モンハンブログ 週末の笛吹き

主にMH3GとMH4、MH4Gそしてモンスターハンタークロスのプレイ日記を書いていきたいと思います。現在は「ロキ」という名前でオンラインに出没中。モンハン以外の事を書くブログ「ロキの試験的駄文」も始めました。

ウラガンキン亜種さんの実力 

今日は、ウラガンキン亜種の実力を思い知りました。

竜職人のトンカチ取得まで、そろそろカウントダウンしてもいいくらいまで来ました。
その残り少ない未製作武器であるスラッシュアクスの「ギガントエンケラ」。
作成のため必要な「鋼鎚竜の重耐熱殻」を手に入れるため、ウラガンキン亜種のクエスト「仄暗い火口の中から」を受注しました。

武器はヘビィボウガンのゴッドオブペングルス。
属性弾で顎を壊し、その後は貫通弾を打ち込むつもりでした。
装備画像は以前にもUPしたことがあるので省きますが、ハブルX主体で、発動スキルには「納刀」「回避距離」「貫通弾強化」などがあります。

いざ、クエスト。
ガンキン亜種と遭遇して、2分くらいで1乙。
5分針くらいで2乙。

ここまでの敗因はローリングのホーミング性能を舐めていたこと。コレに尽きます。
まさか、回避した方向へあんなに曲がってくるとは思わなかった。
また、ギリギリで避けたと思っても、顎叩きつけ後の臭ブレスを食らってしまうなど、攻撃範囲も見誤っていました。

言い訳をすると、今までガンキン亜種とは回避性能持ちのスラッシュアクスやランス、ガンスなど張り付いて戦う武器を使っていた事が多く、離れた状態でローリングを受けた経験が少なく、そのホーミング性能を実感していなかったんです。

さすがに2乙後は、ローリングを避けるタイミングなども見えてきてそれなりに応戦することができ、属性弾で顎破壊を完了してLV3貫通弾を当てていきました。

が、エリアチェンジをしたガンキン亜種を追いかけていくと、画面切り替え直後にいきなりの顎叩き付けを打たれてデッドエンド。

ガンキン亜種のG級モーションはガンナー殺しだろうなぁと思ってはいましたが、あんなに戦いにくいとは思わなかった。
MHP3ではロ亜ル弓の良い的でしかなかったのになぁ。

その後は「心眼」「ガード強化」持ちのランス装備で、ウラガンキン亜種の2頭クエスト「震駭!双鋼鎚」を受注、クリアしてなんとか重耐熱殻をゲットしました。
これで10本目のスラッシュアクス「ギガントエンケラ」が完成。

次は片手剣「デゼルヴェント」を作成するため、大竜玉5個を集めようと、ガノトトスの3頭クエスト「水竜群来」を受注。
ネットで調べたら、このクエストで3頭全部剥ぎ取りにするのが、最も効率の良い大竜玉集めなのだそうで。

武器はガンランス「煌銃槍イシュタル」
さすがに制作難度が高いだけあって、この武器本気で強いです。
毒になるまでがメチャクチャ早いし、適当にフルバースト撃つだけでトトスが怯む怯む。
さすが通常砲撃LV5。

結局20分針くらいでクエストクリア。大竜玉は、なんと剥ぎ取りで2個、報酬で2個と思った以上に集まりがよく、今日はここまでと思っていたのですが、欲をかいてもうひとクエスト受けてしまいました。

今度はガノトトス原種と亜種の2頭クエスト「双竜魚」
「水竜群来」がなかったので、このクエストにヘビィでリベンジ。
今回は「エクリプスナイパー」。装備は先程と同じだけれど、珠の入れ替えで回避距離の代わりに通常弾UPを入れています。
水中ではLV3通常弾。陸上ではLV3貫通弾を主体に戦うつもり。

翠水竜と遭遇後、5分針で2乙目。
本気でリタイアの誘惑との戦い。

負けてもいい。逃げてはいけない。と自分に言い聞かせ、慎重に戦ってなんとかトトス亜種を討伐。
原種との戦いでも危ないシーンが行くどかありながら、運の良さもあってなんとか落ちず、討伐完了。
最後は陸上から水中のガノトトスを撃って終わりました。
これ、P2Gでやったら剥ぎ取りできなくなるNGプレイだったとか。

さっきの反動か、今度は大竜玉は一個もでず、でした。

とりあえず、今日はここまででした。失礼します。
スポンサーサイト

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

竜職人のトンカチまであと僅か 

竜職人のトンカチまで、残すところ、ヘビィボウガン1本、ライトボウガン1本、片手剣1本、スラッシュアクス1本。太刀は妥協して制作難度の低い武器を作ってしまいました。

後で、作った武器のリストアップをしようかとも思います。

ともかく今日は「大地を穿つ剛角」(スラッシュアクス・ギガントエンケラ用)と「群青色の重牙」「大竜玉×5」(片手剣デセルヴェント用)の素材が一気に手に入る高難度クエスト「決戦の砂漠」が張り出されていたので受注。

武器はまた匠覚醒のレイジングテンペスト装備で行きました。

ベリオロス亜種は特に問題なく撃破……できず、移動竜巻を含めた連続攻撃でスタミナを削られガードを破られて1乙。それでもギリギリの5分針で捕獲完了。

そしてクローディアお嬢様と対決になるのですが。
あれですね、昨日も痛い目を見たけど、ディアブロス系はガード出来ない方向からの攻撃がコワイですね。
めくってくる潜行突き上げ、横からなぎ倒してくる尻尾攻撃、大技の角と尻尾の振り上げ攻撃。

ええ、ここでも落ちましたとも。

交戦し始めてすぐ、音爆弾で動きを封じて頭をゲシゲシ突き、さらに閃光弾で落として更に角へ攻撃。
なんと、一回目の音爆弾+閃光玉で、両角破壊を完了し、さすがレイジングテンペスト、仕事が速いなどと思っていただけに、あっさり乙ってしまった自分のスキルに失望しつつ。

それでもなんとか全部位破壊を完了して討伐完了。

そして報酬に、「大地を穿つ剛角」と「群青色の重牙」が。
珍しく一発でレア素材が手に入りました。

なんとなくだけど。
苦戦をした時の報酬に、レア素材が出る事が多いような気がします。

とりあえず、今日はここまで。失礼します。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ダメダメな日 

今日はダメダメな日でした。

ライトボウガンの「エクリプスゲイズ」を作成するために「朧月の欠片」が必要になり、ナルガクルガ希少種の強化個体クエスト「星天月地」へ挑戦。武器はスラッシュアクス「破岩剣斧エクリクシー」。毒無効スキルをつけた対ルナルガ専用装備。

物凄く久しぶりにルナルガ様と対峙。最後に会ったのは、9月もまだ日の浅い頃だったはず。
交戦すること40分針の死闘の末、3乙。

ちょっとがっくり来たけど、久しぶりで強化個体はちょっとルナルガ様を舐めすぎたかと反省し、通常のナルガ希少種クエスト「不可視の迅竜」を受注。

強化個体に比べて、怯む確率が格段に高い。
久しぶりとはいえ、さっき40分も戦ってたわけだし、何より以前にはそれなりの数を狩ってきた相手。
これなら勝てるだろ、と、心に余裕が出てきた。

が、最初の5分で1乙。10分針のところで2乙。
……アレ? 自分こんなにルナルガ下手だったっけ? と、思っていたところでちょっと用事ができ、ゲームを一旦停止。

用を終わらせてゲーム再開。カンが戻るまでちょっとルナルガ様から距離を置く。
すると、遠くに光るものが目に入った。

そういえば中座する前、音爆弾で怯ませて落し物をさせたっけ。

閃光玉を投げて、ルナルガ様の目をくらませた隙に拾い物。なんと「朧月の欠片」を入手。
ラッキー、これで目的達成。

さぁこれで後はルナルガ様を倒すのみ。

などと考えていたら、尻尾を切った直後にラッシュを食らって3乙目。

なんかかなりがっくり来たけど、やられっぱなしじゃ終われない。

スラッシュアクスの10本目「ギガントエンケラ」がまだ出来ておらず、ちょうど高難度クエストで「暴君の時代」がでていたので、必要素材の「大地を穿つ剛角」を求めてクエスト受注。

装備は匠覚醒のランス「レイジングテンペスト」。

クエスト開始早々、クロとキイロのディアブロスに囲まれ、這々の体で逃げまわる。
いきなりのピンチに秘薬を使って切り抜けようとするも、回復した直後に原種の地面突き上げで大ダメージを喰らい、ピヨり、そこに亜種の吹っ飛びタックルを食らって昇天。

まだ5分針にも至っておらず、もうリタイアしてしまおうかと思ったけれど、今日はもう逃げちゃダメだの精神で行こうと決め、戦闘継続。

亜種に的を絞って応戦し、両角を折って討伐。

これで落ち着くかと思いきや、今度は原種相手に壁際へ追い込まれ、カメラワークが混乱するうちに2乙。
もう後が無い。秘薬もない。

それでも原種の両角をなんとか折って、もう勝てるかな? って、思った時、ガードの後ろを突く潜行からの吹っ飛びタックルを根本から食らって瀕死。

大ピンチ。
とはいえディアブロスもかなり遠くまで吹っ飛んでいったので、大丈夫だろうと思って回復薬Gを飲む。
遠くでディアブロスが地面に潜るのが見えた。
高速で近づく土煙。
ガッツポーズをとるヴァナディー。
ディアブロスの突き上げ。ギリギリのタイミングで回避行動の発動が間に合い、不発。
即座に武器出しガードで守りを固める。
ディアブロスが取った行動は、その場での回転尻尾攻撃。
ものの見事にガードの側面を破られ、頭の上で星が回る。

ディアブロスが突進してくるのが、やけに遅く見える。
口から黒い煙を吐いているのがよくわかった。

まぁそんな日もあるさ。

……倒れて動かないヴァナディーを踏みつける、ディブロスの足を見ながらそう思った……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

装備紹介「神滅斧専用」 

ボウガン系の作成も着々と進めつつありますが。

今日も装備の紹介で。

アルバトリオンの剣斧「神滅斧アル・ヴォリア」。
苦労して作ったので、それの専用装備を組んでみました。

変換 ~ P1020358

変換 ~ P1020359

変換 ~ P1020360

龍属性攻撃を主体に、あとは回避系で作ってみました。
珠の入れ替えで、龍属性攻撃を+1にして耐震を付け、対イビルジョー用にすることもできます。
匠覚醒の要らない武器は、むしろ闘魂などで火力を盛ったほうが良いのかもしれませんが、精神的に、回避スキルを手放せなかった。

それはともかく。
今作のアルバトリオン、強いです。
MHP3では、弓のダーティ・リボルバーを使って、ファーストキャラ、セカンドキャラ通算で100匹近くを楽しんで狩りましたが、今回は戦うのがしんどい。

初めてG級アルバクエストをダウンロードした時には、幾つかの剣士武器で挑んでみましたが、5回やって4回が時間切れ1回が時間切れに近い3乙という有様で、その後、かなり長いこと放置してしまいました。

結局、覚醒鹿角……通称パチ ンコで狩るようになるのですが、未だにソレ以外で倒したことがありません。G級アルバにも慣れたので、今ならば剣士装備でもいけるかもしれないけど、なんかヤル気が起こらない。

パチンコでも、ある程度いけるようになったとはいえ勝率は多分7割くらい。
倒したとしても時間的にも30分針はかかる上に、何か「作業感」が拭えないのが正直な気分です。
そして要求される「天を統べる角」の数を見て、アルバ武器の作成を後回し後回しにしてしまう。

お陰でアルバ武器、最終強化までしたのはスラッシュアクスとランスのみで、メインであるはずのハンマーはブラックハーベスト止まりだったりします。
最近ではヘビィ・ボウガンのアル・エリアも欲しくなっていますが、今のところ竜職人のトンカチ用に作成する装備には入れていません。とにかく作成難度が低いか、最初からレア素材を持っている武器ばかり選んで作っています。


今日のところはここまでで失礼します。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

装備紹介「弓連射汎用」 

ぼちぼちボウガン系も作っていますが、今日はとりあえずマイセットの紹介など。

今日は、弓のマイセットを紹介します。
自分が最初に手にとった武器はスラッシュアクスでしたが、MHP3のファーストキャラでメインとして使っていたのは弓でした。

3Gでは、ヒット時のエフェクトが変わってしまって今一クリティカル距離が判別しにくかったのと、基本的にハンマーで行こうと思っていたことなどから、弓の使用回数はあまり多くありません。
24セットしかないマイリストを圧迫したくなかったので、弓用装備で登録しているのはコレとパチ ンコ専用の2つのみです。

使用頻度から言えば無くてもよい位なのだけれども、たまにすごく弓を(爆撃スリングショットではなく弓を)使いたくなることがあるので、このセットはどうしても必要。
でもホント、ヒットエフェクトはMHP3版の派手な方を採用して欲しかった。
あたった時の爽快感がぜんぜん違うんですよね。

ちなみに自分は3DSでもモンハン持ちでやっているので、カメラワーク的な問題はありません。
慣れれば割りとできます、親指カメラワーク。

などと、前口上はともかくとして。
とりあえず、こんな感じ。


変換 ~ P1020355

変換 ~ P1020356

変換 ~ P1020357

マイセット名「弓連射汎用」

ナルガZ装備は、弓やハンマーでは鉄板ですね。
特に弓では重要なスキルが揃ってます。

個人的に、ランナーかスタミナ休息回復どちらを選ぶかと聞かれれば、自分は後者を選びます。

この装備のためにあるような、気力回復6 溜め短縮2というお守りを手に入れたおかげで、5スロスキルを付けることができるようになっています。

弓の使用頻度は低いけれど、やはり思い入れがあるので、獄狼弓やベリオ弓など連射弓だけはコツコツ作り集めていました。

どうでもいいけど、溜め4運用は好みに合わないので、前作であれだけ使ったベリオ亜種弓(ファーレンフリード/ファルガレイド)は、試し撃ちに一回使ったっきりです。
せめて溜め3が射撃Lv3あればなぁ。2じゃなぁ……。

ホントは貫通弓、拡散弓も使いたいのだけれど、マイセット数の問題で専用装備を作っていません。
ああ、MH4では、100個くらいマイセット数を確保して欲しい。

MHP3では貴重だった連射Lv5が結構あるのが嬉しい半面、月穿ちセレーネなど強撃ビンが装備できなくなった弓が多いのが、ちょっと残念です。

とりとめもない更新になりましたが、今日はこれくらいで、失礼します。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

ボウガン系の作成 

ライトボウガンの「猛牛弩【天角】」を作るためのドボルストーンを獲ろうと、G級ドボルベルク3頭クエスト「怒涛の尾槌竜」に行きました。

例のごとく、最初はヘビィボウガンで。
自分のヘビィボウガンのマイセットにはすべて「回避距離UP」が付いているのですが、今回はソレを外して行ってみました。

装備は、この間紹介した対ナバルデウス亜種戦の時と同じ、通常弾UP、貫通弾UPをつけたハプルX主体の装備で、武器はエクリプスナイパー。

回避距離を外した影響……というわけでもないのでしょうが、最初の一匹に2乙を喰らい、その時点でほぼクエストクリアを諦めてしまっていました。
なので一匹目は捕獲ではなく討伐。多少なりとも素材を持ち帰ろうと……。
ちなみに倒した時点で既に15分針。時間的にも微妙。

しかし、2匹目をほとんど無傷で倒し、これは行けるかもと思い直して捕獲。

3匹目もなんとか足を引きずるまで追い詰め、移動先でシビレ罠を設置……したら、かなり離れていた乱入飢餓ジョーが走りこんできてビリビリ状態に。

これで罠が尽きてしまい、仕方がないので三匹目を討伐してなんとかクリア出来ました。
40分針。時間がかかるとは思っていたけど、これはさすがにかかりすぎだろ……。

ちょっと試してみるために、他の使い慣れた武器種でも同じクエストを受注してみました。

ハンマー、匠覚醒のグロンド・ギガで20分針(あと数秒で25分針)。
ガンランス、七星銃槍で25分針。

う~ん、やっぱりヘビィボウガンの取り扱いスキルが低いだけだった。

ちなみに9匹のドボルベルクを倒して、結局ドボルストーンの収穫はゼロ。
明日は亜種を攻めてみようか。

それにしても、MHP3の時にあんなに苦労させられた仙骨がいっぱい手に入りました。そんなに使うわけでもないので、嬉しいようなそうでもないような。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

破岩鈴イエログラフ完成 

イエログラフ作成と、ヘビィボウガンの練習と、昨日のリベンジを兼ねて、火山のG級ブラキディオスのクエスト「粉骨砕竜」へ行ってみました。

装備は昨日アップしたベリオZ主体のヘビィボウガン装備。

使用したのはLv3とLv2の通常弾のみ。

回避は無敵時間を利用するのではなく、相手の攻撃範囲外に逃れる形で。
また、避けるときにはオーバーアクション気味で。
相手の正面に立たない。

とにかく回避のことばかり考えて戦っていたような気がします。

結局、25分針1乙でなんとかクリア。
宝玉は出ず。

それにしても、かなり慣れた気分になっているヘビィボウガンで、25分針はかなり遅く感じる……。
ちょっと気になって、スラッシュアクスでも行ってみました。
ナバルディードを担いで。
結果は15分針で捕獲完了。……やっぱり得意武器との差は歴然であることが判明しました。

しかも落し物から砕竜の宝玉を拾うおまけ付き。
これでディオスベルを強化し、一気に破岩鈴イエログラフが完成。

あとはレア素材を必要とする幾つかの剣士装備と、ボウガン系で竜職人のトンカチ取得なんだけど……。

太刀、片手剣は制作難度の低い武器で妥協しちゃおうかなぁ……なんて思っています。
使わない太刀に冥竜の雷魂を使うくらいならば、冥砲エンヴァトーレが作りたいしなぁ。

ヘタれたところで、今日は失礼します。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ブラキ狩り 

破岩鈴イエログラフ作成のため、砕竜の宝玉を求めて、ブラキディオスを何匹か狩りました。
出ませんでした。
以前から、天殻は結構出るのに宝玉で詰まっているパターンがよくありましたが、今回もソレです。

というか、宝玉が出たらそのまま最終強化まで一気に行けそうなんだけどな、破岩鈴。

ここ数日で自信を深めたヘビィボウガンでしたが、今日はG級ブラキにへし折られました。
久しぶりに3乙です。
よく考えたら、ブラキディオスにガンナーで行ったのは初めてではなかろうか。

結局、今日は効率のこともあるし、何より少しボウガンに食傷気味になっていたので、3乙を食らった後はもっぱらスラッシュアクスで狩っていました。

あと、新しいヘビィボウガン用の装備を作ってみました。

変換 ~ P1020346

変換 ~ P1020347

お守りは通常弾強化4 スロット2
G級ベリオ系装備は、何が良いって見た目がカッコ良すぎです。
珠の入れ替えで、攻撃UPを中に落し、暑さ無効を諦めれば、武器スロ1つを利用して5スロスキル(基本的には最大数生産)を付けられます。反動軽減もついていないので、基本的にはエクリプスナイパー専用装備といったところでしょうか。

とりあえず、今日のところはここまで。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

狩猟笛制作進捗状況 

今日は仕事から帰ってからずっとモンハン三昧でした。
……いや、ホントはやることがあったんだけど、なんか止まらなかった……意思が弱い、自分。

それはともかく。

狩猟笛、8個まで完成。
先日作った「リンフォルツァンド」「クライゼシュルネ」
そして今日までに作ったのは「イントロペリアル」「ヤミノヒツギ」「セロヴィドスジョーヌ」「マギアリア=ロッド」「岩石笙【駆ノ音】」「フィアロ・グリーナ」

あとは「アブニルオルゲール」を「エターナルオルゲール」へ(残り素材は大地の結晶が30個くらい)。
そして「ディオスペル」を「破眼鈴イエログラフ」(「砕竜の天殻」はあるが宝玉が面倒)へ強化すれば狩猟笛の制作が終わります。

とりあえず今回はあまり製作難易度の高い武器を作りませんでした。
素材で面倒くさかったのは、むしろ下位素材。

上位アグナコトルの胸を破壊して討伐すること3回。
なのに一個も「赤熱した堅胸殻」が出なかったり(4回めでやっと……)。
ひたすら下位ペッコのクチバシを破壊したり。
下位ネブラの「不気味な皮」も出にくかったなぁ。

逆にG級素材で苦労したものはほとんどありませんでした。下位から上位武器まで強化したら、あとは素材が揃っている状態の物が多かった。

「マギアリア=ロッド」を制作するために古龍の血が必要で、ナバル亜種を狩りまくったのもいい思い出です。
ついにヘビィボウガン5分針で狩れるようになりました。

変換 ~ P1020344

限りなく10分針に近い5分針でしたが。
Lv3貫通弾でひたすら怯んでくれたのが勝因です。

最初はナバル亜種に張り付いてLv3通常弾、無くなったらLv3貫通弾。それも撃ちつくしたらまたLv3通常弾(調合分)。Lv3通常弾が80発くらい余りました。普段は30~50発くらいしか余らないので、貫通弾がよい射角で入りまくっていたのでしょう。

スキルはこんな感じでした。

変換 ~ P1020345

普段は回避距離UPが入っている装備に、珠とお守りを入れ替えて通常弾強化を入れています。

今回の狩猟笛制作も、ほとんどをヘビィボウガンで狩りに行っていました。
おかげで以前あったヘビィボウガンへの苦手意識がかなり無くなって来ました。

残すは太刀「真・王牙刀【天威】」「冥刀エンクリシス」(雷狼竜の天玉2つに冥海竜の雷魂が必要)
片手剣「狼牙剣【欲獄】」(獄狼竜の天玉)、「デゼルヴェント」(大竜玉5つ)
スラッシュアクス「ギガントエンケラ」(大地を穿つ剛角)

そして最終強化のヘビィボウガン4つ(今のところ「悪鬼サエ啼ク怒号ノ砲」「エクリプスナイパー」「ギャラクシーキャノン」「潜壕砲モーテハプル」「青熊大轟筒【豪腕】」「ゴッドオブペングルス」の6つが完成)と、ライトボウガン10個(最終強化武器いまだ一つもなし)。

なんだかんだでまだ時間がかかるなぁ……。

今日はこのへんで失礼します。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

装備紹介「剣斧汎用」 

狩猟笛製作中……でも、今日は装備のマイセットの紹介をしようと思います。

マイセット名「剣斧汎用」
とりあえず、こんな感じです。

変換 ~ P1020341

変換 ~ P1020342

変換 ~ P1020343

お守りは、回避距離5 スロット2。

個人的に、回避距離というスキルともっとも相性のよい剣士装備は、このスラッシュアクスの剣モードだと思っています。

スラッシュアクスの剣モードは非常に移動速度が遅く、移動は回避行動頼みになる事が多くなります。
そのため、移動距離が付いているとそれだけでかなり機動性が上がります。

また剣モードでは前進しながら攻撃する行動がないため、やや離れた距離からモンスターの懐に入り込むためには「前転」が非常に重要な行動になる上、この前転から出の早い切り上げに派生することが出来ます。

剣モードのスラッシュアクスでよくある攻撃タイミングとして、少しだけ間合いが離れている状況で、咆哮や尻尾回転攻撃などを回避しながら懐に転がり込んで切り上げ縦切りループ、というものがあります。
回避性能と回避距離が揃うと、それがすごくやりやすくなります。

斧モードはそこそこの機動性を持ち、前進攻撃の突きがあるため、回避距離は剣モード時に比べて重要度が落ちますが、こちらは回避性能との相性が良い(回避性能と相性の悪い武器種などありませんが……)。

斧モードと回避性能の相性が良いというのは、スラッシュアクスの横への回避行動が、側転ではなくステップであることに起因します。

移動距離の少ないステップは、モンスターの攻撃範囲の外に逃げる回避ではなく、引きつけて無敵時間を利用して避けるというスタイルになることが多いため、無敵時間が増えるという回避性能は非常に重要になります。

ステップ回避は、慣れないうちは使いにくいと感じられるかもしれませんが、うまく使うと回避から攻撃に繋げる時間が短く、相手に張り付くにはむしろ使いやすいスタイルでもあります。

そんなわけで、スラッシュアクスの汎用装備にはW回避をつけてみました。単純に回避用というより、攻撃補助としての役目を持ったスキルであり、そのように使うことを心がけています。

ナルガXメイルを、足と腰の装備で胴系統倍加×2で強化するというかなりムチャなスキル構成ですが、見た目、スキルとも割りと気に入っています。
武器スロを使わないので、匠が必要なスラッシュアクスならば何でも装備させることが出来ますが、まぁ大体の場合エクリクシーを背負ってます。

スラッシュアクスは、自分のモンハンデビュー作であるMHP3で一番最初に手にとった武器で、思い入れも深い……が、なぜか一度もメインに据えたことがない武器でもあります。

MHP3のファーストキャラ(ロキという名前でした)では弓がメインで、使用回数はスラッシュアクスは二番手。
MHP3のセカンドキャラは、それまで苦手にしていたランスがメインで、使用回数はスラッシュアクスが二番手。
MH3Gのファーストキャラ(ヴァナディー……今のところこのキャラで記事を書いています)では前にも書いた通りハンマーがメイン。使用回数はスラッシュアクスが二番手。
MH3Gのセカンドキャラは、片手剣と双剣がほぼ同数(200回代)のメインで、この子だけスラッシュアクスをほとんど使用しませんでした。

なんというか、自分の中ではスーパーサブというわけではなく、剣士系ではもっとも得意としている武器、と思っています。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

狩猟笛制作始めました。 

竜職人のトンカチのための武器制作。
剣士系装備最後のジャンル(とはいっても、太刀と片手剣はジンオウガ系のレア素材と大竜玉不足でまだ10個完成していないけど)である狩猟笛の作成にとりかかりました。

とりあえず、手持ちの素材から「クライゼルシュルネ」と「リンフォルツァンド」を制作完了。

そして「岩石笙【駆ノ音】」を制作しようと、ボルボロス原種を狩りに行きました。

武器はヘビィボウガン「ゴッドオブペングルス」

・通常弾系で前脚と尻尾を中心に攻撃する。
・氷結弾で頭の泥を落とし、水冷弾で攻撃する。
・貫通弾で前脚から尻尾の貫通を心がける。

という三つの戦略を立てて、狩ってみました。

結果、一番早かったのは通常弾。二番目が貫通弾。そしてもっとも遅く、またプレイヤースキルの必要性を感じたのが属性弾での戦略でした。

属性弾での戦略は、弾が高価な上に水冷弾の装填数が少なく、せっかくドロを落としても付け直されることも多く、通常弾での戦略に比べてあまり利点がなかったです。今回も、倒しきれずに最後は通常弾でトドメを刺す事ばかり。

仮にまたボルボロスの狩猟をするときは、物理弾系統で行おうと思います。

ともかく、ボルボロスの素材はあまり揃っていなかったので、下位からG級まで6~7も狩って、やっと岩石笙が完成。また、途中で大竜玉も一つ手に入れ、双剣「ギギガボルト」も完成。これで双剣が10本揃いました。

次はトランペッコからイントロペリアルを作ろうと思っているのですが、ペッコ素材もあまり無いはず。
まずは下位のクチバシを集めなければいけないのだけど……正直面倒臭いなぁ。

とりあえず、今日はここまでにします。



……ここまで書いて、ちょっと確認したら、水冷弾はドロをまとった時に有効で、ドロがなくなったら全く無効……。
そりゃ、遅いわなぁ……。
自分の馬鹿さ加減にあきれてしまった……あしからず。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

双剣作成進捗状況 

双剣の作成。
前に上げた「作りたい武器」からかなり妥協して、「奇面案山子【相棒】」「七星連刃【揺光】」を作成。
これで双剣9本完成。
あと一本は「双翼刃ギギボルト」ですが、これもあと大竜玉一つで完成。

奇面案山子はほとんどありあわせの素材で作ることができたのですが、七星連刃は難産でした。
迅竜の天玉も、朧月の欠片も揃っているのに、とにかく「迅竜の延髄」がでない。
後一個なのにでない。

これのために、G級ナルガクルガを、多分12~3頭は狩りました。ほとんどヘビィボウガンで。
お陰で、ヘビィボウガンでの対ナルガクルガ戦、かなり得意になってきた……。

でもさすがに嫌になって、スラッシュアクスでナルガクルガ単体クエストにいったら、やっと基本報酬で延髄入手。

やっとヒドゥガーを夜天連刃【黒翼】に強化できたと思ったら、そのままエクリプスダガー、そして七星連刃へと一気に強化終了しました。

そしてその七星連刃の試し切りにG級ギギネブラ亜種2頭クエストへ。

装備はこんな感じ。
変換 ~ P1020338

変換 ~ P1020339

もともと神滅鎚アル・メタリア専用として作った装備(まだ未強化でアルメタ止まり)なのですが、ハンマー用のマイセットはそのまま双剣に換装可能な物が多いです。
ランナーと聴覚保護(この場合は金剛体)は、双剣でもメインで選ぶスキルなので。

ファーストキャラのヴァナディーでは双剣をほとんど使っていませんが、セカンドキャラでは片手剣と並んでメイン武器として使用していたので、久しぶりとはいえ使い方は身体が覚えていました。

15分針でギギネブラ亜種2頭を捕獲完了。
これで大竜玉以外の「双翼刃ギギボルト」の素材を収集完了。

とりあえず、次は剣士武器最後のジャンル「狩猟笛」の作成を始めます。

では、今日はこれで。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

装備のマイリスト紹介 

プレイ日記ばかりではあまり面白く無いので、マイリスト登録をしている装備を幾つか紹介。

とりあえず、一応メインで使っているハンマー装備。
変換 ~ P1020335

変換 ~ P1020336

変換 ~ P1020337

マイリスト名「破岩鎚専用」

ファーストキャラであるヴァナディーのメイン武器ハンマー。
そのハンマーの中でも最も多く使用したであろう「破岩鎚ノヴァジオ」の専用装備として作成しました。

このセット、胴部分はスロット3であればなんでもよかったので、シルバーソルメイルを作るまでは三眼のピアスでまかなっていたのを覚えています。

 個人的に、ハンマーに必要なスキルを突き詰めていくと、結局「耳栓」系にたどり着きました。
ランナー、減気攻撃、溜め短縮、回避性能、KOなど、色々と試してみましたが、「溜めを途中で中断されない」という聴覚保護が、使っていてもっとも効果を実感できるスキルでした。
 次点でランナー、回避性能といったところでしょうが、ここらへんは慣れで何とかカバーできる……と、思っています。咆哮は、たとえ回避できても溜めは解除されるし、スタミナも減るし。

 写真にもある通り、お守りは「研ぎ師 8」。
 比較的早い段階で掘り出した、非常に重宝しているお守りで、自分のマイリストにはちょくちょく顔を出してきます。お守りとしてのレア度がどれくらいなのかはわかりませんが、ダブったことがありません。割と出にくいのではないかと思います。ホント、見つけてよかった。

 この装備で気に入っているところに、空きスロットの多さがあります。
3スロット二つ、2スロット一つ、1スロット二つ(武器スロ含む)があるので、5スロスキルならば二つ発動させることが可能。
 基本はボマーと観察眼を入れているのですが、片方を諦めれば耳栓を高級耳栓にすることが可能。ソレ以外にも、相手によって「耐震」などの他の5スロスキルと入れ替えることができますし、2つとも諦めれば代わりに3スロ占有4ポイント系スキル(ランナー、溜め短縮など)や、2スロ占有3ポイント系スキル(スタミナ急速回復、KO、減気攻撃など)をつけることもできます。切れ味+1と干渉するので、切れ味や心眼を付けることは出来ませんが。

 もともとMHP3では、興味はありながらもあまりハンマーを使用していませんでした。
 今回はそれをメインとして使用し、途中で挫折しそうになりながらも、ハンターランク開放までほとんどハンマー一筋で使い続けました。今のところ、使用回数688回。
 多少は使えるようにはなった……のに、なぜか未だに妙な苦手意識がある武器です。何というか、スラッシュアクスなどに比べてなんか被弾が多い気がする。スタンも、もっと取りたい。

 被弾が多いのは、スラッシュアクスには回避系スキルを付けているのと、無理に縦3ホームランを狙ってしまうことが要因として挙げられるのですが。

とりあえず、今日は以上です。あしからず。

category: 装備紹介

TB: 0    CM: 0   

なんだか今日は…… 

リアルで疲れてしまった。

ここのところ、ゲームのヤリ過ぎ感もあるし、今日はちょっとサボります。
サボって、下位ネブラから「不気味な皮」を採って「ブラッドウイング」を作るだけにします……。

とか思っていたら、下位ネブラさん、二匹狩っても不気味な皮を落とさず……。

疲れているのに三匹も狩ってしまった……。しかも一回はマジで毒殺されそうになるし……下位とはいえ毒、侮りがたし(何やってんだかなぁ、自分)。

とりあえず、ブラッドウイングを作ったら、手持ちの素材で「双翼刃ギギボルト」まで強化出来ました。当初の予定ではギギネブラ原種の双剣を作ろうと思っていたけど、そっちに進化させるには素材が足りなかったので、変更しました。

今日はもう、ラジコで日ハムの試合を聞きながら眠ろうと思います。
あしからず……。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

双剣制作色々 

「精霊双刃エレメンタ」「ヴァッサーヴェルデン」「甲刃インセクトロード」を作成。これで制作した双剣は7種類(+超硬質ブレード)

G級アグナコトル亜種の2頭クエスト、G級アグナコトル原種の三頭連続クエスト、G級ガノトトスの2頭同時クエストを、すべてヘビィボウガンでクリアしました。

アグナコトル亜種2頭クエスト「穴掘り凍戈竜」を20分針でクリアしたのが、自分の中での自信となり、ちょっとヘビィボウガンが楽しくなって。

アグナ原種「鎮三竜」は残り5分を切る苦戦をして。

ガノトトス亜種2頭には合流と薙ぎ払い水鉄砲に苦しめられながらもクリア。

でもその後、ナルガ原種、亜種の2頭クエスト「神速の猟技」で3乙したorz
そして毒弾だけ持って虫を狩って、なぜかずっと持っていたインセクトオーダーを強化してインセクトロードを完成。

立ち回りはぜんぜん上手くないけれど、これからのトンカチ作成の道、ヘビィボウガンを主体に動いてみようかしら……なんて思いました。

双剣は、あと目指すは「旋風連刃【裏黒翼】」「邪翼刃ンディギギラ」「七星連刃【揺光】」あたりを考えています。朧月の欠片を一つ確保しているし、これならそれほど苦労しなさそう。
雷属性の武器がないので、「狼牙双刃【雷獄】」なんかも欲しいんだけど、ジンオウガ系の天玉はひたすら不足しているからなぁ……。

ヴァナディー
HR:136
総プレイ時間:718:53

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

雑談 

代わり映えのしないプレイ日記ばかりではあまり面白くない……と、思ったので、今日はMH3Gで思ったことなどを書こうと思います。

手始めに、個人的なMH3Gへの不満など。

……って、いきなりネガティブな話題ですみません。
それはともかく。

個人的に、今作でもっとも大きな不満点。

それは、数多く発見されたバグでも、悪名高き固定テーブル制でもなければ、ハードへの不満でもありません。ましてや「○○はクソモンス」的な話ではありません。

自分にとってのもっとも大きな不満。
それは「装備のマイセットの数」です。

8×3ページの24セット。
「装備のマイセット」の総数、24セット。

MHP3からモンハンを始めた自分にとって、これは少なすぎる数です(MHP3は45セット……そしてその数でも不足を感じていた)。

自分は……自分は増えていくマイセットを眺めて眺めてニヤニヤしたいんです。
24セットじゃ全然足りないんです。

考えてみて下さい。

メインで使う武器が剣士系4種類としても、それぞれ「切れ味+1」のみ、「切れ味+1と覚醒」、「覚醒」のみ、「匠も覚醒も不要」の各武器種の汎用装備を作っただけで4×4の16セットになってしまいます。

それに「採集専用装備」「モガ森専用装備」「水中戦専用装備」「激運物欲装備」など特殊用途用装備もいるし、「破岩鎚専用」「パチ ンコ専用」「超硬質ブレード専用」など特定の武器専用装備だって欲しい。
七星武器や神滅武器などの匠不要武器であれば、火力特化系と快適スキル系で作り分けたい。

何より上は剣士系の話であって、個別の武器ごとでかなり性質の変わってくるガンナーになると、求められるスキル構成は更に細分化されるはずです(自分の場合MHP3では弓をメインで使っていたのですが、厳選してなお弓だけで15セットくらいあった……○○弾強化系をつけるだけで3種、それに攻撃属性や増弾の有無、さらに火力系と快適系での分けなどなどなど……)。

そもそもわずか24セットでは、いわゆる「汎用装備」「特殊用途装備」だけでマイセットがいっぱいになり、「対○○専用装備」なんて揃えるのは夢のまた夢となります。
頑張っても「対ジエンモーラン専用」「対アルバトリオン専用」といった特殊なモンスター専用装備をほんの少数揃えられるだけでしょう。

例えば対ギギネブラ用装備として「毒無効」「高級耳栓」「火属性攻撃+」装備を作ったとしても、24セットしかないのでは、はっきり言ってギギネブラ程度のために1セット潰すわけには行かないのです。

また、マイセット数が少ない = 各モンス専用装備が作れない という構図が成り立つと、それだけで死んでしまうスキルが出てきます。

「風圧」「耐震」「毒無効」「細菌学」「心眼」、そして各種の「○○属性耐性」「○○属性攻撃」など。
モンスによって極めて有効になるか全く無用になるか。
そんな個性的なスキルの出番が、汎用スキルを揃えたマイセットに押し出されて、意味を失ってしまいます。
これでは装備の多様性が抑制され、ひいてはモンスターハンターというゲームの魅力そのものを減退させてしまう要素に成りうる重要事だと、自分はかなり本気で思っています。

もちろん、その都度装備を作って行けばいいだけではないか、という意見もあるでしょう。
が、しかし(そんなの面倒くさい……)、それではなんのために「装備のマイセット」があるのか、という話になります。

そもそも、モンハンは着替え系ゲームです(断言)。
上でも書きましたが、装備を作り、揃え、増えていく装備のマイセットを眺めてニヤニヤするためのゲームです(断言)。

特定のモンスター以外に全然使えないピーキーなスキル構成の装備を、スキルはともかく見た目の良い装備を、ソロ専用の狩猟笛装備を、パーティ専用の広域+麻痺武器装備を、睡眠爆破用片手剣装備を、たとえ滅多に着なくとも、揃えるだけ揃えて眺めてニヤニヤするのが、モンハンの醍醐味ってもんでしょう。

数あるバグは作り手が責められてしかるべき部分ではあるでしょう。
しかしこの辺りは開発チームが求めて作った部分ではありません。膝蹴りもののミスではあっても、狙ってそうした部分ではないのです。

しかし「装備のマイセット」の数は違います。
開発陣が、「これでよし」とした部分です。

だから。
24しかないマイセットの数は、自分にとってもっとも大きな不満なのです。



……足りんのです。24セットでは足りんのです。
45セットでも厳選してたんです、自分は。

100セット。

「装備のマイセット」は100セット。100セット欲しいんです。
滅多に着ない装備があってもいいんです。

24セットでは……足りんのです。



PS.
「装備のマイセット」のタブ切り替え方法にも不満たらたらなのですが、ソレはソレで別の話。

category: MH雑談

TB: 0    CM: 0   

双剣作成進捗状況 

今日の獲物は上位アグナコトル原種二頭と、G級ガノトトス亜種二頭。

アグナコトル二頭は「サラマンダー」作成のため必要な堅胸殻を求めて。
ガノトトス亜種は「ガノスマチェーテ」を「戦扇舞刃レムジェード」へ強化するため。

今日は、欲しい素材が割とサクサク出てくれる日でした。
「サラマンダー」は作成後、そのまま「双極刃スティヒオ」まで強化。

昨日まではぜんぜん出てくれなかった翠水竜の特上ビレがやたら出てくれて、ガノスマチェーテを「戦扇刃ジェードトス」に強化することが出来ました。

ブログを書き始めて半月。
だんだん文章量が減っていますが、とにかく毎日更新だけは心がけて以降と思います。
何卒よろしく。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ガノトトスとの連戦と乱裂きヴィジェレイドの完成 

ガノトトス原種、亜種の二頭クエ「双竜魚」を受注し、昨日から作っているガノトトス系双剣2本の素材を集めてみました。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020326

変換 ~ P1020327

この装備、護石を入れ替えるだけで「覚醒」が「心眼」になるので、七星槍と神滅槍の使い分けに便利だったりします。ホントはスタミナ急速回復が欲しいところなんだけど。
それはともかく。

狩猟自体は15分針で終了。
とにかく、水竜、翆水竜ともに特上ビレがでないです。

このクエスト後、ガノトトス原種一体のクエストも攻略したのですが、特上ビレが……。
でも、大竜玉が報酬で一個、チャチャの剥ぎ取りで一個でました。

これでやっとベリオロス亜種双剣「乱裂きヴィジェレイド」の作成が完了。

ここで対ガノス戦に飽きが来たので、「ヒドゥガー」生産のために必要な「迅竜の延髄」を求めて、ナルガ原種、亜種の同時クエスト「神速の猟技」を受注。
装備は匠覚醒レイジングテンペスト。

20分針で完了し、今回は珍しく目的の延髄を一発入手することが出来ました。ヒドゥガー生産。

明日からは、ガノトトス系を中心にナルガ系、そして「サラマンダー」→「 精霊双刃エレメンタ」作成を目指してアグナコトル系の狩猟を目標にしていこうと思います。

ヴァナディー
HR:134
総プレイ時間711:56

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ガノス系双剣の作成 

ガノトトス原種の双剣「ヴァッサーヴェルデン」、亜種の双剣「戦扇舞刃レムジェード」作成を始めました。

まず、強化の枝分かれする前の「ガノスマチェーテ」を2本作ろうと素材を集めます。

ひたすら、上位のガノトトス原種と、同じく上位のアグナコトル亜種を狩りました。
とにかく、亜グナの上ヒレが出ず、上位「氷の楔」を何回も何回もチャレンジ。

水竜の上ビレも大量に使うので、上位ガノトトスの三頭立てクエスト「水竜来襲」で素材集めの繰り返し。

思っていたよりもかなり長い時間を使うことになりました……。

とりあえず、今日はここまで。

ヴァナディー
HR:133
総プレイ時間:710:32

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

動画の用意 

現在、3DS LLで、MH3Gをプレイしています。

一応このブログ、サードキャラを作って狩猟笛でプレイし動画をUPする、を目的にしています。
タイトルの「週末の笛吹き」はそれを前提に付けました。

とりあえず、最初の一歩として、そろそろ動画の撮影を始めます。
近いうちに、Webカメラホルダー兼ハンディグリップを自作し、動画のUPを始めようと思います。

Webカメラは既に購入。100万ボルトで2,100円の「ELECOM UCAM-DLA200H」
マニュアルフォーカスで640×480ピクセルで25fpsという動画性能のWebカメラで、とりあえずこれでファーストキャラ・ヴァナディーを撮影し、問題がなければサードキャラ作成、不満があればもっと良いWebカメラを購入しようかと思っています。

のんびりいこうと思っているので、サードキャラでの本編スタートがいつになるかはわかりませんが、あしからずよろしくお願いします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

3落ちorz 

3乙しました。割りと凹みます。

先日から引き続いて素材を集めている、ベリオロス亜種の双剣「乱裂きヴィジェレイド」。
受付のキャシー嬢に聞いたら、ベリオ亜種3頭立ての高難度クエスト「竜巻の発生源を追え」の依頼があるとのことで、喜び勇んで受注。これで一気に素材が集まる。

装備はゴールドルナ一式に七星スラッシュアクス開陽の激運装備。
この時は、まだ負けるなんて思いもしないで、意気揚々と砂原へ。

一匹目。
最初は割と良い感じに動いて尻尾にダメージを与えていた……と、思ったら、ベリオロス亜種のラッシュを食らってあっさり一乙。ダメージのある状態でタックルで竜巻の中に吹っ飛ばされ、立ち上がったと同時に倒れてしまいました。
まだゼロ分針。
リタイアが頭をよぎるも、いつでも受注できるわけではない高難度クエストであることを思い出し、態勢を整えてベリオ亜種の元へ走る。
一匹目はその後、全部位破壊をして、必要だった靱尾も手に入れて10分針で捕獲。

二頭目には最初から閃光玉を使用して一気に畳み掛ける。
スキル「破壊王」の効果もあり、あっという間に尻尾切断と牙破壊を達成。尻尾からは靱尾を入手。
しかしその後、攻撃に逸って回復を怠り、残り体力半分くらいの時に、竜巻で加速を得たベリオロス亜種のタックルを食らって二乙。

結局、20分針で二頭目を捕獲する、もう後が無い。

なのに、特に危機感もなく3頭目。
サクサクダメージを集めて全部位を破壊するも、ちょっとした油断からラッシュを食らって3乙目。
切り取った尻尾を剥ぎ取る前のこと。

久しぶりに、ゲームをやってて思わず声が出ました……。

リベンジを誓って再び受付嬢に依頼を聞くも、3頭立てクエは入っておらず、また一匹クエストを受注。
今度はランスで。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020324

変換 ~ P1020325

武器は「神滅槍アル・トリア」

開始5分くらいで、ベリオロス亜種の攻撃をガード、ガード、ガード……スタミナ削られジリ貧になって一乙。

……やな予感が頭をよぎるも、そのあとはスタミナ管理を徹底して応戦し、15分針で討伐完了。
これでやっと、「乱裂きヴィジェレイド」を……と、思ったら、まだ大竜玉が一つ足りず、まだ作成不可。

でもベリオロス亜種の素材は揃ったので、次からはリアルタンノくん……水竜ガノトトス系を中心に素材を集めて以降と思います。

ヴァナディー
HR:132
総プレイ時間:706:35

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

凍刻みブリザレイド完成 

やっと、凍刻みブリザレイドが完成しました。

残り素材、ベリオロスの靱尾が一本というところでの二回連続「尻尾から重殻」という、センサー様の本領を見たところで昨日は終了。

今日も今日とてベリオロス狩りです。
ベリオロス原種3頭クエスト「氷牙竜乱舞」が出ず、また一匹クエストの「氷牙竜・ベリオロス」を受注。
今日はちょっと気分を変えて、ガンランスで出陣。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020322

変換 ~ P1020323

最初はひたすら尻尾狙い。
切り落として、相手が痛がっている隙にすかさず剥ぎ取り。靱尾。やっと出た。

あとは普通に捕獲しました。15分針。しかし靱尾以外に欲しかった大竜玉は出ませんでした。

それでもこれでやっと「凍刻みブリザレイド」が完成。

次はベリオロス亜種の双剣「乱裂きヴィジェレイド」。
三頭クエは出ておらず、一匹クエストを受注。練習も兼ねて大剣装備を選択しました。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020320

変換 ~ P1020321

ファーストキャラのヴァナディーを始めた時、重い系の武器を使わせようと思いながらも、ハンマー(メイン)、スラッシュアクス、ランス、ガンランスに押され、結局ほとんど使わなかった大剣(とヘビィボウガン)。
なんだかんだで使い慣れず、尻尾は切れたものの、5分針の時点で2乙を喰らい、久しぶりの敗退を覚悟しました。
その後はひたすら丁寧に(というよりチキンに)戦って、なんとかかんとか20分針で捕獲完了。

それでも「乱裂きヴィジェレイド」の必要素材には足りず、完成ならず、でした。ていうか、必要素材で揃っているのは群青色の重牙だけ……。いいかげん、三頭クエスト出てくれないかなぁ。

「ガノカットラス」を作成したので、明日からはそれも並行して強化していこうと思います。

ヴァナディー
HR:131
総プレイ時間:705:34

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ベリオロス連戦 

先日から引き続き、ベリオロス原種の双剣「凍刻みブリザレイド」、亜種の双剣「乱裂きヴィジェレイド」を作成するため、ベリオロス系と連戦していました。

まずは亜種。
今までは練習として上位でのみの使用だったヘビィボウガンで、G級ベリオロス1頭クエスト「砂原で発生、風牙竜巻」に挑戦。

装備はこんな感じ。l

変換 ~ P1020315

変換 ~ P1020316

装備自体は以前もアップしたので、今回は後ろ姿など。
まず氷結弾、水冷弾を打ち切り、その後は貫通弾、それが切れたら通常弾という作戦(?)。

5分針くらいで一乙したけれど、それ以外はあまり問題なく属性弾を撃ち尽くし、Lv3貫通弾を撃ち尽くしたところでベリオ亜種が足を引きずり出す。眠っているところにLv2貫通弾でトドメを刺し、思っていたよりも簡単にヘビィボウガンでG級クリアとなりました。15分針でした。

しかし「乱裂きヴィジェレイド」の素材は揃わず、とりあえず後回しに(昨日も同じ事書いてたな……)。

「凍刻みブリザレイド」は、必要素材が残りベリオロスの靱尾2本。尻尾斬りの必要性から、こちらはヘビィではなくスラッシュアクスで狩猟に向かいます。
3頭立ての高難度クエストが出ていなかったので、G級ベリオロス一匹クエスト「氷牙竜・ベリオロス」を受注。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020313

変換 ~ P1020314

アル・ヴォリアのために作った装備でベリオロスの尻尾を切りに。
特に問題なく、10分針で狩猟完了。尻尾切りも成功して、靱尾を一本入手。残るはあと一本。

また高何度クエがなかったので、もう一度「氷牙竜・ベリオロス」を受注。
今度の装備はゴールドルナ一式にルナルガのスラッシュアクス七星剣斧で。

あまり調子が出ず、ラッシュをかけるタイミングもなく、15分針で狩猟完了。
尻尾は切ったものの、出たのは重殻。激運に期待をかけて報酬画面を見るものの、欲しかった大竜玉も無し。

仕方なく、もう一度一匹クエスト。
今度は閃光玉を使用してラッシュをかけて5分針で捕獲完了。
尻尾からは重殻が……。

……とりあえず、つづきは明日にしよう……。

ヴァナディー
HR:132
総プレイ時間:704:32

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ベリオ系双剣の作成 

昨日の続きのベリオロス系双剣2本の強化を目指します。

とりあえず、亜種の双剣「乱裂きヴィジェレイド」を作成するために、G級ベリオロス亜種1頭を捕獲。
ヘビィボウガンの練習を……と思ったけれど、靱尾が必要なため、装備はゴールドルナ一式にルナルガのスラッシュアクス七星剣斧で。
特に何事も無く10分針で捕獲完了。尻尾からは靱尾が出たし、大竜玉も一つゲット。

しかし乱裂きヴィジェレイドを作成するほどの素材は揃わず、とりあえずこちらは後回しに。

もう一本のベリオロス系双剣「凍刻みブリザレイド」を作成するために、また群青色の鋭牙を集める必要があったので、上位ベリオロス亜種クエスト「砂原で発生、風牙竜巻」を受注。

今度はヘビィボウガンで行きます。
上位一匹クエストの上、秘境探索術が出たので、弾調合素材は持ち込まず、弾自体も最低限のLv2~3通常弾とLv3貫通弾60発、その他ペイント弾、捕獲用麻酔弾のみ携帯。

最初、ベリオロス亜種を追っていると、ディアブロス亜種が出現。
乱入だろうが、やけに早いな、としかその時には思わず、こやし玉を使ってベリオ亜種のみを相手にLv3通常弾で交戦。
Lv3通常弾を全弾撃ち切ったところで、ちょうどベリオロス亜種が足を引きずったので、捕獲……そしてクエストクリア……ではなく「クエスト残り一匹です」の文字。

……?
はい、間違えて「砂塵の牙、地殻の角(ベリオロス亜種、ディアブロス亜種のクエスト)」を受注していた模様。
何をやっているのだ自分……。
弾数少なく、罠は一つしか持ってきておらず、しかもガンナーでは苦手のディアブロス……。
リタイアしようかしら……。

とはいえ、所詮は上位なんとかなる、と覚悟を決めて。

とりあえずLv2通常弾を丁寧にディアブロス亜種の尻尾に集める。
これが割りと上手に決まり、Lv2通常弾が残り4発くらいのところでディアブロス亜種が足を引きずり始めた。
後は眠っているところにLv3貫通弾を打ち込み、討伐で終了。20分針でクエストクリア。

かかった時間はともかく、思ったより苦戦しなかった。
ヘビィボウガン、次はG級で練習しようか。

ヴァナディー
HR:132
総プレイ時間:702:58

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

双剣の作成 

ジンオウガ系の天玉が必要な太刀、片手剣の作成をひとまず置いておいて、双剣の作成を始めました。

ニブルブリザードを2つ作って、ベリオロスの原種と亜種の双剣、凍刻みブリザレイドと乱裂きヴィジェレイド作成を目指します。

とりあえず、ニブルブリザードは一つしか作れず、作ったそれをニブルブリザード改へ強化するのに足りなかったのは群青色の鋭牙。
上位ベリオロス亜種の素材ですが、何をトチ狂ったのかG級ベリオロス三頭立てクエスト「氷牙竜乱舞」を受注。
……何か、何も考えずにこのクエだ、と、思っちゃって……。いや、どう考えても原種の牙は群青色じゃないだろ……。しかも"重”じゃなくて"鋭”だし……。

ともかく、装備はこんな感じでした。

変換 ~ P1020309

変換 ~ P1020310

久しぶりとはいえ、所詮は三頭立てのベリオロス。楽勝楽勝。
などと舐めてかかって、一頭目に一乙を食らう大苦戦。捕獲のするつもりが捕獲可能サインに気づかず、討伐。ここで10分針。
二頭目は、降りてくるところを罠で封じて一気に部位破壊をし、10分針が動く前に捕獲。
三匹目は、15分針でまたしても捕獲可能サインに気づかず討伐。結局15分針でクエスト終了。

「琥珀色の重牙」はいっぱい出て、喜び勇んでニブルブリザード改をつくりに行ってポカーンて感じになりました。何やってんだ、オレ……。

まぁ改への強化は一旦おいて、ニブルブリザードをもう一つ作るために今度は上位のベリオロスを狩っておこうと考え上位の「氷牙竜・ベリオロス!」を受注。


今度は上位クエストなので、練習を兼ねてヘビィボウガンで挑みます。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020311

変換 ~ P1020312

実は手持ちのヘビィボウガンは「エクリプスナイパー」「潜壕砲モーテハプル」「ゴッドオブペングルス」「ギャラクシーキャノン」の4つのみで、火炎弾を撃てる砲がありませんでした。
そこで何かないか鍛冶屋へ行くと、「悪鬼サエ啼ク怒号ノ砲」の素材が揃っているのを発見し、作成。
ボウガン系統は最終強化系を一発生産できることが多くて良いです。

狩猟の結果は、特に書くこともなく5分針で終了。
無事にもう一つのニブルブリザードを作成することが出来ました。

で、今度こそ「改」へ強化するために、上位ベリオロス亜種のクエスト「砂原で発生、風牙竜巻」を受注しに、再び受付嬢の元へ。
装備はまたしてもヘビィボウガン。属性弾を撃つために「ゴッドオブペングルス」を選択。
防具、スキルなどは以前にもアップしたハブル系主体の装備です。この装備は「反動軽減+1」がついていないため、反動が”やや小”以下でLv2以上の貫通弾、散弾を撃つ砲(つまりはゴッドオブペングルスとエクリプスナイパー)の場合はこの装備で行く事が多いです。

狩猟は、まず水冷弾、氷結弾を全弾撃ち込み、その後は通常弾系でダメージを稼ぎます。
とはいえ上位のモンスター。属性弾だけでは倒せませんでしたが、その後のLv3通常弾は30発ほど残したところで捕獲完了となりました。10分針。

これでニブルブリザードを「暴風刃クロウェンティ」まで強化できましたが、最終強化までは至らず。
次はG級のベリオロス亜種を狩って行こうと思っています。大竜玉も欲しいし。

ヴァナディー
HR:131
総プレイ時間702:00

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ホムホム完成 

ホムラ完成のため、最後の素材「光る粘菌」を求めて、また「爆砕の連鎖」をクリア。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020305

変換 ~ P1020306

防具は、同じ物を以前に加増をアップしたことがあるので、今回は後ろ姿など。
武器は水属性のスラッシュアクス「海王斧ナバルディード」。

一頭目は割りと苦戦して15分針で捕獲。
二頭目は25分針のところで捕獲してクエスト完了。

二個必要だった光る粘菌は、合計6個入手でき、無事に破岩刀ホムラの素材を揃えることができました。

これで、またジンオウガ系統を相手に天玉狙いに戻り、練習を兼ねて大剣でクエスト受注。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020307

変換 ~ P1020308

ちょっと自信がないので、ジンオウガの1頭クエスト「狩られる前に狩れ!」を受注。

久しぶりの大剣で、動きにぎこちなさはあったものの、特に問題なくジンオウガを追い詰め、足を引ずるところまでは行けたのですが。

ジンオウガが逃げた先で、カヤンバに落とし穴のお面で罠の設置を命じているときに、ジンオウガの反撃を食らってなんと一乙。

後は捕獲だけだから、と思って秘薬を飲まずに現場へ戻るも、どうも自分がいない間にジンオウガが罠にかかっていたらしく、カヤンバから罠セット不可の報告を受け、仕方がないから討伐することに。

眠っているジンオウガの頭に溜め三を当てて起こし、交戦するが、なんとここで二乙目を食らう。

呆然としながらベースキャンプで体制を立て直して、再び現場へ急行。秘薬は使わない。
二度寝しているジンオウガに、二度目の溜め三を当てようとしてミス。自分、ホントに逆境に弱い。
それでも何とか討伐に成功。結局20分針後半くらいまでかかりました。

気を抜くことの怖さが、よくわかったクエストになりました。

そして、こんなに苦戦したのにレア素材は一つも入手できず。
……他の武器の作成を先にしようかな、さすがにジンオウガ系統はちょっと飽きてきちゃった。

ヴァナディー
HR:131
総プレイ時間700:21

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ホムラちゃんへの道 

今日は火山の収集クエストだけでした。
真紅蓮石を目指して、火山の最終クエストに三回出発。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020303

変換 ~ P1020304

最初の二回は真紅蓮石の出が悪く、三回目にいっぱい出るといういつものパターンでした。
あとは光る粘菌2つでホムラちゃん完成。だけど今日はここまでにします。

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ホムラ作成への道 

今日はワインを飲みながらの狩猟になります。

とりあえず、デイォスソード改を作るのに必要な「砕竜の宝玉」を手に入れるために、上位のダウンロードクエスト「JUMP・俺が主人公だ!」を受注。

装備は、昨日と同じヘビィボウガン装備。昨日と同じなので、画像は割愛。

このクエスト、ナルガクルガ、リオレウス、ジンオウガの大連続狩猟クエスト。
……あれ? 砕竜ブラキディオスは……?
実はこのクエスト、ブラキが100%乱入してくるのです。
乱入ブラキだから、宝玉を落とす確率も高め。
知る人ぞ知る、砕竜の宝玉の穴場。

今回は属性の違う敵が多く出るので物理弾を主体で戦う。そのため属性弾は打てないけれど攻撃力と会心率の高いエクリプスナイパーを選択。

Lv2~3の貫通弾と通常弾を、調合素材ごと持ち込む。

最初のナルガクルガは通常弾を使用して頭狙い。最初はLv3を使っていたけど、途中でもったいなくなりLv2に切り替えた。特に問題なく5分針でクリア。
ただ、ここで罠系統の道具をすべて忘れていることに気づく。
このクエスト、剥ぎ取っても回復薬Gしか出ないのに……。

本気でリタイアを考えながら。

次のレウスが出る前に、乱入したブラキディオスと遭遇。
Lv3貫通弾を主体に戦うも、やたらやりにくい。やっぱり貫通弾は癖があると言い訳しつつ、上位ブラキを相手にヒィヒィ言いながら戦うG級ハンターのワタシ。
途中でよく合流してくるリオレウスに、こやし玉を5つも投げつけながら、Lv3貫通弾を撃ち尽くし、Lv2貫通弾の残弾20くらいでブラキディオスを撃破。15分針を大きく経過。

そしてお預けを食らわせておいた肥やし臭いレウスと対峙。
……なんか、ブラキに比べてやたら戦いやすい。
残っていたLv3通常弾を足に撃ち込み、撃ちつくしたら同じく残っていたLv2貫通弾を羽に。
レウス、転ぶは怯むはでフルボッコ状態。
う~んさすがG級武器。
結局、最後はLv2通常弾でトドメを差した。

残弾が尽きかけたのでここでLv3貫通弾を調合。最大数生産のスキルが久々に役に立つ。

そしてジンオウガの狩猟。
特に書くこともなく、残っていたLv2通常弾で角を折り、その後Lv3貫通弾10発くらい残してクエスト終了。
30分針かかってしまったけど、このうちの15分針くらいはブラキディオスに当たっていた時間だった。

そして報酬。
捕獲出来なかったこともあってか……ショボかった……。特に目当てだった乱入報酬。アイコンで三つだけ。しかも通常素材ばかり。

……所詮は上位クエ。そんなのに頼った自分が馬鹿だった(以前、このクエで宝玉を稼いだのだが……)。
やっぱり素材集めはG級に限る。

そこの受付嬢、「爆砕の連鎖」一本!

というわけで、次はG級ブラキディオス二頭立てクエスト。
さすがにヘビィボウガンではクリアする自信がないのでスラッシュアクスに換装。
そんなだからいつまでたってもボウガンの腕が上がらないのだけれど、それはともかく。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020300

変換 ~ P1020301

龍属性が通じるのかよく解らないけど、まったく通らないってことはあるまい、と考えて激運装備を選択。
(今調べたら、ブラキ、龍属性、ほとんど通らない……)

既に63頭……セカンドキャラを合わせれば、それこそ100頭近く狩ったブラキディオス。まぁ乙っても事故で一回くらいだろう、と思いつつ凍土に到着。

それが今回、なんか大苦戦。
一頭目の狩猟、5分針の時点で回復薬G6個も使用。
最後の一振りが余計……って感じでブラキの攻撃を食らってしまうことが多かった。

あげく、回避先に粘菌溜まり → 粘った瞬間に迫るブラキの粘菌パンチ → 起き上がりにツノ突き刺し大爆発 の見事な三連コンボで一乙。
気を取り直して、今度は閃光玉を交えつつ交戦。

そんな折、粘菌溜まりから落し物出現。
そういえば、初めてブラキと戦った時、一番最初の落し物から宝玉を拾ったなぁ……などと思い出しながらカサコソしたら、なんと天殻。
でも持ち物いっぱい。
焦っているうちにブラキの右フックを食らったけど、とりあえずシビレ罠を捨てて天殻入手。

その後はそれなりに安定して戦って、15分針かけて一匹目を捕獲。なんとここで持ち込みの回復薬Gを使いきってしまっている。まぁ薬草×アオキノコも持ち込んであったからいいけど。

二匹目は回避もうまく行きつつジワジワとダメージを与えていったのだが、途中で壁際に追い詰められてニ乙目。追い詰められる。

それでも30分針くらいでブラキが足を引きずりだし、罠にはめてクエストクリア。

報酬で宝玉ゲット。

なんとなくだけど、苦戦したクエって報酬が良いような気がしてならない。

天殻はすでにいくつか持っているし、一気にホムラまで強化できるかな、と思ったけど、光る粘菌と真紅蓮石が足りずに爆砕の太刀どまり。
でももうレア素材はいらないので、明日にでもホムラちゃんを入手できそう。

とりあえず今日はここまで。おやすみなさい。

ヴァナディー
HR:131
総プレイ時間698:44

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

ヘビィボウガン 

とりあえず、ジンオウガ系は少し飽きたので、ディオスソードを鍛えることにしました。

ディオスソード改に強化するために必要な素材で、足りないのは「砕竜の宝玉」一個と、「鋼鎚竜の耐熱殻」3個。

入手の容易な耐熱殻を得るために、上位ウラガンキン亜種の一頭立てクエスト「激震! 鋼鎚竜」に、練習を兼ねてヘビィボウガンで挑んでみました。

装備はこんな感じ。

変換 ~ P1020290

変換 ~ P1020291

結果的に三回挑戦することになるんだけど、最初の二回は氷結弾と貫通弾を使用するためにゴッドオブペングルスでチャレンジ。最後だけエクリプスナイパーでクエストへ。

考えていた戦術としては、まず氷結弾と、足りなければ水冷弾で顎を壊し、その後はLv2~3の貫通弾を主体に戦い、それが切れたら通常弾でトドメ、という感じ。

一回目は、久しぶりのヘビィボウガンということもあって動きが熟れず、あれよあれよというまに一乙。
それでも氷結弾を打ち終わる頃には顎の破壊を終え、Lv3 → Lv2貫通弾を全弾撃ちこんで、Lv3通常弾を30発くらい射ったあたりでガンキンさんが足を引きずり出す。
20分針で捕獲完了。
貫通弾調合用素材も持ってきていたけど、全く使わなかったため、次からはできるだけポーチを空ける。
どうでもいいけど、自分、ボウガンではペイント弾、捕獲用麻酔弾を使います。

二回目は、慣れてきて動きが安定。
戦術はさっきと同じ。氷結弾ちょうど60発目で顎が壊れる。
さっきと同じ流れ、同じくらいの使用弾数で捕獲完了。今度は15分針。……しかし、上位相手にG級装備なんだから、もうちょっと早く狩猟したいものだけど……まぁ自分の腕では仕方がない。

今度は報酬では耐熱殻なし。かろうじて、チャチャが一個剥ぎとってくれていた。必要数はあと一個。

三回目は、エクリプスナイパーで挑戦。
毒弾とLv1徹甲榴弾を打ち込んだのち、お決まりの貫通弾 → 通常弾コースを予定。
毒弾12発のうち、毒にするまでに8発かかる。
徹甲榴弾は頭を外しまくって結局スタンを取れず。

貫通弾を全弾打ち込んで、その後のLv3通常弾で顎破壊。そして捕獲。
結局20分針。ガンキン亜種を相手にする場合は、ウサギヘビィの方が効率が良さそう。

そして期待の報酬タイム。
耐熱殻、3個入手。
センサー様得意の「最後に大量放出」の典型的なパターンでした。

HR:130
総プレイ時間697:17

category: MH3Gプレイ日記

TB: 0    CM: 0   

モンスターハンター4の妄想。 

なんでも、操蟲昆以外にももう一つ新武器があるとか。

個人的には、バランス的にガンナーが来るのではないかと妄想。
操虫昆のそうだけど、あまり普通じゃない武器になるんじゃないか。

何となく思いついたのは、鷹匠。
それも、鷹ではなく、飛竜の小型種。

腕に止まって懐くナルガ。
レウス、レイアは一対で一つ。
肩の上で毒を吐くネブラ。

卵の納品クエストが、熱い。



あ、もう一つ妄想。
装備できる「飛竜」は2頭。
組み合わせることで戦略性がアップ。

……双剣でも、あったら楽しいかも、別々の武器二種類装備。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

カウンター

プロフィール

リンク

インデックス

MHロキのツイッター

人気ブログランキング

検索フォーム

最新記事

最新コメント

RSSリンク

アクセスランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

QRコード