧玉、重鎧玉での強化の他では、回避性能のいい護石が出るまで手をいれる所が無くなりました。

続いて狩猟笛用の回避性能付き装備も作ってみました。

IMGP0596.jpg

IMGP0597.jpg

なんとも微妙な露出度がグッド。
常用していたアカム装備がどんどん剥ぎ取られていく中、匠が3ポイントでスロット2を持つフィリアグリーヴ(下位シャガル脚装備)が外せなくて困ります。
ただ、アカム腰とのコンビで魅せる太ももチラ見せはいいものです。

下位装備が二つも混じっているために防御力に難があるのが困り者。
もっとも堅鎧玉が足りずま強化しきっていないので、状況が整えばもうちょっと上げられます。せめて400は欲しい。

護石は回避性能1ポイントにスロット2。スロット3の護石であれば置き換え可能。
早い所、もっと良い回避性能の護石が欲しいです。

この装備を作るために、ダマ・アマデュラを、またしてもオンラインの協力を得て狩っていました。
採掘可能な隕石(?)はもっと降ってきてほしいなぁ。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

特殊攻撃片手剣用装備 

先日、写真をアップしたハピメル主体の特殊攻撃+2装備ですが、それに手を加えました。

対レイア希少種戦は、昨日の装備のままで行ったのですが、結構凄いですね麻痺属性片手剣「アジダル・ハーカス」。
金火竜戦はだいたい5~10分針前半で終えることが多かったのですが、確実に三回、しばしば四回麻痺を取りました。

3Gでハンマーと狩猟笛を使ってきた自分なのですが、さて一回の狩猟で四回スタンを取ったことなどあっただろうか? いや、ない。

切る部位をほとんど気にせず、また先日の高レベルシャガルマガラ戦の影響で、どちらかというと回避主体で動いていたため、従来のゴリオッシャブルスタイル時よりもむしろ手数が減っているような狩猟でこれ。

まぁ単体での攻撃力は大したことが無いため、ソロでは使うことがないでしょうが、パーティではかなり有効ですね麻痺属性。

そんなわけでこの装備がたいそうお気に召したゲフィオンさん(自分のキャラ名)。
この装備はスキルなどの詰めがまだあまい作りであるため、構成をより煮詰めることにしました。

まず手を入れたのはこの部位。

IMGP0595.jpg

頭。
はっきり言って格好悪い。

変換 ~ IMGP0590

胴と腕、腰部分はドレスのようで可愛いのに、頭だけなんかコメディみたい。
この装備の肝となるのは回避性能と特殊攻撃。後者のスキルがネイティブで付いている防具はほとんど無いため珠に頼ることが前提。
なのでスロット2で回避性能が2以上、そして見た目が良い頭防具であれば置き換えが可能。
という条件でなにかないかと加工屋さんに相談してみたところ。

ありました。

ジンオウUヘルム。
見事にスロットが二つに回避性能が2ポイント。そして長髪に犬耳。
集中、無傷、龍属性攻撃もありましたがそれは今回どうでもいい。

レア素材も要らず、作りやすいという点でも評価高し。

そんなわけで、金レイアの次にはジンオウガ亜種を倒しに行きました。
もちろん一人ではなく、オンラインで。

ここでもアジダル・ハーカスの麻痺属性が猛威を発揮して、5戦ほど4人で挑戦して平均7~8分での狩猟になりました。

そして作ったジンオウU混じりの新しい装備。

IMGP0593.jpg

IMGP0594.jpg

色も黒を基調としたものに変更。
もともと広域化は考えておらず、最初はスロット3の護石に特攻珠【2】と耐寒珠【1】を付け、武器に採取珠【1】を付けるのみ(スロットの付いていない武器だと採取+1が消える程度のマイナス)で完成かと思っていたのですが、これを作った後に、石錬金で広域化+10 スロット2というこの装備にあつらえたような護石が生み出されたので即採用。

スロット2で回避性能が5ポイント以上の護石があれば、広域化+1を消して回避性能+2にすることができます。

ともかく、今回はこれで完成。
下位で匠を発動できる装備を作ったとき以来の満足感を得ることが出来ました。

あとは、真の完成であるセイラーソックスへの換装を目指して、闘技場を頑張ってこようかと思っています。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

定型文「ドンマイ」系のバリエーション。 

今まで使っていた片手剣「イフリートマロウ」を、最終強化のゴールドマロウに強化しました。

やったことはオンラインで、他のハンターさん達の協力の下、紅玉がでるまでひたすら金レイアを狩っただけなのですが。

この狩猟の時、チャットで一つ名言を目にしました。

4人でプレイしていると、どうしても誰かが(あるいは自分が)落ちてしまいます。
これは避けられないことなのですが、やはり落ちてしまった側は気まずいもの。

そのためベースキャンプから「ごめんなさい」系統の定型文を送り、猟場に残ったハンターは気にしていないことを示すために「ドンマイ」系の定型文でそれを受けます。それだけで全体の雰囲気を悪くさせない、むしろ和やかになるやりとりです。

この「ドンマイ」系の定型文。

定型文とはいえ原文「ドンマイ!」のママではやや硬いイメージがあり、何より手間を掛けていない感じが出てしまって、やりとりに形式的な雰囲気が出てしまいます。
そこでコトバを柔らかくするために、世の中のハンターさんは色々と工夫をこらしています。

多いのは、ドンマイの後ろに「!」を追加したり「♪」などの記号をつける。それの発展形として顔文字などを付ける。
あるいは「ドンマイ」というコトバから離れて「気にしないで」「いーってことよ」のように定型文を編集する、などなのですが。

今回、目にしたのは後者のタイプ。

金火竜戦で一乙してしまい「ごめんなさい」のチャットをしたハンターさんに対して、とあるハンターさんから帰ってきたコトバは。

「一乙してからが本当の狩猟!」。

いや、実はうろ覚えなので正確ではないのですが。
しかし、これはいい言葉と感心しました。

なんというか「野球は九回ツーアウトから」と同じニュアンスというか、もちろん8回までの野球も重要なのですが、結果が出るのは最終回であり、いま落ちる事よりも最後にモンスターを倒す事こそが重要なのだよ、今は少しピンチになったかもしれないけど逆転に向けてドラマを作っていこう、という意志を端的に表し、またモンハンでどれだけ上手くなった人だってかつては一落ち二落ち三落ちを経験してきたわけで、ああ、自分も当時周りのハンターに謝ったり励まされたりたなぁなどと下手だった昔を思い出し、落ちたハンターさんの事を想うきっかけになるというか。

ともかく自分はこの受け答え方が大好きになりました。

そんな自分の「ドンマイ」系定型文は「ドンマイ!」
はい、原文のままです。硬いです。

そんな自分が編集した定型文。
「ありがとうございます」
(原文は「ありがとう」)。

「貼ってもいいですか?」
(自分がやりたいクエストを貼っていいか聞くためのもの。自己中)

「捕獲可能です」
(捕獲の見極めを常時つけていた頃に使ったもの。これを入力する直前にモンスターが脚を引きずり出すことが多かったので、周りからは「見たら分かるよ」と思われていたに違いない。また「捕獲しますか」ともちょっとニュアンスが違うために場を微妙に混乱させた気がする)。

「これで落ちます」
(部屋から離脱する時に使う。前に「お疲れ様でした」、後に「ありがとうございます」あるいは「ごめんなさい」を組み合わせることが多い。しかしこの場合は「ありがとうございました」こそが最もしっくり来る気がする)

「むしろご褒美」
(太刀やハンマー、大剣の人達に、コカされたりふっ飛ばされたりしたことを謝られることがあるので、それにたいする答え用)

ぬう。
力を入れるところを間違っている編集の仕方だ……。

ともかく、ゴールドマロウは完成。
この後、先日作った毒や麻痺属性片手剣用装備をグレードアップさせました。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

色々と経験しました。 

色々と新しい経験をしました。

まずは、高レベルギルドクエスト「シャガルマガラ」。
レベルは確か82だったはず。

もちろん、自分の物ではなく、オンラインで同行させてもらいました。
この時、フレンド登録している妹の旦那さんがちょうど一緒になって、クエ主さんと自分、義弟の三人での挑戦になりました(途中で他の人が居た時もあったけど、最終的にはこの三人だった)。
スレ主さんも大人な方で、非常に気持ちよくクエストに参加させてもらいました。

しかし、いや、もう。

強い。

さすがに満タンからの一撃死はありませんでしたが、それでも強い攻撃を喰らえば体力の8割くらいを一気に削られたりします。
また、シャガルマガラがよく動くために多少遠くにいても気を抜けない。
威力はそこまで高くないけれども「謎の物質」がそこここで爆発するわ、ブレスが3ウェイに分かれて画面外から襲ってくるわで事故的な被弾も多く。

片手剣のイフリートマロウで5回くらい挑戦して、3回クリアできましたが、うちの一回は自分が3回とも落ちるという体たらく。
三人の中で、ベースキャンプ送り最多賞(泣
ちなみに、スレ主さんは双剣、妹の旦那さんはガンランス。クリアはだいたい15分針くらいでした。


今回のプレイを経験したことにより、今までの自分のプレイがいかにゴリ押しだったかがよくわかりました。

今回は、とにかくシャガルの後ろ足辺りに陣取って必死に切る、と、ひたすら距離を取って何とか貼り付ける隙を伺う、という事に頭が一杯で、他人がどうだったとか見る余裕もありません。
回復薬グレートはともかく、調合分まで持ち込んでいた秘薬が飛ぶように無くなっていったのだけ覚えています。

スレ主さんとのチャットでの交流も面白く、非常に楽しい狩りになりましたが……同時にメッチャ疲れました。
心地よい疲労感でした。
フレンド登録していただいたので、機会があればまたご一緒させてもらいたいです。

初めて歪んだお守りも手に入れました。
スレ主さんにはホント感謝です。

この時に使った武器はまだ最終強化前の火属性片手剣。
この次の日(つまり今日の午前中)に、強化することになります。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

初めての高レベルギルドクエスト 

初めて、高レベルのギルドクエストに挑戦しました。

というか、させてもらいました。
もちろん、自分でレベルを上げたギルクエではなく、オンラインで同行したものです。

麻痺片手剣「アジダル・ハーカス」を作るために、イャンガルルガの素材が必要だったのですが、手持ちのクエストではガルルガと戦うことが出来なかったため、またオンラインに頼ることにしました。

最初に同行させてもらった部屋では、下位のイャンガルルガのクエストに挑戦。
上位になるレベル31以上になるまで一緒に上げて、その後数回クエストに参加させてもらいました。

やがて参加していたハンターさんの一人が離脱したので、自分もそれでソロに戻ってアジダル・ハーカスを作成……しようと思ったら、堅殻が足りない……。

仕方がないので別の部屋でイャンガルルガに挑戦させてもらったのですが。

そのガルルガのギルクエ。
レベル81。

さすがにライトボウガンで行くのは自信が無く、クシャルダオラ片手剣のエストレモ=ダオラで挑戦。

高レベルのギルドクエストでは「防御力が400を超えていてもランポスの一撃で8割減る」と聞いていたので、さてどうなることかと思いながら同行させてもらいましたが、思っていたほどの事はなく(それでも一発で半分くらい減ることは結構ありましたが)、安定して4~5戦、落ちなくこなせました。

うちの一回はお宝エリアあり。
狩猟前に部屋主さんからの宣言があり、思わず「♪」な気分になりました。

その時ばかりは4人全員がガルルガを無視してひたすら採取、採取。
歴戦の武器防具が、鑑定画面の一列を埋めるくらい手に入りました。
レア5のアカムやクシャ、キリンU。
レア4のゴア系の腕防具が10個近く手に入りました。

周りのハンターさんたちも、さすがに高レベルだけあって実力者が多く、他人の3落ちで負ける感じもありませんでした。だいたい10分少々が平均クリアタイムだったでしょうか。

しかし、これがソロだったとしたら、単純計算で45分くらいかかる訳で。
やっぱりギルドクエストもソロではなくオンラインに頼ることになるのでしょう。

そうなると、出回っている改造クエストが本当に気になりますね。
MH4のプログラムに不具合を与える可能性があり、ネットやすれちがい通信を介して不特定多数に広がる。

これって、つまりはコンピューターウィルスなんじゃないでしょうか?

今はともかく、将来的には「一見改造されていないように見えるけどMH4の100%データを破壊するギルクエ」みたいな、悪意のあるデータなんかが出てくるような気もします。プログラムのことはよく分かっていませんが。

MH4専用のアンチウィルスソフトみたいのを、イベクエなどのダウンロード時に強制インストールするようなプログラムを、カプコンや任天堂で作ってくれないものでしょうかね。

それはともかく。

これでタバルジンにつづいてアジダル・ハーカスも完成。
共に、スロット2つの特殊攻撃武器。

それを有効活用するために、専用防具を作ってみました。
変換 ~ IMGP0590

変換 ~ IMGP0591

ハピメル装備を中心に、作るのが面倒だった脚のみカブラS(胴系統倍加)。
アジダル・ハーカスの麻痺属性240が290に、デッドリィタバルジンの毒属性500が、なんと610にアップします。
回避性能にしても特殊攻撃にしてもまともなお守りがなかったため、スロットが2以上のお守りであれば何でもいいという状況。

良い護石がでたら、回避性能をもっと引き上げることも出来そうです。
匠はついていませんが、切れ味+1がついても青止まりのタバルジンに、切れ味を伸ばしても白が短く、基本的に青運用となるであろうアジダル・ハーカスであるため、砥石使用高速化が付いていれば、匠がなくてもあまり気になりません。

ところで、3Gの頃から人気のセイラーソックスに換装すると、スキルに変化なくこんな見た目になります。

変換 ~ IMGP0592

うーん、いい太もも。ああFSS。
多分そのうち、換装することになると思います。悪しからず。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 2   

特殊攻撃系片手剣制作 

ライトボウガンの練習も兼ねて、麻痺属性片手剣のアジダル・ハーカス、毒属性片手剣のデッドリィタバルジンを作成しました。

デッドリィタバルジン、通称「死束」。
攻撃力は、物理196、切れ味も匠ありで青どまりと控えめですが、毒属性500が光ります。
スロットも二つあり、会心率も10%。
ソロでは担ぐ気が出ませんが、パーティプレイの対鋼竜戦などには活躍しそう。

素材となるゲリョスやゲリョス亜種のクエストで、ライトボウガンでのオンラインデビューを果たしました。

とりあえず、最初は灯魚竜素材を手に入れるため、竜人商人の依頼クエストである集会所★4「自己主張の激しい者たち」に、ソロで挑戦。アルセルタス、ババコンガ、ゲリョスの連続狩猟になります。

装備は以前紹介した通常弾強化装備。

最初のアルセルタスで5分針。
ババコンガで20分針。
ゲリョスを討伐した時には35分針の長丁場になってしまいました。

今作でボウガンが不遇と言われていますが、その理由の一つに段差の多い地形が上げられています。

今までは、平撃ち……つまりモンスターの方向さえ向いていれば上下の調整をせずに撃ってもちゃんと当てられていたものが、今作では地形にあわせて上下にもサイティングしなければならず、狙いを定めるまでに2段階の作業が強いられてしまうため、操作感が変わってしまっているのです。

が。

自分の場合、もともと3Gでヘビィボウガンを使っていた時にも、相手のほうを向いてスコープを覗き、微調整してから発射という二段階での射撃をしており、平撃ちをあまりしていなかったので、今作で操作感がそれほど変わったわけではありません。

それで、上記のような長丁場になってしまっているあたり、やっぱりボウガンのスキルが低い。

ちなみに、その後のオンラインプレイでも偶然「自己主張の激しい者達」を3人でプレイしたのですが、その時のタイムは10分針くらいでした。

今作のボウガンで、自分が気に入っているのは通常弾の発射音だったりします。
迫力のある乾いた炸裂音で、実際の威力はともかく、こちらの攻撃感覚を刺激してくれます。

オンラインプレイでゲリョス亜種をイジメてデッドリィタバルジン完成。
今度、オンラインプレイでのクシャルダオラ戦に装備していこうかなぁと思っています。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ライトボウガン練習中 

ライトボウガンの練習として、ギルドクエストのキリンや、村クエ上位のネルスキュラなどを狩ってきました。

キリンは慣れてきたため、15~20分針でクリア出来るようになってきました。
とはいえ、片手剣ならば10~15分針。

村上位のネルスキュラは25分針。
段差があるために狙いを付けにくく、かなり苦戦してしまいました。

今回、クリティカル距離でヒットさせると画面が揺れるという仕様なのですが、スコープ越しだとそれが分かりにくい(あるいはスコープ越しだと揺れない?)ように感じました。
もともと、ボウガンではスコープを使う派なので、もうちょっと派手に揺れて欲しかった……。

しばらくは、ソロではライトボウガンを使って、自信がついたらオンラインデビューしてみようかなと思っています。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

法事に行っていました。 

法事のために実家に帰っていました。
親族や故人の友人方を呼び、お寺で読経のあとは温泉に行っていました。

そんな訳で先週末はオンラインプレイができず。
時間もなかったのであまりモンハンは進みませんでした。

と、言いつつ。

村クエで残っていた卵運びクエストをひたすらやって、ついに「団長の挑戦状」を出現させました。
出現はさせましたが、まだ挑戦していません。
なんというか、やるための気力がまだ湧いてこないです。

それからやっと食事をすべて★3つにすることが出来ました。
集会所の「天と地の領域」。
集会所クエストでも、ソロでクリア出来るものですね。なんとかかんとか25分針でレウス、レイア亜種二頭を捕獲終了しました。

ソロでの操虫昆は、非常に戦いやすいイメージがあります。

また、実家に帰っていた時、妹の旦那さんからキリンのギルドクエストを頂きました。
今までギルドクエストはほとんどやって来ませんでしたが、練習を兼ねてライトボウガンで挑戦。
最初はLv11でしたが、今現在ではLv36。
やっと上位に来ました。

とりあえず、作ってみたライトボウガン用装備二種類をアップしてみます。

変換 ~ IMGP0586

変換 ~ IMGP0587

変換 ~ IMGP0588

変換 ~ IMGP0589

基本的には通常弾用の装備。
上は最初に作った対キリン用装備で、雷耐性と装填速度目当てで組んだ一品。
挑発は珠で消すつもりですが、気配珠を作るのが面倒くさく後回しになっています。

武器は大神ケ島。
今のところ所持している中では唯一まともなライトボウガンです。

そして攻撃力と耳栓を目当てに作ったのが、下のリオソウル主体装備。
リオソウルキャップに、達人珠【3】をつければ見切り+3に。防音珠【3】をつければ高級耳栓にと付け替えが可能なのですが、まだどちらの珠【3】も作っておらずこの状態です。

ギルドクエストが下位の間は5~10分針で行けたのですが、Lv31位上の上位に入ってからはいきなりつらくなり、20分針がデフォに。

達人珠【3】を作るために、集会所上位ガララアジャラにも挑んでみましたが、1乙25分針。
うーん、まだまだライトボウガンナーとしてのレベルが低いです。

それにしても今回、Lv3通常弾の調合用のはじけイワシ、どこで調達すればいいんでしょうね?

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

属性系片手剣作成中。 

クシャルダオラ、ブラキディオス、リオレウス、リオレイアの片手剣を作成中。

最初に作ったのはクシャルダオラの氷属性片手剣「エストレモ=ダオラ」
オンラインプレイで2回、クシャルダオラを討伐。協力してくれたハンターさんたちありがとうございます。

クシャルダオラは操虫昆で行くと結構戦いやすく、あまり落ちる気もせずに完了しました。
二戦目で宝玉が2個。
クシャルダオラの狩猟数4匹に対して、宝玉は3つ入手しています。
これは、宝玉が出やすい相手なのか、それとも超絶に運が良かったのか。

そして作ったエストレモ=ダオラを片手に(片手剣だけに! だけに!)、今度はブラキディオスの討伐。
当然オンラインプレイ。これも協力してくれたハンターさんたちに感謝。

何匹倒したか忘れてしまいましたが、これも割りとあっさり宝玉が出てくれました。

ブラキディオスに苦戦しているハンターさんも多いと聞きますが。
こちとら3Gでは100匹以上狩っている身。
多少あたらしい行動があるからといって、その動きはほぼ完全に身体が覚えています。
なんぼでもかかってこんかい!
とか思っていたら、高い壁をガシガシ登ってくる攻撃を見せられて死ぬほど驚きました。

さすがに落ちはしなかったけど、うーんさすがブラキ。動きが豪快。

ともかく、これでやっと爆砕の裂剣が完成。
さぁ次はデストルクジオだ! と、思ったら、これが最終強化でした。
破岩シリーズは、よく考えたらG級武器だった。

そして、リオレウスの狩猟。
でも今回、リオレウス単体クエストって高難度のものしかないんですね。
オンラインで、4人が4人とも「空を覆う不穏な翼」が出ていない部屋があり、結局グダグダになって一人、また一人と離脱。自分も離脱。

その後、他の部屋でリオレウス狩りを試みるも、そこでも不穏な翼は出ておらず、結局「燃え上がる双炎」でリオレイアごと狩りました。

今回のリオレイア原種。
前に比べてかなり体力が減っている気がします。あっと今の討伐でした。
リオレウスは、ワンランク上で出てくるだけあって体力自体は高かったのですが。
これも今までに死ぬほど戦った相手。
動きはかなり読めている……。

火竜の逆鱗も一つ手に入れて。

今までバーンエッジで止まっていたリオレウス片手剣を、一気にイフリートマロウまで強化しました。
後のこすはゴールドマロウのみ。

明日からは、リオス夫妻の希少種狩りかなと思っています。もちろんオンラインでの寄生狩猟で。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 2   

ブログ開始一周年&カウンター5000超え! 

気づいたら、ブログ開始からついに一周年。

まだ3Gでヘイムダル氏すら作っていなかった頃から、攻略情報を載せるわけでもなく、ただただ自分のプレイを書いているだけのブログですが、一周年とほぼ同時に閲覧カウンターが5000を超えました。

飽きっぽい性格の自分が、こんなに長くブログを続けていられるのも、読んでくれているという実感があるからです。
これからも当ブログをよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

theチェイサー作成 

マガラ系操虫昆の最終強化武器「Theチェイサー」を作成しました。

例によって例のごとく。
オンラインプレイで他のハンターさんに頼ったゴア・マガラ狩りを行いました。

実は今までも闇玉狙いの狩猟をずっとしていたのですが、これが全然出ない。
下位のゴア・マガラを含めますが、27匹倒した時点で一つも出ていませんでした。

で、その27匹目の終了後。
別のハンターさんが「玉でた」「二つも」という発言を……。

……オノーレ……

おめでとうございます……などとチャットで返しながら、心のなかでは嫉妬の炎がメラメラと。

で、意気込んで望んだ28匹目のゴア・マガラ。

武器はここのところずっと使っているガララ狩猟笛「パラハザードコール」
四人で行くと、さすがのゴマちゃんもタコ殴りになりますね。

しかし、今作。スタンが取りにくい気がします。
もともと3Gの時にもスタンを取るのは苦手なソロカリピーでしたが、それでも狙って動けば最初のスタンくらいはさほど時間がかからず取れたもの。

が、今作では、その最初のスタンすら取れずに終わることが多いです。
それも、麻痺やら乗り後のダウンやらの時に、ひたすら往復ビンタをかましているはずなのに、結局スタンに至らない場面が多い。
まぁ自分のプレイヤースキル不足と言われればそれまでですが。

ともかく、28匹目のゴア・マガラ。

剥ぎ取りでは闇玉は出ず。
報酬でも出ず。
ああ、また今回もダメだったか、と思っていたら。
サブクエスト報酬の画面で、黒い捕獲玉のようなアイコンが!

苦節28匹目。
ついに闇玉キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

それを終了後のチャットで興奮気味に報告。
みんな、おめでとうおめでとうの嵐で祝ってくれました。

ありがとうありがとう。

そのパーティはそこで二人が抜け、直後に二人はいり、ありがとうの気持ちで他の人のゴア・マガラ狩りをお手伝い。

それを終えた後にTheチェイサーを作成しました。

さて次は、ブラキの片手剣「爆砕の裂剣」(不足は砕竜の宝玉1つ)を作ろうか、さびた片手剣をクシャル片手剣「鋼氷剣」(不足は鋼龍の尖爪一つ)を作ろうか。さてまたはバーンエッジ改(火竜の堅殻4つと翼が2つ不足)にしようか。

オンラインプレイで狩る気まんまんです。

category: MH4プレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード