モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

ラギアクルス戦 

キークエスト「2頭の海竜を狩猟せよ!」を出現させるために、「大海の王・ラギアクルス!」をクリアしました。

装備はフィアロ・グリーナと挑戦者+2装備(挑戦者+2 耳栓 笛吹き名人 切れ味+1)。

けっこう苦手意識のあるラギアクルス。
特に水中での二段タックルは、狙われたらかわせる気がしません。対処法は、一発食らっても大丈夫な体力を常に保っておくこと、という消極的な方法しかないです。

とりあえず戦略としては、できるだけラギアクルスと同じ高さにいないようにし、上にいる場合は振り下ろすスタンプ、下にいる場合は振り上げるぶんまわし系や後方攻撃でダメージを与えていく、と、考えて、おっかなびっくり水没林へ。

が、狩猟笛の水中での高機動性もあり、あまり苦戦せずに狩猟が進みました。
ラギアが二段タックルをあまり使って来なかったことも幸いしました。

胸はいつの間にか壊れており、頭も地上に出た時に破壊。
背中も狩猟後半で破壊でき、結局20分針程度で捕獲が完了しました。

そういえば、今まで全然鍛えて来なかったラギアクルスの狩猟笛。
これは苦手意識のためにラギアクルスとあまり戦ってこなかったからなのですが、これならばちょっと本気で強化してもいいかな、と思いました。

これでキークエスト「2頭の海竜を狩猟せよ」が出現。
とりあえずはキークエストを進めようかと思っています。

また、ジンオウガ亜種の尻尾を切るために、大剣の破岩大剣ディオホコリを作成(素材はほぼ揃っていた)。
ディアブロX胴があれば、集中、抜刀会心、切れ味+1、耳栓の装備が作れそうなので、先にそっちをやるかもしれません。
スポンサーサイト

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

狩猟笛制作 

ヴァナディーのイクサプロド作成が終わり、やっとヘイムダル氏のデータに戻って来ました。

とりあえず、キークエストを進めるのは後回しにして、作りかけだったジェネラルフロスト、岩石笙【駆の音】、グィロ・フリギゥス、そしてナルガXの胴と腰部分を作成していました。

ジェネラルフロストを作るのに不足していた素材は潤った重胸殻。
グィロ・フリギドゥスに不足していた凍戈竜の特上ビレの収集と合わせて凍戈竜アグナコトル亜種を狩ります。

アグナコトル亜種は、かつてMHP3でセカンドキャラだった「フレイア」で、主力武器のランスのための装備としてアグナU装備を作る際に連戦し、かなり得意になっていたモンスター。

武器はアグナコトル原種の狩猟笛「フィアロ・グリーナ」
そしてそのスロット3を活かした挑戦者+2を発動させた装備(ヘリオスZヘルム ブラキXメイル ヘリオスZアーム ヘリオスZコイル ブラキXグリーブ 匠+5逆境-2 挑戦者+2 切れ味レベル+1 笛吹き名人 耳栓)で挑戦。

25分針で捕獲完了したのですが、挑戦者発動中に攻撃しようと焦って被弾し、結局せっかくの火力スキルを生かしけれなかったように思いました。

一回ではアイテムは集まらず、結局3回戦うことになるのですが、最後の一回は回避性能+1を発動したスキル構成(武器はフィアロ・グリーナ 発動スキルは回避性能+1 切れ味+1 耳栓 笛吹き名人)で挑んで25分針。

う~ん、自分のプレイヤースキルでは、やっぱり挑戦者を使いこなせていない……。

とりあえず凍戈竜の素材はすべて集まってジェネラルフロストを作成。

次の武器を作る前に、回避性能を上げるためにナルガ装備を作ろうと、ナルガクルガに挑戦。
武器は破岩鈴イエログラフ。装備は上記の回避性能装備。
ちなみに上記の挑戦者+2装備は、武器スロット3をフルに使うので武器スロ無しのイエログラフでは使えません。

ナルガ装備を作るといっても、基本はヘリオスZで切れ味+1を発動させながらなので、一式が必要なわけではなく、胴と腰だけあればいいかと思っていました。
天鱗はすでにひとつ持っていたので、2回ほど戦って素材はすべてゲット。

さすがにナルガクルガは慣れたもので、2回とも10分針でのクリア。

MHP3のファーストキャラ「ロキ」では、狩猟数200を超えたのに未だにナルガクルガの最大金冠が出ていません。今でも月一くらいで狩っていたりします。

それはともかく。

無事にナルガ素材も集まり、こんな感じで装備を作ってみました。

変換 ~ P1020491

変換 ~ P1020492

変換 ~ P1020493

結局、腰装備は使わなかった……。
まぁあの防具はスロット3あって優秀なので、別の機会に使うとは思いますが。
とりあえず、武器スロットが1あれば回避性能を+1に落として高級耳栓にすることが可能(武器スロット3があればこのままで高級耳栓可能)。
どっかで見たことがある装備だと思ったら、MH3Gのセカンドキャラ「ロプト」の片手剣装備とほぼ同じ構成でした。
これで砥石使用高速化があれば言うことないんだけど。


ゴールデンウィークなのに特にすることもなく(仕事柄、一日に一回くらいは会社に行って野菜苗の様子などを見なければならないため遠出できないのです)、このままさらに狩猟でゴー。

グィロ・フリギドゥスを作るために必要な素材は、残すところ氷牙竜の刺が一本。
ちょうどG級の高難度クエスト「氷牙竜乱舞」(ベリオロス×3)が出ていたのでそれに挑戦。

このクエストのベリオロスは体力が低いことで有名で、よくハンターランク稼ぎなどに使われるそうですが。
噂に違わずあっという間に死んでしまい、初戦では捕獲可能に気づかずに3匹とも討伐クリア。
刺は一本も出ず、再び募集されていた氷牙竜乱舞を再び受注。

さっきの経験も踏まえて、一匹目は、脚を引きずる前に「これくらいかな?」というところで罠にかけて捕獲。
二匹目は討伐。
三匹目は脚を引きずったので捕獲。すべて両腕のスパイクを壊し、牙も破壊して20分針。

しかし氷牙竜の刺は出ず。

またセンサー様か。センサー様が邪魔しておられるのか。

と思いつつ、今度は通常クエストのベリオロスを捕獲。一匹なのに20分針。

そして氷牙竜の刺は出ず。

ここまで来てやっと気づく自分。
必要素材は「氷牙竜の“秘”棘」ではなく、ただの「棘」だということに(そもそもベリオロスの素材に「秘蕀」は存在しない)。

そして、氷牙竜の棘はG級では出ないということに。

無駄に狩られたG級ベリオロス7頭の冥福を祈りつつ、下位ベリオロスを一匹倒したら、2本手に入りました、棘。
濡れ衣を着せてしまって申し訳ありませんでしたセンサー様。

ともかくこれでグィロ・フリギドゥスも完成。

余勢を駆って、土砂笙の制作を開始。
この笛、攻撃力が非常に高いけれど、しかし破岩鈴イエログラフと同じ数値。覚醒しない限りは無属性。会心が-25%。
スロットが2つあり、匠で長い紫の切れ味。そして攻撃力【大】が吹けるので、パーティならば使いドコロもあるとは思うのだけれど、ソロだとイエログラフに完全に食われてしまっているように思います。
イエログラフさえなければ、かなり優秀な狩猟笛だと思うのですが、イエログラフがあるから、多分使わないでしょう。せめてマイナス会心さえなければなぁ。

ともかく。

制作に必要な素材は土砂竜の重頭殻が一つと爆鎚竜の厚鱗が4つ。

とりあえず重頭殻狙いで対ボルボロス戦へ。
ここはまだクリアマークをつけていない「砂塵を超えて」(ボロボロス一頭、ハプルボッカ一頭の狩猟)を選択。

武器は軍奏ハプルモニカで、装備はヘリオスZ一式に胴のみフロギィX。スキルは水属性攻撃強化+2、耳栓、笛吹き名人、砥石使用高速化、切れ味+1。
この装備は通常時には水属性攻撃無しで耳栓の代りに高級耳栓を発動させている、武器スロの要らない汎用装備として使っています。

狩猟は特に問題なく20分針でどちらも捕獲で終了するのですが。

ボルボロスの頭を壊したのがエリア端で、剥ぎ取れない位置に落としてしまいました。
MHP3に比べて、このような状況は減ったと思うのですが、久しぶりにやっちゃった。

しかしそれでも報酬で頭殻が出たので結果オーライ。


最後にウラガンキン原種。
ちょうど高難度クエスト「火山鳴動!」(ウラガンキン原種×3)があったのでそれを受注。装備は依然水属性攻撃装備。

一匹目で一乙。回復薬グレートを7個も消費(それもほとんどが最初の0分針の時点)という体たらくで、クリアが不安になりましたが、

二頭目は、起き攻めを食らって一乙するも、回復薬グレートはあまり使わず。

三頭目はそこまで苦戦すること無くクリア。とはいえ40分針かかってしまっていました。

苦戦しただけあって(?)報酬が素晴らしく、こんな感じ。

変換 ~ P1020490

これで土砂笙も完成。

あとは残すキークエストが2つ。
「2頭の海竜を狩猟せよ」と「イビルジョーの狩猟」。
それが終わればついについにグラン・ミラオスとの決戦になります。

でもその前に、獄狼竜の狩猟笛を作りたいなぁ……。尻尾が要るんだよなぁ……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

破岩弓イクサプロド、やっと完成。 

ついに、ついに砕竜の宝玉をゲットし、ファーストキャラのヴァナディーで破岩弓イクサプロドを完成させました。

イクサプロドを作ろうと思い立ったのが17日。一週間以上をこのために費やしました。

その間、宝玉狙いで倒されたブラキディオスはG級、上位にわたって数知れず。
「俺が主人公だ」のクエストで巻き添えを食った無数のナルガ、レウス、ジンオウガ。
彼らの犠牲の上に、やっと手に入れた砕竜の宝玉。そして作られたイクサプロド。

砕竜の宝玉一つを手に入れるまでに得たレア素材は、再竜の天殻が3つ。火竜の紅玉が3つ、そして雷狼竜の碧玉が5つ。

結局、最後に宝玉を出してくれたのは、港上位クエストの「剛拳爆砕! ブラキディオス」のブラキ。
使用武器は練習がてらに持ちだした大剣(七星大剣【巨門】 日向・真一式 金剛体 抜刀術【技】 心眼 集中 納刀術)で、上位相手にかなり大人気ない装備でした。

が、使い慣れない大剣のため、15分針かかっての捕獲。

報酬で砕竜の宝玉を確認した時には、喜ぶよりもむしろちょっとした虚脱状態に襲われました。

宝玉以外の素材は有り余るほどあって、ディオスアローは一気にイクサプロドまで強化されました。

とりあえず、こんな装備を作ってみました。
変換 ~ P1020487 

変換 ~ P1020488

変換 ~ P1020489

散弾珠【3】×2 散弾珠【1】×2 5スロスキルとして観察珠【1】×5です。
散弾珠を作るために上位のガンキン亜種を倒して来ました。

ここまで放っておいたヘイムダル氏のクエストと、動画編集に戻りたいと思います。
大型連休中(仕事柄、あまり休めないのだけど)になんとかして動画を一つ作って、それ以後なんとか定期的に上げていくリズムのようなものを取り戻したい……。

とりあえずヘイムダル氏で、ジェネラルフロストとグィロ・フリギドゥス作成を目指してアグナコトル亜種を借りに「氷の楔」へ行って見ました。
2乙しましたが、なんとかかんとか捕獲出来ました。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

弓に飽きた。 

ちょっと弓から離れて対ブラキ戦をしていました。キャラは引き続きヴァナディー。

もちろん、宝玉狙いです。

今回は、片手剣(七星剣 ネブラ一式 状態異常攻撃+2 回避性能+2 覚醒 砥石使用高速化 業物)と双剣(ヴァッサーヴェルデン セレネZに腰のみセレネX 高級耳栓 水属性攻撃+2 砥石使用高速化 切れ味レベル+1)で、各一回ずつ「地獄の雪合戦」に挑戦。

個人的に、攻撃と回避のバランスから、対ブラキ用の武器として最も優れているのは片手剣だと思っていましたが、今回その思いを強くしました。

特に回避性能+2が付いているので、ほとんどの攻撃をかわせる感じで、回復薬もあまり使わずに20分針でクリア。

報酬を見ると……なんと、ペイントボールと同じ形で色が青いアイコンが!

よっしゃ! やっと来たで~! と、思ったら鳥竜玉かよ!

がっかりだよ! ああ! がっかりだよほんとに!

気を取り直して、今度は双剣で挑戦。

双剣も対ブラキ戦は割と得意で、片手剣と双剣をメイン武器としていたセカンドキャラのロプトではよくブラキを狩っていました。

武器が水属性のヴァッサーヴェルデンなので、ドスバギィにはちょっと時間がかかるだろうなぁと思っていましたが。
なんとここで一乙。
ちょっと舐めていたのかもしれません。回復薬をケチった結果なのですが。
スーパーアーマー状態で尻尾攻撃や噛み付き攻撃を食らって、いつの間にか体力が削られている状態で落ちてしまいました。ダウンしない代わりに、連続でダメージを食らってしまうんですよね。

逆にブラキにはあまり苦戦せず、結局20分針で捕獲完了。

今度は鳥竜玉すら出ないという結果で終わりました。

ちょっと思ったのですが。
今回、万能属性としては爆破属性が強いのですが、相手が単体の場合ならば通常の弱点属性武器も十分に火力を出せるように感じました。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

絶不調 

2回連続で、「俺が主人公だ!」で3乙するという、超絶絶不調でした。

何回やっても宝玉が出ない。
出ないでない、宝玉でない。

ということでだんだん嫌になり、しかもちょっと弓に飽きてきたこともあり、モチベーションが上がらない状況でクエストへ。

気分も盛り上がらないので、G級クエストは無理だろうと思い上位クエストに。

のんびりやろうという気分でナルガを倒すも、その後の乱入ブラキにボコボコにされ、一乙。
もうその時点でかなりやる気がなくなっていたのですが、5分針も過ぎていたので継続。
しかし秘薬も回復薬も持ってきておらず(今まではオトモの回復ダンスで十分だった)、ジリジリ追い詰められてに乙。そして乱入してきたレウスとブラキのコンビネーションで3乙目。

まさか、G級装備で上位クエスト失敗するとは、さすがに思っていませんでした。

日を改めて、また弓で「俺が主人公だ」に再挑戦。
しかしやはりやる気が盛り上がらず、昨日と同様な状況でまさかの3乙。

これは真剣にイカンと思い、別の武器で挑戦。
ハンマー(破岩槌ノヴァジオ)で20分針。
スラッシュアクス(開陽)で20分針(あと数秒早ければ15分針)。

しかし緋弾も多く、なにかしっくりと来ない狩りになりました。

そして宝玉が出ない。
開陽で挑戦した時には、紅玉がひとつ、碧玉が2つという、嬉しいけど嬉しくない報酬でした。

これで、砕竜の宝玉を目指して行ったクエストで得たレア素材は、砕竜の天殻2個、火竜の紅玉が2つ、雷狼竜の碧玉が5つに。

うーん、すで流職人のトンカチを得ているヴァナディーですので、何に使っていいものやら。
ちょっと迷います。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

まだ弓 

まだヴァナディーで弓を使っています。
というかここ数日、ヴァナディーのアルヴァランガで「爆砕の連鎖」と「JUMP・俺が主人公だ!」を一回ずつクリアするのが日課になっています。

今日も今日とて対ブラキ。

爆砕の連鎖は25分針でブラキ二頭を捕獲。

宝玉は出ず。

そして「俺が主人公だ!」も25分針で完了。
狙いはブラキなのに、ナルガ、レウス、オウガを倒さねばならない難儀なクエスト。

宝玉は出ず。

碧玉が2つもでる。

ああ、これがMHP3だったら狂喜乱舞していたのに……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

引き続き、弓 

ファーストキャラのヴァナディーで、引き続き弓を使っています。

砕竜の宝玉を求めて、「地獄の雪合戦」に挑戦。
武器は無属性のエクリプスボウ。

とにかく「前座」のドスバギィ2匹に大苦戦。

動きが早い上に的が小さく、弓では攻撃をかわしにくいし当てにくい。
しかもけっこう攻撃力が高い。

一匹に付き10分針。2頭で20分針を使ってしまう苦戦ぶり。
強撃ビンなどを温存していたとはいえ、ロアルドロス亜種(一頭クエストで5分針くらい)よりもずっと手こずりました。

ドスバギィですでに集中力を削られて、迎える対ブラキディオス。
案の定、攻撃を食らいまくって、10分針くらいの間に3回落ちました。

自分の場合、弓でブラキディオスと戦った場合の落ちる状況を整理すると。

その1。まず爆風の避け損ね。
ストレートや飛び込みパンチ、連続パンチの時のパンチ自体はかわすけれども、付随する爆風に当たってしまう。

その2。コンビネーションブローの二発目を喰らう。
ストレートをかわした時点で弓をつがえてしまい、たまに来るコンビネーションブローのフックを食らってしまう。これは弓のみならず他の武器でもよくあります。これで粘菌を喰らう。
あるいは、単発のフックをかわすもその際に振り回される尻尾に捕まってしまうことも。

その3。起き攻め。
起き上がりに飛びかかってくる飛び込み大パンチなど、どうしてもかわせない局面に追い込まれてしまう。その1やその2で体力を削られて倒され、これでとどめというパターンが結構あります。

その4。画面端の攻防。
画面端に追い詰められているのに気づかずに、連続パンチや爆風付きのパンチを食らってしまう。立ち位置をもっと考えた立ち回りを。

とにかくその1、その2が落ちるきっかけになることが多いし、これは注意していれば避けられる攻撃なのでなんとかなりそうなものなのですが。
なかなか難しい……。

ともかく、その後、「俺が主人公だ」に挑戦。
25分針。乱入ブラキの報酬が、光る粘菌2つに堅殻一つのみというケチっぷりに閉口。

そして「爆砕の連鎖」
睡眠ビンを調合分まで持ち込んで、一匹目のブラキディオスに全部叩きつけ、2回の睡眠爆破に成功。
1匹目、2匹目ともに一回づつ落ちましたが、30分針で二匹とも捕獲でクリア。

またしても砕竜の天殻が出ました。
でも宝玉は出ず……。天殻いらないから宝玉くれってのは、贅沢にすぎるでしょうか。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

弓のカンを戻す 

ちょっと弓にハマり、そのカンを取り戻そうといくつかクエストを回していました。

とりあえず、ヴァナディーで弓を使ってイクサプロドを作ろうと思い、ブラキディオス関連のクエストに挑戦。
武器作りとはいえ、宝玉も天殻も一つづつすでに持っているので楽だろうと思っていました。

まずはハンターボウⅠから強化してディオスアローを作ろうとしましたが、パワーハンターボウを作るための「溶岩塊」が無く、下位のウラガンキンを転ばせる作業が2回。

そしてディオスアローへと強化する際に、堅殻などの上位素材がなかったため、村のブラキを狩りに。

武器は琥牙弓アルヴァランガ。ブラキに対して水の次に通りやすい氷属性の連射弓。

まぁさすがにG級装備で上位ブラキディオス。さほどの苦戦もせずに何とかなろう……と、思っていたのですが。
いや、キツイキツイ。
今までタイムアタックしていたG級ロアルドロス亜種とは別の次元で強い。
乙無し10分針討伐(G級ロ亜ルは5分針)。

強化のための素材は一回で集まり、ディオスアロー作成。
上位素材はともかく、G級素材はかなりあるのでこれで一気につくれちゃうかなぁと思っていたら。

ディオスアロー改への強化って、宝玉2ついるんですね。
レア素材のハントは必要ないと思っていたので、かなりがっくりきましたが、乗りかけた船でもあることだし、ともかく宝玉目指してG級ブラキ狩りへ。

まずは2頭クエスト「爆砕の連鎖」

村上位のブラキディオスですら苦戦したのに、G級ブラキになんて勝てるのか……と、思いながらの挑戦。
それでも、MHP3時代は、他の武器で勝てなかったら弓だのみ、という感じで使っていた武器。
行ける行けると鼓舞しつつクエスト開始。

武器は引き続き琥牙弓アルヴァランガ。
睡眠ビンが使えるので、久しぶりに大樽爆弾Gを持ち込んでの狩猟になります。

とにかく一匹目に全力を尽くそうと、睡眠ビンと爆弾はこちらに使用。一回目は割と早く眠ってくれて、頭に爆弾×2を仕掛けて爆破。
この流れはスムーズでしたが、チャチャも爆弾を仕掛けてくれるのをすっかり忘れており、そちらを残して起爆してしまいました。その後、すぐにチャチャの爆弾も撃ちましたが当たらなかった。

狩猟の序盤は割りと上手く動けいて、あっさり倒せるのではないかと錯覚していたのですが。

尻尾を避け損ねて倒され、起き上がりに飛び込み大パンチを食らってあっさり一乙。
今までガンナーでブラキディオスを経験したことがなかった(あったとしても記憶に無い)のですが、まさかあんなにダメージをもらうとは。

その後にももう一回落ちて、一匹目で2乙。
とにかく、パンチを避けても爆風からは逃げきれずに被弾することが多く、それでかなりのダメージを負ってしまうのが辛かったです。

それでもなんとかブラキディオスの動きに慣れて、一匹目を捕獲で15分針。

2匹目も一匹目と同じく、爆風を避けきれずにダメージをもらっていましたが、致命傷にはなんとか至らず、35分針でクエストクリア。

腕を壊そうとかいう余裕は全くありませんでした。狩猟笛ですら腕破壊を狙って動けるというのに。

報酬には、宝玉は出ませんでしたが天殻がひとつ。
うん、嬉しいけどいま欲しいのはそれじゃないんだ。

G級ブラキはかなり精神力を削るので、今度は上位のイベントクエスト「俺が主人公だ!」を選択。
このクエストはナルガクルガ、リオレウス、ジンオウガの連続クエストなのですが、100%の確率でブラキディオスが乱入してくるため、乱入報酬で宝玉が手に入りやすいというクエスト。
以前にもこのクエストで宝玉を漁っていたことがあります。

武器はまたしても琥牙弓アルヴァランガ。
さすがに上位の、しかも連続クエストだけあって、敵の体力は弱め。攻撃力も弱め。
最初のナルガクルガは0分針でノーダメージクリア。

乱入してきたブラキディオスは体力が高く、やや時間がかかるも、受けるダメージはG級の半分くらい。
楽勝楽勝……と、思っていたら、攻撃を避け損なって気絶、そして一乙。
気を取り直して15分針くらいの時点で捕獲。

リオレウスは20分針時点で捕獲。

氷に弱いジンオウガは、あっという間に捕獲可能サインが出て、でももう罠がないので討伐。
25分針でクエストクリア。

報酬には、宝玉は出ませんでしたが、火竜の紅玉が。
うーん、嬉しいけど今は要らない。

自分の弓、上位クエストでは物足りないけれど(一乙しているくせに)、G級だとちょっとキツイ。
とりあえず次は「地獄の雪合戦」でも行ってみようかと思います。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

弓にハマる 

弓にハマりました。

もともと、初めてのモンハンであったMHP3のファーストキャラのメイン武器として使っていたので、それなりの下地はあるのですが、MH3Gでは、ヒットエフェクトの変更(地味化)によって爽快感の喪失とクリティカル距離がわかりにくくなったこと、またPSPと3DSのボタン配置の違いにより、3DSに移行した当初に扱いにくかったこと、そしてMH3Gを始めるにあたって「それまであまり使わなかった武器を使う」と考えていたこと、さらには装備のマイリスト数がMHP3に比べて少なかったこと(MHP3では弓だけで24のマイリストがあった。それもかなり厳選していた)などがあって、弓の装備をあまり作らず、あまり使って来ませんでした。

で、この間、久しぶりに狩猟笛以外の武器を使いたくなり、久しぶりにヴァナディーのデータをロードしたのですが。

使った武器の中に「エクリプスボウ」がありました。

相変わらず、ヒットエフェクトのせいでかつての爽快感はなかったのですが、それでもかなり新鮮な面白さを感じました。

新しい録画ソフトの選定も終わり、テスト動画として動画にしてみようと思い、対ロアルドロス亜種戦を10回くらいやっていました。

武器はエクリプスボウ(一回だけ暴砂弓ファルガレイド)。
装備は
頭:リオソウルキャップ
胴:ナルガZレジスト
腕:ナルガZガード
腰:ナルガXコート
脚:ナルガZレギンス
護石は気力回復+6溜め短縮+2
発動スキルは「捕獲の見極め」「通常弾・連射矢UP」「回避性能+1」「スタミナ急速回復」「集中」

最も早いもので8分14秒。
それ以外はだいたい10分前後での狩猟が多かったです。

やっぱり弓は連射弓が基本。

と思っていのですが、ちょっと使ってみた拡散爆破弓のイクサプロド(使用キャラ「ロプト」 ナルガZレギンス一式で拡散矢UP発動)。

一回やっただけで7分37秒で狩猟終了。
それも、強撃ビンの調合分を持込忘れの上、捕獲ではなく討伐。

MHP3の時も、嫁は月穿ちセレーネだったりしたので、自分は連射弓以上に拡散弓があっているのかもしれません。

それにしても、マイリスト数がもっと多かったら、と未だに思っています。
ガンナー装備は、同じ武器種でも剣士装備以上に細分化される(例えば連射弓、貫通弓、拡散弓でそれぞれ必要スキルが違ってくる)し、武器ごとの個性が剣士以上に強いので、本気でやり始めると24個のマイリストではあっという間にいっぱいに鳴るはずです。

MH4では、マイリスト数だけは100個くらい用意してほしいものだと思っています。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

息抜き 

ちょっと狩猟笛以外の武器を使いたくなって、ファーストキャラのヴァナディーで遊んでいました。

遊び相手としては、最大金冠がまだ出ていなくて、かつ相手として手頃なロアルドロス亜種を選択。

ハンマー   「破岩槌ノヴァジオ」
ガンランス  「煌銃槍イシュタル」
ランス    「レイジングテンペスト(匠覚醒)」
弓      「エクリプスボウ」
ヘビィボウガン「エクリプスナイパー」

で、紫水獣をいじめていました。

結果としては、ハンマーと弓が5分針。
それ以外はすべて10分針の狩猟で、全部捕獲。

ハンマーと弓は「捕獲の見極め」付きでした。

ランスは食事忘れ。
ヘビィボウガンは一乙してしまいました。

狩猟時間で計る「実践火力」的に考えると、捕獲の見極めというスキルは、かなりの火力UPスキルだったりするのではないか、と思ってしまいました。

話は変わって。

最近、完全にエタりはじめた動画作成ですが。
近いうちに再開したいと思っています。

PCを変えて、OSがWindows8になって以来、録画に使っているロジクールのウェブカメラソフトウェアが不調で、音声がまともに録音されなくなってしまいました。

マイク端子で入力しているのですが、非常に小さい音でしか録音されていません。サウンドカードやデバイス側でマイクの音量を調整しても、ウェブカメラソフトウェア側での「マイク入力レベル」を最大にしても、あまり状況が変わりません。

動画作成のリハビリも兼ねて。
ちょっと録画ソフトを変えて、そのテスト動画を撮ってみようかと思っています。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

アグナコトル原種との連戦 

キークエスト「2頭の海竜を狩猟せよ」を発生させるためのクエスト「大海の王・ラギアクルス!」をクリアするための武器としてアグナ原種の狩猟笛「フィアロ・グリーナ」を作るためにアグナコトル原種と連戦していました。

まずはキークエストである「火の海に棲む竜!」をクリア。
装備は前回紹介した挑戦者+2装備で、武器は龍属性のエターナルオルゲール。

アグナコトルは溶岩がついた部位は龍属性が効かないため、とにかく胸の溶岩をはがして、柔らかくなった胸を集中攻撃、という戦略で臨むことにしました。

キークエストなので、まずはクリアを優先。
他の部分の溶岩を剥がしていくのも時間のロスになるので、ひたすら胸のみ攻撃。

ついばみ攻撃を食らいながら25分針で捕獲終了しました。

そして日を改めて「鎮三竜」
アグナコトル原種の3匹クエストに挑戦。

装備は切れ味+1、耳栓、水属性攻撃+1、笛吹き名人、砥石使用高速化。そして武器はお馴染みの軍奏ハプルモニカ。

一匹目にとにかく手こずり、1乙20分針での狩猟となりました。しかも回復薬Gを11個使用。
3匹ともこのペースであれば、体力も時間も完全に足りなくなります。

一匹目での失敗は、まずは頭狙いにこだわってしまったこと。
フラフラ動くアグナの顔は、付け焼刃の右ぶんまわしの立ち回りでは捉えにくく、むしろ胸を中心に狙ったほうが良かったと、あとになって思いました。

そこで2匹目は右ぶんまわしとスタンプを中心にアグナの胸を狙った戦略に立ち戻ります。
すると一匹目よりははるかにうまくいき、30分針の時点で2頭目を討伐完了。
脚を引きずらせる暇もなく、倒してしまいました。

また、回復薬も2個しか使わず、これはいけるかと思えるペース。

しかし3匹めではやや集中力を欠いてしまい2匹目ほどのハイペースは出せず……。

タイマーが残り10分、残り5分のアナウンスを始めます。

結局、それに焦って攻め急ぎすぎ、残り25秒程度の所で2乙目。
当然、そこからでは火山まで戻ることすらできずになんとも久しぶりの時間切れと相成りました。



失意のうちに港に戻ると、なんとまた「鎮三竜」のクエストが出ていました。
とにかく一匹目の狩猟がダメだったわけで。
対アグナ戦のコツは飲み込めたわけで。

連続でもう一回「鎮三竜」。
受けました。

一匹目。
胸まで埋まったアグナが360度ブレスを吐こうとするのをみて、安全地帯である胸付近に密着しようとした途端、そこからガスが噴出。
ふっとばされて距離が離れ、どうしようもなくなったところにブレスが来て1乙。

これはまぁ非常に珍しい形の不可抗力。

そして疲れたアグナが食事を摂るのを閃光玉で邪魔し、ちょっと余裕が出来たと思って落し物を拾っていたら急襲され、画面端になってカメラさんが混乱している所で追撃を食らって2乙。

これは完全に自分が悪い。

それでも1匹めは10分針後半で討伐完了。
回復薬も3個程度しか使っていません。

しかしこのペースだと全部倒す頃には6乙。
当然途中でゲームオーバーです。

仕方がないので、3乙してもいいように、最初の二匹は捕獲せずに剥ぎ取る方向で行こくことにしました。

しかし、2匹目は割りとすんなりと倒すことが出来、30分針で討伐完了。

3匹めともなるとかなり慣れてきて、最初の頃に出来なかった「右ぶんまわしを頭に当てる」という事がかなり出来るようになり、失敗した前回では一度も取れなかったスタンも、最後の一匹では2回取れるようになっていました。
とはいえ、慣れからくる油断もあり、かなりギリギリで生き残ったような状況もありながら。

それでも45分針でなんとか捕獲完了。

さすがに3頭クエストだけあって、かなりの量の素材をGET出来、無事、フィアロ・グリーナが作成できました。

これで次は対ラギアクルス戦。

しかし、ガード無し武器でのヤツは本当に苦手なんだよなぁ。
特に水中タックルがどうにもしようがない……。
いまからかなり不安です。

P.S.
そういえばPSPのMHP3時代。もう数年前になりますが。
アグナコトル3頭クエスト「連撃の炎戈竜(温泉クエスト)」で、残り0分0秒でクリアしたことがあったのを思い出しました。
あれも写真を取ったはず……あのデータはどこに行ったのだろう……。もし見つけることが出来たら、UPしようかと思います。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

挑戦者+2装備の試し切り 

試し切り……ではなく試し殴りですが。

作ってみた挑戦者+2装備で「地獄の雪合戦」へ行ってみました。
この装備はスロット3限定になるので、武器はエターナルオルゲール。

ドスバギィにもブラキディオスにも龍属性はほとんど通らないのですが、今のところこれしか無い。

結果は、苦戦苦戦の大苦戦。
ドスバギィだけで1乙20分針。
もうこの時点でダメダメ。

ブラキディオスでも一乙して、もう負けられないという状況でやっとブラキディオスが脚を引きずり出し、封印されている通路を殴り壊します。

万に一つも失敗はできないと、自分は外で少しの間待機して、ブラキディオスが眠るのを待ちます。
が、ブラキ。
なかなか奥のマップ(9)に移動しません。
業を煮やしてマップ8に突入するも、すでにブラキが入ってからかなり時間が立っているので、ここで罠を仕掛けても奥のマップに逃げられる可能性があります。

仕方がないのでブラキにこやし玉を当てようと納刀。
しかしそこで、興奮したブラキに反撃され、死にそうな目に遭いながら這々の体でマップ9へ逃げ出します。そこで回復している間にブラキが追いかけてきて、またしても殺られそうになりながら今度はマップ8へ逃げ、そこで少し時間をかけて、今度こそブラキが眠るのを待ちました。

で、やっと眠ったブラキを罠にかけて捕獲完了。

結局、40分針かかりました。

従来の高級耳栓、切れ味+1、笛吹き名人、砥石使用高速化に軍奏ハプルモニカでの装備だと、だいたい30分針で終わっていたので、せっかくの挑戦者+2なのに大幅にクリアタイムが下がるという体たらくでした。

これは、武器の属性の問題もあるのでしょうが、自分が挑戦者+2を使いこなしていなかったことも理由の一つ。

というのも、もっぱら疲れてフラフラになったところに打撃を集中させるというチキン戦法が常なので、怒っているブラキディオスに攻撃することがあまり出来ていなかったのです(それをしようとして1乙を食らった)。

このスキル……自分の腕ではあまり生きない気がする……。
火力盛りにもっとも有効なスキルと言われている挑戦者+2ですが、自分のような技量の場合だと攻撃力アップなどの常時発動しているスキルの方が有効なのかもしれません。

しかし!

苦労の甲斐あってか。
報酬がこんな感じでした。

変換 ~ P1020470

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

挑戦者+2装備作成 

今までほとんど使用したことのない「挑戦者+2」装備を作ろうと思い、素材を集めています。

闘魂珠○○ を作ろうと思い、ジンオウガの雷電毛と、ブラキの剛鉄拳を集めていました。

で、G級では初めてのジンオウガ戦。
本当はブラキの二頭クエスト「爆砕の連鎖」に行こうと思っていたのですが、猫飯で秘境探索術が出たので、ポーチを軽くできるジンオウガ一頭クエスト「狩られる前に狩れ!」を急遽選択。

秘境スタートでカンカンゴソゴソするのですが。
なんともまぁ出るわ出るわ。風化したお守りが出る。
結局、風化したお守り5個がこの時点で手に入りました。

ジンオウガとの先頭では、序盤では最近モノになりつつある「左側から回りこんで右ぶんまわし」という戦術がよく決まり、かなり早い段階で一回目のスタン。

その後、まぁ集中力が切れて終了時間自体は25分針であまり早くはなかったのですが、ちょっとだけ成長の手応えが感じられました。

超電雷光状態解除の落し物は3つ拾い、そのうちの一つがなんと雷狼竜の天玉。

さらに終了後に行った採掘でも風化したお守りが1つ。これで合計六個。

報酬では雷電毛は2個。

お守りでは痛撃+5加護+7、護石王+3刀匠+3、食事+3水耐性+10あたりがめぼしいところでしょうか。

なかなかに充実した一戦でした。

その後、もう一匹ジンオウガを狩って(その時には碧玉が出た)、闘魂珠○○を3つ制作。
現時点で作ることのできる挑戦者+2装備を作成してみました。

武器:エターナルオルゲール
頭 :ヘリオスZヘルム
体 :ブラキXメイル
腕 :ヘリオスZアーム
腰 :ヘリオスZコイル
脚 :ブラキXグリーブ
護石:匠+5逆境-2

鼓笛珠○×5 闘魂珠○○×3 防音珠○×2 
発動スキル
・挑戦者+2
・切れ味レベル+1
・笛吹き名人
・耳栓

武器スロットを3つ使った汎用性の薄い装備で、しかも砥石使用高速化がない不満の残る装備ではありますが、今のところこれが精一杯。
あとはバンギスX腕やブラキX腰を使って、武器スロに頼る部分を少なくし、耳栓は外れてもいいから砥石使用高速化を入れたい。

ともかくスキルで火力を盛って低火力を補い、快適系のスキルは演奏で補う、という装備を作ってみたいと考えています。
月光シリーズの腕と腰、そして匠+5の護石があれば、武器スロ3を使用して「挑戦者+2」「切れ味レベル+1」「砥石使用高速化」「笛吹き名人」を発動させることができます(ヴァナデxーでシミュレート済み)が、まだまだそこまで行くには長い……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

対ブラキ戦 

ブラキX装備を作ろうと思い、ブラキディオスと戦いました。

欲しいのは、胴、腰、脚のブラキX装備。
それにヘリオスZ頭、バンギスX腕。

これに、すでに手に入れている匠5護石で切れ味+1
闘魂珠○○×2で挑戦者+2を発動させ、笛吹珠×5を付ける……という計画。

個人的に、スキルは4つ以上並んでいないと落ち着かないことと、砥石使用高速化がないとひたすら不安になっていまうことが気になりますが、ともかく上記のような火力装備を作ってみたいと思いました。

ちなみに、スロ3武器を装備しても空きスロットは9。
匠+5スロット1という神オマがあれば、切れ味+1、挑戦者+2、笛吹き名人、砥石使用高速化、というかなり理想に近いスキル構成が作れるのだけど、まぁそれは無い物ねだり。

今回のヘイムダル氏は、ほとんど炭鉱夫をしていないし、する気もあまりない(その代わり、狩猟終了後にはものすごい勢いで鉱石をあさりに行く)ので、匠+5護石があることだけで奇跡のような幸運ですので、スキル構成は装備の組み換えなどで色々と考えていこうと思います。

ちなみに、ファーストキャラのヴァナディーは、未だに匠+4までの護石しか持っていません。
切れ味+1に関して彼女は、護石に頼らない組み方でマイリストを埋めてきたので、今更匠+5が出てもあまり活用出来ないでしょうが。

それはともかく。

ブラキディオスの天殻(腰装備に必要)ではあるものの、その他剛鉄拳や光る粘菌などの素材も多く必要だったため、今回はブラキディオス2頭クエスト「爆砕の連鎖」を選択。

ブラキディオスの股下からというすごい場所から狩猟開始。

最初の方はかなり調子がよく、最近ハマっている「左側から敵の手前に回りこんで右ぶんまわし」と「頭が狙いにくかったら脚にスタンプ」という戦術の組み合わせで、かなり早い段階でスタンを一回とり、頭も破壊。
その後も合流が殆どなく、食事は閃光玉で妨害、スタン2回めをとるなど、かなり理想的な戦い方ができました。
結局、一匹目は15分針で捕獲完了。

二頭目に入ってやや集中力を欠くも、それなりに優勢に狩猟を進め、しかし一瞬の油断で一乙。
飛び込み強パンチで起こる爆発に巻き込まれてしまいました。

それでもそれ以外は順調で、結局30分針で捕獲完了。

報酬では宝玉を一つゲット。
すでに2個持っており、胴を作るのにももう必要はありませんでしたが、それでもありがたく頂きました。
また出なかったらどうしようかと思っていた尻尾も一本入手しました。

結局、作れるようになったのは胴と脚で、腰は豪鉄拳と、そして天殻が必要。

また、闘魂珠を作るのに剛鉄拳と雷狼竜の雷電毛が必要。

まだ何回か連戦する必要があるようです。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

破岩鈴イエログラフ完成!! 

酒飲みプレイでウラガンキン亜種戦をまた連戦。

やっと念願の破岩鈴イエログラフが完成しました。

まず最初に言ったクエストは「脅威! 双鋼槌」。
ウラガンキン亜種の二頭同時クエスト。

武器は昨日に引き続きエターナルオルゲール。

とにかくこういう突進系は、二頭揃われると非常にやっかいになるので、こやし玉で分断しながらの先頭になります。

一匹目は、合流された時に死にそうにはなったけど、さほど苦労せず15分針で捕獲完了。

2匹目も同じ勢いで交戦開始するも、25分針あたりで、交通事故的に一乙。
仕方ないかと思いながらアイテム欄を探すと、なんと久しぶりの秘薬忘れに気づく。

仕方がないのでそのまま狩猟を継続。
途中でラングロトラが乱入してくるも、こやし玉を当ててあとは無視。
ひたすらガンキン亜種を叩きます。

そして30分針ごろに、とうとう脚を引きずり始めるウラガンキン亜種。

移動した先でスタミナ切れで止まっていたので、即シビレ罠。
さて、これで終わりかと思って麻酔玉を投げようとした瞬間。

突然吹っ飛ばされるヘイムダル氏。

何が起こったかわからないまま、ともかくたって麻酔玉を投げようとするも、今度は後ろから赤い弾丸が……。

最初にふっとばされたのは、痺れているガンキン亜種の向こう側からの舌攻撃だったよう。

まるまり突進を食らったヘイムダル氏は、今度はピヨってしまい、その隙にガンキン亜種がシビレ罠を破ってしまいました。体力は残りギリギリでなんとか踏ん張ることができしたが、被害は甚大。

仕方がないので、ともかくラングロトラにこやし玉を当て……そしてシビレ罠を調合。

そう、今回は二頭とも捕獲するつもりだったのでトラップツールをフルに持ち込んでいたのです。

フラフラになっているガンキン亜種は、転がったあと転んでもがいていました。
これはチャンスとばかりに、立ち上がってくる場所に調合したシビレ罠を設置。
目論見通りに、これにかかるガンキン亜種。

さあ今度こそ、と、麻酔玉を手にした瞬間。

背後からの舌攻撃で吹っ飛び、跳ねまわる赤くて丸いあン畜生に轢かれ、またもピヨってしまうヘイムダル氏。
ラングロトラは、今度は抜け目なくその隙を付き、秘薬での回復が出来ていないヘイムダル氏。
まさかの2乙目。

がっくりしながらガンキン亜種が移動したマップ6へ急行。

そろそろ死ぬだろうとスタンプを主体にして戦っていましたが。

一瞬の油断。

武器を研ごうと納刀した瞬間、ガンキン亜種の必殺技「臭い息付き回転あご叩きつけ」を食らってしまいました。
体力は満タン(100)だったのですが。
一撃死。

まさかの3乙で失敗と相成りました。

結局その後、「仄暗い火口の中から」を2回クリアして重耐熱殻を集め、やっと破岩鈴イエログラフを作成できるようになりました。

ふぅ、やれやれ。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ウラガンキン亜種連戦 

重耐熱殻狙いでウラガンキン亜種と連戦していました。

破岩鈴イエログラフを作るための最後の素材、鋼鎚竜の重耐熱殻を手に入れるために、ウラガンキン亜種を狩っていました。
仄暗い火口の中から → 仄暗い火口の中から → 高難度 未曾有の脅威とクエストに挑戦。

一回目の火口の中からは、酒を飲みながらプレイ。
リアルでの仕事のことなどを考えながらのプレイで、やる気も上がらず、0分針で1乙。五分針で2乙。15分針でついに3乙。
それでもメラルーフェイクのチャチャが重耐熱殻を一つ剥ぎとってくれました。

気を取り直してもう一度同じクエストに挑戦。
今度はなんとか1乙でクリア。25分針。
しかし、この間から練習していた右ぶんまわし主体の立ち回りが全く出来ませんでした。

そして、ちょうど出ていた高難度クエストの未曾有の脅威(ラングロトラ、リオレウス原種、ウラガンキン亜種)に挑戦。
武器は、作ったばかりのエターナルオルゲール。発動スキルは、耳栓、切れ味+1、笛吹き名人、砥石使用高速化、回避性能+1
さすがスロット3武器。スキルの自由度がかなり違ってきます。

しかし途中で酒を改めて買ってきて飲んでいたので、すでにグデングデン。

連続狩猟のラングロトラに10分針。
その終了後にリオレウスを探してウロウロ。
マジで5分針ぶん進んだころ、ようやく旦那さんを発見、交戦。
もう戦術も右ぶん回しもクソもない、グダグダ試合にもちこんで、一乙しながらも討伐完了。
捕獲のためのトラップツールも持ち込んでいましたが、2回めのスタン時にガシガシ頭を殴りつけていたら死んでしまいました。終了時点で20分針。はっきり言ってラングロトラ並の狩猟時間でした。

そしてウラガンキン亜種を探してまたウロウロ。
これもかなりの時間をかけて、やっと荒岩主任を発見。

これも一乙しながらもクリア。終了時点で40分針
こちらは捕獲が成功しました。

そしてワクワクの報酬画面。
あと三枚で揃う重耐熱殻……でしたが、ひとつも出ず。

今、高難度クエストに「脅威! 双鋼槌」が出ているので、次はそれに挑戦して、こんどこそイエログラフを完成させようと思います。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

エターナルオルゲール完成と右ぶんまわし主体の立ち回り 

不足していた素材「覇王の証」×5を入手して、エターナルオルゲールをやっと完成させました。

覇王の証を得るために選択したクエストは「凍土の雪合戦」。
ドスバギィ×2とブラキディオス×1の連続クエストです。

理由は、爆砕の壊鈴を強化し、ブラキ防具を制作したかったため。
覇王の証はむしろそのついでという感じでこのクエストを選びました。
覇王の証が5枚集まるまでに、天殻が出てくれるかどうか。

食材クエストなのですが、砕竜の天殻が出やすい(基本報酬で5%とのこと)ため、多くのハンターが何回もクリアすることになるクエストですね。

さて。

前回も書いたのですが、プレイヤースキルが極めて高い狩猟笛ハンター様の動画を見て影響を受け、「向かって左側から回りこんでモンスターの頭に右ぶんまわしをあてる」という立ち回りを動きの基本とすることにしました。

クエスト1回め。
わかっていたことですが、ドスジャギィがかなりきつい。
武器は軍奏ハプルモニカで、対ブラキ戦しか意識しておらず、火力が集中させにくい狩猟笛であるため、一匹に大体7~8分はかかってしまいます。

それでも目標としていた「2回スタンを取る」は2匹とも達成。もともとスタンをとるのが苦手だった自分(カリピーなのに)、上記の立ち回りを意識した効果は多分、確実にあります。

ブラキディオスが出てきた時にはすでに20分針に達しており、またどれだけ時間がかかるかな、と思いながら戦闘開始。

ブラキディオスは大きな腕や叩きつけるような攻撃が邪魔で、左から回りこんでもジンオウガ亜種よりも頭を攻撃するのが難しい感じがしましたが、ちょっとだけ離れた位置から回りこんで、右ぶんまわしの最も打点が高くなる時点を当てる感覚で行くと、割りと頭に当てやすい感じがしました。

疲れたら閃光玉を使用し、頭が壊れたあとは腕破壊も狙い、35分針で捕獲完了。
ドスバギィ二匹と終了時間があまり変わらない。なんなんだこのクエストのドスバギィ。「むしろブラキが前座」とはたまに聞きますが。

結局、同じクエストを3回ほど行い、覇王の証が5枚たまりました。
全部、35分針でのクリア。
そして、今までほとんど取れなかったスタンを、全回でブラキ、ドスバギィともに2回取れるようになっています。
特に最後に行ったクエストでは、ブラキディオスから最初のスタンを取った早さが参考にさせてもらった動画の人並み。自分でちょっと感動しました……その後、集中力を切らしてしまい結局、狩猟時間自体は35分針だったのですが……。
狩猟時間がやたら短くなった、というわけではありませんが、やはり上手い人の動画を参考にするのはかなり有効なようです。

また、右ぶんまわしを主体に戦っていると、軍奏ハプルモニカでは緑の音符がたまりやすく、緑緑紫水の体力回復(大)が吹きやすいという効果もありました。

ともかく。
最後に行ったクエストで、5枚目の覇王の証とともに念願の天殻も入手。センサーさんが休んでいるのか、とてもスマートに素材が集まりました。

あとは鋼鎚竜の重耐熱殻が5枚で、狩猟笛最強武器の一つである「破岩鈴イエログラフ」が完成。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

獄狼竜……御苦労竜 

エターナルオルゲールや狼牙琴作成を目指して、まずはクエスト「獄狼竜」、ジンオウガ亜種を目標に定めます。

一回目。
閃光玉を調合分まで持ち込んで挑戦。

久しぶりの獄狼竜戦で、ファンネル対処法などがわからなくなっており、手数が異常に少ない戦いに……。
被弾も多く、途中で回復のために秘薬を2個使用する始末。しかも後半で一乙。体力100の状態で戦うハメに。

当然終了時間が伸びに伸びて結局「残り十分です」の声を聞くことになりました。

残り時間6分くらいで、やっと脚を引きずるジンオウガ亜種。
結局、時間ギリギリで捕獲クリア。

気になる報酬ですが……。
なんと、一回目の狩猟で獄狼竜の天玉をゲット。
ちょっとびっくりしました。

得るものも多かった狩猟ですが、しかしこの時間のかかり方は大問題です。
何とかしなければ……と、思って、何か参考になる動画はないか探してみました。

最近では、モンスターハンターのプレイ動画は一部の実況ものやキャラものしか見ていなかったのですが、久しぶりにプレイを主体とした動画を探しました。

で、見つけた、狩猟笛で獄狼竜を5分針で倒す動画。

右ぶんまわしと後方攻撃を主体に、ひたすら頭に集中させるその動画は、完全我流でスタンプを主体に戦ってきた自分にとって、かなり刺激になりました。

早速動きを真似て2回めの挑戦。

真似て……とはいっても、そんな簡単にその動きをコピーすることなど不可能。
ともかく右ぶんまわしをを多用することを目標に頑張りました。

左側から頭の前に回りこもうと意識していたのですが、その位置取りすら自分には難しい。

結果は2乙40分針での捕獲クリア。
戦い始めにはなんだか少し上手くなった気がしたのですが、気のせいだったようです。
それでも一回目では取れなかったスタンを2回奪うことができ、手数も前回よりは多かったように思います。問題は後半、集中力が切れてしまっていたこと。2回ダウンしたのも後半でした。

とりあえず、エターナルオルゲールを作るための獄狼竜素材はこの二回で揃ったため、今度は覇王の証と砕竜の素材を求めて「地獄の雪合戦」に挑戦しようかと思います。


改めて、上手い人の動画は参考になることが分かりました。
もうちょっと狩猟笛の動画を見て、動きの研究をしてみたいとも思うほどに。
ともかく、今まであまり活用していなかった右ぶんまわしを主体にした立ち回りを意識して行おうかと思っています。

P.S.
それにしても、獄狼竜の靭尾は尻尾切断でしか出ないんですね……。大剣も少し作らないと……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

「火山の熱地帯」「暗中・迅速・太刀打ちの影」 

港★7のキークエストを進めています。
「火山の熱地帯(リオレウス原種、 ウラガンキン亜種)」と、多くのクエストの開放条件である「暗中・迅速・太刀打ちの影」に挑戦しました。

熱地帯はヤミノヒツギで挑戦。
森部分を巡回しているリオレウスと、火山地帯をウロついているウラガンキン亜種はまったく出会うことなく、同時クエとはいえ乱戦はありませんでした。

BCに近いマップにいたリオレウスとまずは交戦。

割りと上手く戦いを進めていたと思うのですが、ミスひとつから一気にやられて一乙。
その後は特に苦戦すること泣く捕獲。

待たせていたウラガンキン亜種にも一乙を喰らい、例のごとくチキン戦法に切り替えチクチクとダメージを与えていきます。

なかなか足を引きずらないなと思いながら戦っていたら、何気ない一撃でクエストクリア。
ガンキン主任、やせ我慢をしていたようです。


そして「暗中・迅速・太刀打ちの影」
もともとMHP3でもっとも多く戦った相手で、つい先日、実践火力検定試験で狩りまくったナルガクルガ。
亜種とはいえ、戦い方の基本はあまり変わりません。
尻尾ビターンのフェイント二連発や、二回転尻尾攻撃に気をつければ特に難しい相手ではありません……が。

こともあろうにヤツが乱入して来ました。

怒りを喰らうイビルジョー(だったと思う)。

邪魔されて邪魔されて、ついに一乙。

こやし玉で分断しても、しつこく合流してくる恐暴竜。
ナルガクルガ亜種自体はさほど難しくはなかったと思うのですが、すごく面倒くさいクエストになってしまいました。

それでもなんとかナルガクルガ亜種を捕獲してクリア。

これで港★7のほとんどのクエストが開放されました。
色々と作りたい武器、防具があるのですが、とりあえず対ミラオス戦を睨んだ装備を揃えながらキークエストをこなしていこうと思います。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

動画作成の壁2 

動画作成ソフトの不具合は、Aviutlを新規ダウンロードして、プラグインなどを見なおしてやっと解決しました。
しかも4月1日にVer1.0が出ていたばかりだったようで、図らずもアップデートの形になりました。

それにしてもAviutl。
97年からコツコツとバージョンアップを重ね、ついに完成したとのこと。

自分も、少しずつではあってもヘイムダル氏の動画を継続して作って、なんとか「最終回」まで達成したいと思います。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

動画作成の壁 

パソコンの新調に合わせて、動画作成ソフトも購入していました。

Movie Pro MX 

VOICEROID+結月ゆかりを発売しているAH Softwareの製品で、結月ゆかりとセットでの販売もしています。

で、使ってみようと思ったのですが。

なぜか、C920で録画したMP4動画ソースだと、編集中に止まる。動画がプチフリーズを起こすように、ブツブツと切れるのです。
別ソースのMP4ソース(720Pなので画像サイズなども同じ)だと大丈夫。
でも自分で録画したソースだとプリフリーズを起こす。撮りためている別の録画ソースでも同じ。

自分で用意したヘイムダル氏の動画は、もともと拡張子が.movなのを.mp4に書き換えたものなので、それが問題なのかもしれないけど、しかしMovie Pro MXは.movファイルを読み込んでくれない。
う~ん……。


仕方がないので、従来使用していたAviUtlで読み込んだら、今度は音ズレがひどい(ソースを普通に再生してもズレはない。前にもこの症状が出るソースはあった)。

どんだけひどいって、最終的には多分10秒くらいズレる。

そして今回編集しようとしている動画は、村★4の緊急クエスト「海竜ラギアクルスに挑め」
無視出来る回ではない。
倒したあと10秒くらい経ってから勝利のファンファーレが鳴るなんて絶対嫌。

ちょっとマジで手詰まりです。

とりあえず、AviUtlのプラグインの設定から見なおしてみようか。
高い金を出して買ったけど、Movie Pro MXはちょっと使いにくそうだし……。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

勘違い 

「砂原の角竜を狩れ!」をクリアしたら「暗中・迅速・太刀打ちの影」が出現すると勘違いしていました。
太刀打ちの影は、「砂原で発生、風牙竜巻」と「火山の熱帯地より」をクリアせねばならず、「火山の~」を出すためには「リオレウスの狩猟」と「ウラガンキンの狩猟」をクリアせねばならないのですね。

……面倒。

ともかく、「リオレウスの狩猟」と「ウラガンキンの狩猟」をクリアしました。
武器は、ウラガンキンには軍奏ハプルモニカ、リオレウスには、作ったばかりのヤミノヒツギ。

現在、ヘリオスZに銅のみフロギィXで構成した防具を使用しており、耳栓が発動するため軍奏ハプルモニカは自分強化以外に有用な旋律がほぼありません。演奏を意識しないで良いため、逆に戦いやすくもありますが、なにか物足りなく感じます。

逆にヤミノヒツギは、風圧無効やスタミナ減少無効【大】、防御力UP【大】、体力回復【中】&解毒など、対リオレウス戦に有用で、しかも楽譜4つの演奏が多く、ある意味では煩わしいけれども、狩猟笛を使っている、という感じが強いです。

2つのクエストは、どちらも20分針で特に何事も無くクリア。

岩石笙【駆ノ音】を作るために必要な爆鎚竜の厚鱗は、報酬とチャチャの剥ぎ取りで合計3つしか手に入らず、必要数4つまであとひとつ。
面倒なので後回しにしますが、次に挑戦する「火山の熱地帯」で戦うウラガンキン亜種からは、破岩鈴イエログラフを作るのに必要な鋼鎚竜の重耐熱殻×5を得たいと思うけど、まぁ一回では無理でしょうね。

あとで「火砕の轍」(ウラガンキン原種、亜種クエスト)に挑戦して一気に揃えることになるかな、と思っています。

ともかく。
太刀打ちの影をクリアしたらグラン・ミラオス戦まであと一歩。
そろそろ対ミラオス用の武器や装備を考えなけりゃなぁ。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ヤミノヒツギ完成とキークエスト「砂漠の角竜を狩れ」 

やっと悪夢のクチを手に入れ、ヤミノヒツギが完成しました。

結局、ギギネブラ原種の三体クエスト「毒に沈む」で三匹とも剥ぎ取りで、なんとか悪夢のクチを一つ確保。
長きに渡った対ネブラ戦線が集結しました。

一体目は5分針で。
二体目は15分針の時点。
そして三体目は25分針の時点で討伐完了。

一匹の終了時間がどんどん長くなったのは、多分集中力の問題。
しかし三体倒しても、捕獲なしだと報酬がめっちゃショボかったです。

それはともかく。

日を改めて、キークエスト「砂漠の角竜を狩れ」にも挑戦しました。

ウィンドウズ8でのウェブカメラの使い方がよくわかっておらず、スタートモードの「カメラ」を使用して録画。
しかし、このモードでのカメラコントローラーは、使い慣れていないこともあってめっちゃ使いにくい。
しかも、画面アップの機能が2倍程度までしかできず、ゲーム画面をギリギリの大きさで写すことができないという、致命的な問題が。

ロジクールのサイトでは、「このバージョンのLWS(ロジクールウェブカメラソフトウェア)はビデオ効果をもはやサポートしていません。」なんて書かれていたから、以前使っていたLWSのようなソフトは使えなくなったと思い込み、とりあえずウィンドウズのカメラコントローラーで録画していました。

が、やっぱりだめ。
画像アップ機能が弱いのが致命的。

仕方がないので以前使っていたアマレコTVに戻してみることも考えましたが。

諦めきれずにロジクールのサイトを見ていると、なんかLWSダウンロード出来たし。
64ビットOSに対応しているっぽいし。

……あれ? 結局もとのと同じ録画ソフト、あるんじゃん。つかえるんじゃん。

……ともかくこれで、以前使っていたすべての機能がやっと使えるようになりました、ウィンドウズ8。

サボっていた動画の制作も、進めていこうと思います。

あ、ディアブロス原種は1乙25分針でクリア出来ました。
武器は作ったばかりのフロストガリバー。
音爆弾と高周波、そして閃光玉を使いまくり、最初の方は割とうまく戦えていたと思うのですが、ディアブロスが怒るようになると、手を出せずにひたすら逃げてグダグダに……。

ともかくこれで港★7の他のクエストが開放されました。
あとは「暗中・迅速・太刀打ちの影」をクリアすればキークエストはほとんど開放されるはず。

武器強化に走るか、現状でキークエストをこなしていくか、ちょっと迷っています。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

悪夢のクチの悪夢。 

ヤミノヒツギを作るための素材集め。
あとは悪夢のクチのみなのですが。

でません。

悪夢のクチでません。


ギギネブラの原種と亜種をかなりの数、狩りました。
今、ギルドカードで確認したら。

「暗闇にうごめく猛毒!」(原種×1 ギィギ250回狩猟達成)
高難度の「ドクターの毒毒研究」(原種、亜種×1 2回力尽きた)
「電怪の謎を追え」(亜種×1 乱入ネブラ原種も狩猟 2回力尽きた)
高難度の「毒に沈む」(原種×3 ギギネブラ狩猟20回達成 ギィギ狩猟300回達成)
「暗闇にうごめく猛毒!」(原種×1)
高難度の「ドクターの毒毒研究」(1回力尽きた)

全部、頭は破壊。

これだけやって、悪夢のクチは最後にやった「暗闇にうごめく猛毒」で出た一個のみ。
必要数は2個なのでもう少しなのだけど……。

でも今ちょっと調べて知ったけど、捕獲では出ないんですね悪夢のクチ。
倒したうちの7割くらい捕獲してしまっていた……。

いつも不足して泣く「大竜玉」は4つ頂きました。

それにしても、力尽きすぎです自分。
狩猟笛での対ギギ戦は、どちらかというと亜種のほうが苦手で、特に初めの頃は0分針で一乙とか、けっこうありました。今回、オチているのも、ほとんどが亜種とやっている時です。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード