モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

モンハン4の新システムを妄想 

まぁ別にMH4ではなくても良いのですが、こんなシステムがあったら面白いかも、という妄想。


・双剣組み合わせシステム。
 右手、左手で別々の双剣を装備するシステム。
攻撃力は、二種類の双剣の平均値、属性値はそれぞれの双剣の半分の数値で双属性になる。
組み合わせによっては、別の名前の双剣として認識されたり(例、アグナコトル原種、亜種の双剣を組み合わせると「精霊双刃エレメンタ」になる。逆に言うとエレメンタを単体で作成することは出来ない)、攻撃力にボーナスが付いたり、属性が変化したりする。


・狩人生活日記の拡張
 ギルドカード内の日記は現行のままで(記載される行数が決まっている)、マイホームの本棚に完全版の狩人生活日記を閲覧できるようにする。ゲームスタート以降全ての狩人生活日記を閲覧でき、また簡単なコメントを付けることができる。


以上、妄想でした。あしからず。
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

モンハン4の新武器 

新武器のシルエットが来ましたね。
とりあえず、どんな武器なのか、できるだけ詳しく妄想しようと思います。

世間ではガンハンマー的な武器という予想が人気のよう。
個人的には、巨大な三叉のシルエットから、船のアンカー(錨)を連想しました。

そんなわけで、自分の妄想として、新武器は「アンカー」

以下、詳しい妄想を書いていきます。



○新武器「アンカー」概要
・手持ちの柄の先に巨大なアンカーを取り付けた超重量武器。
先端のアンカー部分は射出して遠くの敵を攻撃することが可能で、柄とアンカーはチェーンで繋がれている。

アンカー部分が柄に固定されているときは超重量級の近接武器。射出後はチェーンを伸ばした「中距離武器」と、二つの形態を持っていることが最大の特徴。

アンカー固定時(以下、この状態のことを「アンカー状態」と呼ぶ)はハンマーをさらに高威力化、単純化、鈍速化させたような近接武器となり、巨大なアンカーによるガードが可能になる。

アンカー射出後の状態(以下、この状態のことを「チェーン状態」と呼ぶ)では、チェーンを引き寄せてアンカー部分を投げつける、チェーンを振り回して広範囲を攻撃するなど、非常にリーチの長い武器となる反面、攻撃速度などは遅く、また至近距離での攻撃が限られてしまう。回避行動も左右のステップのみとなる(長いチェーンを持ったまま前転側転なんて無理無理)。
アンカー射出時の特殊な行動として、チェーンでモンスターを拘束するアクションがある(詳細は後述する)。

射出攻撃の最大射程は純正のガンナー武器ほど長くはない(最大でティガレックスの全長程度の射程)。
射出攻撃は溜めが可能で、溜め段階によって威力と飛距離(チェーンの長さ)が変わる。

アンカー射出後は、柄に内蔵されたウインチを作動させることによりチェーンを巻き取り、再び柄に固定することができる。

巻き取り方法には二種類あり、巻き取り中も行動ができるが巻きとり速度の遅い「通常巻取り」と、無防備になるが高速で巻き取ることの出来る「高速巻取り」がある。
当然、短い溜め段階で飛距離を短くした場合は巻き取りも早く終わる。

通常巻取り中は射出状態と同じ行動ができるが、時間の経過とともにチェーンが短くなる。
チェーンが短くなると、威力、リーチが短くなるが攻撃の隙は少なくなる。



○操作方法(アンカー状態)

X  :縦殴り(3回まで連続入力可能)

A  :横殴り(単発だがXの縦殴りにつなげることが出来る)

R  :ガード(アンカーを使用するため切れ味が落ちる) 

X+A :アンカー射出(3段階で溜めることが可能。溜め段階が上がると威力、リーチが上がる)


○操作方法(チェーン状態)

X  :縦振り(チェーンを引いてアンカーを引き寄せた後、縦に振り下ろしてアンカー部分を遠くへ投げ付ける。直線的な攻撃でリーチが長い。その時点でのチェーンの長さによって、威力、リーチと攻撃発生までの時間が変わる)

A  :横振り(チェーンを右に振って前方を広範囲に渡って攻撃する。連続入力で左に振り直す)

R  :巻き取り(押している間、チェーンを巻き取る。離すと巻取りをやめるため、チェーンの長さを調整することが出来る。通常巻取りの場合は移動、攻撃が可能。二度押しで高速巻取りに移行する)

X→A ;片手持ち振り回し(チェーン引き寄せ中にAボタンを押すことによって縦振りが変化。頭上でチェーンを振り回し、アンカーで全方位を攻撃する。Aボタンを押している間振り回しを続け、離すとやめる。回転速度は一定で比較的早いが近距離の当たり判定は無い。移動も、低速だが可能。チェーンの位置が高いため、小型のモンスターには当たらないことがある)。

A→X :両手持ち振り回し(チェーンを横に振っている間にXを入力することで横振りから変化。ハンマーの溜め3振り回しの先にチェーン+アンカーが付いたような全方位攻撃をする。片手振り回しよりもリーチが長く、最初は回転速度が遅いが加速度的に早くなる。ただし移動は出来ず、一定時間続けることでハンターが目を回してしまう。チェーンの位置が低いため小型のモンスターにも有効。特殊行動のモンスター拘束へ移行できる)

※モンスター拘束
・モンスターが疲労中に、両手振り回しのチェーン部分を当てることにより、チェーンをモンスターに絡めて拘束することが出来る。
拘束するとモンスターの下にゲージが現れ、モンスターのもがきに応じて減っていき、ゼロになると拘束から脱出される。拘束中にXボタンを連打することによりゲージの減少を鈍化させることが出来る。
拘束中はモンスターは動けないが、拘束しているハンターも攻撃は出来ない(武器に属性がある場合は多少の属性ダメージは与えることが出来る)。そのためソロプレイではあまり意味がなく、パーティプレイで効力を発揮する。

○その他の特徴。
・切れ味ゲージの下に「チェーンゲージ」が表示される。その時点でのチェーンの長さを表しているもので、アンカー状態ではゼロ。最大溜めの射出直後で最大で、Rでの巻き取りをすると減っていく。最大長の時には攻撃力にボーナスが付く。

・武器によってチェーンの長さが多少違う。基本的にはチェーンが長い武器のほうが威力が強く、攻撃速度が遅い。

・チェーン部分には当たり判定はない、あるいはあったとしても威力は低い。ただし属性がある場合はチェーン部分でもダメージを与えることが出来る。

・タイアップ武器として、「ガンダムハンマー」(機動戦士ガンダム)、「鏢(ひょう)」(うしおととら)などがある。


う~ん、やたら長くなってしまった……。
とにもかくにも、これから2週間くらいは新武器の妄想話でモンハン界隈のブログや掲示板が非常に盛り上がりそうですね。これは公式発表がされるまでしか楽しめない、貴重な時間だと思います。

では、これで。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

交易朱印状未だ取れず 

クイーンニードルを取れば取得できるだろうと思っていた交易朱印状。
ネット上に載っていた方法でクイーンニードルは手に入れたけど、交易朱印状は取れませんでした。

現在、手持ちで持っていないのは★4つの海王の大龍鱗、高級泥パック。★5つの雌火竜の桜ロース、火竜の上カルビ。

海王の特大龍鱗はあるが、大龍鱗は見た覚えがない。
他の三つは一度は取ったことがあるような気がするけど、泥パックは微妙。あんまりモガ森でボルボロスを見た記憶が無い……。

本当はクラウン系以外の勲章を揃えてから、天地狩猟の覇紋を取得するクエストをし、それを次の動画にしようと考えていましたが、残念だけど朱印状は諦めてまた今度の機会にしようかと思います。
録画を優先。

そんなこんなで予定が順調に遅れています。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

リュウグウガニの宝玉獲得。 

村下位のウラガンキンを転ばして捕獲して、貯めに貯めた溶岩塊。
手持ちの資源ポイントが728,591ポイントになってようやくリュウグウガニの宝玉を手に入れました。

これで後は、黄金のメダル、天地狩猟ノ覇紋、ビッグ、キング、ミニチュアの各クラウン。そして交易朱印状。
クラウン系は諦めているのでいいとして。
メダルと覇紋は、あえて取っていないという段階。

そんなわけで、交易朱印状を目指そうと思います。
取得条件を調べてみたところ、手に入れていないのはどうも「クイーンニードル」だろうと目星を付けました。
あと無いとしたら「高級泥パック」。

とりあえず、それを目指して森に篭って見ようかと思います。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

【MH3G】週末の笛吹き テスト5「ガノトトス襲来!」 【プレイ動画】 

新しい動画をUPしました。



テスト動画その5です。
次でテストは一旦終了。
その後は、本編となる狩猟笛メインの新キャラ動画を作っていこうと思っています。

どうでもいいけど、何も考えずに喋らせていたら、いつの間にか結月ゆかり嬢がかなりフリーダムな娘になってしまった……。

ともかく、よろしくお願いします。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

下位ウラガンキンの捕獲 

ひたすら村下位のウラガンキンを転ばせて捕獲していました。
狙いはもちろん溶岩塊。

装備は全身アシラXで、武器はハンマーのガイア・オリジン。
お守りはスロット3のもの。
発動スキルは「捕獲名人」「捕獲の見極め」「ハニーハンター」「高速収集」「まんぷく」

最初はスタンを取って採掘しようとしていましたが、とにかくひたすら脚を狙って転ばせたほうが効率がよいことに気づきました。
高速収集が付いていると、採掘回数がかなり増えます。

とにかく紅蓮石がうざいです。
大樽爆弾が増える増える。

とりあえず、手持ちの資源ポイントが54万まで行きました。
通算でどれくらいになっているのかが全くわからないので、あと何万ポイント貯めればリュウグウガニの宝玉がもらえるのやら。

最大の問題は、自分のプレイヤースキルでは下位のウラガンキンを捕獲するのに7分くらい掛かってしまうことでした。なんとか5分針で終わらせたいのに。

世の中には、G級ブラキを5分針で狩る人もいるというのに。自分の腕前にヤレヤレという感じです。

P.S.
動画作成、ちょっと苦戦していますが、近いうちにテスト動画その5をUPします。よろしくお願いします。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

更新が滞っています。 

ここのところ、更新が滞っています。
竜職人のトンカチを取得したのと、動画の作成に時間を取られているのが主な理由です。
大変申し訳ありません。

とりあえず、テスト動画をあと2つ作成したら、新しいキャラを立ちあげてプレイ日記を更新していきたいと思います。

アクセスカウンターが今日100を記録しました。
生来の三日坊主である自分が、兎にも角にもブログの更新を続けていられるのは、見ていただけているという実感があるからです。
動画を含め、ご視聴いただき本当に有難うございます。

今はちょっと停滞していますが、こらえからもよろしくお願いしいたします。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

テスト動画その5現在作成中 

うーん、音が割れる。

次の動画のためのクエストを録画していたのですが、撮り終わって見てみたら、音が割れまくっていました。
画面サイズを大きくして取ったら、ファイルサイズが10分で27ギガになるし。

うーん、動画を作るのって難しい。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

テスト4「脅威!火山の鉄槌!」 

テスト動画その4を投稿しました。



溶岩塊狙いで村下位ウラガンキンです。
今回は茶番オープニング的なものを入れてみました。
また、お試しでゲーム風のテキストを入れてみました。これはサイズや使い方にかなり問題があったと思います。茶番部分の会話内容もちょっとなぁ……。軽妙な会話を考えるって難しいですね。

あと二個くらいで動画作成テストを終え、本番の「週末の笛吹き」狩猟笛動画を作って行きたいと思っています。……連休中に仕事の予定ができたし、連休明けには間に合わないかもしれません……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

賢者の巻物とリュウグウガニの宝玉 

勲章「リュウグウガニの宝玉」を目指して村下位ウラガンキンをひたすら倒しています。
次の動画はそのウラガンキン戦になります。現在編集中。明日にでもUPしたいと思います。

それにしても、現在通算資源ポイントがどれくらいになっているのかが全くわからないです。
手持ちでは30万ポイントくらいあるけど、先が見えてこない。

新しい固定具は、カメラを固定するという意味では良好なのですが、とにかくひたすら重い。
いやホント、腕が鍛えられるクラスで重い。

勲章「賢者の巻物」も順調に進行中。
あとはフエールピッケルとピュアクリスタル、いにしえの竜骨で取得できます。
何回か凍土へ行ったのですが、こういう時に限ってピュアクリスタルが出ない。
物欲センサーに引っかかった感じです。

物足りない更新ですが、何せ下位クエストと採取ばかり行っているので、書くことが無いです。
あしからず、ご了承下さい。
それではまた。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

カメラの固定法を変更 

直撮り用カメラの固定法を変更しました。

こんな感じになりました。
変換 ~ P1020441

ハンディグリップを購入しました。


変換 ~ P1020442

ハンディグリップの裏側にアルミ板を固定して、それにアームを取り付けています。
今回は3DS本体に止めているわけではないので、ヒンジへの負担が無くなりました。


変換 ~ P1020443

ハンディグリップは、もともとあるネジ穴を利用してアルミ板を取り付けました。


変換 ~ P1020444

メチャメチャ重いです。

前(http://mhblog563.blog.fc2.com/blog-entry-40.html)に比べて、カメラ位置が高くなり、3DSの画面でプレイできるようにもなりました。それでも一応大画面でのプレイに慣れようと思っていますが。

そして、ここまでやってもまだ録画画面は多少ふらつくという現実。

最近、テスト動画の作成に時間が取られてプレイ日記を書いていません。
あと数回テスト動画を作ったら、今度こそ狩猟笛メインのキャラクタを立ちあげて、「看板に偽りあり」の現状から脱却したいと思っています。

目標としては、連休明けの26日頃から、狩猟笛キャラのプレイ日記とプレイ動画を投稿していきたいと考えています。

それでは、今日はこの辺りで失礼します。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

下位クエスト「ロアルドロス捕獲作戦!」 

テスト動画第3弾が完成しました。



今回から、C920での撮影です。
ちょっとだけ、画質良くなったでしょ?

今回の動画の途中で出てきますが、カメラの固定方法にはまだ難ありです。
3DSLL用のハンディグリップを購入したので、それを利用して、よりよいカメラの固定法を考えている最中です。

12月8日のHD版発売以降、優れたモンハン3G動画の投稿が増えるのではないかと予想しています。
できればその前に本番である狩猟笛メインの動画をUPしたいと思っています。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

テスト動画その2「リオレイア現る」 

テスト動画その2をUPしました。
もしよろしければ見てみて下さい。



なかなか思ったような画質にはなってくれません。
他の動画の作成者様たちは、どういうソフトを使ってどのように圧縮しているのか気になるところです。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

ダメな大人になってしまった 

ウェブカメラ Logicool C615で頑張ろうと思っていたのですが、誘惑に負けて上位機種のC920を買ってしまいました。

これくらいの性能でいいだろう……と思って2,000円くらいのウェブカメラを買い、満足できなくて良いカメラを買おうと思いながらもケチって6,000円くらいのC615を買い、ちょっと不満があったからと10,000円くらいのC920を買う。

安物買いの銭失いロードをひた走ってきました。

C615の供養も兼ねて、テストと動画編集の練習を兼ねた、画質比較動画でも作って見たいなぁと思っています。

現在、テスト動画の第二弾を作っています。
5分や10分の動画に、音声合成ソフトを使用したコメントを漬けるだけで2時間近くかかってしまいます。
面白くなるように……とは思っているのですが、コメントを考えるセンスも無いのが辛い。

ある程度満足行く動画が作れたら、今度こそ狩猟笛の新キャラを作ろうと思います。
のんびりやっているので時間がかかっていますが、今後共よろしくお願いします。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

チャンピオンバッジと大会認定トロフィー 

闘技場のジンオウガ亜種クエストをAクラスクリアし、チャンピオンバッジと大会認定トロフィーを獲得しました。
使用武器は片手剣。タイムは18:23とAランクギリギリでした。

実はその前に、ランスで録画しながら挑戦していたのですが失敗。
やっぱり大画面でのモンハンはまだちょっと慣れない感じがします。

あとはあえて残してある幾つかのクエストをクリアすれば天地狩猟ノ波紋はとれます。
最小と最大系はほとんど諦めています。

それらを除くと、あと取っていないのは「賢者の巻物」と「交易朱印状」、そして「リュウグウガニの宝玉」。
前者2つはさほど苦労はしないと思います。
特に朱印状は、ゼヨ船長が帰ってくるのを待っているだけでOKなような……。

問題はリュウグウガニ。
今現在、通算の資源Ptがいくらになっているのかもよくわかっていないです。

下位のウラガンキンや上位ガノトトス、ロアルドロスをG級武器でいじめる様を録画しながら、テスト動画を作ってみようかしら。


P.S.
勘違いを確認しました。
「交易朱印状」はけっこう面倒くさい勲章みたいですね。
記念インテリアとちょっと間違えていました。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

大いに凱歌を奏したり 

G3最後のクエスト「大いに凱歌を奏したり」

HR100で出現する最後の通常クエストで、ブラキディオス+ドボルベルク亜種、ジンオウガ亜種+ラギアクルス亜種の2頭同時×2セットの大連続狩猟。

まぁ相手の名前を見ただけでヤル気が萎むクエストではありますが。
それでも、ここまで来たからにはソロで「天地狩猟ノ波紋」まで取得したい。

とりあえず装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020438

変換 ~ P1020439

変換 ~ P1020440

片手剣に「金剛体」「心眼」という、とにかく隙を少なくした装備です。
今回はブラキディオスが居るために、爆破属性よりは毒属性の方が有効と判断し、七星剣に「覚醒」を選択しました。

まぁ本来、片手剣はヴァナディーの武器ではないというイメージなのですが(このキャラは重い武器をメインに考えていました)、あるモノは活用しようかな、と。

ともかく、またぞろオトモはランプ大砲。
ケムリ玉を用意していざ出陣です。

ファーストチャレンジは、すぐにブラキディオスに気づかれて、5分針持たずに1乙したのでリタイア。

……今のは様子見、様子見。
次が本番。

2回目のチャレンジでは、ケムリ玉を使いきるまでブラキディオスに気付かれず、ドボルベルク亜種を攻撃。
初めて気づいたけど、ケムリ玉使用時のモンスターって、まったくのガン無視ではなく、「あれ? なにかおかしいぞ、おかしいぞ? なんか居る?」って感じでキョロキョロしているんですね。

このセットではいかにブラキの広範囲攻撃をいなすかがポイントだと思っていたので、閃光玉を使用してとにかくブラキの動きを止めながらドボルベルク亜種の討伐を目指していました。

怖いのは、ドボルベルク亜種の足元に陣取って視界が悪くなっているところへの、ブラキディオスの飛び込みパンチ、地面頭突き→広範囲爆破、前方爆破攻撃などです。
実際、ブラキディオスが見えていない状況で、(多分)前方爆破攻撃を食らって1乙しました。

とにかくこのセットはモドリ玉を使うことが多かったです。
でも6個目くらいのモドリ玉を使うと同時にドボルベルク亜種が倒れ、「残り3頭です」のアナウンスが。
2頭相手にしていて集中力が乗った状態でブラキディオスとのタイマン。
ヴァナディーの武器ではないとはいえ、片手剣はセカンドキャラでメインを張っていた武器。
正直、片手剣、双剣でのブラキディオス割りと得意なのです。

そして15分針くらいでブラキディオスを討伐完了。

ワンモアセッ!

態勢を立て直して次の2体を待ちます。
この時点で閃光玉は調合分を含めて8個。支給用閃光玉を含めて10個。
モドリ玉を使っていたおかげで回復薬にもまだまだ余裕があります。

次のセット、ラギアクルス亜種とジンオウガ亜種では、龍光球と龍属性ヤラレが厳しそうなのでジンオウガ亜種から攻撃。閃光玉も惜しまず使い、ラギアクルス亜種の動きを止めます。

……多少は予測していたのですが、この二体、同士討ちがメチャ多かったです。
2頭が密着状態で、ジンオウガ亜種が龍光弾を発生させるも、全部ラギアクルス亜種に吸われてしまったり、ラギアクルス亜種が、後退雷球三連発をジンオウガ亜種に全部当ててみたり。
しかもこの二匹、互いに弱点属性で攻撃しまくり。

そんな面もありますが、それでもハンター泣かせの実力モンス。
ラギアクルス亜種の遠くからの薙ぎ払いブレスを食らってピヨり、ジンオウガ亜種の踏みつけで2乙。

いや、2頭が生き残っている状態で2乙はヤバイ。
正直ここの時点で、負けても仕方がないと思いました。第一セットをある程度の余裕を持って取れた以上、何回か挑戦すればいつかは勝てるだろうという手応えもありましたし。

それでも相打ち狙いのチキン戦法で粘っていると、ついにジンオウガ亜種が墜ちました。
俄然、盛り上がるテンション。
ここまで来たらさすがに負けられない。

ここで決める。

かすり傷程度でも応急薬を使うような超安全運転でラギアクルス亜種に応戦。
そして25分針。

ついにクエストクリア。

ついにG3級を完全クリア。

これであと、闘技場のジンオウガ亜種と、あえて残してある幾つかのクエストをクリアすれば「天地狩猟ノ波紋」を取得できる……つい先週までは、ソロでの取得は夢のまた夢としか思っていなかったのに。

とりあえず、今日はこのあたりで失礼します。

P.S.
実は【闘技場大会! 翠水竜と灯魚竜】も今日クリアしたのだけど、それは割愛で。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

動画できました! 

テスト動画の作成が完了しました。
【MH3G】週末の笛吹き テストその1「ウルクスス討伐」 【プレイ動画】の名前でニコニコ動画にUPしてみました。



まだ試作段階な上に音声コメントのセンスもありませんが、よろしければチラ見していってみて下さい。
よろしくお願いいたします。

category: MH3Gプレイ動画

TB: 0    CM: 0   

動画編集 

動画の作成環境など書いてみます。

1.Webカメラ + 固定具
 ・Logicool C615 + 市販の固定金具やネジ

2.録画ソフト
 ・アマレコTV

3.動画編集ソフト
 ・AviUtl

4.動画圧縮ソフト
 TMPGenc 4XP

5.音声合成ソフト
 ・VOICEROID+ 結月ゆかり


今のところ使用している機材やソフトはこれくらいです。4.や5.は別目的で購入していたものの流用です。

録画環境に関しては、画質は向上したけれどもう少し良くしたいし、カメラの固定が甘く画面が微妙に振動しているのが気になり、また固定具を右側に取り付けたため本体の重量バランスが狂い、左手で本体を押さえるためにLボタンを押しにくい(ターゲットカメラを使いにくい)感じがするなど、まだ問題はありますが、素材となる動画を撮ることはかなりちゃんと出来るようになって来ました。

もう少し録画ソフトの設定を煮詰めれば、C615でも十分な画質で撮ることが出来るだろうという手応えを持ちました。

ゲームのプレイ環境に関しても、録画ソフトを換えることにより、全画面化可能で遅延やコマ落ちはほとんどない環境になりました。
まぁまだ大画面でモンハンをやることに慣れていないという問題はありますが……。

次の問題は、動画に音声コメントを入れる、いわゆる「ミキシング」と呼ばれる(この名称はさっき知りました)作業なのですが、このやり方を勉強中です。

音声コメントなんて別に無くても良いのではないかとも思いますが、しかしスーパープレイ動画でもなければ実況動画でもない、何の特色もない動画になってしまうので、せめてこれくらいはしたいかなぁ、と、思っています。

ミキシングをちゃんと出来るようになったら、今度は「動画のUPの仕方」の勉強が必要になりそうですが、ソレはその時のこととして。

今日はこれで失礼します。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

巨重攻伐 

G3級で最後の2つとなった未クリアクエスト。
そのうちの1つ、HR90で出現する「巨重攻伐」に挑戦しました。

ディアブロス亜種+ボルボロス亜種、ウラガンキン+ドボルベルクの2対同時を2セットの大連続狩猟クエストです。

最初は、様子見の意味も込めてガンランス「煌銃槍イシュタル」で挑戦。
ケムリ玉は使わず、強走薬グレートを持ち込みました。

結果としては、5分針で1乙した時点でリタイア。

ボルボロス亜種を最初に攻撃していたのですが、そちらに注目しているとディアブロス亜種の潜行突き上げのガードが非常に難しいということがわかりました。
しかもなぜだかよくピヨった。
また、ある程度予想はしていたけど、やはりディアブロス潜行時の地震は脅威でした。
突進にせよ、範囲の広い咆哮にせよ、単体の時でもイヤなのに、ディアブロスの行動は同時クエストだと2倍にも3倍にもイヤらしさが増します。

そこで装備を変えて再挑戦。

こんな感じの片手剣装備で挑みました。
変換 ~ P1020435

変換 ~ P1020436

変換 ~ P1020437

ネブラX一式で七星剣、回避性能と耐震、そして砥石高速化をつけています。
お守りは、回避性能+3 スロット3
オトモはいつもの大砲オトモ。

今回はケムリ玉を持込み、闘技場へ入った瞬間に煙幕発動。
本当は最初にディアブロス亜種を倒したいのだけど、モンスターの初期位置の関係でボルボロス亜種から攻撃していきます。

ディアブロス亜種がかなり遠くに居たこともあって、ケムリ玉10個を使いきるまで見つかること無くボルボロス亜種を攻撃することに成功。

そして煙幕が晴れたところから本番開始。

基本的な戦略としては、ディアブロス亜種にターゲットカメラをセットして、動向を注目しながらボルボロス亜種を攻撃します。
ディアブロス亜種が潜ったら手を休めて回避に専念。
閃光玉はディアブロス亜種に使う(結局、最初のセットでは何となく面倒くさくて一個も使わなかった)。

そんな感じでディアブロス亜種の攻撃をかわしながらボルボロス亜種にダメージを与えていきます。

やがてボルボロス亜種が、ディアブロス亜種の突進や潜行突き上げを食らってダウンするようになり、15分針あたりで討伐完了。

これで面倒だったディアブロス亜種とタイマンに持込み……そして1乙……orz
壁際で全身振り回し攻撃を回避しきれませんでした。

態勢を立て直して、いつものごとくチキン戦法に切り替えて応戦し、結局20分針くらいでディアブロス亜種を討伐完了。これでやっと1セット目が終わり。

ワンモアセッ!

今度はウラガンキン、ドボルベルクのセットです。
はっきり言って、最初のセットに比べてこちらは比較的楽でした。
後を考えない分、これまで温存していた閃光玉を使い放題。
本来ならばかなり厄介だったはずの地震も、スキルのお陰で無効。ウラガンキンの顎叩き付けはむしろこちらの攻撃チャンス。
しかもなぜだかドボルベルクがカヤンバをお気に入りで、彼が居るときは、メインたるべきヴァナディーを無視してひたすら彼を追い掛け回す始末……こいつ、あの時のドボルなんじゃないだろうか?

最初に狙ったのは比べれば体力が低いであろうウラガンキンで、30分針くらいで討伐完了。

残り一体になったドボルベルクにはさすがに負ける要素がなく、35分針くらいでクエストクリアとなりました。

昨日の「四色鋭影」に比べてかなり苦戦した印象がありますが、多分それはディアブロス亜種のせい。
後半2体はむしろ楽とすら感じました。

このクエストに関しては、耐震は必須と言ってよいスキルだと思いました。


PS.
どうでもいい話ですが……。
この間、会社の観楓会に参加し、なんとフグを食べる機会がありました。
その時に飲んだフグのひれ酒が非常に美味しく、あれを再現できないものかと思い、試しに「むしりこまい」の尾びれと日本酒をコップに入れてチンチンに燗してみました。

……う~ん、魚の臭みがかなり出てしまっている。

やっぱりフグのヒレは、旨みがあるのに臭みがない、ヒレ酒に適したものなのだろうなぁ。
あるいは燗する時間が長すぎたか……。

何か、フグのヒレの代替になるモノはないだろうか……
……あ、モンスターのヒレ酒とか……美味そう……?

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

録画に関して。 

3DSでの録画のやり方がかなり煮詰まって来ました。

とりあえず、音声含めて動画を取るところまではクリア。
一番最初のテスト動画としてUPする素材にするための動画も撮り終えました。



あとは、そこに後付の音声を合成する方法を考えるだけ。

音声読上げソフトがあるので、それで動画内に自分のコメントをつけていきたいと思っています。

作業自体はウィンドウズムービーメーカーで何とかなりそうだけど、もっと効率の良い方法がないかを考えてみようと思います。

ヴァナディーでテスト動画を作って、動画作成に慣れたら、今度こそこのブログの主人公になるべきサードキャラを作成して、動画をUPしていきたいと思っています。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

四色影陣 

大連続狩猟クエストの1つ「四色影陣」に挑戦しました。

装備はランス「レイジングテンペスト」
当然、匠と覚醒をつけています。

オトモは、チャチャが古代の仮面、カヤンバがランプの仮面。
大砲と付け替えるのを忘れていました。

ここ数日で、変に自信をつけた闘技場での2頭同時クエスト。
しかし今回は、2頭同時が2セットあるという大連続クエストです。

ランスでは継続的にアイテムを使うのが難しいだろうと考え、ケムリ玉は持ち込まず。
基本的には片方の敵に攻撃を集中し、もう片方の敵は閃光玉などで動きを止めておく、という戦略で望みます。

最初に出てくるのは、ベリオロスとナルガクルガの2頭。どちらも原種です。
闘技場に入った瞬間に両方に気づかれたので、ケムリ玉を持ち込んでいてもあまり意味はなかったでしょう。

ともかく、なんとなく手近に居たベリオロスに狙いを定め、ターゲットカメラはナルガに固定。
ナルガクルガに気を置きつつ、ベリオロスを攻撃します。

地を這ってくるナルガクルガと、空から急降下してくるベリオロスと、似たタイプに見えて意外と対照的な動きをするものだと考えていました。大体の時間ではどちらかがオトモに気を取られ、さほどヴァナディーに攻撃が集中することは少なかったです。

結局、開始5分針でベリオロスを討伐。
残るナルガクルガも10分針あたりで討伐が完了しました。ここまで、閃光玉、回復薬Gともにほとんど使用せず、モドリ玉を三つほど使っただけでした。

続いて現れるのがベリオロス亜種とナルガクルガ亜種。緑ナルガはともかく、ベリオロス亜種の移動小型竜巻は厄介だろうと考えながらの戦いになります。

今回もベリオロス亜種を最初に狙い、ナルガクルガ亜種を閃光玉で封じようとします。
が、閃光玉に引っかかってくれるのはベリオロス亜種ばかり。
仕方がないのでベリオロスを攻撃していると、その体の向こうから突進してくるナルガクルガ亜種。
それでも、15分針の頃にベリオロス亜種を討伐。
残りは1頭。
もはや相手にならず、ナルガクルガ亜種を25分針くらいで討伐。クエスト完了。
なんと落ちなし、回復薬はほとんど使わないという快勝にて終わりました。

今回思ったのは、2頭同時クエストでのオトモの有用性。
二人が片方のモンスターを引き付けてくれて、その間にターゲットを攻撃するという状況が非常に多かった。

ともかく、これでG3級クエストで残すのは、「巨重攻伐」「大いに凱歌の奏したり」の残り2つになりました。
近日中に挑戦して見ようと思います。

では、今日はこのあたりで失礼します。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

やれば出来る!! 

自分、今まで諦めていました。

何をって、G3の闘技場2頭クエストと大連続クエストです。

こんなの、普通のソロハンターじゃどうせ無理だ、プロハンか仲間が一杯いるリア充ハンターしかクリア出来ないんだ。そうだ、そうだ、そうに決まっている。オレなんかじゃとても無理だ……と、そう思っていました。

しかし、昨日今日で蒙が啓けました。

やってみるもんですね。
一昨日、「月下の夜会」「肉断つ斧、骨砕く槌」をクリア。
今日は、「牙竜の檻」「カウンターバランス」「恐暴の宴」「狂瀾怒涛!大連続狩猟!」をクリア。

ジンオウガ原種、亜種同時クエストの「牙竜の檻」は、ガンランス「煌銃槍イシュタル」でチャレンジ。
物理攻撃に対してタフな上に龍属性やられで属性攻撃を無効にしてくるジンオウガ亜種に対して、じゃあ砲撃で防御無視攻撃をしていこうと考えて選択しました。
防具、スキル構成などはこんな感じ。

変換 ~ P1020424

変換 ~ P1020425

変換 ~ P1020426
ガード性能+6 砲術+7というお守りのお陰で完成した、マイセット名「銃槍汎用」装備でした。
今回も大砲オトモコンビです。

今回もケムリ玉を持込み、闘技場へ突入と同時に煙幕展開。
比較的近くにいたジンオウガ原種に対して攻撃を加えます。
10個使いきるまで亜種に見つかることなく、煙幕が切れた後は、お決まりの大乱戦。
今回は閃光玉を有効に使うことが出来、被弾はしつつも15分針あたりで原種を討伐。
緊張感のためか、やけに冷静に戦うことが出来、モドリ玉、回復薬共にあまり使っていない状態で亜種とタイマンまで持ち込みました。原種の死体から剥ぎ取りまで行う余裕っぷり。

苦手だったはずのジンオウガ亜種なのですが、フルバーストをガンガン決めることが出来、結局30分針で、落ちなしでのクリア達成。
トドメはオトモ大砲の一撃でした。

正直、やる前にはクリアできる気など起こらず、自分がクリアしたことに戸惑いさえしていました。

それでも、今日は調子が良いようだと考えてアグナコトル原種、亜種クエストの「カウンターバランス」に挑戦。
装備は、ガード強化と心眼を優先してこんな選択をしました。
変換 ~ P1020427

変換 ~ P1020428

変換 ~ P1020429

この装備、お守りを「覚醒+6」に換えるだけで「心眼」を「覚醒」にすることができます。その場合は七星槍専用装備になります。
オトモはまたしても大砲オトモ。

今回もケムリ玉を使い、まずは亜種を攻撃。
しかし4つ使った時点で原種に気づかれその後は大乱戦。

亜種の場合、氷を剥離させないと龍属性が通じませんが、胸だけは別。
最初から30通るので、とにかくそこを攻撃するつもりで戦いました。

15分針頃に、2頭に壁際へ追い詰められた上、ケムリ玉の調合を忘れており、それで焦って一乙。
さすがに簡単じゃないと思いつつ、何か変な自信……というか心の余裕があり、態勢を建てなおして再び闘技場へ。亜種はほぼ瀕死だったようで、戻ってすぐに討伐完了。
元気な原種の前で剥ぎ取りを行い、突進を食らってしまったりしていました。

どうでもいいけど、闘技場でも潜ったらマグマ化するんですねアグナ原種。、

片方が落ちると、とたんに難易度の下がる2頭クエスト。
実はガード強化ありのランスではアグナ系は得意種目。MHP3のセカンドキャラのメインがランスで、アグナU装備を作るために乱獲した時の経験が生きています。
原種は溶岩を落とさないと龍属性が通じません。亜種の時とはちがい、まず全身の溶岩を落としながら戦い……2乙目。相手を舐めて、回復せずに戦っていたのが原因でした。

さすがにやばいというか、ここまで来て3乙は立ち直れないと思い、気を引き締めて三度闘技場へ。
そこから30秒もしないでクエストクリアとなりました。30分針。
トドメは……またしてもチャチャンバ砲。

今日は時間があったので、勢いにかられて「凶暴の宴」を受注。
装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020430

変換 ~ P1020433

変換 ~ P1020434

実はこの時点で酒が入っています。
それはともかく、この装備はアル・ヴォリア専用として作ったもので、珠の入れ替えで「耐震」を消して龍属性攻撃を+2にすることが可能(というかそれがデフォルト)。

イビルジョー2頭闘技場クエストは、MHP3で大の苦手だったクエストで、単独でクリアしたことがなく、その時には勲章を取るために狩友に手伝ってもらってやっとでした。

今回はケムリ玉は面倒臭く感じて使わず、大量のシビレ生肉を携帯。
開始早々シビレ生肉を仕掛け、2頭とも同時に引っかかって痺れるという、なんかユーモラスな始まり方をしました。

片方にターゲットを決めて、とにかく閃光玉でターゲットではない方を怯ませ、その間にターゲットを攻撃するという戦略で、1乙20分針使って一頭目を討伐。

残り1頭はとにかく腹の下に潜り込んで縦斬りループを狙います。
途中でチャチャンバ大砲が、ジョーのぶっとい尻尾に命中、切断という珍事を交え、結局25分針で討伐完了。

どうも同士討ちでかなりのダメージを負っていた模様。
そういえば、同士討ちでよく怯んだり転んだりしていた……。

最後に、酒の勢いも手伝って「狂瀾怒涛!大連続狩猟!」に挑戦。
装備はガンランス「破岩銃槍ズヴォルタ」で、スキルはガード性能+2、砥石高速化、切れ味レベル+1、ガード強化。
オトモは、チャチャは大砲の代わりに古代のお面。カヤンバのランプは変わらず。

このクエスト、2頭クエスト×2セットなのかと思っていましたが、タイマン4連戦だったんですね。
ロアルドロス、チャナガブルまでは回復薬使用無しでクリア。
剥ぎとっても剥ぎとっても「回復薬Gはこれ以上持てません」。

3頭目のガノトトスは、ガンランスでは割りと得意で、思っていたより苦戦せずにクリア。
この時点で20分針。
回復薬Gは補充もあって全く減っておらず、モドリ玉も未使用。

最後のラギアクルスも、苦戦らしい苦戦はせずに30分針で討伐完了。

とにかく、人間やれば出来るのだと思いました。
「ソロでは絶対無理」などと思わずに、もっと早くにやっておけばよかったかなぁ。

残るG3級クエストは「四色影陣」「巨重攻伐」「大いに凱歌の奏したり」の三つ。

ともかく、長くなってしまいましたが今日はこのあたりで失礼します。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

作った太刀の紹介 

アームの固定のしかた、録画ソフトの選択など、3DS直撮りの方法が大分固まって来ました。
細かいところはまだ詰めなければいけないけど、だいたいちゃんと録画出来るようになって来ました。
ただ、思っていたよりも画質が荒い。
ケチケチしないでC920を購入するべきだったか……。
とりあえず、C615で頑張って録画設定を詰めていってみようと思います。
また、近いうちにテスト動画をUPしてみようと思っています。

それはともかく、竜職人のトンカチ取得のために作った装備の紹介第二弾。
今日は太刀の画像を挙げていきます。

このブログで紹介しているファーストキャラ「ヴァナディー」は、基本的に重い系の武器を使用しようと思っていたので、太刀はそもそも使うつもりがありませんでした。
軽い系の武器はセカンドキャラ「ロプト」(男キャラ)で使うつもりだったのですが、片手剣、双剣、ライトボウガンで手一杯になってしまい、太刀はほとんど使用しなかった……。

結局、太刀に関してはほとんど使用経験がないので、大剣以上にコメントの無い記事になると思います。あしからず。

変換 ~ P1020411
ゼファー(攻撃力693 会心率15% 覚醒で龍属性170 スロット3 匠で短い白)

変換 ~ P1020412
刀鋸【雷斬】(攻撃力759 雷属性150 スロット3 匠で長い白)

変換 ~ P1020413
氷刃【雪月花】(攻撃力792 氷属性300 スロット無し 匠で長い白)

変換 ~ P1020414
ポイズンディキラ(攻撃力693 毒属性320 スロット3 匠で短い白)

変換 ~ P1020415
疾風刀【裏月影】(攻撃力858 覚醒で麻痺160 スロット2 匠で紫)

変換 ~ P1020416
飛竜刀【八重桜】(攻撃力858 火属性120 スロット2 匠無しで紫)

変換 ~ P1020417
吸血剣カーミラ(攻撃力792 毒属性240 スロット2 匠で紫)

変換 ~ P1020418
グラスディーバ(攻撃力759 氷属性320 スロット2 匠で長い紫)

変換 ~ P1020419
破岩刀ホムラ(攻撃力858 爆破280 スロット1 匠で紫)

変換 ~ P1020420
業物・九十九牙丸(攻撃力726 会心率20% 水属性180 スロット無し 匠なしで短い紫)


ブログを始めた頃に、エンクリシスやら悪獄やらを作ります……みたいなことを書いていましたが……忘れて下さい。
妥協しました。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

Lv ☆☆☆☆☆☆☆☆クエスト 

G3に上がった時、とりあえずすべてのクエストにクリアマークを付けることを目標にし、「ミュージカル~彩鳥の舞~」「氷泥武闘曲」「塵雪の乱気流」まではクリアしましたが、「月下の夜会」で挫折。
以来、塔や闘技場での2頭同時クエストは敬遠してきてしまっていたのですが、今日、思い立ってちょっと挑戦してみました。

とりあえず「月下の夜会」
装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020421

変換 ~ P1020422

変換 ~ P1020423

ハンマーのアル・メタリア(未完成)専用装備を流用しました。
スキル「集中」は死んでいるわ、頭のスロット3が空いているわの急拵え装備ですが、金剛体と心眼に魅力を感じて選択しました。

MHP3でも使ったことのなかった「煙玉」を積極的に活用しようと思い、武器は片手剣を使用。
オトモは久しぶりに使うチャチャ大砲のランプカヤンバ。
竜職人のトンカチを目指していた時には、アイテムを持ってこないので封印してた大砲オトモです。

塔から飛び降りたら即、ケムリ玉。
近くに銀火竜がいたので特攻。
ひたすら脚を切りながら、頃合いを見てケムリ玉。
レイアさんは煙を怪しいとも思わないのか、こちらに無関心。

ケムリ玉が10個尽きる頃、ついにレウスが飛び立ちワールドツアー。なんとこれを食らってしまいモドリ玉。

ここから、長い戦いが始まりました。

ターゲットカメラをレイアにつけて動向に注目しつつ、攻撃はレウスに集中。
火球と風圧、毒と尻尾、そしてオトモが乱れ飛ぶ大乱戦になりました。
運とモドリ玉に助けられながら、レウスを攻撃し、なんとか落ちずにこれを撃破。時間は15分針。

片方が落ちるととたんに難易度の低くなる同エリア2頭同時クエスト。
が、自分はここで既に集中力が切れていたのか、レイアの回り込み滑空後のサマーソルトを食らってしまって1乙。あの攻撃、昔から苦手です。

それでもその後は慎重に(チキンに)戦い、なんとかクエストをクリア出来ました。
時間は30分針。

この戦いで学んだのは、2頭同時狩猟では、罠が意外と役に立たないということ。
むしろ閃光玉の調合分を持ち込むべきということ。

なんか気分が乗ってしまい、続けてクエストを受注。
今度は陸の闘技場でのドボルベルク原種、亜種同時クエスト「肉断つ斧、骨砕く槌」。
これもずっと前に挑戦して跳ね返された記憶があります。

今度はスラッシュアクスで挑戦。
七星剣斧【開陽】に、定番のネブラX一式。砥石高速化と回避性能+1をつけています。
オトモは先程と同じ大砲オトモ。

今回は原種を最初に攻撃。
塔に比べて非常に狭く感じました。

15分針くらいで2乙目。しかし落ちた瞬間に「残り1頭です」の表示が出ました。
同士討ちか、それともオトモが頑張ってくれたか。

2落ちで後が無いとはいえ、ドボルベルク亜種1頭。
時間も回復薬もまだあるので、負ける要素はない……と思い、手数の少ないチキン戦法で応戦。

最後はオトモ大砲の一撃でなんとかクエストクリア。
25分針でした。
今回、二人とも頑張ったなぁ。

今までは「けいおん!の音楽ゲームに狩魂を抜かれてしまったMHP3時代の狩友達が戻ってくるまではムリだろ……(ちなみに、元狩友たちはいまだ誰一人として3DSを持っていません)」と思っていたG3の2頭同時クエストですが、やってみると案外行けるかも。
一対一とは違った乱戦感は、緊張感があって面白かったです。

しかし、受付嬢が次に提示した未クリアクエストは「牙竜の檻」。
陸の闘技場でのジンオウガ原種、亜種の同時クエスト。

……やっぱり……なんというか。
字を見るだけで心が折れそうです。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

作った大剣の紹介 

竜職人のトンカチのために作った大剣を紹介します。

自分は大剣をほとんど使っていないため、コメントは少なめになります、あしからず。
大剣使いの方には申し訳ありません。大剣が嫌いというわけではないのです。
本当はヴァナディーでは大剣も使おうと思っていたのですが、他の武器種で手一杯になってしまい結局殆どの武器が竜職人のトンカチのために作っただけの死蔵品になってしまっています。
もったいない。

変換 ~ P1020380
剛断剣タルタロス(攻撃力1344 覚醒で龍属性320)
・言わずと知れたG級初期の強い味方。匠で紫の切れ味、覚醒で龍属性320が発動します。
非常に作りやすい骨系(?)の大剣です。
これは竜職人のトンカチ用ではなく、ちゃんと使おうと思って作ったもので、装備も
セレネZヘルム
ディアブロXメイル
リノプロXアーム
日向・極【腰当て】
アーティアXグリーブ
・「覚醒」「切れ味レベル+1」「抜刀術【技】」「集中」という装備をマイセットに登録しています。
武器スロは2つ使いますが、マスターブレイズやレッドノート、シムンサール、クロームデスレイザー、ヴォルガンヒッツェなど使い所は割と多い装備……のように考えています。
それにしても、リノプロXアームはすごい優秀ですね。

変換 ~ P1020381
グラシュバリエ(攻撃力1152 会心率15% 氷属性250 スロット1 匠で紫)

変換 ~ P1020382
マスターブレイズ(攻撃力1200 覚醒で氷属性410 スロット2 匠で紫)

変換 ~ P1020383
クロームデスレイザー(攻撃力1152 覚醒で毒750 スロット2 匠でも長い白) 

変換 ~ P1020384
無明大剣【苦諦】(攻撃力1104 会心40% 覚醒で麻痺300 スロット1 匠で長い白)  

変換 ~ P1020385
苦毒大剣アメジスト(攻撃力1104 毒580 スロット2 匠で長い白)

変換 ~ P1020386
ヴォルガンヒッツェ(攻撃力1152 覚醒で爆破620 スロット3 匠で長い白) 

変換 ~ P1020387
エピタフディオン(攻撃力1152 龍属性700 スロット1 匠で長い白)
・個人的に設定、見た目とも大好きな武器です。
 P3の時の狩友(……というか親戚)が持ち込んだエピタフプレートを初めて見た時の衝撃は忘れられません。
 が、この剣も竜職人を取得するために作った武器の1つ……。
 でも、後で苦労するのを分かってそれまでに貯めていた大地の結晶のほとんどをぶっこみました。

変換 ~ P1020388
七星大剣【巨門】(攻撃力1152 会心率30% 毒280 スロット1 匠無しで紫)
・一応、実用している大剣です。巨門専用にマイセットも1つ作っています。
日向・真一式で、スキルは「金剛体」「抜刀術【技】」「砥石使用高速化」「心眼」「集中」

変換 ~ P1020389
ネロ=アングイッシュ(攻撃力1392 覚醒で龍属性250 スロット1 匠で紫)

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

Logicool C615 

Logicool製のウェブカメラ「C615」を購入しました。近所の家電量販店で6,000円弱。
昨日まで使っていたウェブカメラの3倍くらいの値段でした。

昨日までのウェブカメラは、設定をどうやっても致命的なコマ落ちが発生してしまうようだったので、こちらの導入を決めました。

カメラが変わったので、固定具も少しマイナーチェンジ。
こんな感じです。

変換 ~ P1020409

変換 ~ P1020410

録画の結果は上々で、動きだけならば十分合格なのですが。
付属の録画ソフト、全画面化する方法がわからない……。
それどころか、録画ソフトのウィンドウの大きさが固定っぽい? 最大化のアイコンが死んでいます。
慣れの問題もあるのでしょうが、PC上の小さなウィンドウでプレイするのはかなりやりにくそう。

試しに闘技場のウルクススに行ってみました。
……う~ん、やっぱりやりにくいです。

あと、動画にして改めて見てみるとカメラがわずかに揺れている感じがありました。
3DS本体に固定している部分が弱いのが原因のようなので、ここもまだ改善の余地があるようです。

ここのところ、MH3Gの話題を書いていません。
録画方法での記事更新はちょっと自重して、明日からは竜職人のトンカチのために作った武器の画像とコメントで記事を作ってみようと思います。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

カメラ固定具 

こんな感じのカメラ固定具を作ってみました。

変換 ~ P1020403

変換 ~ P1020404

変換 ~ P1020405

変換 ~ P1020407

市販の金具をネジで固定しただけです。
本体への固定は、L字金具に滑り止めシートを貼り、3DS本体を挟んだところを固定しています。
ここの部分のネジは、頻繁に締めたりゆるめたりするので、そのうち蝶ネジに変えようかと思います。

試しに闘技場のロアルドロス亜種戦をこの方法で録画してみました。

感じたのは。

まず、重い。というか、重量バランスが悪い。
手が疲れるほどではないのですが、カメラと固定具の重さに引っ張られて、たまに3DSが閉じられてしまいました。

それでもカメラのズレはほとんどなかったので、カメラを固定するという意味ではある程度納得の出来ではあります。
昨日の紙筒固定に比べても、カメラ位置などの調整もでき、フロントフォーカスにきちんと手が届くので使いやすいです。

部屋の蛍光灯が画面に映り込んでしまいましたが、これは厚紙などを取り付けて遮光すれば良いかなと思っています。

あとの問題はカメラ自体の設定で、昨日のドボルベルク亜種戦ほどではないけれど、やはり致命的なコマ落ちがしばしば発生していました。

目標は「PCの録画画面を見ながらプレイできる状態」です。
そのレベルには全く達していません。

設定の問題なのか、カメラの性能の問題なのか、PCの性能の問題なのかよくわかりません。
とりあえず、カメラやPCの性能はどうしようもないので、録画設定を見なおしてみます。

……C920を買ったら幸せになれるだろうか……?

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

録画方法を考える。 

竜職人のトンカチも取得したので、次の目標に進みたいと思います。

個人的に、狩猟笛をメインにしたサードキャラを作り、出来れば動画を撮ってUPしてみたいという目標があります。というか、それをするのがこのブログを始めた理由でした。

とりあえず、3DSの録画は直撮りしかできないので、Webカメラを固定する方法を考えました。
……考えたというか、ウェブ上の情報を真似たというか……。

今回やってみた方法は、3DSの画面と同じくらい大きさの四角い筒を作り、それにWebカメラをつけてテープで固定するという方法。

説明しにくいですが、こんな感じ。

変換 ~ P1020395

変換 ~ P1020396

変換 ~ P1020397

素材は厚紙。
3DSへの固定はセロハンテープを使用したやっつけ仕様です。

WebカメラはELECOM UCAM-DLA200HSVという機種で、2000円くらいで家電量販店から購入したものです。
200万画素、640×480のサイズで25fpsの録画機能、そして手動のフロントフォーカスがあったので、直撮りの入門にはいいかなと思って買いました。



固定に関しては、この方式でのメリットデメリット両方がありました。

まずメリットは装置を作ることが簡単で、適切な高さや位置などを決めれば、たとえ壊れても新たに安価に作り直しやすいこと。そして光をある程度遮断するので、蛍光灯の映り込みなどがなくその点では綺麗に撮れることなどがあります。
作りのチャチさから心配があったのですが、Webカメラが物理的に揺れて画像が乱れるということも、意外なことにほとんどありませんでした。

デメリットは、カメラの先端が手を触れられなくなるため、せっかくのフロントフォーカス機能が使いにくくなる(予めフォーカスを合わせておけばよいだけですが)。カメラ位置の微調整が非常にしにくい。セロハンテープでの固定なので、着け外しがしづらい。当たり前ですが取り外さないと本体の蓋を閉めることが出来ないなどです。


この方式の場合、本体の画面を使用することが難しく(全く出来ないわけではない)、パソコンに出力されるプレビュー映像を見てプレイすることになります。

ここで問題が発生しました。
機械のせいなのか、設定が悪いのかわかりませんが、とにかく映像の遅延やコマ落ちが発生しまくります。

具体的には、画面が切り替わると数秒間画面が白くなって見づらくなり、一旦安定するとしばらくラグなどは生じなくなるけれども、動きの激しいシーンになると激しいコマ落ちが発生する。という感じです。

闘技場のドボル亜種を録画してみましたが、ドボルを遠くから見ている状態だとプレイに支障をきたすようなラグなどは無いのですが、ドボルの脚の下あたりに居るとまともなプレイが不可能なくらいのコマ落ちが発生することが多かったです。

また、録画時間10分程度で、録画ファイルが10ギガ近くなってしまい、しかもあまり大きなファイルになるとWMPや圧縮ソフトがそのファイルを取り扱えなくなるという事態も発生しています。録画時間3分ほどのファイルはちゃんと扱ってくれるのですが、どうしてそうなるのか、今の自分には理解できないです。

とりあえず、カメラの固定方法、録画設定など、もっと練らなければまともな録画など夢のまた夢、といった段階です。

今日はここまでにします。失礼します。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

竜職人のトンカチ取得完了!! 

竜職人のトンカチ、やっと獲得しました。

最後はライトボウガンの大神が島。
火山と凍土で採掘しながら大地の結晶を集めるクエストを、まったりとこなしていました。

得ていない称号はまだまだあるけど、とりあえずこれでファーストキャラでのモンハン3Gに一区切り付いた気がします。

作った武器は以下のとおり。
名前だけの列挙で見づらいと思いますが、書き挙げていきます。

大剣
「剛断剣タルタロス」「グラシュバリエ」「マスターブレイズ」「クロームデスレイザー」「無明大剣【苦諦】」「苦毒大剣アメジスト」「ヴォルガンヒッツェ」「エピタフディオン」「七星大剣【巨門】」「ネロ=アングイッシュ」

太刀
「ゼファー」「刀鋸【雷斬】」「氷刃【雪月花】」「ポイズンディキラ」「疾風刀【裏月影】」「飛竜刀【八重桜】」「吸血剣カーミラ」「グラスディーバ」「破岩刀ホムラ」「業物・九十九牙丸」「

片手剣
「ダーティーグラフ」「ライデンペッコ」「ライデンペッコ」「グラスヴァルディー」「デゼルヴェント」「邪閃エペ=ギルタナス」「ハイガノススパイク」「破岩剣デストルクジオ」「オリクロマティア」「七星剣【禄在】」

双剣
「甲刃インセクトロード」「凍刻みブリザレイド」「奇面案山子【相棒】」「破岩双刃アルコバレノ」「精霊双刃エレメンタ」「ヴァッサーヴェルデン」「戦扇舞刃レムジェード」「閃雷刃ギギガボルト」「乱裂きヴィジェレイド」「七星連刃【揺光】」

ハンマー
「クレスト・コア」「氷鉄ハバク」「ローレライ」「妖毒鎚ヴェノロアブル」「バーストリボルバー」「破岩鎚ノヴァジオ」「大剛鎚ドボルケンド」「震撃鎚グロンド・ギガ」「ガイア=オリジン」「パルメテオ・コア」「ボルトマルク」

狩猟笛
「リンフォルツァンド」「イントロペリアル」「クライゼルシュルネ」「ヤミノヒツギ」「セロヴィドスジョーヌ」「マギアリア=ロッド」「岩石笙【駆ノ音】」「フィアロ・グリーナ」「エターナルオルゲール」「破岩鈴イエログラフ」

ランス
「ベルナルファード」「ロストバベル」「邪槍ルーンネブラ」「レイジングテンペスト」「大瀑槍アクアヴァルナ」「破岩槍ブラキディオス」「イディオクラウン」「スカイスクレイパー」「七星槍【天柩】」「神滅槍アル・トリア」

ガンランス
「猛風銃槍【裏残月】」「ジェネシス」「破岩銃槍ズヴォルタ」「ケオ・アグナブルカン」「ロスカアヴァランシ」「狼牙銃槍【貪獄】」「海神槍リヴァイアサン」「七星銃槍【玉衝】「煌銃槍イシュタル」「峯銃槍ジエン【噴牙】」

スラッシュアクス
「アグリットペッカー」「イルフェムフェレス」「ヘリオスクラッシャー」「破岩剣斧エクリクシー」「ギガゲイルフロスト」「ギガントエンケラ」「桜剣蒼斧【花天】」「海王斧ナバルディード」「七星剣斧【開陽】」「神滅斧アル・ヴォリア」

ライトボウガン
「バンデットレイジ」「デヴァイドスナイパー」「ブルータスレイジ」「チャナ=ガルナ」「名器吹吹チャガンマン」「グリーフスペクター」「猛牛弩【天角】」「大神ヶ島【神在月】」「繚乱の対弩」「エクリプスゲイズ」

ヘビィボウガン
「ゴッドオブペングルス」「青熊大轟筒【豪腕】」「潜壕砲モーテハプル」「ペコヘントパッカー」「ミーティア」「ギャラクシーキャノン」「破岩大砲シュライアー」「皇砲アークアンセム」「エクリプスナイパー」「悪鬼サエ啼ク怒号ノ砲」


「アルカマハレダ」「アルクトレスルージュ」「アルクトレスジョーヌ」「ブレイブハンターボウ」「琥牙弓アルヴァランガ」「狼牙弓【邪獄】」「暴砂弓ファルガレイド」「大鹿角の破弾弓」「月穿ちセレーネ」「エクリプスボウ」



片手剣の「ライデンペッコ」が2つあるのは誤りではありません。一個、作っていたのを忘れてしまって、複数作ってしまっていました。

このブログを書き始めた頃、太刀と片手剣で「ラギアクルス希少種やジンオウガ原種、亜種の武器を作るために天玉などがたくさん必要」とか書いていましたが、結局、妥協して制作難度の低い武器で間に合わせてしまいました。

とりあえず、今日はここまでで失礼します。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

すみません。 

今日は会社の観楓会で、深酒の上に帰宅が遅くなりました。

竜職人のトンカチを取るために作った武器の紹介などしていこうと思っていたのですが、今日は更新できませんでした。あしからず、これからもよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード